探蝶逍遥記

カテゴリ:蝶( 895 )

ムラサキツバメ越冬集団の観察その5(1月中旬)

 年も明けて、前回観察から3週間以上経過してしまいました。連続観察ポイントでは、「あーとまん」さんもフォローしていて、どうやら12月30日時点で、ムラツ集団は消滅していたとのこと。期待はできませんが、念のため確認してみました。ウロチョロしてみても、やはり集団はゼロ。但し、柑橘樹葉上に単独越冬個体を発見。

+++画像はクリックで拡大されます(モニター環境に依存)+++
f0090680_21263098.jpg
EM12-Z12、ISO=200、F13-1/50、外部ストロボ、撮影時刻:9時53分

 やはり、単独越冬は寂しそうな雰囲気ですね。この後、撮影の刺激でビューッと飛び去ってしまいました。撮影時の気温は14℃近くもあったので、体温も暖まっていたのでしょう。ついでに周囲の枯葉をチェックするものの、ムラシの姿も皆無。シラカシの梢上を舞う姿もありません。更にウラギンシジミの姿も消えてしまいました。年末年始にかけてそれほど荒天もなかったのですが、残念な結果に終わりました。

 さて、前回記事でご紹介した拙宅近くのウラギンは相変わらず元気ですけど、この子と同じく、拙宅から徒歩1分圏内で、別の個体も発見しました。
f0090680_21271045.jpg
EM12-Z60、ISO=500、F5-1/125、撮影時刻:13時22分(ムラツとは異なる撮影日)

 低層マンションの東南角地にあるクチナシの植栽が住処。株は綺麗に直方体に剪定されていて、北風を完璧に遮断できています。静止している葉は南西を向いていて、午後西日を受けられる配置を取っています。こうしたポジション取りは本当に絶妙で、いつも感心させられます。
by fanseab | 2018-01-18 21:27 | | Comments(0)

越冬ウラギンシジミ(1月初旬)

 新年明け初撮りは拙宅近くの民家脇へ。サザンカの植え込みに潜んでいたウラギンシジミを、異なる日時に異なる機材で写し分けてみました。

+++画像はクリックで拡大されます(モニター環境に依存)+++
f0090680_20583598.jpg
EM12-Z12、ISO=200、F14-1/50、外部ストロボ、撮影時刻:10時37分
f0090680_20584670.jpg
TG4@18mm-gy8(トリミング)、ISO=100、F4.9-1/500、内蔵ストロボ、撮影時刻:9時37分
f0090680_20585591.jpg
D500-10.5X1.4TC、ISO=500、F14-1/80、外部ストロボ、撮影時刻:14時18分

 撮影条件としては、完全逆光になってしまったTG4が一番厳しい感じ。フレアが盛大に発生するのは魚露目の宿命。一方、久しぶりに使用したNikon対角魚眼とX1.4テレコンの組合せは相変わらずシャープな画像を叩き出してくれて感心しました。このところフォーサーズで広角画像を撮ることが多かったので、APS-Cの画面比率、2:3が16:9のように細長く見えてしまいますね。

 しかし、このような撮り比べが出来るのも、ウラギンがジッとしてくれているお蔭です。通行人がひっきりなしに通る小道ですが、人通りが多いため野鳥も接近し難く、ウラギンにとっては、却って良好な越冬場所かもしれません。この先、春まで様子を覗うことにします。
by fanseab | 2018-01-08 21:01 | | Comments(6)

謹賀新年

 皆様新年明けましておめでとうございます。関東地方は昨年に引き続き、穏やかな元旦を迎えたようです。本年も拙ブログのご愛顧の程、よろしく申し上げます。コメントも沢山頂けると幸いです。

+++画像はクリックで拡大されます(モニター環境に依存)+++
f0090680_9144879.jpg
D500-34VR、ISO=2000、F8-1/1250、外部ストロボ、撮影年月日・時刻:2017年9月7日、9時35分、撮影地:台湾台東縣蘭嶼島

 さて、昨年末は2017年度の「振り返り記事」をアップしませんでした。これも含め、最近拙ブログの更新頻度が低下してきたことを自覚・反省しております。因みにここ5年間の記事数を確認してみました。

2013年: 103
2014年:  88
2015年:  75
2016年:  66
2017年:  61

 何と、ものの見事に右肩下がり(^^;; このままでは絶滅危惧ブログになりかねませんので、今年は少し頑張ってみたいと思います。昨年は、4月と9月に二回、台湾蘭嶼島へ遠征してきました。目的はアップした画像、コウトウキシタアゲハ(Troides magellanus)♂後翅の幻光色撮影。何とか撮影に成功した証をご紹介しました。但し、♂の翅は痛みやすく、この個体の前翅も結構スレが目立ちます。♂同士のバトルは想像以上に激しく、翅はあっという間に傷が付いていくのです。そんな事情で、本当の完品個体を撮影するのは難題でした。
 まぁ、しかし、高所を飛び回る本種の飛翔は雄大で、ウットリします。本種のように今年も力強く羽ばたきたいと思っております。

改めまして、本年もよろしくお願いします<(_ _)>
by fanseab | 2018-01-01 09:16 | | Comments(24)

ムラサキツバメ越冬集団の観察その4(12月下旬)

 前回観察からほぼ10日後、様子を見に行っていました。前夜から夜半にかけての降雨で、落葉クヌギにある仮宿の行く末が心配です。先ずは、そのクヌギをチェック。不安が的中し、3カ所共に落葉し跡形も無くなっていました。念のため別の葉に移動しているかもしれない・・・と、残ったクヌギの葉をチェックしますが、坊主。観察中にもヒラヒラ~と黄色く色づいたクヌギの葉が落ちていきます。ガッカリして、仕方なく次は柑橘類の葉をチェック。アレ~!、こちらも姿形がありません!!

+++画像はクリックで拡大されます(モニター環境に依存)+++
f0090680_20294069.jpg
D500-34VR(トリミング)、ISO=1000、F7.1-1/500、外部ストロボ、撮影時刻:9時49分

 どこに消えたのでしょう? 次いで、アラカシ枯葉のムラシ集団をチェック。
f0090680_20301371.jpg
D500-34VR(トリミング)、ISO=1000、F7.1-1/500、外部ストロボ、撮影時刻:9時50分

 なんと、こちらも蛻の殻。再度ガックリして、今度は柑橘類の葉を再チェック。やっと2頭のムラツを発見。
f0090680_20304114.jpg
EM12-Z12、ISO=200、F10-1/160、外部ストロボ、撮影時刻:9時42分

 この葉は東向きで、朝日が燦々と差し込む越冬には本来不向きです。1頭は日光が当たり既に臨戦態勢ですね。そのうち、2頭共に立ち上がり、飛び立つ姿勢を見せました。
f0090680_2031047.jpg
D500-34VR(トリミング)、ISO=1000、F8-1/640、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:10時06分

 この柑橘樹を見上げていると、更に2頭の単独ムラツがおりました。そのうち♂1頭が微妙な姿勢で開翅。
f0090680_20311777.jpg
D500-34VR(トリミング)、ISO=1000、F8-1/640、-0.7EV、撮影時刻:10時04分

 止まっている葉がカーリングしているので、全開できない様子です。もう少し幻光がクッキリ写るまで開翅して欲しかった!
 この日は気温上昇が著しく、10時過ぎに手元の温度計は18℃を示していました。寒さに備えて厚着をしてきたので、汗だくになっていました。ムラツ・ムラシ達も共に塒から抜け出して活発に飛翔を開始。ムラシはしきりに開翅してくれました。
f0090680_2032481.jpg
D500-34VR、ISO=50、F8-1/1600、-0.7EV、撮影時刻:10時30分

 真冬のこの時期、メタリックブルーが本当に眩しく映ります。残念ながら撮りたかった♂の開翅撮影は叶わず。この後、柑橘樹に再度目を向け、枯葉に付いていたムラシ集団をチェック。
f0090680_20322282.jpg
D500-34VR(トリミング)、ISO=1000、F7.1-1/500、外部ストロボ、撮影時刻:9時54分

 こちらは前回の2頭から3頭に増加していました。今回は矢印で位置を示しておきました。10頭集団が形成されていたアラカシの大木の梢には多数のムラシが舞っておりました。その内の1頭がある枯葉の周辺をしきりに飛び回っています。さては塒があるのかなぁ~と思って、枯葉を写してみました。
f0090680_20325171.jpg
D500-34VR(トリミング)、ISO=1000、F7.1-1/1000、外部ストロボ、撮影時刻:9時54分

 撮影直後は気が付きませんでしたが、帰宅後チェックすると2頭のムラシ(矢印)が写っておりました。『蜘蛛の巣で絡まった複数の枯葉』、やはり典型的なムラシの塒だったのです。ここは地上高5-6mの高さにあり、肉眼で発見するのは無理があります。この日は上述したように朝方の気温が平年並み以上に上昇していたので、「蛻の殻」状態だったアラカシ枯葉(前回5頭集団が観察された葉)の個体が飛び去って周囲をヒラヒラ飛び回っていたのかもしれません。もう少し気温の低い日に再訪問して塒を確認する必要があるでしょう。もしかすると、アラカシに複数の塒があるのかもしれません。

 それにしてもクヌギ仮宿に集っていたムラツは何処に行ったのでしょう。合計21頭ですから、柑橘樹へ半数程度移動していることも期待したのですけどねぇ~。念のため周辺にある集団を形成しそうな常緑広葉樹を複数チェックしたものの、ムラツの姿はありませんでした。

 さて、記事:「ムラサキツバメ越冬集団の観察その2」でご紹介したウラギンシジミの様子も確認しました。
f0090680_20334867.jpg
D500-34VR、ISO=500、F8-1/200、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:9時57分

 こちらは全く動いておりません。3週間ほど同一静止位置で、微動だにしていない様子。無駄な活動を抑制し、ひたすら体力を温存しているのでしょう。
by fanseab | 2017-12-26 20:37 | | Comments(2)

ミドリシジミの越冬卵(12月上旬)

 前々回の記事で訪問した谷戸で、ミドリシジミ越冬卵の探索もしてみました。結構苦労して2卵塊、合計5個を見出しました。越冬卵を見出したハンノキです。

+++画像はクリックで拡大されます(モニター環境に依存)+++
f0090680_2118571.jpg
TG4@4.4mm(トリミング)、ISO=200、F8-1/50、-0.7EV、内蔵ストロボ、撮影時刻:10時57分

 この日は快晴でした。ミドリシジミ越冬卵やコムラサキ越冬幼虫など、樹皮上での越冬個体探索は曇天日が好ましく、晴天だと、樹皮上の明暗コントラストが激しくて、越冬卵を見逃しやすいのです。それでも何とか卵塊(上図矢印AおよびB)を見つけることができました。矢印Aの2卵塊をコンデジでお気楽拡大撮影。
f0090680_21185440.jpg
TG4@18mm(自動深度合成+トリミング)、ISO=1600、F6.3-1/100、-0.7EV、内蔵ストロボ、撮影時刻:11時01分

 比較的汚れが少なく、寄生もされていない様子。次に矢印Bの3卵塊。
f0090680_21191015.jpg
TG4@18mm(3コマ深度合成+トリミング)、ISO=200、F4.9-1/30、-0.7EV、内蔵ストロボ、撮影時刻:11時05分

 こちらも綺麗な卵塊。ところで、管理人は当地のミドリシジミ越冬卵を4年連続して調査中で、2014、15年の両年は豊作状態でした。直径15cm程度の比較的若い株をチェックすると、一株あたり30卵は付いておりました。しかし、2016年暮れの調査では激減しており、翌年の発生数が懸念されました。そして本年6月、予想通り、個体数は少なくなっていました。♂の卍飛翔はある程度確認できましたが、「乱舞」と呼ぶのにはほど遠く、ガッカリしたのでした。2015,16年の6月には簡単に撮影できた♀産卵シーンも本年6月には産卵場面にも出会えない始末・・・(^^;; 今回の調査結果より、恐らく来年2018年の発生個体数も本年並と思われます。ゼフ発生個体数は数年の周期性を示すものが多く、当地のミドリシジミも同様な経過を辿っているのかもしれません。数年後に再度、乱舞状態になることを期待したいものです。
by fanseab | 2017-12-20 21:21 | | Comments(2)

ムラサキツバメ越冬集団の観察その3(12月中旬)

 前回に引き続き川崎市内のポイントへ。ほぼ1週間後、どうなっているかのチェックです。先ずは柑橘類の集団。

+++画像はクリックで拡大されます(モニター環境に依存)+++
f0090680_2219713.jpg
D500-34VR(2コマ深度合成+トリミング)、ISO=2000、F8-1/500、外部ストロボ、撮影時刻:10時06分

 前回から数を減らし、ムラツ6→5頭、ムラシ3→1頭の6頭混群になっていました。次にアラカシ枯葉上のムラシ集団をチェック。
f0090680_22194322.jpg
D500-34VR(トリミング)、ISO=2000、F8-1/500、外部ストロボ、撮影時刻:10時02分

 アララ!こちらも数が大幅に減っています。10→5頭と半減してしまいました。枯葉の下半分に止まっていた個体が無くなっています。こんな短期間に減るとは!野鳥の食害なのか?理由は不明です。この後、先ほど確認した柑橘類に怪しげな枯葉を見っけ!
f0090680_2220875.jpg
D500-34VR(トリミング)、ISO=2000、F8-1/500、外部ストロボ、撮影時刻:10時07分

 駄目元で撮影したところ、何と2頭のムラシが斜め対向して潜んでいました。『蜘蛛の巣で複雑に絡まった枯葉・・・・・』、これムラシ越冬個体探索時のキーワードですが、改めて原則通りの擬態に感心します。2頭がどこにいるか?分かりますか(直線状の触覚がヒント)。

 この後、ブログ仲間の あーとまんさん(クリックでジャンプ)からご教示頂いた栗の木をチェック。3箇所に越冬個体が潜んでいました。最初は18頭の大集団。
f0090680_22214264.jpg
D500-34VR(2コマ深度合成+トリミング)、ISO=2000、F8-1/500、外部ストロボ、撮影時刻:9時53分
f0090680_22215618.jpg
D500-34VR(3コマ深度合成+トリミング)、ISO=1000、F8-1/500、外部ストロボ、撮影時刻:10時13分

 仔細に点検すると、ムラツ15頭、ムラシ3頭の混群でした(1-2頭の計測誤差があるかも)。やはり20頭近くの集団は見栄えがします。この集団の近くに単独ムラツ越冬個体がいました。
f0090680_222221100.jpg
D500-34VR(トリミング)、ISO=2000、F8-1/500、外部ストロボ、撮影時刻:9時54分

 鮮やかな黄色に色付いた栗の葉を背景にすると、独りぼっちで越冬するこの子が寂しそうに見えますね。定員オーバーで止む無く移動してきた個体でしょうか?更にこの子からやや離れた位置にムラツ5頭集団がありました。
f0090680_22225624.jpg
D500-34VR(2コマ深度合成+トリミング)、ISO=1600、F8-1/500、外部ストロボ、撮影時刻:9時56分

 結局、栗の木にはムラツ21頭、ムラシ3頭、合計24頭の越冬個体を見出しました。もちろん、栗は落葉樹。期限付き賃貸マンションに過ぎません。落葉後、彼らはどこに永住先を見出すのか? 興味の焦点が絞られました。
 あーとまんさん、情報有難うございました。
by fanseab | 2017-12-17 22:29 | | Comments(2)

日本チョウ類保全協会企画展のお知らせ

 12月17日まで本記事をトップに配置します。
通常記事は本記事の下にあります。

+++++++++++++++++++++++++++++++

f0090680_21432368.jpg

f0090680_21434026.jpg

◇◇企画展「チョウが消えてゆく~絶滅の危機にあるチョウを守る~◇◇

 毎年、東京・新宿御苑にて開催しております保全協会企画展を、今年は、下記の日程で開催いたします。
チョウの生態写真(約65点)のほか、絵、保全に関するパネルなどの展示を行うほか、土日(16-17日)には、ミニ講演会も開催されます。
ぜひお友達とお誘いあわせの上、ご来場くださいますようにお願いいたします。

日 時:2017年12 月12 日(火)~ 12 月17 日(日)
      9:00 ~ 16:30(最終日は15:00 まで)
場 所:新宿御苑インフォメーションセンター1F(新宿門左側)
     「アートギャラリー(クリックでジャンプ) 
     ※入場無料
      
アクセス:JR・京王・小田急線:新宿駅南口 より徒歩10 分
     東京メトロ副都心線:新宿三丁目駅より徒歩5 分
     東京メトロ丸の内線 ・都営地下鉄新宿線:新宿御苑前駅より徒歩5 分 

内 容:チョウの生態写真・絵画・工芸品・チョウの保全に関するパネル、ほか
 
<ミニ講演会:16 ~ 17 日(土・日)に開催>

16 日(土) 1 回目 11:00 ~ 11:30
       「絶滅危機のチョウを守る」 中村康弘(日本チョウ類保全協会事務局)
       2 回目 13:00 ~ 13:30
       「フランスのチョウと自然」 永幡嘉之(自然写真家)
       3 回目 15:00 ~ 15:30
       「チョウの写真・動画撮影を楽しむ」 佐々木幹夫・清水晶(日本チョウ類保全協会会員)

17日(日)  1 回目 11:00 ~ 11:30
       「絶滅危機のチョウを守る」 中村康弘(日本チョウ類保全協会事務局)
       2 回目 13:30 ~ 14:00
       「フランスのチョウと自然」 永幡嘉之(自然写真家)
 

以上、皆さまのご来場をお待ちしております。

***********************************************************************
特定非営利活動法人 日本チョウ類保全協会 事務局 井上晴子

   〒140-0014 東京都品川区大井4-1-5-201
TEL/FAX 03-3775-7006 携帯:090-5574-5433
   Email: jbutterflyconservation@gmail.com
   http://www.japan-inter.net/jbcs/
   協会ブログ:http://jbcs.blog.fc2.com/
***********************************************************************
by fanseab | 2017-12-17 16:30 | | Comments(0)

ムラサキツバメ越冬集団の観察その2(12月上旬)

 暫く蝶観察をサボり気味で、前回の観察からほぼ1ヶ月が経過してしまいました(^^;
先ずは柑橘類をチェック。前回発見した3頭集団の姿はありません。やはり東向きで、朝方直射日光が長時間当たるため、適当な場所ではなかったのでしょう。次に6頭集団のあった場所を確認。

+++画像はクリックで拡大されます(モニター環境に依存)+++
f0090680_20552994.jpg
D500-34VR(3コマ深度合成+トリミング)、ISO=1600、F8-1/640、外部ストロボ、撮影時刻:10時02分
f0090680_20554455.jpg
D500-34VR(2コマ深度合成+トリミング)、ISO=1000、F8-1/640、外部ストロボ、撮影時刻:10時13分


 前回より少し数が増えたようです。画像を詳細に確認すると、ムラツ6頭、ムラシ3頭の混群でした。この場所は朝方完全に逆光になることもあり、画像にフレアが入り撮影に苦労しました。300mmVRレンズの特性なのか?ちょっと気になります。この後、新規集団を求めて付近をウロチョロ。やがて、アラカシの大木頭上に何やら怪しい影を発見!大きな枯葉に集団がいます。高さは6mほどでしょうか。距離が遠いので大幅にトリミングしてのご紹介。
f0090680_20561272.jpg
D500-34VR(トリミング)、ISO=1600、F8-1/640、外部ストロボ、撮影時刻:10時05分
f0090680_20562579.jpg
D500-34VR(トリミング)、ISO=2000、F8-1/500、外部ストロボ、撮影時刻:10時09分

 最初はムラツの集団かと思いましたが、実態はムラシの10頭集団。管理人が初めて出会ったムラシの二桁集団で、撮影後暫し昂奮状態でした。やはりムラシは緑色の葉よりも枯葉がお気に入りのようです。この場所、考えてみると、ムラツが混群を形成している柑橘類よりも風衝機能が遥かに高い絶好の塒になっています。恐らく昨シーズンも何らかの集団が形成されていた可能性があります。何せ頭上高い位置の集団なので、どうしても見逃す傾向にあるのは仕方ないですね。このムラシ集団が春まで生き残れるのか?ムラツ集団よりもむしろ興味ある追跡対象となってきました。

 同じポイントでウラギンシジミの越冬個体も探してみました。苦労した後、シラカシの葉陰にいる1頭のみ発見。
f0090680_20564267.jpg
D500-34VR、ISO=1250、F8-1/400、外部ストロボ、撮影時刻:10時20分

 位置は完璧な北向きです。昨年は周辺で越冬している6個体を発見できたのに・・・。今年は不作かな?
by fanseab | 2017-12-10 20:59 | | Comments(8)

ムラサキツバメ越冬集団の観察その1(11月中旬)

 最低気温が10℃を切るようになると、そろそろムラツ越冬個体も群れを作り始めます。いつものように川崎市内のポイントを訪ねてみました。先ずは柑橘類をチェック。直ぐに3頭集団が目に入ってきました。

+++画像はクリックで拡大されます(モニター環境に依存)+++
f0090680_21123642.jpg
D500-34VR(トリミング)、ISO=2000、F7.1-1/640、外部ストロボ、撮影時刻:15時13分

 当日、気温が高めだったので、夕方を狙って出かけたのですが、彼らは翅を立て、比較的覚醒状態にあることが分かります。持参した温度ロガーでチェックすると、外気温は19.1℃。この時期の夕方にしては、異例の高温であることが確認できました。当該木を更にチェックすると、見難いですが、6頭集団(※)を見出しました。
※<12月10日追記>
後で詳細に確認すると、正確にはムラツ4頭、ムラシ2頭の混群でした。
f0090680_21125094.jpg
D500-34VR(トリミング)、ISO=2000、F7.1-1/640、外部ストロボ、撮影時刻:15時20分

 先ほどの3頭集団が東向きの葉上であるのに対し、こちらは南向き。一通り、望遠で撮影した後、3頭集団を広角撮影しようと四苦八苦。想定外のショックを与えたようで、途中であっと言う間に飛び去ってしまいガックリ(^^;; 集団を再形成することを祈りましょう。この後、当該木からほど近いアオキも探索しましたが、こちらは坊主。このアオキ株には、2015/16年の両年、それなりの集団が観察されており、今年も期待していただけに残念です。
 
 今回見出した合計9頭が今後、どのように推移するか、継続観察したいと思います。因みに昨年12月下旬時点(クリックでジャンプで、同一樹上で15頭集団を観察しております。
by fanseab | 2017-11-19 21:15 | | Comments(4)

キタキチョウの仮宿(11月上旬)

 先日、帰宅する際、拙宅の小さな庭にキタキチョウ♂が飛び込んで行く様子を偶然観察できました。庭にマメ科植物を植えていないので、キタキチョウの飛来機会はあまり多くは有りません。念のため庭内をつぶさに調べてみても、姿を確認できず。どうせ庭を通過して、お隣の広い庭にでも逃げていったのだろう・・・と思っていました。ところが、ところがですよ! ある日、偶然、拙宅庭のエノキで休む彼の姿を再発見できたのです。きっかけは外来アカボシゴマダラの蛹観察。発見時の状況をアップしておきましょう。

+++画像はクリックで拡大されます(モニター環境に依存)+++
f0090680_2151757.jpg
EM12-Z60(自動深度合成+トリミング)、ISO=64、F7.1-1/125、撮影時刻:9時27分

 矢印はアカボシの蛹。さて、この絵の中に問題のキタキチョウが隠れています。読者の皆さん、どこにいるか分かりますか??

 正解は、この記事の末尾をご覧下さい。その前に自力で探す方のために、ヒントとして、ほぼ同じアングルから撮影した拡大像もご紹介しましょう。
f0090680_21523337.jpg
EM12-Z60(トリミング)、ISO=64、F8-1/50、外部ストロボ、撮影時刻:9時30分

 ど真ん中で静止しているのが主人公です。このように、逆光条件だと、黄色に色付いたエノキの葉が眩しく光り、同系色のキタキチョウは背景と完全に同化してしまうのです。次に順光下でも撮影してみました。
f0090680_2152494.jpg
EM12-Z60、ISO=200、F7.1-1/250、外部ストロボ、撮影時刻:9時31分

 順光でも、意外と発見は難しいのですよ。この子、3日間この場所にじっとしており、好天気の日中でも全く飛ぶ気配がありませんでした。そして、4日目、最高気温が20℃を越えた昼間、ようやく、どこに飛び去ったようです。エノキは落葉樹ですから、この場所はキタキチョウの越冬場所にはなり得ません。但し、秋口に気温が低下するにつれ、今回観察したような仮宿で暫く静止し、越冬に備えて体力を温存しているのでしょう。

<解答>
f0090680_2153594.jpg
矢印#1がアカボシゴマダラの蛹、矢印#2がキタキチョウです。
by fanseab | 2017-11-17 21:54 | | Comments(0)