探蝶逍遥記

<   2007年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

岡山遠征:(2)ウスイロヒョウモンモドキとの出会い

 ナラガシワ食いゼフ探索は早朝が勝負時で、午前9時以降はターゲットをタテハ狙いに切り替えました。とりわけ、当地における保全活動の賜物で命脈を保っているウスイロヒョウモンモドキに注目し、探索しました。しかし、ススキが繁ったそれらしい草原を探しても、影も形もありません。時期的にはベストのはずだし、快晴のお天気。アザミやヒメジョオン等の吸蜜源も完璧。条件に不足はありません。

 その草原に急にオレンジ色のタテハが目の前をよぎりました。残念ながらと言ったら失礼なウラギンヒョウモン♀。ピカピカの個体。
f0090680_22385543.jpg
D70, ISO=400, F7.1-1/500、+0.7EV、撮影時刻:9時57分

 ややもすると陰鬱的になるゼフ探索に比べ、爽快な高原でのヒョウモン類撮影は健康的で大好きです。しかし、弱々しい飛翔のウスイロは登場せず(^^;; 暑かったこの日、農道上でみつけたヒオドシチョウがサッと飛び立ってクワの木の葉陰に隠れました。日除け行動かと思って撮影してみると、ちゃんとクワの実から吸汁しているシーンでした。
f0090680_2239982.jpg
D70, ISO=500, F7.1-1/250、+1.0EV、内蔵ストロボ、撮影時刻:9時56分

 ナラガシワの林床をゆったりと飛ぶセセリを発見。オオチャバネセセリでした。
f0090680_22393462.jpg
D70, ISO=200, F3.5-1/500、+0.3EV、撮影時刻:11時23分

 ちょうど第1化の最盛期だったようで、当地には多産する印象。久しぶりに見ると、このセセリはえらくでかく感じます。ヒメジョオンの群落には大型のシロチョウも舞っていました。ピカピカのスジボソヤマキチョウでした。
f0090680_22395326.jpg
D70, ISO=200, F4-1/4000、-0.7EV、撮影時刻:13時00分

 林縁の草原で撮影している最中、同好のカメラマンが登場。どこかでお会いした印象があったので、ご挨拶すると、愛読しているHP「週末がさがさDAN」のDさんでした。Dさんもどうやらウスイロ狙い。
 「朝から探していますが、1頭も飛んでいませんよ」と小生。仕方なく一緒に探し直してみることに。そのうち、Dさんが、「いましたよ~!」と叫びます。慌てて近寄ると、ほぼ新鮮なウスイロ♀がヒメジョオンで吸蜜中でした。初めての岡山県産個体群との遭遇でした。とにかくバシャバシャ乱射していきますが、この頃から微妙に風が強くなって、ピントが来てくれません。それでも何とか撮影。先ずはコンデジ広角で。
f0090680_22401567.jpg
GX100@5.1mm, ISO=100, F7.8-1/217、+0.3EV、撮影時刻:12時39分

 風で揺れるヒメジョオンが止まるまで待つ時間の長かったこと! お次は少しロングショットで。
f0090680_22403350.jpg
D70, ISO=200, F5-1/500、+0.7EV、撮影時刻:13時01分

 草原に映える何とも言えない落ち着いたオレンジ色に注目してください。お次は開翅吸蜜場面をアップで。
f0090680_22405383.jpg
D70, ISO=200, F6.3-1/500、撮影時刻:13時02分。

 左後翅が少し欠けている以外は、小生のフェチ心を擽る白い破線状縁毛も堪らない美しさです。2年前、兵庫・但馬での観察で多くの生態写真をゲットしていましたが、本種の吸蜜シーンは今回が初めて。とにかく素直に嬉しかったです。2人のカメラマンに追い回されて疲れたのか、この後、風に流されるように彼方に飛んでいきました。2人とも充実感で一杯でした。しかし、気になるのは個体数の少なさ。本日目撃できたのはアップしたわずか1頭のみ。兵庫・但馬の産地では、関係者の献身的な努力でかなり個体数が回復してきたニュースを聞いておりますが、ここ岡山の個体群は、極めて深刻な状況と判断しました。彼らが将来にわたってこの地で観察できるとことを祈って撤収したのでした。
 当日、岡山近辺の貴重な情報を頂いたDさん、本当に有難うございました。

<お願い>
 本文中に記載したとおり、鳥取・島根・岡山・兵庫県下のウスイロヒョウモンモドキは絶滅一歩手前の深刻な状況が続いています。各地域での個体群維持のため、地元関係者や熱意ある蝶愛好家の涙ぐましい努力で何とか命脈を保っている状況です。ところが、まだまだ「密漁」なる嘆かわしい噂も絶えません。
 真の蝶愛好家なら、この蝶を永遠に観察したいはず・・・。今こそ蝶屋のコンプライアンス(ルールを遵守する姿勢)が求められているのではないでしょうか?どうか節度ある行動を望むものです。

by fanseab | 2007-06-27 22:47 | | Comments(24)

岡山遠征:その(1)ゼフィルス探索

 6/23(土)は岡山県西部へ遠征してきました。午前1時25分自宅出発、帰宅は午後7時30分、行動時間18時間余で、クタクタに疲れ、ようやく本日更新です。お蔭様で成果が上がったので、2部構成といたします。第1部は今回遠征の主目的、ナラガシワ林に棲むセフ探索紀行です。現地には午前4時25分着。快晴で、夜の白み方も早い様子。2年前の秋にこのポイントは下見に来ているので少しは土地勘があり、何とかゼフの好きそうなクヌギとナラガシワの混合林を発見。軽く叩き出しを行うと、パラパラとゼフが降ってきました。どうやらご神木の様子(^^) 手元の下草に降りた個体を検すると、小生初体験のウラジロミドリシジミでした。
f0090680_23483150.jpg
GX100@5.1mm, ISO=400, F4.1-1/133、-0.3EV、撮影時刻:5時9分。

 気温は15℃程度でしょうか?寒そうで、まだ動く気配はありません。このゼフ、表翅を連想させるように複眼もサファイア色ですね!こいつの開翅狙いは先送りにして、更に叩き出しを行うと、どうやら今回のメインターゲット、ヒロオビミドリシジミらしき個体が降ってきました。しかし、ヨロヨロ降りたきた方角が丁度射し始めた朝日で逆光に!目測が狂い、下草のどこに降りたのか?結局、6頭ほど、降りてきた個体を全て見失うハメに(^^;; トホホです。

 残念無念と、ナラガシワ以外の木も叩くとヒラヒラ降りたのはまたしても白いシジミ。検すると、小生にとって、数シーズン振りのウラゴマダラシジミ。
f0090680_23494614.jpg
D70, ISO=640, F5-1/500、-1.0EV、内蔵ストロボ、調光補正-0.3EV、撮影時刻:5時24分

 時期的にボロは仕方ないですが、ウラゴ撮りたい病に罹っていただけにやっと、癒された感じです(^^)

 更に場所を移動し、別のナラガシワを叩くとヒラヒラとようやく小生の手前に降りてきた個体がありました。やっと巡りあえたヒロオビの♀でした。
f0090680_23501858.jpg
D70, ISO=500, F4.5-1/125、撮影時刻:6時11分

 小生の初撮影に敬意を表してくれたのか?羽化したてのピカピカ個体。既にスリスリモードで表翅がチラリと覘いています。こうなると、開翅に期待。しかし、彼女の降り立ったクズの葉に日が差し込むのは少し先になると判断し、別のポイント探索に。

 南向きの草原の脇に旨そうな?クヌギ林を発見。やんわりと叩くと飛び出したのは新鮮なミズイロオナガシジミ。
f0090680_2351073.jpg
GX100@5.1mm, ISO=80, F5.1-1/164、+0.3EV、撮影時刻:7時30分。

 やっと、本年未撮影の代表的平地性ゼフに出会えてヤレヤレです。朝日に輝く縁毛に痺れます。今度は背景をトロトロに暈かした90mmマクロでパチリ。
f0090680_23514126.jpg
D70, ISO=250, F4.5-1/2500、-0.7EV、撮影時刻:7時33分

 そろそろヒロオビ♀も開翅するころかな?と思い、最初のポイントに戻ると、確かに朝日が差し込んできました。ここは逆光気味に横広角で撮りました。
f0090680_2352423.jpg
GX100@5.1mm, ISO=100, F7.2-1/45、+0.3EV、撮影時刻:8時45分。

 ここからはじっと息を潜めて、開翅を待ちます。そして、待望の時がやってきました。少し体の向きを変えるとあっという間に開いたのです!
f0090680_23522753.jpg
D70, ISO=400, F4-1/640、-0.7EV、撮影時刻:8時54分

 開翅角度が水平に近かったのは、想定外でした。足場の関係で、これが精一杯。正面から狙おうと移動した隙に飛び立たれジ・エンド。出会いから開翅まで、3時間のお付き合いお互いお疲れ様でした(爆)

 この後、♂のテリ張り時刻近傍で開翅を撮影できそうな場所を探索するも、発見できず、ナラガシワの樹冠で飛び回るヒロオビを眺めておりました。もう、ヒロオビはこれまでや!とキッパリ諦め、岡山を後にしました。

 高速を飛ばし、自宅に戻る途中、睡眠不足で睡魔が出始めたので、休憩がてら、先日(6/20)失敗に終わった播磨のキマルリポイントに立ち寄り、テリ時間まで暫し、体を休めます。17時30分頃、前回飛翔を撮影した桜の低木に黒い弾丸が出現。今回は樹冠に止まってすぐに開翅。「やったー!」と思って、液晶画像をチェックするとどうも変?尾状突起が1本しかないし、複眼も斑模様ではなく、黒ベッタリ。「えっ、ひょっとして、君はト、ト、トラフじゃないの?!」

 完璧に騙されたのでした(^^;; その後、同じ樹冠上にもう1頭の黒い弾丸も出現し、暫し卍模様に。ただよく観察すると1頭は少し小さめ。その1頭が今度は高い松の樹冠に止まりました。400mmズームで眺めると、今度は正真正銘のキマルリでした!!
f0090680_23534776.jpg
D70S-VR84@400mm, ISO=500, F8-1/1600、-0.7EV、撮影時刻:17時56分

 紺碧の青空をバックにテリを張るキマルリは格好良いです。しかし、いかんせん遠いですね。この直後、ちょっと向きを変えてご開帳。小生初体験のキマルリ開翅画像です。
f0090680_2354625.jpg
D70S-VR84@400mm, ISO=500, F8-1/640、-0.7EV、撮影時刻:17時56分

 前翅もかなり痛み、結構飛び古した個体のようです。前回のリベンジ目的に疲れた体に鞭打って再訪したのですが、リベンジ率は40%程度でしょうか?間近でのピカピカ個体開翅画像は来年の宿題ですね。

 さて、実は、ヒロオビ探索を諦めた後、現地でサブターゲットに目的を切り替えて探索しておりましたが、その顛末は第2部のお楽しみに。
by fanseab | 2007-06-24 23:58 | | Comments(16)

キマルリ探索ダブルヘッダーの巻

 本日(6/20)、6月に入って初めて年休が取れました。社内での公式ミーティングが全く入らない「空白の一日」を関西のサラリーマン蝶屋が見逃す訳にはまいりません(笑) さて、ブログ仲間のkさんが素晴らしいキマダラルリツバメ開翅画像をアップされていたのに刺激され、小生もそれでは・・・と二番煎じ狙いでの探索です。但馬遠征の疲れが残っているため、午前中はゆっくりと所用を片付け、昼前に出発。最初のポイントである京都市内到着12時35分。自宅から1時間のアクセスタイムは有難いです。と言っても、小生、国内でキマを撮影するのはこれが初めて。吸蜜タイムが何時なのか?不安にかられながら、ヒメジョオンの花弁を精査していきます。13時頃、最初の吸蜜個体を発見。胸ドキドキで2コマ撮影したら、アララ・・・どこかに飛び去っていきました。将に小さな黒い弾丸で、すぐに見失ってしまいました(^^;;

 仕方ないので、本年初めてのキマダラセセリを撮影。
f0090680_053156.jpg
D70, ISO=200, F4.5-1/2000、+0.3EV、撮影時刻:13時25分

 おっ、黒い弾丸がやってきたわ!と喜んで覗き見ると、かなり黒化したこの子でした。今日は個人的に飛行禁止命令を下したい感じ(^^)
f0090680_0532966.jpg
D70, ISO=500, F5.6-1/1600、+0.3EV、撮影時刻:13時42分

 それから数分後、本物が再びヒメジョオンの前に姿を現してくれました。キマルリ撮影の権威、kさん曰く、『4本の尾状突起の先端の白を全て表現してこそ、この蝶を「美しく撮った」と言えるのではないでしょうか?』と極意を語っておられます。そこで、何とかその教えを忠実に守っての撮影でしたが、2本が1本に重なって見え、突起が3本に見えていますね。あ~難し!
f0090680_053509.jpg
D70, ISO=200, F3.5-1/1000、+0.3EV、撮影時刻:13時54分

 とにかく、小生、国内で初めてのSpindasis属撮影に成功し、ホッとしました。一枚撮ると、余裕が出て、広角といきたいとこですが、ポイントが明確になる構図も撮れず、苦労します。結局、ヒメジョオンに囲まれた雰囲気を出すのが精一杯。
f0090680_054732.jpg
GX100@5.1mm, ISO=100, F8.1-1/153、+0.3EV

 しかし、拡大して気がつきましたが、このシジミの複眼って、ムラサキシジミ同様、ちょっとドスの利いた感じですね。これは意外でした。

 さきほど、まぎわらしい!と苦言?を呈したベニシジミとのツーショットも撮れました。
f0090680_0543194.jpg
D70, ISO=500, F5.6-1/800、+0.7EV

 時計は14時を回り、このままこのポイントで夕方の開翅を待つ作戦もあったのですが、2年間空振りに終わっている播磨地方に転戦することにしました。このポイントを去る前、オオムラサキを思わす大型のタテハが出現。良く見ると、翅が淡いベージュ系のゴマダラチョウ♀でした。第1化の生き残り(それとも2化)かな?この日の京都は28℃の蒸し暑さ。苔から一生懸命に吸水していました。
f0090680_0545154.jpg
D70, ISO=500, F5.6-1/800、+0.3EV

 播磨のポイント到着は17時前。天気はピーカン状態ですので18時頃がテリ張りピークと睨み、じっと監視します。すると17時半頃、急に2頭の黒い塊が頭上を猛スピードで駆け抜けていきました。キマルリに間違いありません。高さ3m程の潅木の上を卍飛行したり、離れたりしています。全く止まる気配もないので、痺れを切らして、90mmマクロで飛翔狙い。
f0090680_055873.jpg
D70, ISO=640, F5-1/2000、+0.7EV、撮影時刻:17時34分

 原画像では複眼と触角もピントバッチリですが、いかんせん、夕空をバックの条件なんで、これが精一杯です。そのうち、小生から急に離れ、およそ30m先にある桜の樹冠上で激しい♂のバトルが始りました。夕陽を浴びて、黄金色に輝く彼らの舞は先日見たウラクロの真珠の舞とはまた別格の渋い美しさです。これを何とか表現できないか?と無茶を承知で、400mmズームの望遠端(400mm)で飛翔狙い。
 先ずは卍飛行。勿論、トリミングとレタッチし放題の絵です。
f0090680_0552624.jpg
D70S-VR84@400mm, ISO=640, F5.6-1/2000、撮影時刻:17時56分

 左側の個体を心眼?で見ると、キマルリ表翅のブルーが見えます(爆)。なお、もう1頭は右上に心霊写真状態で写っています。

 乱射した画像で一番まともだったのがこれ。
f0090680_0553941.jpg
D70S-VR84@400mm, ISO=640, F5.6-1/2000、+0.3EV撮影時刻:17時57分

 キマルリ裏面のトラ斑特徴がかすかに読み取れます。結局、低い位置に降りてくれないのか~と半ばガッカリしてきた18時頃、1頭の個体が小生の目の高さをグルグル周回飛行し始めました。さあ胸ドキドキ状態です。「止まれ~、止まれ~」と念じて見ると、やっとススキに止まってくれました。
f0090680_0555793.jpg
D70, ISO=400, F9-1/80、-0.3EV、撮影時刻:18時10分

 さて、今度は「開け~、開け~」と念じてみました。しかし、願いは通じず、あっという間にまた飛び立ってしまいます。どうも開翅をする雰囲気ではなく、ススキの葉裏を探るように歩いたり、探雌行動?に思えました。18時15分を過ぎると、パタッと彼らの動きが消えました。暫く粘りましたが、本日のテリタイム終了と判断し、18時30分に撤収です。

 キマルリのダブルヘッダー、彼らの生態を勉強する意味では成果が上った休暇となりました。来年こそは、開翅画像を撮るぞ!と気合を入れて、ポイントを後にしました。
by fanseab | 2007-06-21 01:00 | | Comments(24)

フジミドリシジミとの出会い

 6月中旬が旬のゼフ、フジミドリを求めて但馬に遠征してきました(6/16)。午前1時25分自宅発、現地3時55分着。まだ暗い林道を熊除けの鈴、携帯ラジオを鳴らしながら登ります。5時15分ポイントに到着。ひっきりなしに通るガスの隙間から青空が覘く好天が望めそうな天気です。ブナの林床を1時間30分ほど丹念に探索。しかし全く影の形もありません。7時頃、ガスを通して林道に朝日が差し込んできました。
f0090680_72116.jpg
GX100@5.1mm, ISO=100, F4.6-1/1410、-0.7EV

 素晴らしい光景に息を呑みますが、肝心の主役はいません。時期が早かったか?の疑念がよぎります。少し標高を下ったところで、新鮮なヒメキマダラヒカゲ♀に出会いました。
f0090680_721944.jpg
D70, ISO=500, F6.3-1/1250、-0.3EV、撮影時刻:7時30分

 このヒカゲの後翅眼状紋は小生のお気に入りです。開翅シーンは撮りにくいのでまずはホッと一息。

 8時前、カメラマン2名に出会いました。「こんにちは!」と声かけすると、何と、懇意にして頂いているHP仲間のTさんとご友人のAさんでした。「もうこの時間帯だと下草にはいませんか?」と質問すると、Tさん曰く「いやいやまだ下草にいる筈です」と力強いコメント。そこで、3名で再度丹念に探索。

 そしてまもなく、発見したのです!!小生がさきほど探索し、いなかった筈の下草上に羽化したての♂が止まっているではないですか! 憧れのフジミドリとの初めての出会いでした。興奮してシャッターを切り、Tさん、Aさんを呼び寄せ、3名で交互にシャッターを切りました。
 既にピーカン状態の朝日が差し込んで体温が上がりすぎたのか、すぐに笹の葉下に潜りこんでしまいます。
f0090680_734057.jpg
D70S-10.5-X1.4TC, ISO=500, F9-1/500、外部ストロボ、調光補正1/4、撮影時刻:9時05分
 
 3名のカメラマンに囲まれて殺気を感じたのか、ヒラヒラと飛び立ち、いい感じの葉上に降り立ちました。飛翔中はルリシジミのように見えるんですね!ここはマクロで慎重にパチリ。
f0090680_741610.jpg
D70, ISO=200, F5-1/800、+0.3EV、撮影時刻:9時22分

 涼しげな目元、裏面基部の淡いブルー、当然、縁毛も完璧な将に羽化直後の姿です。しかし図鑑から想像していた以上に大きいと感じました。閉翅を撮り終えると、当然カメラマンの期待は開翅シーンです。「開け~ゴマ!」と念仏を唱えてもなかなか開こうとしません。そうしているうちにちょっと高い潅木に移動してしまいます。枝を手繰り寄せて右手一本で撮影。 
f0090680_744637.jpg
D70S-10.5-X1.4TC, ISO=500, F9-1/320、-0.7EV、撮影時刻:9時37分

 この後、樹上、高い場所に舞い上がり、ジエンド。ちょっと開翅を狙うには時間が遅すぎたのかもしれません。とにかく、無事羽化したてホヤホヤのフジをゲットでき、3名とも満足して林道を降りました。途中、同じHP仲間のKさんも登場。しばし、但馬近辺の蝶情報談義。いや~最高の一時ですね。

 さて、小生はお三方とは別れ、次なるターゲット、ウラクロシジミの探索です。これまた下草をじっと見たり、時々長竿で根気よく叩きだしたりしましたが、坊主。キッパリ諦め、以前から地図上でヒサマツミドリが観察可能と狙んでいる渓谷に移動。ウラジロガシの枝ぶり等をチェックしながら、マンサクのある林道に車を止め、何げなく長竿で梢を叩くと白いものが飛びました。最初のポイントでさんざん誤魔化された白い昼蛾でなく、完璧にシジミの飛翔!ウラクロでした。試しに何箇所かで叩くと、いずれの株からも一度に3頭は飛び出します。どうやら、ウラクロの鉱脈?を探り当てたようです(^^)  ただ、殆どは梢の上に逃げていくばかり。10頭目がようやく食樹のマルバマンサクに降りてくれました。フジミドリ同様、これまた羽化直後のド完品でニンマリ(^^)。
f0090680_755128.jpg
D70S-10.5-X1.4TC, ISO=500, F9-1/100、-0.3EV、撮影時刻:13時36分

 和名が「裏黒」ですから、茂みにいると目立たないシジミですね。風が吹き始めたので、マクロは風の合間を縫って慎重に撮影。
f0090680_761522.jpg
D70, ISO=500, F6.3-1/400、-0.3EV、撮影時刻:13時37分

 やや明るい下草に降りた個体を今度は縦位置広角でこの日の晴天をポイントにしました。
f0090680_764961.jpg
D70S-10.5-X1.4TC, ISO=500, F10-1/500、-0.7EV、外部ストロボ、調光補正1/4、撮影時刻:13時40分

 ただ、基本的に明るい環境は嫌いみたいで、撮影後、すぐに梢の暗い場所に潜りこんでしまいました。

 ウラクロもゲットできたので、大満足でしたが、さらに欲張ってミスジチョウポイントと睨む別の渓谷に再移動。既に15時を過ぎていたのか、ミスジは坊主。代わりに渓谷沿いにキラキラとウラクロ♂が乱舞していました。急に飛翔戦闘モードに意識を切り替え、飛翔に挑戦です。しかし、渓谷の向こう側はあまりにも遠い!400mmズームを240mmにセットして乱射。なんとかウラクロと判別できる画像をゲット。
f0090680_773862.jpg
D70S-VR84@240mm, ISO=640, F5.3-1/1600、-1.0EV、撮影時刻:15時30分

 お次は卍飛行にも挑戦。
f0090680_775527.jpg
D70S-VR84@240mm, ISO=640, F5.3-1/1600、-1.0EV、撮影時刻:15時33分

 強引なトリミングとレタッチで凌いだ酷い絵ですが、皆さん、キラキラと白く輝く雰囲気だけは味わって頂けると思います。とにかく、夕陽を浴びたウラクロの表翅の煌きは強烈で、飛翔撮影の露出設定難易度は高いですね(^^;;

 この日の活動時間はほぼ17時間。ヘトヘトに疲れたため、ブログ更新は2日遅れとなりました。当日、フジミドリの生態についていろいろとご教示頂いたTさん他お三方、情報有難うございました。この場を借りまして、御礼いたします。
by fanseab | 2007-06-18 07:15 | | Comments(24)

南ベトナム遠征記 (6)林縁を彩るシジミチョウ

 日本国内外を問わず、深い森林に接する林縁部は蝶影が濃く、撮影にも好適なポイントが多いものです。今回はそんな林縁部で出会ったシジミチョウ達のご紹介です。

 ゲストハウス設置エリアから舗装された車道を歩くと、多くの蝶が吸水に訪れています。コンクリートから染み出すミネラルを補給しているのでしょう。滞在3日目の朝、この車道上に褐色の小さめのジャノメチョウが降り立ちました。しかし、よく見ると、ジャノメではなく、裏面が茶褐色のアニタコノハシジミ(Ambrypodia anita)。地面の赤褐色と裏面の地色が同化して、確かに枯れた木の葉が地面に止まっているようにも見えます。
f0090680_21114622.jpg
GX100@5.1mm, ISO=100, F5.1-1/440、-0.3EV

 暗いジャングルのトレイルを抜けた日差しの強い林縁でも本種に出会いました。朝方の吸水シーンで鈍かったのが嘘のように敏速に飛び回っています。暫く観察すると、急に下草に止まり開翅してくれました!
f0090680_21115772.jpg
D70, ISO=400, F11-1/640、-0.7EV

 ムラサキシジミよりも深みのある紫色です。このシジミ、ムラサキツバメより一回り大きい体躯のため、開翅シーンは大変迫力がありました。少しスレ品なのが気になり、滞在中、ド完品開翅を狙ってみたものの、結局開翅シーンはアップした画像のみ。開翅の条件は案外制約されているようです。このシジミ、海老・パイナップルトラップはもちろん、吸水にも登場し、この公園内で最も個体数の多いシジミチョウでもありました。

 林縁の下草上で日光浴している中型の褐色シジミを発見。オオアカシアシジミ(Surendra quercetorum)の♀。
f0090680_21122086.jpg
D70, ISO=500, F5.6-1/1000、-0.3EV

 2連尾状突起に加え、肛角部も迫出して独特なスタイル。♂は珍品とされています。

 一方、暗いトレイル内はムラサキシジミの仲間が好む環境です。トレイルを足早に通り過ぎると、思わぬ場所からチラチラ飛び出して潅木上に止まります。この仲間は東南アジアに少なくとも100種以上が棲んでいるので同定が難しい!帰国後、必死の同定作業で、アイダムラサキシジミ(Arhopala aida)としておきます(誤りあればご指摘願います)。サイズはほぼ国内のムラサキシジミ並で、肛角付近に散らした青色鱗がお洒落です。
f0090680_21123469.jpg
GX100@5.1mm, ISO=100, F2.9-1/24、+0.3EV

 同じジャングル内の暗がりでチラチラ真っ白いシジミが舞っていました。シロウラナミシジミ(Jamides alecto )の♂。
f0090680_2112517.jpg
D70, ISO=500, F7.1-1/50、-0.7EV、内蔵ストロボ、調光補正+0.3EV

 表翅は明るいブルー。しかし暗い環境下を飛んでいるときは、和名通り、真っ白に見えます。

 タテハチョウの項でご紹介した林道ポイントはシジミチョウ達の宝庫でもありました。林道で一休みしていると、汗をかいた小生の袖口や背負っていたカメラザック等にタテハ、シジミ、セセリの類が集まってきます。そんななか、小蝿がつきまとうように群飛していたシジミがいました。リカエニーナオナシウラナミシジミ(Anthene lycaenina)。サイズはヤマトシジミ程度。但し猛スピードでブンブン飛び回ります。この手のシジミは日本にはいないため、慣れぬまではシジミとは思えません。結構敏感で吸水シーンを撮影しようとカメラを向けると、また暫くブンブン飛行を始めます。ようやく一脚上に落ち着いた所でパチリ。
f0090680_21131015.jpg
D70, ISO=500, F9-1/160、+0.7EV

 同じく蝿のように飛ぶ小さいシジミを公園を横切るドンナイ川の畔でも見出しました。日本の南西諸島でも撮影可能なヒメウラナミシジミ(Prosotas nora)。夕暮れ時の暗い時間帯に地面スレスレを飛ぶものですから、老眼と乱視が混じる小生には追跡が厳しい状況(^^;; 「えーいままよ!」とストロボ乱射したら、奇跡的にカメラに向かう迫力ある姿が切り取れました。
f0090680_21132618.jpg
D70S-24, ISO=500, F6.3-1/500、+0.3EV、外部ストロボ、調光補正1/4

 撮影疲れが出てくる午後3時頃、ゲストハウスに近い林道脇で鮮やかなオレンジ色のシジミが飛び立ちました。オナガアカシジミ(Loxura atymnus)。
f0090680_21134517.jpg
D70, ISO=500, F4-1/640、+0.3EV

 このシジミとは、ボルネオで出会って以来、久しぶりのご対面。デジタルでの初撮影になりました。何とか半開翅で表翅の濃いオレンジ色を写しこめました。

 さて、最後に熱帯アジアらしいシジミをご紹介しなければならないでしょう。先ずは、その代表格、アマサツメアシフタオシジミ(Hypolycaena amasa )。 1頭の♂が動物系トラップで吸汁後、林道脇の木陰に移動し、休息ポーズ。
f0090680_2114349.jpg
D70, ISO=500, F7.1-1/160、+0.7EV

 半逆光に煌びやかに輝く超特大の尾状突起にご注目ください。今回遠征でもお気に入りの画像になりました。林道上を飛ぶ姿はまるで小さな毛玉がすばやく空間を動き回るように見えます。とてつもなく長い尾状突起が飛翔中に絡まるようになびき、「綿毛のように見える!」のです。これは熱帯アジアならではでの光景。思わず見とれてしまいました。

 訪れた5月初めは雨季のスタートでもありました。昼過ぎには必ず空が暗くなり、軽いシャワーが落ちてきます。そんな薄暮にテリを張るセキレイシジミ(Cheritra freja)♂にも出会いました。葉上に半開翅で決めたテリポーズは格好いい!
f0090680_21141962.jpg
D70S-VR84@400mm, ISO=640, F6.3-1/320、-0.7EV、内蔵ストロボ

 表翅は地味な色調ですが、国産オナガシジミを髣髴とさせる鈍いブルー系の幻光は通好みの美しさでしょう。

 ルリマダラ類からスタートしたこの遠征記。次回はいよいよ大詰め、ブンブン飛び回る元気の良いセセリチョウ達をご紹介しましょう。ご期待ください!
by fanseab | 2007-06-13 21:18 | | Comments(20)

ミドリシジミとの再会

 ブログ仲間は続々と平地性ゼフをアップされています。で、小生もようやく腰を上げて、神奈川県の近場の公園へ出撃。今日は怪しげな雲がよぎる不安定なお天気。午前中が勝負と見て、朝食後、慌てて現地に向かいました。着いてすぐ、ハンノキの下草を探索すると、「おぉ!いるじゃあないですかぁ!」。いきなりミドリシジミの姿が飛び込んできました。
f0090680_2030197.jpg
GX100@5.1mm,ISO=200,F2.5-1/84,-0.3EV

 恐らく今朝羽化したばかりの♂。瑞々しい姿です。この公園では何と7-8年振りの再会。元気に生息していたことがわかり、なによりでした。かなりヒンヤリとしたお天気故、開翅は無理と諦め、今度はアカとミズイロオナガ狙いで、クヌギ・コナラの梢・下草を探索。しかし、結果は坊主。少し日差しが射してきたので、さきほどのミドリポイントに戻ると、アララ!消えていました。梢の上にでも上がっていったんでしょうね?

 この後は薄暗い谷戸でハナダイコンに産卵しているスジグロシロチョウ狙い。簡単そうで、満足するショットが撮れません。特に産卵シーンで一番重要な腹端が葉に隠れてしまうのが困り者。で、結局、こんなシーンで諦めるしかありませんでした(^^;; 
f0090680_202026.jpg
GX100@15mm,ISO=200,F5.6-1/133,-0.3EV

 下草に妙な鱗翅類がいるな?と思ったら、今シーズン初めてみるアゲハモドキ。ジャコウアゲハ♀への擬態は結構サマになっています。 
f0090680_20202151.jpg
GX100@15mm,ISO=100,F4.4-1/26,-0.3EV

 昼前になって懸念していた天気が悪化。ザーッと雨脚が強くなり、ジ・エンド。とにかく、神奈川県産ミドリシジミをゲットできて満足できる近場のお散歩となりました。
by fanseab | 2007-06-09 20:22 | | Comments(18)

初夏のセセリチョウ達

 「南ベトナム遠征記」はひとまずお休みして、京都府南部の里山探索紀行です。今日は晴れているものの、風が強く撮影には生憎の天候。現地7時45分着。訪ねたポイントは、谷戸のような地形のため、陽が射すまでの間はセセリの幼虫探索。今日の狙いはズバリ、ホソバセセリ。それらしい巣が見つかりました。
f0090680_23364051.jpg
GX100@5.1mm, ISO=100, F7.2-1/30、-0.3EV

 巣を空けると、幼虫がボロリと落ちたので手に拡げて見ると・・・。
f0090680_23365616.jpg
GX100@5.1mm, ISO=100, F3.2-1/270、-0.3EV

 頭部の明確な「ハの字」パターンはいいとして、腹端背面が淡褐色を帯びていて、どうやらこれはキマダラセセリの様子。ちょっとガッカリ。セセリチョウ幼虫頭部検索図鑑を作成中の小生、念のため、頭部(①)と腹端(②)をセットで図鑑にしてみました。
f0090680_931049.jpg
<上段>GX100@5.1mm <下段>R1@5.6mm

 川崎市で見出した個体は、腹端背面(④)が真っ黒ですので、これはキマダラの個体変異の範疇・・ということでしょうか?どなたか詳しい方いますか?因みに、今回発見したのは、未だ終齢ではなさそうで、川崎市産は終齢幼虫です。

 さて、谷間に陽射しが回ってくると、真っ先に飛び出したのは初夏を代表するセセリ、ヒメキマダラセセリでした。♂は残念ながら、スレ品が多く、何とか縁毛の揃った綺麗な個体を探して逆光で縁毛を光らせてみました。
f0090680_23374532.jpg
D70, ISO=500, F7.1-1/640、+0.3EV

 このセセリ、チャーミングで大好きです(^^) 2頭でじゃれ合っていると思ったら、交尾拒否シーン。レンズを向ける間もなく♂はフラレてしまい、♀はゆっくりと日光浴していました。
f0090680_2338484.jpg
GX100@5.1mm, ISO=100, F6.5-1/104、-0.3EV

 黒くて敏速に飛ぶセセリを発見。コチャバネセセリでした。
f0090680_23381868.jpg
D70, ISO=500, F8-1/400、+0.3EV

 このセセリにカメラを向けるのはデジタルになって初めて。何年振りでしょうか?いつ撮っても縁毛がスレています。困った蝶です(笑) ストローを伸ばして遊んでいますが、ストローが2重構造になっていることがよくわかりますね。

 黒くてユックリとした飛翔はダイミョウセセリ。
f0090680_23383090.jpg
D70, ISO=500, F8-1/640、+0.3EV

 先日、三重県で撮影した個体と後翅の白帯の発達状況は類似しています。三重県東部・京都南部あたりは関東型から関西型への遷移地域なんでしょうか?「これぞ関西型!」なる個体を撮りたいものです。

 実は本日、この谷戸を訪問したのは、クロヒカゲモドキとオオヒカゲ幼虫の探索がメインターゲットでした。午前中、2時間を費やしてジメジメとした休耕田や雑木林脇のイネ科の根際をじっと眺めて首が痛くなりました(^^;; 結果は勿論?坊主。ヒカゲチョウ幼虫探索には年期が必要ですね!

 この後、何箇所かのポイント探索で車をゆっくりと走らせながら、最後に河川敷の草原へ。ここでもジャノメチョウ科の幼虫探査を続行。でも根気が続かず、楽しそうに飛んでいるモンキチョウにちょっかいを出したくなりました。♂と♀が絡んで、これは交尾拒否シーンが撮れそうだ・・・と目論んだのですが、意に反して? 彼らは無事ゴールイン(^^)
f0090680_23384810.jpg
GX100@5.1mm, ISO=100

 せっかくのウエディングシーンですので、ここはタムロン90mmマクロの描写力を活かして逆光で精一杯、綺麗に撮ってあげました。
f0090680_2339042.jpg
D70, ISO=500, F3.8-1/2500、+0.3EV

 しかし、このシーン、強風に煽られて大変でした。飛翔写真同様、100コマ程度乱写して、この1コマをようやくゲットできたのでした。

 初夏の一日。京都府南部の地理を勉強しながら、楽しい探索となりました。
by fanseab | 2007-06-02 23:43 | | Comments(20)