探蝶逍遥記

2017年 12月 17日 ( 2 )

ムラサキツバメ越冬集団の観察その3(12月中旬)

 前回に引き続き川崎市内のポイントへ。ほぼ1週間後、どうなっているかのチェックです。先ずは柑橘類の集団。

+++画像はクリックで拡大されます(モニター環境に依存)+++
f0090680_2219713.jpg
D500-34VR(2コマ深度合成+トリミング)、ISO=2000、F8-1/500、外部ストロボ、撮影時刻:10時06分

 前回から数を減らし、ムラツ6→5頭、ムラシ3→1頭の6頭混群になっていました。次にアラカシ枯葉上のムラシ集団をチェック。
f0090680_22194322.jpg
D500-34VR(トリミング)、ISO=2000、F8-1/500、外部ストロボ、撮影時刻:10時02分

 アララ!こちらも数が大幅に減っています。10→5頭と半減してしまいました。枯葉の下半分に止まっていた個体が無くなっています。こんな短期間に減るとは!野鳥の食害なのか?理由は不明です。この後、先ほど確認した柑橘類に怪しげな枯葉を見っけ!
f0090680_2220875.jpg
D500-34VR(トリミング)、ISO=2000、F8-1/500、外部ストロボ、撮影時刻:10時07分

 駄目元で撮影したところ、何と2頭のムラシが斜め対向して潜んでいました。『蜘蛛の巣で複雑に絡まった枯葉・・・・・』、これムラシ越冬個体探索時のキーワードですが、改めて原則通りの擬態に感心します。2頭がどこにいるか?分かりますか(直線状の触覚がヒント)。

 この後、ブログ仲間の あーとまんさん(クリックでジャンプ)からご教示頂いた栗の木をチェック。3箇所に越冬個体が潜んでいました。最初は18頭の大集団。
f0090680_22214264.jpg
D500-34VR(2コマ深度合成+トリミング)、ISO=2000、F8-1/500、外部ストロボ、撮影時刻:9時53分
f0090680_22215618.jpg
D500-34VR(3コマ深度合成+トリミング)、ISO=1000、F8-1/500、外部ストロボ、撮影時刻:10時13分

 仔細に点検すると、ムラツ15頭、ムラシ3頭の混群でした(1-2頭の計測誤差があるかも)。やはり20頭近くの集団は見栄えがします。この集団の近くに単独ムラツ越冬個体がいました。
f0090680_222221100.jpg
D500-34VR(トリミング)、ISO=2000、F8-1/500、外部ストロボ、撮影時刻:9時54分

 鮮やかな黄色に色付いた栗の葉を背景にすると、独りぼっちで越冬するこの子が寂しそうに見えますね。定員オーバーで止む無く移動してきた個体でしょうか?更にこの子からやや離れた位置にムラツ5頭集団がありました。
f0090680_22225624.jpg
D500-34VR(2コマ深度合成+トリミング)、ISO=1600、F8-1/500、外部ストロボ、撮影時刻:9時56分

 結局、栗の木にはムラツ21頭、ムラシ3頭、合計24頭の越冬個体を見出しました。もちろん、栗は落葉樹。期限付き賃貸マンションに過ぎません。落葉後、彼らはどこに永住先を見出すのか? 興味の焦点が絞られました。
 あーとまんさん、情報有難うございました。
by fanseab | 2017-12-17 22:29 | | Comments(2)

日本チョウ類保全協会企画展のお知らせ

 12月17日まで本記事をトップに配置します。
通常記事は本記事の下にあります。

+++++++++++++++++++++++++++++++

f0090680_21432368.jpg

f0090680_21434026.jpg

◇◇企画展「チョウが消えてゆく~絶滅の危機にあるチョウを守る~◇◇

 毎年、東京・新宿御苑にて開催しております保全協会企画展を、今年は、下記の日程で開催いたします。
チョウの生態写真(約65点)のほか、絵、保全に関するパネルなどの展示を行うほか、土日(16-17日)には、ミニ講演会も開催されます。
ぜひお友達とお誘いあわせの上、ご来場くださいますようにお願いいたします。

日 時:2017年12 月12 日(火)~ 12 月17 日(日)
      9:00 ~ 16:30(最終日は15:00 まで)
場 所:新宿御苑インフォメーションセンター1F(新宿門左側)
     「アートギャラリー(クリックでジャンプ) 
     ※入場無料
      
アクセス:JR・京王・小田急線:新宿駅南口 より徒歩10 分
     東京メトロ副都心線:新宿三丁目駅より徒歩5 分
     東京メトロ丸の内線 ・都営地下鉄新宿線:新宿御苑前駅より徒歩5 分 

内 容:チョウの生態写真・絵画・工芸品・チョウの保全に関するパネル、ほか
 
<ミニ講演会:16 ~ 17 日(土・日)に開催>

16 日(土) 1 回目 11:00 ~ 11:30
       「絶滅危機のチョウを守る」 中村康弘(日本チョウ類保全協会事務局)
       2 回目 13:00 ~ 13:30
       「フランスのチョウと自然」 永幡嘉之(自然写真家)
       3 回目 15:00 ~ 15:30
       「チョウの写真・動画撮影を楽しむ」 佐々木幹夫・清水晶(日本チョウ類保全協会会員)

17日(日)  1 回目 11:00 ~ 11:30
       「絶滅危機のチョウを守る」 中村康弘(日本チョウ類保全協会事務局)
       2 回目 13:30 ~ 14:00
       「フランスのチョウと自然」 永幡嘉之(自然写真家)
 

以上、皆さまのご来場をお待ちしております。

***********************************************************************
特定非営利活動法人 日本チョウ類保全協会 事務局 井上晴子

   〒140-0014 東京都品川区大井4-1-5-201
TEL/FAX 03-3775-7006 携帯:090-5574-5433
   Email: jbutterflyconservation@gmail.com
   http://www.japan-inter.net/jbcs/
   協会ブログ:http://jbcs.blog.fc2.com/
***********************************************************************
by fanseab | 2017-12-17 16:30 | | Comments(0)