探蝶逍遥記

アカボシゴマダラの羽化:Part2(11月3日)

 10月29日の記事で、アカボシ羽化瞬間の撮影に成功したことをご紹介しました。その時、コメントした通り、翅の色調再現性に問題があったので、今回、ストロボ照射条件を変えて再度、撮影をしました。

 この日の朝方、以前から目を付けていた自宅エノキの蛹の体色が変化していることに気がつきました。前回観察の経験から、羽化予兆現象である、『蛹の腹節の緩み』に今回も注目してみました。午後3時頃、腹節の一箇所が緩み、3時半頃には、二箇所目も緩みました。前回はこの時点から30分後に羽化したので、臨戦態勢を敷きました。しかし、いくら待てども羽化しません。
f0090680_22381173.jpg
D70S、ISO=200, F11-1/50、-0.7EV、外部ストロボ(調光補正1/2)+スレーブ2灯増灯(調光補正共に1/4)、撮影時刻:16時44分、※黄矢印は腹節の緩みを示します。

 結局、完全に日が暮れた17時45分、諦めて機材を一旦撤収しました。
「羽化は恐らく照度が関係しているのかもしれない」
「日が暮れたので、羽化準備を一旦ストップしたのだろう」
「とすると、翌朝、早朝に羽化するのかも・・・」
と勝手に解釈したのです。ところが、どうでしょう!18時過ぎに念のため確認すると、なんと羽化してました!嗚呼、また騙されました(^^;;
f0090680_2238445.jpg
D70S、ISO=200, F11-1/50、-0.7EV、外部ストロボ(調光補正1/2)+スレーブ2灯増灯(調光補正共に1/4)、撮影時刻:18時02分

 羽化個体は今回も♀でした。羽化は恐らく18時直前だったのでしょう。あと15分諦めないで観察を続けていれば羽化瞬間を観察できたはずです。また今回はスレーブ増灯で擬似拡散光処理をしたので、目論見通り、アカボシ地色の黒が「締まった黒色」に表現でき、結果的に「赤星」も綺麗に撮れたと思います。  
 次に照射条件の異なるリングストロボとの作例比較をアップします(画像クリックで拡大されます)。
f0090680_22391793.jpg
D70S、ISO=200、-0.7EV、「左」F13-1/160、外部ストロボ(調光補正1/2)+スレーブ2灯増灯(調光補正共に1/4)、撮影時刻:18時09分、「右」F13-1/125、リングストロボ(調光補正1/16)、撮影時刻:19時00分

 RAW現像の段階で両者共に色温度・彩度を微修正して仕上げましたが、リングストロボ作例では、どうしても地色の黒に「青ないし赤紫色の幻光」が残留し、「締まった黒」が表現できていないことがご理解頂けると思います。

 実際のフィールドにおいて、例えばアカボシやゴマダラチョウの樹液吸蜜場面で、ストロボを照射することはかなりの確率で必要です。しかし、スレーブ増灯法は機動力がないため、フィールドでの使用は事実上困難でしょう。あくまで今回のように相手がじっと静止した場面以外に利用価値がないことも付け加えておきます。
by fanseab | 2008-11-05 22:40 | | Comments(12)
Commented by カオヤイ at 2008-11-06 21:15 x
こんばんは、
羽化のタイミングって難しいですね。
ストロボも難しい。
リングストロボも持っていますが、
僕の場合、ほとんど使いません。
今回の使い方、参考になりました。
Commented by mii at 2008-11-07 02:33 x
腹節の緩み…詳しい観察の賜物ですね。
それでも騙してくる赤星…手強いですね。
色の追求…確かに必要であるのはわかっているのですが、時間に追われてなかなか自分はやれません。
見習いたいです。
Commented by fanseab at 2008-11-07 07:14 x
カオヤイさん、おはようございます。羽化のタイミング、このシーンを追求されている方ならば、ある程度予測がつくんでしょうが、経験の浅い小生が騙されても仕方無いのかも知れません。リングストロボはこれまでタンスに眠っていたのを、引っ張り出して使いました。幼虫の撮影等ではとても便利ですね。
Commented by fanseab at 2008-11-07 07:24 x
milさん、少なくともアカボシに関しては、腹節の緩みを目安に撮影に備えればOKであることが分かりました。恐らく親類のゴマダラチョウにも応用可能と思います。色再現性はRAW現像をスタートさせてから拘るようになりました。逆に言えば、自分の思い通りに色調を調整できるのがRAW現像の良さですね。
Commented by chochoensis at 2008-11-07 08:58
fanseabさん、惜しい事をしましたね・・・でも未だチャンスがおありでしょうから頑張ってください・・・小生のように毎日が日曜日の年代にならないと羽化の瞬間はなかなか観察できないかもしれませんね・・・私も、アカボシだけは羽化の瞬間が未撮影です・・・。
Commented by clossiana at 2008-11-07 17:24
ヘーッ、羽化が18時ですか。それはちょっと事前には想像出来ないですね。私も絶対に翌日の羽化だろうと考えたと思います。アカボシって何か色々と想像を超えた蝶なんですね。
Commented at 2008-11-07 19:52
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by cactuss at 2008-11-07 23:40
このアカボシ、いなくなったスキに羽化した様な感じですね。
疑似拡散光の写真は確かにきれいですね。色が全然、違いますね。
Commented by fanseab at 2008-11-08 00:01 x
chochoensisさん、前回羽化瞬間撮影に成功していたので、今回はちょっと集中力に欠けたかもしれません。羽化してからの翅の色再現性を確認する目的だったので、その意味では満足しています。今回も休日に羽化してくれたので、有難かったです。
Commented by fanseab at 2008-11-08 00:03 x
clossianaさん、ご指摘の通り、小生も18時羽化なんて蝉じゃああるまいし・・・・と思いました。蝶の生態は奥深いです。変な常識を持たずに観察しないと、肝心な場面を見逃す教訓かなぁ~なんて思っています。
Commented by fanseab at 2008-11-08 00:04 x
非公開コメントさん、ご丁寧なご挨拶有難うございます。
アカボシだけでなく、蝶は皆意地悪ですよ。
これからもよろしくお願いします。早速ですが、リンクさせて頂き
ました。
Commented by fanseab at 2008-11-08 00:06 x
cactussさん、そうなんです。ちょうど小生がいなくなるのを待っていたかのように羽化した感じです。これには参りました!2灯増灯処理は今回初めて試みましたが、今後、場面によっては使っていこうと思っています。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード