探蝶逍遥記

渓流沿いの黒系アゲハ(5月中旬)

 当初、サカハチを狙った場所を午前中に見限って、少し西側の渓流地帯を探索。標高が高くなっているので、未だ綺麗なツマキチョウ♂が飛んでいました。

+++画像はクリックで拡大されます(モニター環境に依存)+++
f0090680_119390.jpg
D500-34VR、ISO=200、F8-1/1250、-1.0EV、撮影時刻:13時01分

 結局、渓流沿いで新たなサカハチポイントを見出せなかったものの、黒系アゲハ第1化のピークを迎えていたようで、多くの撮影チャンスが得られました。最初に登場したのはとびきり別嬪さんのカラスアゲハ♀。
f0090680_1194937.jpg
D500-34VR、ISO=400、F7.1-1/1250、-1.0EV、外部ストロボ、撮影時刻:13時03分
f0090680_1110639.jpg
D500-34VR、ISO=400、F7.1-1/1250、-1.0EV、外部ストロボ、撮影時刻:13時04分

 比較的長時間ハルジオンに拘ってくれたので、助かりました。カラス第1化♀吸蜜をきちんと撮ったのはこれが初体験かもしれません。少し場所を移動して、林道沿いの民家脇にある白いツツジで吸蜜する2頭のオナガアゲハ♂を発見。
f0090680_11111232.jpg
D500-34VR(トリミング)、ISO=800、F7.1-1/1250、-1.0EV、外部ストロボ、撮影時刻:13時13分
f0090680_11112750.jpg
D500-34VR(トリミング)、ISO=800、F7.1-1/1250、-1.0EV、外部ストロボ、撮影時刻:13時13分

 撮影前から覚悟しておりましたが、ほぼ純白なツツジに黒系アゲハの組合せは露出が難しい! CMOSセンサーのラティチュード特性評価テストに相応しい場面かもしれませんね。
 オナガアゲハ♂と言えば、そのシンボルとも言うべき後翅前縁横白班を写し込みたいもの。粘って何とかジャスピンのコマが得られました。
f0090680_11115525.jpg
D500-34VR、ISO=800、F7.1-1/1250、-1.0EV、外部ストロボ、撮影時刻:13時13分

 更に場所を変えて、濃いピンク色のツツジにアゲハが集うポイントを発見。再度カラスアゲハ♀を追跡。
f0090680_11121375.jpg
D500-34VR(トリミング)、ISO=800、F8-1/1250、-1.0EV、外部ストロボ、撮影時刻:13時13分
f0090680_11122318.jpg
D500-34VR(トリミング)、ISO=800、F8-1/1250、-1.0EV、外部ストロボ、撮影時刻:13時13分

 しかし、ここのツツジは見上げる場所にあるため、アングルが制限されて仕上がりはあまり芳しくありません。それでも正午過ぎの吸蜜時間帯に、満開のツツジを眺めながら、撮影の楽しさを味わったのでした。
# by fanseab | 2017-05-18 22:38 | | Comments(4)

アオスジアゲハの吸蜜・吸水活動など(5月中旬)

 サカハチチョウ第1化の産卵シーン撮影を目的に、東京都西多摩地区の谷戸を訪問。サカハチ狙いで当地を訪問するのは、今回が初めて。本種の観察はできましたが、個体数が少な過ぎました。♂2頭に出会っただけで、♀は現れずガックリ。時期が少し早めだったのかもしれません。今回は♂画像だけ貼っておきます。

+++画像はクリックで拡大されます(モニター環境に依存)+++
f0090680_16102090.jpg
D500-34VR(トリミング)、ISO=500、F7.1-1/640、-1.3EV、外部ストロボ、撮影時刻:10時10分
f0090680_16102960.jpg
D500-34VR、ISO=320、F8-1/1250、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:10時38分

 2枚目は暑さを避け、半木蔭で吸水がてら休息しているシーンです。谷筋に生えている食草のコアカソを探索したところ、群落の数が少ないことに気が付きました。高尾山麓などに比較すると、やはりホストが圧倒的に欠乏していて、個体数の差に影響しているのだろうと推測。産卵シーン撮影には場所替え含め、少し作戦を変えてみることにします。

 さて、この日は曇り勝ちなものの、一旦晴間が覗くと夏場と同じ暑さを感じました。ハルジオンにはアオスジアゲハがやって来て、ひとしきり吸蜜。
f0090680_16105850.jpg
D500-34VR、ISO=400、F8-1/1000、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:11時09分
f0090680_16111116.jpg
D500-34VR(トリミング)、ISO=400、F8-1/1000、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:11時10分

 昨年は前翅亜外縁の白帯が発達したアオフタスジアゲハ(外部リンク)」をご紹介しましたが、今回撮影した♀は極普通の斑紋ですね。経験上、♂に比較して♀の吸蜜時間は、より長いように思います。今回もシャッターチャンスが比較的多く、撮影が楽でした。

 谷戸の休耕田跡地には吸水に訪れるアオスジが複数飛んでおりました。ここでは吸水シーンではなく、その前後の飛翔シーンに絞って撮影。
f0090680_1612556.jpg
D500-34VR(トリミング)、ISO=640、F8-1/2000、-0.7EV、撮影時刻:11時40分25.15秒
f0090680_16131062.jpg
D500-34VR(トリミング)、ISO=640、F8-1/2000、-0.7EV、撮影時刻:11時40分25.84秒
f0090680_16131955.jpg
D500-34VR(トリミング)、ISO=640、F8-1/2000、-0.7EV、撮影時刻:11時40分58秒

 アオスジ飛翔シーンを300mm-AF合焦で狙うには困難な対象ですが、以前ご紹介した「親指AF」の実践練習としてトライしてみました。まだまだ不十分ですが、MF合焦では厳しい場面も切り撮れたように思います。1枚目と2枚目の撮影間隔は0.69秒。D500の秒間10コマ連射機能のお蔭で、翅を打ち下ろす瞬間も撮ることができました。できればカメラマン側に突進して来る絵を撮りたいのですけど、AFの動体予測合焦が間に合わないケースが多く、どうしても「尻を追いかける」場面の連続になってしまいます。

 この水辺でアオスジと格闘するちょっと前、モンキアゲハ♂も吸水に訪れておりました。
f0090680_16135812.jpg
D500-34VR(トリミング)、ISO=500、F7.1-1/2000、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:10時13分
f0090680_1614716.jpg
D500-34VR(トリミング)、ISO=500、F7.1-1/2000、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:10時14分

 2枚目の飛翔画像の背景には青々と伸びたセリも写りこんで、初夏らしい雰囲気を出すことができました。
 最後にこの日、当地で目撃(一部撮影)した蝶全20種を列挙しておきましょう。クロヒカゲやコジャノメも登場して、もう完全にハイシーズンに突入した実感を持つことができました。

カラスアゲハ♂、オナガアゲハ♂、モンキアゲハ♂、アオスジアゲハ♂♀
ツマキチョウ♀、スジグロシロチョウ♀、モンキチョウ♂
ベニシジミ♀、ヤマトシジミ♂♀
テングチョウ♀(越冬個体)、クモガタヒョウモン♂、ツマグロヒョウモン♀、
コミスジ♂♀、サカハチチョウ♂、ルリタテハ、クロヒカゲ♂、コジャノメ♂、
クロコノマチョウ(越冬個体)、ヒメウラナミジャノメ
ダイミョウセセリ♂
# by fanseab | 2017-05-16 22:05 | | Comments(4)

アオスジアゲハ第1化(5月上旬)

 近所のスーパーに買い物に出かけた際、偶然団地脇の生垣で吸蜜するアオスジアゲハを見つけました。カメラを持参しておらず、慌てて携帯で撮りました。

+++画像はクリックで拡大されます(モニター環境に依存)+++
f0090680_1544292.jpg

f0090680_15442057.jpg
撮影条件は2枚共通:ISO=20、F1.8-1/1953、撮影時刻:14時30分

 予想以上に吸蜜時間が長かったので、携帯でも撮影は容易でした。管理人所有の携帯画素数は1200万画素で、手振れ補正付。絞り開放ながら高速シャッターが切れているのでブレとも無縁の高解像度画像が得られています。スマホの発達で、コンデジが販売不振になった理由が分かります。景色や人物の撮影なら携帯一本で不自由しませんからね。
 因みに吸蜜源はバラ科のセイヨウベニカナメモチ(Photinia sp.)。新緑時に鮮紅色の新葉が印象的な生垣です。アオスジは海岸沿いのトベラとか全般に白い花を好む傾向があるようです。昨年観察した園芸植物のセリ科・ドクゼリモドキ(Ammi majus)、キアゲハ産卵シーンでご紹介したハナウドも白色花弁で、アオスジが訪れます。同じGraphium属のミカドも柑橘類・シロツメクサなど、白系の花弁がお好みのようです。そう言えば、最近、ブログ仲間のnomusan(外部リンクがシロツメクサでのミカド吸蜜シーンを紹介されておりました。羨ましいですね。

 今回は思わずアオスジに出会ったお蔭で吸蜜源生垣の植物名が判明し、この時期に白い花弁を付けることも覚えました。アオスジアゲハに感謝です。
# by fanseab | 2017-05-10 21:58 | | Comments(4)