探蝶逍遥記

ウラナミシジミの飛翔(9月27日)

 山梨での大撮影会の前日は近場の多摩川で遊んでいました。ターゲットは秋口に増加するウラナミシジミ。このシジミの飛翔は独特で動きが読めません。ジグザグに猛スピードで飛翔したと思うと、急にストップしたり、♂の探雌行動だとしても、なんであんなに猛スピードでやらなあかんのかいな?と疑問に思うことしきり。その撮影難易度の高いウラナミにチャレンジすることにしました。猛スピードのウラナミで飛翔の練習をしておけば、シルビアは楽に撮れるだろう・・・と目論んだわけです。

 レンズ系は悩んだ末に、最近使用頻度の高い24mmではなく、長い間慣れ親しんだ10.5mm+X1.4テレコンに決定。さて、蓋を開けてみると、この日のウラナミはこのシジミにしては、ややゆっくりとした飛翔速度で助かりました。画像はいずれもトリミングしております。
f0090680_2323818.jpg
D40-10.5-X1.4TC、ISO=400, F2.8-1/2000、-0.7EV、外部ストロボ、調光補正1/32、撮影時刻:11時25分
f0090680_2325493.jpg
D40-10.5-X1.4TC、ISO=400, F2.8-1/2000、-0.7EV、外部ストロボ、調光補正1/32、撮影時刻:11時32分
f0090680_2335441.jpg
D40-10.5-X1.4TC、ISO=400, F2.8-1/2000、-0.7EV、外部ストロボ、調光補正1/32、撮影時刻:11時42分
f0090680_234598.jpg
D40-10.5-X1.4TC、ISO=400, F2.8-1/2000、-0.7EV、外部ストロボ、調光補正1/32、撮影時刻:11時50分

 3枚目はウラナミ翅表の赤紫を帯びたブルーの雰囲気が出てお気に入りのショットとなりました。歩留まりはまあまあでした。やはり慣れ親しんだレンズ系だと、置きピンの距離感を体が覚えていて、歩留まりが増すようです。ウラナミ撮影中にいろいろな蝶に出くわしました。先ずは、ツバメシジミ。
f0090680_2352629.jpg
D40-10.5-X1.4TC、ISO=400, F5-1/2000、-0.7EV、外部ストロボ、調光補正1/32、撮影時刻:11時31分

 空を背景に比較的至近距離で捕らえたので少し迫力が出ました。コミスジもまだまだ新鮮でクズの周辺を滑空飛翔していました。
f0090680_2355351.jpg
D40-10.5-X1.4TC、ISO=400, F4-1/2000、-0.7EV、外部ストロボ、調光補正1/32、撮影時刻:11時49分

 このところ拘っている空バックのツマグロヒョウモン画像。秋の深い青空に2頭の♂が絡んで、エエ感じに仕上がりました。。
f0090680_236869.jpg
D40-10.5-X1.4TC、ISO=400, F8-1/2000、-0.7EV、外部ストロボ、調光補正1/32、撮影時刻:11時55分

 最後は突然、出現したクロカナブン。撮影中、急にレンズに向かって突撃してきたのにはビックリしました。
f0090680_2362341.jpg
D40-10.5-X1.4TC、ISO=400, F5-1/2000、-0.7EV、外部ストロボ、調光補正1/32、撮影時刻:11時54分

 結局、テレコン付10.5mmをシルビア飛翔用に決定して28日の撮影会に臨んだのでした。確かに高速のウラナミを相手にした後では、寒くて不活発のシルビアの追跡は楽でした。しかし、被写体の大きさがウラナミよりも小さいので、シルビア画像(↓の記事参照)は少し迫力に欠けた感じですね。
by fanseab | 2008-10-03 23:09 | | Comments(11)
Commented by コンプ at 2008-10-04 20:40 x
こないだ女にロー夕ーと電マ持って来させてマムコを集中攻撃したよ(`・ω・´)
スゲエ声でアンアン言いまくって、もの凄い勢いで9マソくれたよwwwwww
寝て稼ぐのもいいけど、たまには攻めるのもアリだよなー?ww
Commented by maeda at 2008-10-05 16:25 x
ストロボ使用の飛翔が良い感じで撮れていますね。
私も時々挑戦していますが、光量が強すぎたりで、なかなか上達しません。
Commented by ダンダラ at 2008-10-05 17:07 x
先日撮影風景を拝見しましたから、同じ飛翔写真を見るにしても、親しみが湧きますね。
ウラナミシジミの飛翔はおっしゃるように早くて不規則で難しいです。
Commented by kmkurobe at 2008-10-05 18:56
ウラナミは上級種目ですね。いい感じですね。
下手くそなのにウラナミが好きな私は、何度もトライしていますが、まるで止まりません。
クロカナブンには驚きました。写真もすばらしいのですが、昨今なかなか見つからなくなりました。
Commented by cactuss at 2008-10-05 21:34
ウラナミシジミの雄の飛翔はスピードが速いだけに、難しいと思いますが、見事にとらえていますね。青空をバックの飛翔もいい感じですね。
Commented by fanseab at 2008-10-05 23:12 x
maedaさん、外部ストロボ使用条件が固定されたので、後はレンズ系の置きピンの距離感を合わせることに集中しています。一番使用頻度の多いテレコン付10.5mmが一番距離感をあわせやすいですね。
Commented by fanseab at 2008-10-05 23:13 x
ダンダラさん、コメント有難うございます。
クズの花が真っ盛りの頃は、この撮影時より遥かに速く
飛んでいました。その頃に比べれば何とか追尾できました。
Commented by fanseab at 2008-10-05 23:15 x
kmkurobeさん、そう、ウラナミは普通種のシジミ類でも難易度高いです。クロカナブンは夏場にはあまり見かけません。産卵のため、丘陵部から飛んできたのかもしれませんね。
Commented by fanseab at 2008-10-05 23:17 x
cactussさん、貴殿の撮影された交尾飛翔は超羨ましいですね。
ウラナミの中でも産卵行動中の♀は何とかなりそうでした。
最盛期の♂はちょっと厳しいかもしれません。
青空バックの飛翔は最近ハマッテいる画像です。
Commented by grassmonblue at 2008-10-06 01:22 x
あらあら、まさにウラナミシジミではないですか。
特に3枚目はすばらしいですね。
13日には見ておられたというのは、場所はどこでしょう?やはり多摩川ですか?
Commented by fanseab at 2008-10-06 07:18 x
grassmonblueさん、おはようございます。ウラナミは初チャレンジで改めて難しさを感じました。一定の飛行軌道を持たない種は難しいですね。初見日の件、ハイ、多摩川です。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード