探蝶逍遥記

ムラツ越冬集団の観察:その2(11月15日)

 先週に引き続き、湘南の越冬ポイントにでかけました。前回観察したアカガシに行く前に、探索するとアオキに形成された別の集団を発見しました(地上高2.5m位)。以下の画像はすべてクリックで拡大されます。
f0090680_1357097.jpg
D70S、ISO=200, F9-1/160、-0.7EV、内蔵ストロボ、撮影時刻:8時51分

 図の黄矢印で示した通り、A(6頭)、B(3頭)、C(1頭)の3群合計10頭からなります。次にA、B両群のアップ画像を示します。
f0090680_13573064.jpg
D40-VR84@210mm、ISO=400, F13-1/250、-0.7EV、内蔵ストロボ、撮影時刻:9時09分
f0090680_1358480.jpg
D70S(トリミング)、ISO=200, F9-1/125、-0.7EV、内蔵ストロボ、撮影時刻:8時47分

 この日の朝方は冷え込みが比較的弱かたので、横向きに倒れている個体は2頭のみで、残りは立った姿勢でした。ムラツの複眼は「チョイ悪おじさん?」の雰囲気が漂っていてB群3頭をアップで見ると、愉快な感じですね(^^)

 さて、先日集団を確認したアカガシを検すると、アララ、もぬけの殻でした。テントウムシも逃げてしまったようです。
f0090680_13584337.jpg
D40-VR84@300mm、内蔵ストロボ、2画像を合成(上が11/15、下が11/8の状況)

 ちょっとガッカリして、あたりを探索していると、「こんにちは~♪」と現れたのはブログ仲間の theclaさん でした。どうやら期せずして同じポイントを観察していたようです。しばらくアカガシを見上げていたtheclaさんが「あそこにいますよ!」って指差したのは、先日の集団が潜んでいた葉より更に80cmほど高い所でした(地上高約3.5m)。実はこの日のために4段の本格的な脚立を準備してきたのですが、これを使ってもアングル的に上手く撮影できません。それでも脚立をtheclaさんに支えてもらって、何とか撮影できました。
f0090680_13591966.jpg
D40-VR84@400mm、ISO=400, F13-1/200、-0.3EV、内蔵ストロボ、撮影時刻:9時49分

 こちらは全部で10-11頭集団です。上を見上げて観察していると、10時過ぎから陽が差してきて、1頭、また1頭と飛び出しますが、いずれも梢の高い所に飛び出していくので至近距離での撮影ができません。仕方なく、葉の裏側から狙ってみたら、葉に残っている個体の脚が透けて見え、面白い絵になりました。
f0090680_13594615.jpg
D40-VR84@340mm、ISO=800, F7.1-1/80、-0.3EV、撮影時刻:10時06分

 それでも辛抱してみるもので、暫くして下草で開翅する♀をゲットできました。
f0090680_140924.jpg
D70S、ISO=200, F8-1/400、-0.7EV、撮影時刻:11時03分

 残念ながら♂は良い位置で撮影できず、次回以降の課題になりました。このアカガシのお隣には、シロダモの黄色い雄花が沢山咲いており、彼らの吸蜜源になっているようでした。ムラツの吸蜜シーン撮影は失敗したので、ムラシ♀の吸蜜画像をアップしておきましょう。
f0090680_1403737.jpg
D70S、ISO=200, F8-1/80、-0.7EV、内蔵ストロボ、撮影時刻:11時10分

 シロダモの花は小さな花弁の集合体なので、ムラシも吸い難そうにしておりました。最後にムラシ♀の飛翔画像もご紹介しておきましょう。日向ぼっこの途中は飛翔が緩慢なので、何とか至近距離での撮影ができました。
f0090680_1404855.jpg
D70-1855@26mm(トリミング)、ISO=200, F4-1/2500、-0.7EV、外部ストロボ、調光補正1/32、撮影時刻:11時18分

 この後、theclaさんとお別れして、神奈川県内の別のポイント探索へ。昨年、落葉樹での越冬集団が観察されたとされる情報を元に某公園に出向きましたが、集団は発見できませんでした(^^;;
by fanseab | 2008-11-16 14:05 | | Comments(16)
Commented by banyan10 at 2008-11-16 17:30
脚立でも撮影が難しい位置の集団は珍しいのではないでしょうか。
高いところは探しにくいですが、1〜3メートル程度の高さが多いのではと思っています。
ムラシの飛翔は素晴らしいです。まだ良い写真が撮れていないので、青い輝きを入れた飛翔を撮りたいですね。
Commented by fanseab at 2008-11-16 20:29 x
BANYANさん、アカガシの集団は、theclaさんが気がつくまで、まさかあんな高い所では・・・と、油断していた位、高かったです。微妙に集団位置がズレても越冬木は変わらないようです。
ムラシ飛翔はそれほど頑張らなかった割にはいいコマが得られて満足しています。22日は観察会&夜の部お世話になります。
Commented by furu at 2008-11-16 21:37 x
房総のマテバシイの大木が多いポイントでは長竿の届く5〜6m位の高さの集団までは確認しています。もっと高い位置の集団は見逃している可能性があります。
それにしてもムラツ♀開翅とムラシの飛翔は綺麗に撮れてますね。
Commented by fanseab at 2008-11-16 22:28 x
furuさん、貴重なコメント有難うございます。
5-6mですか?その程度になると双眼鏡で確認するとかしないと
発見は困難ですね。ムラツ♀開翅はどうも紫色の表現が未だシックリ来ません。見たままを表現するのがとても難しいです。
Commented by thecla at 2008-11-16 22:45 x
昨日はお疲れ様でした。
随分高いところに集団を作っていたので大きな脚立が助かりました(^^;
昨年大集団を作っていたのも同じような高さだったかもしれません。昨年の枝は切られてしまいましたけれど。
ムラツ♀は随分とシャープな色合いに撮れましたね。何でムラツの色はこんなに難しいんでしょうか。
Commented by maeda at 2008-11-17 07:39 x
集団が良い感じで撮れていますね。
今週末天気がよいと良いのですが、大変楽しみです。
Commented by Smallblue at 2008-11-17 19:02 x
はじめまして。兵庫県のSmallblueと申します。

この写真はすごいですね。こうした集団越冬は、本でしか知りません。私の自宅付近では、4~5年前まではムラサキツバメの越冬が見られたのですが、次第に数を減らし、ここ数年は夏場でも見かけることが稀になりました。環境はまったく変わっていないのですが。

 これからしばらく、美しい開翅がみられますね。
Commented by kenken at 2008-11-17 23:10 x
なんと、脚立持参でしたかっ!そうかぁ~結構地表から高い位置での集団形成もあるのですね。前回のテントウムシのいた葉からは上に移動ですか・・・良い勉強になりました。
ムラツ♀の開翅は抜群ですね。個体自体もとても奇麗ですし。
シロダモでのムラシ、こんなところでも栄養補給かぁ~今週は中盤にぐっと冷えるような、今後の継続観察が楽しみです。
Commented by fanseab at 2008-11-17 23:47 x
theclaさん、あの高さだと高い脚立でも苦労しますね。でも支えて頂いたので何とか安心して撮影できました。ムラツ♀の発色は貴ブログの開翅画像のほうが自然な発色だと思います。D70系は露出オーバー気味だと赤紫が出やすいのでRAW現像での修正が上手くいきません(^^;
Commented by fanseab at 2008-11-17 23:50 x
maedaさん、まだ気温が高めの日もあるので、離合衆参を繰り返している最中のようで、一定の葉に留まっていないようです。それでも日が翳った11時過ぎに戻ってきた3頭は朝方見たのと同じ葉に静止しました。今週末はぐっと寒気が入って天気も良さそうなので、観察会は期待して良いと思います。
Commented by fanseab at 2008-11-17 23:54 x
Smallblueさん、ご無沙汰しております。関西在住時のこの2-3月にも貴殿のお膝元の播磨や大阪南部等、ムラツ越冬集団を探索しましたが、自力発見には至りませんでした。夏場にムラツの個体数がある程度確認できるポイントを抑えることが先決ですが、夏場は他の蝶に興味が行っているので、なかなか越冬集団の発見に結びつかないですね。公園のマテバシイの伐採の仕方が変わっただけでも個体数が大幅に変化するような気がします。
Commented by fanseab at 2008-11-17 23:58 x
kenkenさん、前回の学習から狭い愛車にギリギリ搭載可能なビックサイズの脚立を持ち込みました。それをあざ笑うかのように高い位置に集団が逃げて?いたのでガッカリしました(^^;;
低い位置に降りてくれたのは同一個体の♀でtheclaさんブログ記載の♀と同一のようです。シロダモで吸蜜していた個体も限定されていたようで、このへんの栄養補給のモードがマチマチなのも面白いですね。
Commented by kawazukiyoshi at 2008-11-18 09:04
すごい写真ですね。
こちをにらんでる目もあるみたい。
面白い。
今日もスマイル
Commented by fanseab at 2008-11-18 22:51 x
kawazukiyoshiさん、ようこそ。
蝶の複眼って、色々な表情を見せてくれて面白いです。
つい、擬人化してしまいますね。
Commented by clossiana at 2008-11-20 09:12
最初のアオキの集団は随分低い位置のように思われますが地上からどの位の高さなんですか?こんな風に集団を上から撮った写真は初めて見たように思うのです。
Commented by fanseab at 2008-11-20 23:25 x
clossianaさん、↑の記事に書いたようにアオキの集団Aで地上高2.5m程度です。ただ、傾斜地に生えているので、4段脚立を傾斜地に立て、3段目に登った姿勢だと、何とかB群を見下ろせるようなポジションで撮影できました。A群はさすがに上からは無理で横から眺めるようなアングルでしか撮影できませんでした。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード