探蝶逍遥記

アカボシゴマダラの第4化(10月18日)

 拙ブログの 9月2日付記事でアカボシの羽化画像を掲載しました。この際、第4化が10月中~下旬にあるかもしれないとの予測を書きました。その予測通り、自宅エノキに4頭の蛹がついており、昨日、そのうちの1頭の翅面が黒化しているのに気がつきました。
f0090680_22465011.jpg
D40-24、ISO=400, F13-1/500、-0.7EV、外部ストロボ(調光補正1/32)+スレーブ増灯(調光補正1/4)、撮影時刻:10月17日、23時40分

 今朝、8時過ぎに見たところ、特段の変化がないので、外出。帰宅した正午前でも特に異常がないので、昼食を取りました。ところが、念のため、再度確認したところ、嗚呼!羽化してしまったのです!

f0090680_22472271.jpg
D70S、ISO=200, F9-1/125、-0.3EV、内蔵ストロボ、撮影時刻:10月18日、13時13分

 羽化時刻は恐らく12時過ぎ。ちょっとした油断でまたまた羽化の瞬間に立ち会えませんでした(^^;; どうやら♂のようです。残りの3頭で何とか羽化の瞬間を切り取りたいものです。

 ところで、数日前、アカボシの前蛹を初めて撮影しました。
f0090680_2248176.jpg
D40-24、ISO=400, F13-1/320、-0.7EV、外部ストロボ(調光補正1/32)+スレーブ増灯(調光補正1/4)、撮影時刻:10月13日、22時20分

 これで、卵を除き、幼生期の全ステージの生態写真を撮影できたことになります。この前蛹は、2日後に無事、蛹化を確認しております。
f0090680_22484271.jpg
D40-24、ISO=400, F13-1/320、-0.7EV、外部ストロボ(調光補正1/32)+スレーブ増灯(調光補正1/4)、撮影時刻:10月15日、22時20分

 現在、自宅に2株あるエノキに幼虫は全11個体ほど付いています。そのうち、約半数は頭部の突起が鈍角状の休眠型(通常の越冬態)に変化しました。※脱皮殻が尾端付近に残されています。
f0090680_22492012.jpg
D40-24、ISO=400, F13-1/500、-0.7EV、外部ストロボ(調光補正1/32)+スレーブ増灯(調光補正1/4)、撮影時刻:10月17日、23時48分

 一方、棘状の頭部突起を有する非休眠型も共存しております。
f0090680_22494596.jpg
D40-24、ISO=400, F13-1/320、-0.7EV、外部ストロボ(調光補正1/32)+スレーブ増灯(調光補正1/4)、撮影時刻:10月13日、22時14分

 こちらはこのまま越冬体勢に入るのか?あるいは遅い第4化に回るのか?興味のあるところです。
by fanseab | 2008-10-18 22:54 | | Comments(22)
Commented by ダンダラ at 2008-10-18 23:53 x
アカボシゴマダラはこの時期にも羽化するのですね。
こちらのフィールドでも観察できるのでしょうか、興味あります。
それにしてもそれぞれが迫力があって見応えのある写真ですね。
Commented by cactuss at 2008-10-18 23:58
おしかったですね。もう少しで羽化を見ることができたのに。
前蛹の写真もすばらしい。外観は幼虫とあまり変わらないのですね。
Commented by maeda at 2008-10-19 06:35 x
4化はしていると言うことですね。
さすがに次は難しいでしょうね。ゴマダラも4化でしょうかね?
Commented by chochoensis at 2008-10-19 07:00 x
fanseabさん、ステージ写真お見事ですね・・・私も、=羽化の瞬間=だけは撮影できていないです・・・是非完成してください。期待しています!
Commented by clossiana at 2008-10-19 10:34
同じ時期に、同じ位の齢の幼虫に休眠型と非休眠型が混在していることが大変興味深いです。この後、それぞれの幼虫がどうなるのか、是非続報で教えて下さい。
Commented by 6422j-nozomu2 at 2008-10-19 13:23
自宅でアカボシ羽化ですか。素敵な環境ですね。関西では、ゴマダラ第3化の旬のはずですが、昨日は一頭も見ずでした。第4化かもしれませんね。アカボシの分だけゴマダラより素敵な蝶ですね。(笑)
Commented by banyan10 at 2008-10-19 15:23
羽化の観察は本当に難しいですね。
自宅のエノキで見れるなら観察にはベストですね。
こちらでもだいぶ増えてきたので、野外で未撮影の蛹や前蛹を観察する機会も期待できそうです。
昨年、ご一緒した公園でmaedaさんを迎えての撮影会をやります。都合がよければいかがでしょうか。11/22です。
Commented by kenken at 2008-10-19 16:26 x
野外での羽化の観察は至難の技でしょう。
交尾なら数時間待てば解けますが、羽化はいつになるか分かりませんもんね。なんとも際どいタイミングで羽化したもんです。
それにしても、どの幼虫も蛹も丸々していて栄養状態がえぇような。
Commented by otsuka at 2008-10-19 16:40 x
飼育していてもなかなか羽化は見れないのに、野外ではなおさらでしょう。もうちょっとのところだったようで、残念でしたね。
それでも羽化直のアカボシゴマダラはすばらしいです。
Commented by thecla at 2008-10-19 22:59 x
アカボシは第4化も出るのですね。今まで、10月半ば過ぎに見たこと無いのでもう出ないもんだと思っていました。
我が家にもこっそりエノキ植えてしまいたくなりました(笑)
Commented by fanseab at 2008-10-19 23:56 x
ダンダラさん、いつもコメント有難うございます。自宅に幼虫が頻繁に見られるようになった今年から、化数を正確に見積もることができるようになりました。貴殿のフィールドでも恐らく個体数が増加すれば第4化の観察も容易になるものと思われます。
Commented by fanseab at 2008-10-19 23:58 x
cactussさん、前回は羽化の予兆を掴んでいなかったので、さほど悔しさは感じませんでしたが、今回は絶好の機会を逸した感があって、歯軋りしました(笑)。前蛹は少し透明感が出てきて独特な風合いがありますね。
Commented by fanseab at 2008-10-20 00:01 x
maedaさん、藤沢や鎌倉では第4化発生の報告もあったのですが、マイフィールドでも今回、確認できました。ゴマダラも4化発生か?未確認ですが、当地では12月の羽化を観察したことがあり、専門誌に投稿したことがあります。
Commented by fanseab at 2008-10-20 00:04 x
chochoensisさん、おかげさまで幼生期の全ステージ写真はほぼ完成しました。成虫に関しては、吸蜜、交尾シーンの撮影が残されているので、来シーズンの課題になりました。
Commented by fanseab at 2008-10-20 00:07 x
clossianaさん、昨シーズンの越冬幼虫観察でも非休眠型個体の越冬を確認しましたが、途中で鳥?の食害に会って、この個体は行方不明になってしまいました。今シーズンも、両型の推移を見守るつもりです。
Commented by fanseab at 2008-10-20 00:10 x
ノゾピーさん、そちらのクマソ同様、アカボシはこちらの格好のブログネタになります。しかし、素直に言えば、「素敵な環境」ではなく、「撹乱された生態系環境」にあるといえるでしょう。拙宅にはサンショウも植えていますが、今では、ナミアゲハが産卵する確率より圧倒的にアカボシが産卵するっことが多いようです。
Commented by fanseab at 2008-10-20 00:12 x
BANYANさん、貴殿のクロコノマ羽化のシーンは垂涎ものでしたよ!今回は悔やんでも悔やみきれない結果になりました。まぁ、自宅のエノキですので、まだまだチャンスがあると思っています。11/22の件、別途、私信入れます。
Commented by fanseab at 2008-10-20 00:15 x
kenkenさん、羽化は通常、早朝タイプが多いようですけど、秋も深まると気温が上昇する昼間羽化のタイプもあることを忘れておりました。ほんの数秒で脱皮→羽化するので、確かに「その瞬間」を撮るのは厳しいかもしれません。
Commented by fanseab at 2008-10-20 00:17 x
otsukaさん、もう数回チャンスがありそうなので、がんばってみます。アカボシ含め、羽化直後の瑞々しい姿にはいつも感動させられます。
Commented by fanseab at 2008-10-20 00:20 x
theclaさん、そうなんです。先入観は恐いです。ゴマダラにしても、都市環境の温暖化が進むと、これまで、生態図鑑等に記載されていたような事実の見直しが必要になりますね。アカボシのような人為移入種については、まだ記録が少ないので、秋季の発生について、まっさらな目で見ることがより、必要でしょう。
Commented by 愛野緑 at 2008-10-21 22:13 x
羽化の見逃しは残念でしたでしょう。ホンの5分もあれば羽化してしまうので、実際に観察するのは楽では無いですね。

アカボシの蛹は初めて見ましたが、背中のトゲトゲがゴマダラノより立派で、格好いいですね。
Commented by fanseab at 2008-10-21 22:54 x
愛野緑さん、実は本日、残りの1頭が日中に羽化したようで、残り2頭の蛹で次回のチャンスを待つことになりました。しかし、平日に羽化されたら厳しいですね。アカボシの蛹のトゲトゲ感はエノキの葉の縁のギザギザに巧妙に似せてあります。継続観察していないと、この蛹を野外で見つけるのは至難の技です。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード