探蝶逍遥記

アカボシゴマダラの求愛行動(9月13日)

 金曜の夜は珍しく銀座で送別を兼ねた飲み会。そんなこともあって疲れ気味なので、遠征は自粛して近所の多摩川縁をお散歩撮影です。今日の狙い目は新鮮なウラギンシジミ。葛が繁茂する堤防沿いを探すと直ぐに見つけることができました。運良く♂♀共に完品でした(^^)
f0090680_20482173.jpg
D40-24、ISO=200, F7.1-1/500、-0.7EV、撮影時刻:8時41分
f0090680_20483833.jpg
D40-24、ISO=200, F7.1-1/250、-0.7EV、撮影時刻:8時53分

 ウラギンの飛翔でも撮ろうと、準備していると、足元にアゲハが舞い降りました。しかし、良く見るとブルーがかっていてナミアゲハではありません。なんとアカボシゴマダラの♀でした。
f0090680_2049362.jpg
D40-24、ISO=400, F3.2-1/2500、-1.0EV、外部ストロボ、調光補正1/32、撮影時刻:9時03分

 どうやら羽化直後ではなく、朝方、まだ体が温まっていない個体が下草に舞い降りたようです。♀をフィールドで見るのもこれが初めて。この個体はすぐに飛び去ってしまいました。その後、この個体を求めて、あたりを一巡りしてくると、さっきの場所で♂と絡んでいました(↓の絵で右の個体が♀)。♂はなんと目敏いのでしょうね!
f0090680_20493669.jpg
D40-24、ISO=800, F11-1/2500、-1.0EV、外部ストロボ、調光補正1/32、撮影時刻:9時10分

 このペアは、グルグルと回転飛翔した後、下草に降りました。♀の背後から♂が迫るいつものパターン(笑)です。
f0090680_2050018.jpg
D40-24、ISO=200, F11-1/250、-0.7EV、外部ストロボ、調光補正1/32、撮影時刻:9時11分

 ♀(上の個体)前翅は♂より丸みを帯びていますね。しばらく交尾の気配を窺っていた♂でしたが、結局♀には振られたようです。それでも健気に探雌行動を繰り返していました。低空飛行をするアカボシ♂の真下から、太陽とのツーショットを狙ってみました。
f0090680_20502158.jpg
D40-24(トリミング)、ISO=400, F14-1/2500、-1.0EV、外部ストロボ、調光補正1/32、撮影時刻:9時17分

 ひとしきり♀を探して疲れると、木陰で休息しておりました。
f0090680_20504629.jpg
D40、ISO=400, F5.6-1/500、-0.3EV、内蔵ストロボ、撮影時刻:10時15分

 次回はできれば♀完品と産卵シーンをゲットしたいところです。ところで、葛の花はそろそろ盛りを過ぎていましたが、葛の葉先にコミスジの幼虫を見つけました。
f0090680_20511917.jpg
D40-24、ISO=400, F11-1/250、-0.7EV、撮影時刻:9時49分

 デジタルでの撮影はこれが初めて。経験的に葛の葉からこの幼虫を発見するのは結構骨が折れます。どちらかと言えば、湿気のある場所、たとえば用水路の脇にある葛とか、そんな場所での発見が容易です。今回の撮影地も東向きで、日中は直射日光が差さない場所でした。クズよりもフジの子株のほうが、発見は遥かに容易だと思います。
by fanseab | 2008-09-13 21:01 | | Comments(12)
Commented by ainomidori443zeph at 2008-09-13 22:17
そちらではアカボシも本当に普通種になってしまったようですね。
青空バックのツーショット、綺麗ですね。
Commented by maeda at 2008-09-14 06:30 x
青空背景のい飛翔は絵になりますね。
とってもすばらしいです。
コミスジ幼虫のポイント、メモしておきます。
Commented by fanseab at 2008-09-15 07:56 x
愛野緑さん、夏場よりも秋口に発生する第3化の個体数が多い
ようです。いまや、ゴマダラよりも見かける確率が高くなって、
困ったものです。青空バックは好んで写す構図ですが、決まると
嬉しいものです。
Commented by fanseab at 2008-09-15 07:59 x
maedaさん、青空バックは露出が難しいです。今回アップした絵
も、レタッチでかなり凌いでいます(^^;;
コミスジ幼虫は本州だと10月頃、フジの葉が少し色づいた頃、
探されると発見が容易です。クズ同様、食痕は独特ですね。
Commented by chochoensis at 2008-09-15 08:51 x
fanseabさん、=アカボシゴマダラ=の飛翔写真、見事ですね!いまだに野外で観察出来て居ないのでうらやましいです、自宅周辺でも観察情報がポチポチあるので、その内に・・・とは思っているのですが・・・素晴らしい写真にため息です。
Commented by fanseab at 2008-09-15 19:29 x
chochoensisさん、当地では急速に個体数が増加しているので、
飛翔撮影をできるチャンスが多くなりました。↑の愛野緑さんの
観察されている狭山丘陵近辺でも徐々に増加しているようなので、
普通に観察できるのも時間の問題かもしれませんよ。
Commented by mii at 2008-09-16 01:00 x
今回もまた飛翔が素晴らしいです。アカボシはいっぱいいるんですね。
Commented by fanseab at 2008-09-16 07:13 x
milさん、おはようございます。アカボシは第3化のピークで♀が出始めたため、賑やかになってきました。数が多いと言っても求愛シーンは観察するチャンスは少ないので、今回はラッキーでした。
Commented by 6422j-nozomu2 at 2008-09-16 21:52
関西のクマソも今年猛威を振るっておりますが、関東のアカボシはすっかり土着していますね。6枚目の飛翔はエエ雰囲気です。呑んだ翌日はやはり近場に限ります。かなり気力がないと私も同様遠征は難しいようです。
Commented by fanseab at 2008-09-16 22:11 x
ノゾピーさん、クマソは関西勢ブログネタとしても勢いを感じます。アカボシの嫌らしいところは、食樹が道端に普通に生えているエノキで拡散を食い止めるのが極めて困難なことでしょう。ソテツならポイント限定で殺虫剤による駆除が可能でしょうが、エノキでは周辺への影響を考慮してそれはできません。東西で生態系の破壊が進行している困った状況ですね。
Commented by kmkurobe at 2008-09-16 22:19
うーんこれは美しい2頭が絡む飛翔そして求愛とすばらしいできあがりですね。これを見ると一度撮影に出掛けたくなりますね。
Commented by fanseab at 2008-09-17 00:18 x
kmkurobeさん、アカボシは本来排除すべき外来種ですが、絵になる蝶なので、つい追っかけしてしまいますね。横浜~川崎市郊外の公園ならば、すでにどこでも確実に観察できるほどだと思います。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード