探蝶逍遥記

ヤマトシジミ青♀の競艶(10月25日)

 昨日はこれまで訪問したことのない、山梨県南西部を探索しておりました。ターゲットは「ほにゃらら」と「ふにゃらら」の2種(笑)。いずれも発生が終わっている可能性もあるので、来シーズンを見据えての食草探索に注力しました。その結果、「ほにゃらら」の方は、好ポイントを一箇所発見。来期の楽しみが増えました。
 さて、いずれのポイントでもウラナミシジミとヤマトシジミが沢山飛んでいました。そこで、先ずは青♀狙いでヤマトを追いかけてみました。すると、真っ先になんと極上の青♀に出会いました!!(※いずれの画像もクリックで拡大されます)
f0090680_9563075.jpg
D70S、ISO=400, F10-1/160、-0.7EV、撮影時刻:8時25分

 最近、ブログ仲間のダンダラさんが、素晴らしく青い♀を公開されていました が、↑の個体はこれを凌駕すると言っても過言でない、とびきりのブルーだと思います。前後翅共、ブルーの面積が半端ではなく、特に前翅外縁側まで延びたブルーはシルビア♂を連想させるものです。少しスレ品であることが悔やまれます。

 その後、青♀を更に追跡したので、2個体をアップしておきましょう。
f0090680_9565681.jpg
D70S、ISO=200, F6.3-1/200、-0.7EV、撮影時刻:10時32分
f0090680_95792.jpg
D70S、ISO=200, F6.3-1/400、-0.7EV、撮影時刻:10時39分

 2枚目は標準的な青♀でしょうか?後翅第6-7室に青鱗粉が全く載っていません。3枚目は冒頭の個体と2枚目の個体の中間タイプかな?後翅のブルーの載りはいい感じですが、前翅のブルーは標準的な姿です。結局、この日最初に出会った個体がこの日のチャンピオンに輝きました(^^)

 開翅を一通り撮影したので、後は定番の飛翔にチャレンジ。先週、♂でトレーニングを積んだはずですが、相変わらず、苦戦しました。何とか切り取れた3枚を貼ります(いずれもトリミング画像です)。
f0090680_9573568.jpg
D40-24、ISO=400, F2.2-1/2500、-0.7EV、外部ストロボ(調光補正1/32)、撮影時刻:10時48分
f0090680_9575289.jpg
D40-24、ISO=400, F2.8-1/2500、-0.7EV、外部ストロボ(調光補正1/32)、撮影時刻:10時51分
f0090680_958118.jpg
D40-24、ISO=800, F5-1/2500、-0.7EV、外部ストロボ(調光補正1/32)、撮影時刻:11時20分

2枚目はピンボケですが、ルーミスを思わせる雰囲気がお気に入りだったので敢えてアップしました。3枚目はもうちょっと翅表のブルーが覗いてほしかったです。

 一方、ウラナミも今シーズン、きちんと撮っていなかったので、少し拘って写してみました。先ずは羽化直後と思われる♀閉翅。
f0090680_958186.jpg
D70S、ISO=200, F3.8-1/1000、-0.7EV、撮影時刻:8時52分

 ウラナミの波模様って本当に綺麗ですね!尾状突起が風にたなびいて、もう少し、水平に揃ってほしかったのですが・・・。この個体が開翅しないか?と暫く粘ったものの、ギブアップ。仕方なく、別のポイントでスレ品♀の開翅でお茶を濁しました。
f0090680_9582818.jpg
D70S、ISO=200, F6.3-1/500、-0.7EV、撮影時刻:10時25分

 来シーズンに備えての山梨探索。極上の青♀に出会えてラッキーでした。それにしても、この日は終日どんよりとした空模様。「秋晴れが拡がって絶好の行楽日和」だなんて天気予報を誰が出したの?「まるで誰かさんの飛翔画像歩留まりみたいに予報も当らんな~」って悪態をついた管理人でした。
by fanseab | 2008-10-26 10:04 | | Comments(12)
Commented by otsuka at 2008-10-26 12:58 x
1枚目の青はすさまじいですね。これほどの個体はそうそういないのでしょう。
飛翔もすばらしいです。5枚目などは、これだけ見ればルリシジミ系かと思ってしまいます。
この時期はヤマトシジミもじっくり探索する必要アリですね。
Commented by maeda at 2008-10-26 18:31 x
これは青い♀ですね。
しかも濃紺、撮っても良い感じです。
Commented by fanseab at 2008-10-26 22:32 x
otsukaさん、1枚目の個体は最初、やけに濃いブルーの♂がおるな?と思ったほどでした。単なる青鱗が載っているだけでなくて、藍色が強く出ているのが特徴だと思います。飛翔は曇り空で深度が浅くなるため、苦労しました。
Commented by fanseab at 2008-10-26 22:35 x
maedaさん、1枚目は、小生がこれまで撮影した中でも、
最高の青♀です。濃紺色がまた特徴ですね。3枚目の個体と
比較すると、青の深みが違うことがはっきりします。
Commented by 虫林 at 2008-10-26 22:50 x
山梨にお出でになったのですね。
それにしても凄いヤマトの青メスで驚きました。こうして、青メスをなれべていただけると、青メス度のレベルが一目瞭然でとてもわかりやすいです。小生もレベル2(2枚目)くらいは撮影してみたいです。
青メスの飛翔もヤマトとは思えないもので、感心しました。
Commented by fanseab at 2008-10-27 07:13 x
虫林さん、おはようございます。最初の個体は青いと言うよりは「蒼い」の表現がピッタリかもしれません。現地でも飛翔中に、色の変異にすぐに気がつきました。
Commented by furu at 2008-10-27 21:09 x
1枚目は青の面積も彩度も凄いですね。しばらく南の方の白い青♀ばかり見ていたので衝撃的です。
早くも今年の青♀大賞候補No.1ですね。
Commented by ダンダラ at 2008-10-27 22:26 x
青♀、おそれいりました。
これだけ青いとヤマトシジミだと言ってられませんね。
ほんとに宝探しみたいで、今年はヤマトの青♀のグレードが一段上がった感じですね。
それにヤマトの飛翔もすごいです。
ちょっと気品すら感じてしまいます。
Commented by fanseab at 2008-10-28 07:10 x
furuさん、そうなんです。最初の個体は明らかに青の彩度が異なりました。天然のレタッチって言うか、そんな感じでした。これからブログ仲間がアップされる青♀にも注目したいです。
Commented by fanseab at 2008-10-28 07:18 x
ダンダラさん、貴殿のアップされた個体以上のものは、簡単に見つからないだろうと諦めていましたが、いきなり「宝」を掘り当てました。肌寒い日で、ずっと開翅してくれたので助かりました。この時期のヤマトの裏面は暗くなるので、飛翔画像の3枚目はゴマシジミのような雰囲気もありますね。
Commented by kenken at 2008-10-28 22:58 x
うおおぉ~ダンダラさんのブログで唸ってからこちらを覗いたら、さらに一段と唸らされました!
こりゃ凄い青♀ですね。確かにダンダラさんの青♀を上回る青さです。飛翔画像も涙ちょちょぎれます。
今年の気温変化は青♀に向いているのかなぁ~
完全に出遅れている私も、そろそろ探してみねば・・・
Commented by fanseab at 2008-10-29 07:14 x
kenkenさん、おはようございます。青♀でも狙ってみるか~みたいな軽いノリで探したのがよかったかも知れません。あまり気色ばって探すと、案外目的の蝶が撮れない時ありますよね?とにかく、もう青♀探索は十分…と思わせる個体でした。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード