探蝶逍遥記

<   2006年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ギンイチモンジセセリの幼虫探索(6/25)

 本日は神奈川県多摩川河畔で首題幼虫の探索です。今にも降出しそうな曇り空で、ススキの原に足を踏み入れると、スレたキマダラセセリが所在無さそうに佇んでおりました。
f0090680_2323543.jpg
R1@5.6mm, ISO=400、F3.6-1/189、-0.3EV

 ススキの背の高さは2m近くあり、あまり中に踏み入れたくないので、周辺で巣を探索。すると、意外とすぐにそれらしきもの(↓の写真矢印)が見つかりました。
f0090680_23241528.jpg
R1@5.6mm, ISO=400、F3.6-1/153

 巣を開くと、幼虫がポロッと落下して、体をクネクネ揺すらせます。これは間違いなくギンイチの幼虫独特の行動。捕食者を驚かす戦略なのでしょう。落ちた幼虫を元の巣に乗せると落ち着いてモデルになってくれました。成虫に似た大変スリムな体形で背中に深緑色のラインが数本走っているのが特徴です。体長は25mm位。亜終齢でしょうか?
f0090680_23243424.jpg
R1@5.6mm, ISO=400、F3.6-1/90

 暫くすると、小生が開いた巣を元に戻そうと、懸命に糸を吐きながら修復作業を開始しました。
f0090680_23245863.jpg
R1@5.6mm, ISO=400、F3.6-1/73

 この後、南向きのススキの葉を捜すと、今度は無防備にも巣から出ている別の個体を発見。こちらは前の個体よりやや大きくて30mm程度。
f0090680_23251319.jpg
R1@5.6mm, ISO=400、F3.6-1/189、-0.3EV

 そのうち、この個体に寄生蝿らしきハエが止まったのですが、撮影には失敗。やはり巣から出て摂食している時間帯は外敵の攻撃に晒されていることがよくわかりました。この個体を撮影し終えた頃から雨がポツリポツリと落ちてきて、撤収です。現在の幼虫の成長度合いを勘案すると、当地での第2化は7月中旬頃でしょうか?第1化が5月初旬頃ですから、1サイクル、2ヶ月以上かかる計算です。そうすると、第3化は9月半ばとなる計算。果たして3化まで進むのか、それとも2化止まりか?時間の許す限り、このポイントで継続観察してみたいと思っています。
by fanseab | 2006-06-25 23:27 | | Comments(8)

炎天下のヒメヒカゲ(6/18)

 前日までの広島遠征の疲れも残っており、昼過ぎからノンビリと東播磨のヒメヒカゲポイントへ車を走らせました。本日のターゲットは♀の撮影。5月末に訪れた際は♂の出始めでしたが、3時頃到着すると早速♀がお出迎え。暫く歩き回ると足元から飛び出すのはすべて♀。♂と異なり、それほど遠距離を飛ぶ様子は見せず、すぐにブッシュの陰に潜り込んでしまいます。ざっとこんな感じ。
f0090680_15215929.jpg
D70, ISO=400、F14-1/200、-0.3EV

 裏面に葉の影が写り込んで、「絵造り」としては問題外ですが、これも本種の生態を示す画像です。なるべく直射日光を避けて、体温調節を図っているのか?あるいは外的から身を隠すための戦略なのか?♂に比較してより顕著な行動パターンのようです。ブッシュの繁みに身を隠している様子を端的に表現するために横位置広角で撮影。日傘をさした「お姫様」の雰囲気(^^)
f0090680_15261752.jpg
D70S-10.5-X1.4TC, ISO=500、F9-1/400

 暫く観察していると、数を減らしている♂が繁みの中の♀を探索しています。ただ時期的に殆どの♀は交尾済み個体のためか、♂は♀を発見してもすぐに離れていきます。しつこく迫ることがないのも不思議と言えば不思議でした。で、ちょっぴり期待した交尾画像も撮れずじまい。少しガッカリです。また、ヒメヒカゲの生態に詳しい知人の話では、産卵は瞬間的に行われるため、撮影は極めて困難とのこと。この日も残念ながら、産卵挙動を見せることもなく、こちらの狙いも外れたのでした。

 それではと・・・、広角で♀の飛翔写真にトライしようと試みますが、所詮、飛翔距離が短いためこんな画像が撮るのが精一杯。
f0090680_15264244.jpg
D70S-10.5-X1.4TC(トリミング), ISO=500、F6.3-1/1250

 この日は午後3時過ぎからピーカン状態で体感気温も30℃を越えているため、飛翔写真狙いでブッシュを駆け回るとすぐに心臓パクパク状態で息切れしてしまいます。広島遠征疲れも手伝って(※)、ほぼ1時間、ポイントに滞在しただけで、帰宅を余儀なくされました。やはり3日連続の撮影では集中力を保つのが難しいですね。

※実のところ、ワールドカップ観戦による夜更かし疲れもあるようで、更新も1週間遅れになってしまいました(^^;;
by fanseab | 2006-06-24 15:31 | | Comments(8)

広島・賀茂台地遠征(3) 台地を飛ぶ初夏の蝶

 新幹線の三原駅を下り、車を北に走らせると、いきなりの急登攀に驚かされます。一気に坂を上り詰めると、急に視界が開けてきます。ここが世羅・賀茂台地です。標高は概ね300m。緩やかな丘陵沿いに田畑が広がる見事な里山環境が保たれています。伸びやかな景色に心が放たれる・・・そんな素晴らしい環境が目の前に広がります。
f0090680_22564818.jpg
D70S-10.5-X1.4TC, ISO=200、F11-1/125

 世羅町のホテルで夜、部屋の窓を放つと冷気が心地よく、冷涼な信州の高原を思わせます。関東出身の小生にとって、広島県と言えば、瀬戸内海に面した暑いイメージがありましたが、このような高原があるとは意外でした。

 遠征初日は休耕田の様子を下見しながら、蝶を探索です。コナラやクヌギを叩くとアカシジミやミズイロオナガシジミが飛び出します。既に気温が高いので殆どの個体が梢の上に飛んでいくなか、唯一1頭のアカシジミ♀が下草に降りてモデルになってくれました。アカシジミの尾状突起ってこんなに長かったかな?
f0090680_225807.jpg
D70, ISO=500、F5.6-1/800、+0.3EV

 暫く観察していると、翅をスリスリしながら、微妙に開いてくれました。このシジミ精一杯のご開帳サービスなのでしょう。
f0090680_22581993.jpg
D70, ISO=500、F10-1/160、+0.3EV

 雑木林にはクヌギ・コナラに混じってナラガシワも生えていました。もちろん、ヒロオビかウラジロが飛び出すことを期待して長竿で叩き出しを試みましたが坊主。丹念に探せば、いるのかもしれません。  
 一方、田んぼの畦道沿いには大型ヒョウモン類が目立ちます。農機具を収納する小屋の周りを緩やかに飛ぶヒョウモンに目を付けると羽化したてのミドリヒョウモンの♂でした。小屋の柱から吸水する等、傍目にはサトキマダラヒカゲと全く同じ挙動です。そのうち、葉上に止まってモデルになってくれました。
f0090680_2259426.jpg
D70S-VR84@400mm, ISO=500、F10-1/320

 ミドリヒョウモンより小ぶりなヒョウモンも飛んでいて、チェックするとウラギンの♂。本種については、小生、これまで1000mを越える高原での撮影のみで、低山地産(標高~300m)は初体験。しきりに吸水しておりました。
f0090680_22593431.jpg
D70S-VR84@400mm, ISO=500、F13-1/400、-0.3EV

 ミドリ、ウラギン以外にもメスグロ♂が飛んでいました。ヒョウモン類がこれだけ多く飛んでいる里山環境は彼らの食草であるスミレが潤沢にあり、アザミ類を中心とした吸蜜源も豊富にあるためでしょう。この台地を車で走らせながら、地形を眺めてみると、緩やかな丘陵の狭間に棚田や休耕田が形成されています。傾斜がゆるやかなため、水が淀みやすく、湿地形成に有利に働くのでしょう。恐らくヒョウモンモドキが好む生息環境が理想的に保たれているのが、この世羅・賀茂台地の地形なのでしょう。本来、MelitaeaMelicta属の故郷、ユーラシア大陸の草原は朝晩冷え込むような環境のはずで、ここ賀茂台地は、気候の面でも理想的なのかもしれません。

 ヒョウモンモドキはもちろん、低山地性ゼフやヒョウモン類が多産する里山環境はそうそうどこにでもあるわけではありません。爽やかな台地をドライブしながら、いつまでもこの環境を残してほしいと思いました。(了)
by fanseab | 2006-06-22 23:04 | | Comments(6)

広島・賀茂台地遠征(2) ヒョウモンモドキ観察会(6/17)

 いよいよ待ちに待った観察会。と言っても前日に結構成果が出ていたので余裕での参加です。朝9時、役場の前に集合すると25名ほどの面々が期待感に胸を膨らませています。観察にあたっての注意事項を聞いた後、車に分乗し出発。前日小生が観察したポイントとは別の場所に案内して頂きました。同じ休耕田と言っても環境は様々です。残念なことに到着と同時に小雨模様。地権者の方直々の案内で歩き始めると、いきなり交尾個体が出現。「おおっ」とどよめきが起きると同時にカメラマンが殺到します。交尾している場所は足を踏み入れられないので、400mmズームでのショット。上♀下♂で共に新鮮な個体です。
f0090680_03366.jpg
D70S-VR84@400mm, ISO=640、F10-1/320、-0.7EV

 交尾ペアに向けて、一斉に10台以上のカメラのシャッター音が休耕田に響き渡ります。まるでモデルの撮影会の雰囲気。「見世物じゃないんだから、静かにさせてよ~・・」とペアから叫び声が聞こえそうなシーンでした(^^)

 小雨交じりで飛翔する個体もなし。時たま飛んでいる大型のヒョウモンは新鮮なウラギン♂。「あれは別のヒョウモンチョウです」と保護会のメンバーがフォローしてくれます。徐々に雨脚が強くなる中、「皆さん、蛹があります」と紹介してくれました。全体が褐色に色づき、残念ながら寄生個体のようでした(正常個体の地色は淡白色とのこと)。
f0090680_032519.jpg
D70, ISO=500、F7.1-1/400

 この後、更に雨脚が強くなり、昼前に観察会は終了です。本日だけ参加された方は天気を恨んでいたことでしょう。昼食後、「保護の会」のお心遣いで有志を募り、別のポイントに案内して頂く。休耕田最深部のポイントは開放感があって素晴らしい湿地。ほどなくノアザミで休む♂を見出しました。雨の中、草陰ではなく、濡れやすい花弁の上で休息しているのにはビックリです。
f0090680_035969.jpg
D70S-10.5-X1.4TC, ISO=500、F4-1/1000

 同じように♀も所在無く、ノアザミの上で休んでいます。今度は横位置広角での作画。
f0090680_041753.jpg
D70S-10.5-X1.4TC(トリミング), ISO=500、F11-1/50、-0.7EV

 昨日とは異なり、小雨模様の天気なので、画像はシットリ感が出て発色は良好です。ピーカン時とはまた異なる表情を見せてくれたように思います。まあ梅雨空に発生するタテハですから、今日のような天候が似つかわしいのかもしれません。♂♀共にじっとしているだけの変り映えしない画像のオンパレードになってしまうので、趣向を変えて、90mmマクロで真正面から♀を撮影。ちょっぴりストローを緩めて、超リラックスムードの表情。本質的にやさしい顔ですね。
f0090680_043850.jpg
D70, ISO=500、F3.5-1/400

 午後3時。劇的な天候の回復が望めないと判断し、撤収です。最後まで我々撮影者に便宜を図って頂いたSさん、Iさん始め「保護の会」の関係者・地元の方、本当にお世話になりました。お蔭様でタップリと貴重種の生態を楽しむことができました。

 次回はヒョウモンモドキ以外の蝶を簡単にご紹介したいと思います。
by fanseab | 2006-06-20 00:07 | | Comments(8)

広島・賀茂台地遠征(1) ヒョウモンモドキとの出会い(6/16)

 関西に拠点を移してから是非撮影したかったターゲットがヒョウモンモドキでした。この度、ヒョウモンモドキ保護の会の活動の一環として開催された観察会に参加し、本種を含め賀茂(世羅・賀茂)台地の蝶を堪能してきましたので、3回に分けて、その魅力をご紹介したいと思います。

 ご承知の通り、ヒョウモンモドキは環境省が規定したレッドカードリストで最も絶滅の危機に瀕している「絶滅危惧Ⅰ類」扱いで、上記保護の会を中心とした地元の方の献身的な保護活動でやっと生き延びている貴重種です。観察会は6/17-18の両日の予定でしたが、6/16(金)に思い切って年休を取り、2日間かけて勝負しようとの作戦です。

 と言っても、初日はポイントを正確に把握しているわけでもないので、下見のつもりで休耕田の様子を探索です。午後になって、何気なく入った休耕田に「ヒョウモンモドキ保護地区」の看板が。そこでは明日以降の観察会に備えて地元の方が歩道周辺の潅木や下草刈りに汗を流されていました。声かけして、撮影の許可をもらい、畦道からの観察です。かなり蒸し暑い薄曇のなか、1頭が飛び始めました。大型ヒョウモンとは異なるエレガントな姿。もう少し弱弱しい飛翔を想像していましたが、意外と敏捷で、昨年、但馬の高原で観察したウスイロヒョウモンモドキに比較すればはるかに活発な印象を受けました。確認するとどうやら♀。少しスレていますが初めて出会った個体です。なんとか綺麗に写してあげなくては。暫く観察しているうちに雲が切れて快晴状態に。そこで、fisheye縦位置広角で太陽の輝きを画面に入れた作画にしてみました。
f0090680_9183022.jpg
D70S-10.5-X1.4TC, ISO=400、F20-1/200、+0.3EV、内蔵ストロボ

 陽射しが強くなってきたので、ノアザミに来る吸蜜個体も増えました。先ずは新鮮な♂を逆光で撮ったシーン。
f0090680_9191032.jpg
D70, ISO=500、F10-1/160、+0.3EV

 引き続いて開翅吸蜜シーン。♂は後翅外縁側の斑紋が♀に比べて発達せず、明るい印象です。ちょっぴりスレた個体で残念でした。
f0090680_9193246.jpg
D70, ISO=500、F13-1/250

 新鮮な♀を期待して、ふと足元を見るとパタパタと一際色濃い個体が羽ばたき練習状態。羽化したばかりの個体でした。翅を拡げての日光浴シーン。レンズを通して見る複雑な斑紋に暫し見入ってしまいました。特にこの個体は黒班の発達が著しいようで、飛翔時もオレンジ色というよりは、濃褐色のイメージでした。
f0090680_9201768.jpg
D70, ISO=640、F13-1/320

 保護地区では撮影のため、湿地の中に踏み入れるのはご法度とされています。撮影アングルに苦労する中、↑と同じ個体を畦道脇からギリギリ狙える位置からfisheye横位置で開翅シーンを撮影。このレンズの接近限界近く目一杯寄ったので、生息環境を狙い通りに写しこめました。午後3時を過ぎた斜光線がヒョウモンモドキの表情をより美しく演出してくれたようです。
f0090680_9221278.jpg
D70S-10.5, ISO=500、F14-1/200

 撮影の途中で保護の会、事務局長のSさんやIさんらが成虫の活動調査に来られたので、ご挨拶。調査の苦労話等をお伺いする。このポイントではアサギマダラのようにマーキングされた個体を見かけましたが、個体識別をしながら蝶の行動半径等を調査されているとのこと。本当に地道な行動調査活動です。Sさん、Iさん、貴重なお話、撮影へのご配慮、有難うございました。
 事務局の方が引き上げるのを潮時に、小生も本日の撮影はこれにて終了。明日(6/17)はいよいよ観察会です。

【本種の撮影を予定されている方へのご注意】
 ヒョウモンモドキの生息地は当然採集禁止ですが、撮影行為にも格段の注意が必要です。以下に留意すべきでしょう。
①休耕田と言え、ポイントは私有地故、無断での立ち入りは厳禁。必ず地権者の了解が必要。
②また、狭い農道に車を横付けして農作業に支障をきたすことのなきよう、駐車場所にも留意。農作業をされている方への声かけ等のコミュニケーションを取りましょう。
③畦道から外れて湿地内への立ち入りも厳禁。食草のキセルアザミ類は保護活動の一環で移植や増殖等、格段の努力が払われています。食草を踏みつけて、幼虫や蛹にダメージを与えたら自殺行為になります。
 厳しい書き方をしましたが、末永く本種を撮り続けていきたいのは小生も同じ。撮影者としてモラルを守って写したいものです。
by fanseab | 2006-06-18 09:37 | | Comments(12)

マイフィールド探索

 昨日、北摂山中で格闘した筋肉痛のため、本日は宝塚郊外のマイフィールドを車でのんびり流しながら探索しました。先ずは休耕田に生えているハンノキの疎林が目に止まり、ミドリシジミの幼虫を探してみました。小生この手の幼虫を探すのは初体験。二箇所目で袋状に折った巣らしきもの(↓写真の矢印)が見つかりました。
f0090680_20441852.jpg
D70-10.5-X1.4TC, ISO=500、F10-1/100、内蔵ストロボ

 中を明けてみると丸々太った終齢幼虫が見つかりました。
f0090680_20444363.jpg
D70-10.5-X1.4TC, ISO=500、F10-1/40、内蔵ストロボ

 幼虫が造る巣の中には、よく蜘蛛が入っていたりすることもあるので、本物を確認すると素直に嬉しいものです。↑の袋状の巣を見たとたん、餃子に目が無い小生、餃子が食いたいなあとあらぬ想いが・・(^^;
 成虫の輝きが拝めるのは、6/20過ぎ頃でしょうか?楽しみなポイントがまた一つ、増えました。

 ウラゴ狙いで、イボタも探索。4箇所でイボタの群落を見出しましたが、成虫はヌル。食樹のイボタはウラゴ生息の必要条件なるも十分条件ではないことらしい。さて、その十分条件とはなんなんでしょう?

 本日も昨日と同様、ドンヨリとした曇り空。ただ上空に入ってきた寒気の影響か、肌寒く午前中は蝶の飛ぶ気配もなし。昼過ぎから多少薄日が差してきて、アサマイチモンジあたりが弱弱しく飛び始めました。そんな中、ウツギの花にシジミの影が。なんと、春型のトラフ♀。暫く追い回して吸蜜写真を撮りました。そろそろ夏型が出ても良さそうな時期ですが、くたびれながらも頑張っている個体でした。
f0090680_20472051.jpg
D70, ISO=500、F14-1/320、+0.3EV
by fanseab | 2006-06-11 20:51 | | Comments(14)

ゼフィルスの生息調査活動(6/10)

 梅雨入りした曇り空。関西にもゼフの季節がやって参りました。で、本日は、小生の所属する某鱗翅学会の調査活動に参加すべく、北摂地方に出向きました。報文投稿以外にさしたる学会活動をしていない小生にとって、年1回、この調査の時のみ、学会員らしい姿になります。今年で3年連続の参加になるので、常連の参加者と旧交を温める貴重な場でもあるのです。

 調査について、若干ご紹介しておきましょう。調査手法はトランセクト法と呼ばれていて、調査地域を正方形のマトリックスに分割し、各分割ブロック毎に、単位時間当たりの目撃数を計数していきます。調査対象がゼフですから、飛び出すのを待ち続けるだけでなく、長竿で叩きだし、カウントすることもOKです。3年連続ともなると、小生も要領がわかってきて、「えーっ、ブロックNo.Aにアカ1頭発見、時間は・・・9時30分かあ。」等と独り言を言いながら、記録用紙に記入していきます(小生は撮影の合間に記録をしているのが実態)。この後、事務局側が用紙を回収・集計し、生息数が割り出されます。かれこれ10年以上もこの活動は継続されていますから、このポイントでのゼフ類の栄枯盛衰がかなり明確に判明してきたようです。
 また、調査地域は地元の方を中心とした定期的な下草刈りや計画的な植樹等、多大の努力が払われて環境保全が図られてきているので、調査を担当する我々も真剣にならざるを得ません。

 活動のご紹介はこれくらいにして、本日の成果を・・・と景気良くいきたいところだったのですが、結局出現したのは新鮮なアカシジミ3頭のみ。目線よりかなり上に止まった1頭をようやく望遠ズームで捉えた画像をアップします。
f0090680_22115620.jpg
D70S-VR84@400mm, ISO=640、F10-1/640、-1.0EV

 昨年との比較で言えばざっと、10日遅れている印象です。上記記録用紙には当地に過去生息した9種類のゼフが記載されており、昨年(6/13)は4種ほど目撃しています。当地ではアカより遅れて出現する傾向のあるウラナミアカが1頭も発見できなかったので、時期の遅れは間違いないものと思います。
 「やはりフライング気味やったね・・」調査に参加された方の溜息でした。で、このままでは小生も収まりがつかないので、麓に下り、イボタの周辺を探索。もちろん狙いはウラゴ。ああ!結局これも坊主。満開のイボタの花に来たアサマイチモンジ吸蜜を撮影しましたが、どうも発生後半なのかボロ個体ばかりで消化不良の感がありました。
f0090680_22131212.jpg
D70, ISO=500、F10-1/200、+0.3EV

 梅雨空同様、モヤモヤ感の残った一日でしたが、本日の調査に参加された方、お疲れ様でした。また、事務局のO大学・H先生にはお世話になりました。来年は是非多くのゼフが飛び交うピーク時に調査をしたいものです。

【お知らせ】
本体HP、「スラウェシの蝶」を科別表示方式に変更し、3科4種を新規追加しました。お時間があれば、お立ち寄りください。
by fanseab | 2006-06-10 22:14 | | Comments(4)

ビョウヤナギ

本日は花の話題です。
小生の居住地、兵庫県・六甲山麓は阪神大震災の影響で町並みが大きく変わったとされています。震災の教訓から、立て込んだ住宅の周囲に延焼を防止するための小公園や緑地が計画的に配置され、幹線国道沿いにも緑が積極的に植えられています。丁度、現在、国道沿いの緑地に「ビョウヤナギ」の黄色い花が咲き誇っています。茶筅(せん)のように密集した細長いオシベが大変艶やかな花です。
f0090680_203969.jpg
D70-10.5-X1.4TC, ISO=400、F11-1/250、+0.3EV

↑の写真のように、トラックの運行規制がかかるほど交通量の多い国道脇で、すさまじい排気ガスに晒されながら元気に咲くタフな花でもあるのです。ネットで調べてみると、この花、江戸時代に中国からもたらされたオトギリソウ科の草本で、和名は「未央柳」もしくは「美容柳」の当て字が使われるとか。カタカナで「ビョウ」ですから、当初、小生は画鋲の「鋲」を連想し、「鋲柳」と勝手に漢字をあてがっていました。何故この花が鋲に似ているんだろう?と暫く合点がいきませんでしたが、美容と聞いて納得です。でも「美容」なら『ビョウ』ではなく『ビヨウ』と『ヨ』を全角で書くべきだろ、とついツッコミを入れたくなります。

さて、丁度この花が咲き始める頃、関西ではウラゴマダラシジミやアカシジミといった平地性ゼフィルスが出現し始めます。そうして艶やかな黄色い花が色褪せて枯れる頃、関西の平地~低山地産ゼフも発生末期を迎えていることでしょう。ウラゴあたりの撮影に出撃したいのはやまやまですが、今週は自宅でゴロゴロしながら、のんびりとブログ仲間の画像を楽しみたいと思います。もちろん、お目当ては出始めのゼフ達。皆さん素敵な写真を期待してますよ~♪
by fanseab | 2006-06-03 20:04 | | Comments(2)