探蝶逍遥記

2017年 02月 27日 ( 1 )

日本チョウ類保全協会関西地区写真展のお知らせ

2月27日まで本記事をトップに配置します。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

第1回 関西地区写真展『チョウが消えてゆく~絶滅の危機にあるチョウを守る~』

日本チョウ類保全協会の写真展を、関西地区では初めて、伊丹市昆虫館との共催により下記の要領で開催します。

 チョウの生態写真(約60点※)やチョウの保全に関するパネルを展示するとともに、期間中,展示室内の大型テレビで「関西の美しいチョウ」及び「ウスバシロチョウが消えた」などのテーマでデジタルスライドショーを行います。(※展示する生態写真は、同協会が2016年12月に東京・新宿御苑で開催した企画展で展示したものと同じものになります。)

 地元のチョウの魅力を知っていただくとともに、チョウが減少している状況、自然環境の現状や保全の課題について知るきっかけとなりましたら幸いです。お近くの方は、ご家族やご友人をお誘いの上、是非お越し下さい。(ミニ講演会も下記の通り実施します。)

 名 称:プチ展示「チョウが消えてゆく~絶滅の危機にあるチョウを守る~」
 日 時:2017 年1月2日(月)~2月27日(月)9:00 ~ 16:30(入館受付は16:00まで,最終日は15:00 まで)
 場 所:伊丹市昆虫館 2階第2展示室
       伊丹市昆陽池3-1昆陽池公園内  電話 072-785-3582
       伊丹市昆虫館ホームページ(外部リンク)
 料 金:無料(ただし,昆虫館への入場料が必要です)
 休館日:火曜(祝日にあたるときは翌日,1月3日は開館)その他臨時休館日あり

 ★ミニ講演会★
テーマ名:消えゆくチョウを知る、撮る、守る
日時:2017年2月25日(土) 14:00~15:30
場所:1階映像ホール
申し込み:先着70名(聴講無料ですが、昆虫館への入場料が必要)
演題(演者):
①近畿地方から消えゆくチョウ(森地重博氏)
②近畿地方北部のウスバシロチョウ産地の現状
ー特に鹿の食害の影響について(小野克己氏)
③チョウの写真撮影法ー入門から目標を立てた撮影までー(三輪成雄氏)

f0090680_15124652.jpg
 画像は新宿御苑で昨年12月に開催された写真展の一コマです(伊丹市昆虫館での展示レイアウトはこの会場とは異ります。念のため)。管理人も関西在住時、会場(通称:イタ昆)には冬場、撮影テストに良く通いました。8年前に昆虫館・温室内で撮影したオオゴマダラの飛翔シーンも貼っておきましょう。写真展を観覧した後、温室内で、南国の蝶を眺めるのも一興です。
f0090680_11143359.jpg
D70-1855@18mm、ISO=500、F6.3-1/500、外部ストロボ、撮影年月日:2008年1月26日
by fanseab | 2017-02-27 16:30 | | Comments(0)