探蝶逍遥記

カテゴリ:旅行記( 3 )

台湾宜蘭縣遠征記(15)民宿生活を楽しむ

 蝶の話題はちょっと一休み。
 今回の遠征では初日を除き、民宿に連泊いたしました。台湾の民宿に泊まるのはこれが初体験。実は当初別のモーテルを予約したはずが、管理人の勘違いで予約できておらず、出発直前に慌てて民宿に予約を入れ直して何とか凌いだ顛末があります。結果的にはこの民宿を選んだのが大正解。
 台湾の「民宿」は日本のペンションに似ておりますが、基本はB&B(朝食付き素泊まり)。夕食が必要な場合は事前予約が必要なシステム。地方毎に民宿組合のような組織があり、このサイト(外部リンクにリンクされている各民宿個別のサイトに飛んで、部屋の雰囲気等を推定することができます。
 先ずは管理人が連泊した部屋。

+++横位置画像はクリックで拡大されます+++
f0090680_20384046.jpg
TG2@4.5mm、ISO=800、F2-1/100、内蔵ストロボ、撮影時刻:17時19分(5月28日)

 ご覧の通り、管理人のようなおっさんには場違いな雰囲気。概ね新婚カップルが喜びそうなデザインの民宿が多く、事前に確認したサイト画像からある程度覚悟はしておりましたが、流石に初日は落ち着かず、寝付けませんでした(爆) それでも部屋の窓から眺める景色は最高です。
f0090680_20392024.jpg
TG2@9.6mm、ISO=100、F2.4-1/60、-0.7EV, 撮影時刻:5時26分(6月1日)

 長閑な里山風景が広がっております。今回はレンタカーですし、夕食は民宿から程近い食堂に移動して・・・と思っておりましたが、初日の夜はどうもお勧めの場所は全て休業状態の様子。困った管理人を見かねて、オーナーの奥さんが「じゃあ、夕食作ってあげる・・・」と豪華なもてなしを楽しむことができました。これがその全景。
f0090680_20394127.jpg
TG2@4.5mm、ISO=200、F2-1/50、-0.7EV, 撮影時刻:18時37分(5月28日)

 メニューを画像に付与した番号順にご説明いたしましょう。
#1:苦花魚(クーファーイー)なる川魚のグリル。古来、原住民の泰雅(タイヤル)族が好んで食した良質の蛋白源だったようで、川魚らしい臭みが全くない旨い魚でした。好みで#6の山椒入り塩を振りかけて食します。
#2:きゅうりの漬物。隠し味にどうやらニンニクを使用している模様。これだけでご飯が進みます。
#3:煮鶏。煮豚のような作り方かな。薄めの味付けのせいか、鶏の旨みがじわっと出る逸品。常備菜として重用されているようです。
#4:韮炒め:ニンニクの香りを効かしたシャキシャキ感タップリに一品。韮は大同郷の名産品のようで、奥さんがしきりと「美味しいでしょ!」と念を押しておりました。
#5:海苔と卵のスープ。
 いずれも美味で満足でした。ただ唯一欠点を挙げるとすると、硬い白米でしょうか。こればかりは仕方ありませんね。食後、
「あの~、夕食はいくらお支払いすればいいのですか?」と恐る恐る伺うと、
「いいわよ、サービス、サービス」とのことで、恐縮して「謝謝」を連発する管理人でした。
 さて、次は29日の朝食メニュー。
f0090680_20401251.jpg
TG2@4.5mm、ISO=400、F2-1/200、撮影時刻:7時05分(5月29日)

 包子(肉饅)、葱油餅(葱入りお好み焼き)、ゆで卵、果物の甘露煮(※)、
デザートとして紅肉李(小ぶりのプラム)、それに紅茶。
※未熟果パパイヤ(木瓜)とパッションフルーツ(百香果)の含め煮:ゴマ粒のように見える黒い粒はパッションフルーツの種。
 葱油餅も大同郷のお隣、三星郷の名物料理。油を吸っているせいか、大きさの割りに意外と腹持ちが良いものでした。翌30日の朝食は豪華版。
f0090680_20404112.jpg
TG2@4.5mm、ISO=800、F2.8-1/250、撮影時刻:7時06分(5月30日)

#1:葱入り卵焼き
#2:豚レバーの煮付け
#3:キャベツと人参の炒め物
#4:デザート用の瓜
#5:キュウリの漬物
#6:瓜入りのお粥
#7:昆布の煮付け

 台湾・香港で朝食に食べるお粥の旨さは最高です。#6の瓜入りお粥も初めて食しましたが、本当にお腹に優しい朝食用の逸品だと思います。#4のデザートを含め、瓜の種類が多様なことに驚かされました。この日の夕食もどうするか、悩みましたが、オーナーの旦那さんが弁当を買って来てくれるとのことで、ご好意に甘えました。さて、その弁当とは「鰻丼」! 
f0090680_20411235.jpg
TG2@4.5mm、ISO=200、F2-1/40、-0.3EV 撮影時刻:18時14分(5月30日)

 日本の鰻丼とは全く別物ですが、意外とこれが美味しかったのです。鰻を蒸さない関西風の焼き方。身の大きさから判断して、ひょっとして田鰻なのかもしれません。野趣タップリの旨みの詰まった味に感激。今回は流石に実費精算。何と80NT$(約270円)也。コストパフォーマンスも満点でした。
 宿泊最終日(31日)の夜は、幸運なことにオーナーご夫妻のご結婚29周年記念パーティにゲスト参加することに。会費は無料でしたよ! オーナー(右側)が懇意にされている友人ご夫妻(左)と先ずは記念写真。
f0090680_20414930.jpg
TG2@4.5mm、ISO=400、F2-1/40、-0.7EV, 内蔵ストロボ、撮影時刻:17時54分(5月31日)

 続いて食卓に並んだ豪華なパーティメニュー。
f0090680_20415813.jpg
TG2@4.5mm、ISO=400、F2-1/80、-0.7EV, 撮影時刻:17時56分(5月31日)

#1:ツナサラダ赤ピーマン添え(幸運を運ぶ船に見立てたもので、お祝い事の定番料理とのこと)
#2:三星郷の有名店(味珍香ト肉)からテイクアウトしてきた豚肉の天麩羅
#3:インゲン豆の炒め物
#4:瓜のサラダ
#5:白身魚の天麩羅
#6:瓜の漬物(#4とは瓜の種類が異なる)

 これ以外にワンタンと葱のスープ、オーナー直々に漬け込んだ果実酒が振舞われました。
「さぁ、どんどん食べなさい・・・」
と勧められたので、本当に満腹いたしました。こちらの北京語会話能力は貧弱なので、基本筆談で色々なテーマで歓談させて頂きました。オーナーの友人ご夫妻は数回の日本渡航経験があるようで、日本の名所旧跡に関して話しが弾みました。帰りしな、管理人には数冊の貴重な宣蘭縣紹介の書籍までお土産に頂いて恐縮しきりでした。
 今回の管理人滞在期間中、客人は管理人一人のみ。そんなこともあって、オーナーご夫妻とも大変親しくさせて頂き、貴重な体験をさせて頂きました。もちろん、「地球の歩き方」にも掲載されていない、とても辺鄙な土地柄故、管理人が恐らくこの民宿に泊まった最初の日本人だろうと思っておりました。そこで奥さんに質問してみると、
「いや、貴方で3人目よ!」
とのこと。いやはや日本人の行動半径は意外と広いものだと思い知らされました。
 因みに今回の宿泊料は約7200円/1泊朝食で、それほど安いものではありません。概ね避暑地や観光地の民宿も相場は似たようなものです。<次回へ続く>
by fanseab | 2015-02-24 23:15 | 旅行記 | Comments(10)

台湾宜蘭縣遠征記(2)海外レンタカー初体験の巻

 今回は時系列記事ではなく、レンタカーについて詳しく記してみたいと思います。
フトオの撮影目的地は公共交通機関でのアクセスが不便な場所で、今回国外で初めてレンタカーを利用することにしました。当初、台北からレンタカーで直接目的地まで行くことも考えました。しかし、海外での筆おろし?運転かつ左ハンドル・右側通行ももちろん初体験。バイクと自動車がひしめき合う台北市内を運転するのはあまりにもリスクが高いと判断しました。 そこで、台北から宜蘭県までは高速バスを利用し、ここで一泊して翌日レンタカーで目的地周辺に向かう作戦にしたのでした。今回利用するレンタカー会社、格上租車(外部リンクの羅東支店カウンター内の様子です。


+++横位置画像はクリックで拡大されます+++
f0090680_11463556.jpg
TG2@4.5mm、ISO=100、F2.8-1/80、撮影時刻:9時59分(5月28日)

(1)レンタル時の顛末
 遠征前、事前に台湾でのレンタカー事情について詳しいサイト(外部リンク)で下調べをしておきました。日本のレンタカー会社同様、同支店にはEメール(英文)で、事前に希望車両他を伝えておいたので、スムーズに事が進んでいたのですが、ここで大きな問題発生!同支店の窓口担当者(上画像で電話している人物)は英語力に不足しており、管理人は中国語能力に欠けます。日本国内同様、先ずは租賃(レンタル)契約書の説明からスタートします。これが契約書の写し。
f0090680_11482625.jpg


 各項目共英語表記があるので、特段の問題はありません。ところが契約書裏面に記載されている詳細な約款は全て中国語ですので、説明内容を理解するのにえらく時間がかかりました。重要項目については、日本語に翻訳したプリントが用意されておりました。
f0090680_11484560.jpg
TG2@4.5mm、ISO=100、F2.8-1/80

 但し日本語訳の無い詳細注意事項については、先方がI-padを用いて中国語を日本語に翻訳して提示するのですけど、I-padアプリの翻訳が結構いい加減で、却って煩雑でした。さらにクレジットカードでトラブルが発生! 事前予約する際、クレジットカードNo.・有効期限を記載して先方に提出していたのですが、予約時とは別のカードを持参して出国したのでした。カードが異なっていても、返却時精算には問題ないはずです。しかし、台湾で外国人がレンタルする場合、台湾内での交通違反反則金は違反発生後、約6ヶ月後に一旦、レンタカー会社に請求されます。同会社は借用者が契約時に発行した金額欄白紙の請求書に金額を記入し、クレジットカードでの引き落としをします(上記画像説明文中bの赤字表記部分)。ところが持参したクレジットカードの有効期限は2014年9月で、反則金請求時点(同年11月頃)でカードが期限切れになってしまい、当該請求書を発行できないことに(^^:  ここで上記窓口のお兄ちゃんがレンタカー会社本社と電話で必死に交渉した結果、何とか無事車を借りることができました。
 因みにレンタカー代金は一日あたり2400NT$。4日間連続使用割引およびクレジットカード払い割引が適用されて、トータルで8550NT$(≒29000円)。これには対人死亡任意保険最高200万NT$(≒670万円)等を含んでいます。これとは別に自賠責相当保険対人最高200万NT$がかけられているようです。日本国内だと任意保険の対人賠償額は確か無制限のものが多いですね。「命の値段」の考え方は国によって大きく異なるものだと感じさせられました。

(2)運転しての雑感
 選択車種はトヨタ・VIOS(Vitzの海外バージョン名)の4ドアセダン(排気量1.5㍑・オートマチック仕様)。契約時のトラブルで予定より大幅に遅れて28日の午前10時15分に羅東支店を出発。最初は本当に恐る恐るの運転。外国人向け左ハンドル専用の若葉マークがないかなぁ~と本気で思いました(^^; 早速、最初の交差点でウインカーとワイパーを間違えて操作。まぁ、これは想定内。信号を数本やり過ごすあたりから、何となく右側通行の感覚が身に付き、ウインカーも間違えずに出せるようになりました。今回は無料オプションでガーミン社のカーナビを付けました。
f0090680_11503414.jpg
TG2@4.5mm、ISO=100、F2-1/320、-0.3EV、撮影時刻:14時47分(5月30日)

 これは大正解。日本語バージョンで動作する優れもので、カーナビのお蔭でかなり余裕が出てきました。交通量の多い羅東市中心部を少し抜けたあたりでやっと一息付くことが出来、信号待ちの間に写真を撮る余裕も。
f0090680_11505521.jpg
TG2@4.5mm、ISO=100、F2.8-1/2000、撮影時刻:10時37分(5月28日)

 写真撮影地(中山路四段)は片側3車線で、右側2車線がバイク専用となっております。画像の通り、時折バイクが突然左折のため中央線付近に出没して驚かされます。とにかく市内はバイクがやたら多くて本当に注意が必要でした。交通量の少ない山間部でようやく借りた車(右側シルバー色)の全景を撮影。
f0090680_11511655.jpg
TG2@6mm、ISO=800、F9-1/60、撮影時刻:15時44分(5月28日)

 さて、交通量の少ない郊外でも注意が必要。現地のドライバーは見通しの悪いカーブでも平気で追い抜きをかけていきます。日本人から見たら完全に自殺行為ですが、殆どのドライバーが同様な運転をしているのには驚かされました。この行動を見た後、カーブに差し掛かった際は、こちらが徐行を実行し、身を守ることにしました。市内のバイクも怖かったのですが、一番恐怖を感じたのが、上記運転マナー。

(3)ガソリン給油

 日本でのレンタカーは満タンで借り、返却時に満タン返しが原則です。台湾ではちょっと異なっていて借用時に満タンになっていないので、レンタル期間中、どこかで給油する必要があります。今回は一回だけ国営・台湾中油のスタンドでレギュラー30㍑を給油(台湾では油種がオクタン価表示されていて、レギュラーは「95」を指定する)。またクレジットカード精算が可能。給油を担当したスタンドのお兄ちゃんとガスメーターです。
f0090680_1152079.jpg

f0090680_11521254.jpg
TG2@4.5mm、ISO=800、F8-1/30、撮影時刻:16時12分(5月28日)

(4)自損事故対応

 今回不慣れな左ハンドル運転で、恥ずかしながら軽微な自損事故を起こしてしまいました。土砂降りの山道を走行中、突然落下してきた大きな枝を避けようとしてガードレールに車体右側を軽く擦る失態! レンタカー返却時に包み隠さず担当窓口に話すと、担当者は直ぐに擦過部位に散水し、コンパウンドで擦って修復可能かを判断します。コンパウンド修復可能な傷は問題なし、コンパウンド処理でも残る場合は補償対象となります。どうなることか固唾を飲んで状況を見守っていると、担当者は手際良く、車種・損傷部位別修理料金表を提示し、スラスラと修理費用を算出してくれました。こんな明朗会計?システムは外国人にも安心ですね。こちらが修理に関する合意書(異常環車協議書)の一部です。
f0090680_11523788.jpg


 文中、「保桿」とあるのはバンパー、「葉子板」はフェンダー。車の部位別名称も中国語で覚えておかないと、いざと言う時に困るかも・・・。請求金額は①修理代金+②営業機会損失費用の合計金額となります。結局、値引き交渉含め9000NT$(≒3万円)で決着。痛い想定外出費でしたが、人身事故でなかったのが不幸中の幸いでした。

 さて、帰国後、クレジットカード会社からの引き落とし明細表を確認しておりましたが、昨年末までにレンタカー会社からの追加請求記録は無く、現地で速度違反をしていなかったようでホッといたしました。台湾北東部~東部は西部と比較して交通の便に劣り、どうしてもレンタカーの必要性を感じますが、できれば運転を避けたいのが正直な思いです。<次回へ続く>
by fanseab | 2015-01-10 12:01 | 旅行記 | Comments(6)

台湾宜蘭県遠征記(1)旅行初日(5月27日)

 台湾への渡航は蝶撮影目的としては今回が3回目。仕事での渡航を含めると5回目になります。前回は台東県知本温泉へ11月下旬の遠征(外部リンクこの時はクモガタシロチョウ(Appias indra)の集団吸水にメインターゲットに絞っておりました。今回はズバリ、台湾特産種フトオアゲハ(Agehana maraho)一本に絞っての渡航。時期については事前に台湾のアマチュア蝶撮影のスペシャリスト、LさんにEメールで相談し、5月下旬頃が適期との情報を得ました。これを参考に2014年5月27日~6月1日までの5泊6日と決定。1種のみを撮影ターゲットにするには、かなり余裕を見た日程でしたが、後述するように余裕を見て正解だったのです。フトオを観察できる場所は限定されており、今回は台湾北東部に位置する宜蘭縣大同郷付近を選択しました。
 今回も羽田発着のエバー航空を使用。羽田に駐機するBR189便です。機体はハローキティバージョンのエアバスA330-300。

+++横位置画像はクリックで拡大されます+++
f0090680_2125168.jpg
TG2@13.5mm(トリミング)、ISO=200、F16-1/200、-0.3EV、撮影時刻:10時15分

 出発予定10時50分に対し、離陸は11時35分。この機体、外観のみならず、機内もキティちゃん一色に染まっています。先ず枕はご覧の通り。
f0090680_21253115.jpg
TG2@4.5mm(トリミング)、ISO=400、F8-1/125、+0.3EV、撮影時刻:10時30分

 小さな娘さんなら抱きしめて寝るかも? 続いて機内食。
f0090680_21255284.jpg
TG2@4.5mm(トリミング)、ISO=1600、F8-1/50、撮影時刻:12時27分

 スプーンセットのデザイン(お手拭で見えない)はもちろんのこと、デザート(右下)のクッキーまでキティちゃん・・・。極め付けはソーセージの焼き印(右上隅に拡大像を示す)! 「ここまでやるかぁ!」の凝りようです。おっさんの管理人でも驚く位ですから、若い女性の心を確実に虜にすることでしょう。この営業戦略、素晴らしいと思いました。
 松山空港には13時44分ランディング(定刻13時30分:時差はJST-1hr)。曇り空で空港の外に出るとムッとします。MTR(捷運)松山機場駅から文湖線で5駅目の科技大樓駅で下車(運賃25NT$≒84円:2014年5月27日現在のレート)。
f0090680_2126214.jpg
TG2@4.5mm、ISO=800、F8-1/250、-0.7EV、撮影時刻:14時33分

 今回遠征で初めて出会った蝶はオナシアゲハ(Papilio demoleus)の羽化シーンでした(笑) 駅から程近い葛瑪蘭汽車客運(高速バス会社)の停留所へ移動。
f0090680_2126487.jpg
TG2@4.5mm、ISO=1600、F8-1/50、撮影時刻:14時48分

 ここで目的地宜蘭縣羅東バスステーション行の往復切符を購入。待合室には発着案内が流れますが、台湾語なので、チンプンカンプン。でも液晶案内表示板があるので目的便が定刻通りに運行しているのか?一目瞭然で助かりました。待ち時間には茶菓が配られてサービス満点。バスの切符はこちら。
f0090680_2127681.jpg
TG2@4.5mm(トリミング)、ISO=3200、F8-1/60、-0.7EV、撮影時刻:14時49分

 片道料金が135NT$と表示されておりますが、実際には往復で243NT$(≒820円)に割引きされております。管理人が乗った台北⇔羅東間直行便(1917系統)は10~40分おきの発着で大変便利。途中、高速道路5号線での大した渋滞にも引っかからず、羅東ステーションに15時55分到着。
f0090680_21272148.jpg
TG2@4.5mm、ISO=200、F8-1/100、撮影時刻:16時02分

 右側のブルーのバスが乗車した便です。生憎、小雨が降り始め、傘を差しての撮影でした。鉄道羅東駅のコンコースを抜けて羅東駅西口に出て、ここから程近い、中級ホテル、「金城客棧」に投宿。比較的車の喧騒もなく、ホッと一息つきます。ここのトイレは珍しくウオッシュレット付なのに感激!
f0090680_21274422.jpg
TG2@4.5mm、ISO=800、F2.8-1/50、内蔵ストロボ、撮影時刻:16時52分

 宿のフロントで生鮮食料品を扱う近隣市場の位置を確認。ホテルから比較的近距離の「開元市場」に出向くことにします。目的は恒例のトラップ材料調達。野菜売り場には日本であまり見られない材料も売られています。
f0090680_2128211.jpg
TG2@4.5mm、ISO=800、F2.8-1/100、撮影時刻:17時27分

 中央左は見覚えがあり、南ベトナムでフォーに入れるトッピング用香菜の一種だったはずです。中央右もパクチー(タイ料理の必須アイテム)のような・・・。さて、毎回苦労する甲殻類系トラップ材料ですけど、今回はほどなく魚屋さんで海老を発見。
f0090680_21281967.jpg
TG2@4.5mm、ISO=800、F2.8-1/1000、内蔵ストロボ、撮影時刻:17時47分

 一袋適当に見繕って125NT$(≒420円)分を購入。羅東は海の近くですので、近海ものの新鮮なこと! それにしてもこの魚屋さんの照明をご覧下さい。一昔前だったら裸電球(白熱灯)でしたが、立派な省エネタイプの蛍光灯が使われております。鄙びた市場を醸し出す独特な色温度も科学技術の進歩で微妙に変化しているようです。お次はパイナップル。数店を覗きこんで価格を確認し、最安のお店で購入。
f0090680_21284665.jpg
TG2@4.5mm、ISO=800、F2.8-1/125、撮影時刻:17時55分

 表示されている数字は1kgあたりの価格。管理人はやや小ぶりのパイナップルを購入(ちょっと値引き交渉して55NT$≒185円)。パインの値段は安いですね。〆は発酵用に用いる蒸留酒の購入。雑貨屋を物色してコウリャン酒の一種、ブランド名「玉山」を購入(150NT$≒500円)。
f0090680_2129031.jpg
TG2@4.5mm、ISO=800、F2.8-1/25、撮影時刻:18時00分

 「玉山」はご存じの通り、台湾の最高峰、旧称新高山(標高3952m)。このお酒のアルコール分は58%。疑似下戸の管理人がストレートで呑んだら、直ぐに卒倒してしまうでしょうね。とにかく、これでトラップ用「三種の神器」が揃ったので、余裕綽々でディナータイム♪♪
 ちょっとお腹が空いていたので、二軒はしごしてしまいました。これは二軒目で食したメニューの全景。
f0090680_21292166.jpg
TG2@4.5mm、ISO=800、F2.8-1/25、撮影時刻:18時44分

 メインは牛肉麺(110NT$)、左上は副菜の青菜の炒め(30NT$)、右上は水餃子(40NT$)。水餃子の注文の仕方を間違え、10個も出されてしまい、流石に量が多くて残してしまいました。お味はどれもグッドでしたよ。二軒はしごの影響でかなりお腹が重く、暫く夜道をブラブラ彷徨い、セブンイレブンを覗き見。ここで上手そうなソフトクリームを発見。
f0090680_2129353.jpg
TG2@4.5mm、ISO=800、F2.8-1/125、撮影時刻:19時37分

 「デザートは別腹」すぐにお腹に収まりました。台湾でも「北海道」とか「十勝」とかがブランド名なんですねぇ! 『宜蘭縣内セブンイレブンでも当店含めて僅か3店での限定販売・・・』を強調して、お客の心を掴む作戦なのでしょう。ホテルに帰ってシャワーを浴びたら、すぐにバタンキューでした。<次回へ続く>
by fanseab | 2015-01-06 21:31 | 旅行記 | Comments(8)