探蝶逍遥記

ヤマトシジミ飛翔に再トライ(10月18日)

 ヤマトは普通種ですけど、どうも満足できる飛翔画像がこれまで撮れていません。シジミ類に対する距離感を徹底的に体に叩き込むため、今回、24mm単焦点でしつこくヤマトを追いかけてみました。結果、まあまあ、満足できる絵がゲットできました。しかし、歩留まりは極めて悪く、撮影中にかなりの手応えを感じても、ピンボケに悩まされるのが辛いところです。以下の絵はすべてトリミングしております(いずれも画像クリックで拡大されます)。
f0090680_2042593.jpg
D40-24、ISO=400, F4.5-1/2500、-0.7EV、外部ストロボ、調光補正1/32、撮影時刻:9時35分
f0090680_2042191.jpg
D40-24、ISO=400, F6.3-1/2500、-0.7EV、外部ストロボ、調光補正1/32、撮影時刻:10時35分
f0090680_20423478.jpg
D40-24、ISO=400, F4.5-1/2500、-0.7EV、外部ストロボ、調光補正1/32、撮影時刻:10時45分
f0090680_20424852.jpg
D40-24、ISO=400, F6.3-1/2500、-0.7EV、外部ストロボ、調光補正1/32、撮影時刻:11時07分
f0090680_2043260.jpg
D40-24、ISO=400, F5-1/2500、-0.7EV、外部ストロボ、調光補正1/32、撮影時刻:11時10分
f0090680_20431354.jpg
D40-24、ISO=400, F4.5-1/2500、-0.7EV、外部ストロボ、調光補正1/32、撮影時刻:11時15分

 ヤマトのブルーもじっくり見ると味わい深いものがあります。5枚目は♂同士の誤求愛飛翔。求愛時には両者の飛翔スピードが増して撮影難易度が高くなりますね。詳細に絵を検すると、1/2500でもシャッター速度が不足していて、微妙に翅面のブレが認められます。対策として1/3200か1/4000を切るべきかもしれません。別嬪さんの青♀が出現する11月に、今度は♀を重点に追いかけるつもりです。
by fanseab | 2008-10-23 20:46 | | Comments(4)
Commented by cactuss at 2008-10-23 22:41
飛翔写真、すべて、すばらしいできだと思います。
写真の時間を見ると1時間半以上も飛翔写真を撮影していたことになりますが、小生はこれだけの時間はちょっと続かないと思います。
Commented by fanseab at 2008-10-24 07:14 x
cactussさん、おはようございます。御指摘の通り、今回は延々とヤマトのみ追いかけていました。真夏ではこんな真似はできませんね。仕上がった絵は満足していますが、合計1000ショット程度打った割には歩留が低くて対策が必要です。
Commented by maeda at 2008-10-24 07:36 x
ストロボの光量がぴったり合っているみたいですね。
次のシーズンは練習しないといけないと思っています。
時に、ストロボ使わないとダメな場面があります。
Commented by fanseab at 2008-10-24 20:00 x
maedaさん、お陰様で24mm単焦点でのストロボ照射条件はほぼフィックスできました。後は距離感を養うのがポイントになります。小生もジャングルの林縁を舞う蝶をターゲットにしているのでストロボ前提での作画をしております。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード