探蝶逍遥記

北ボルネオ・キナバル遠征記:(7)キナバルバルサム

 キナバル公園本部周辺での撮影は天候との我慢比べでした。雨が降らなくても、日が差さないとGraphium等は全く飛ばないので、手持無沙汰状態に。そんな時、谷あいで管理人を慰めてくれたのが、キナバル山固有種のキナバルバルサム(Impatiens kinabaluensis)の花。
f0090680_22332747.jpg
D70, ISO=400, F3.2-1/200、-0.3EV 、撮影日:2008年4月29日 
f0090680_22334331.jpg
D40-10.5, ISO=400, F11-1/20、-0.7EV、外部ストロボ、調光補正1/4 、撮影日:2008年5月1日

 日陰でひっそりと咲く、落ち着いたピンク色の花弁は「清楚」の一言。本種は2005年にマレーシアに広く分布するI. platypetalaの亜種扱いから独立種として記載された経緯があります。それだけ研究者を拘らせるだけの魅力があったのでしょう。本種の所属する「インパティエンス属」はアフリカ~熱帯アジアの山地に広く分布するツリフネソウ科の仲間。キナバルバルサムの花弁もよく眺めてみると、花屋でも人気のある園芸種「インパティエンス」を彷彿とさせる花弁構造を持っています。

 キナバルを代表する清楚な花に敬意を表したのでしょう、公園本部前にあるレストランの名前はスバリ、「バルサムカフェ!」。公園内ロッジに宿泊した管理人は毎朝、ここのオープンデッキで朝日を浴びながら朝食をとりました。
f0090680_2234481.jpg
GX100 、撮影日・時刻:2008年5月2日、6時47分

 バイキング形式の朝食はまずまずでしたよ。ただ、このレストランから残念ながらキナバル山の頂を望むことはできません。丁度正面に高木があって眺めを阻害しているのです。と言ってもここは世界遺産にも登録された国立公園。ゲストに迎合してこの木を切るわけにはいかないのでしょうね。

 さて、キナバルバルサムを例外として、ジャングル内で咲く花は意外と目立たない地味なものが多いのです。さらに独特な葉の形状に目を奪われるため、花弁を発見するのも結構至難です。その中で、見つけた可憐な花達をご紹介しましょう。
f0090680_22343461.jpg
GX100, ISO=80, F5.1-1/15、-1.3EV、撮影日:2008年5月1日

 これは恐らくセロジネ属のラン(Coelogyne papillosa)だと思います。キナバル山麓は高温・多湿ですから、ランの愛好者にとっては、楽園のような世界。しかし残念ながら、管理人はランの世界にも疎いので、猫に小判状態でした(^^;;

お次は、十字架状の白い花弁。葉の形状が独特で、渓流沿いに結構沢山生えていました。
f0090680_2235454.jpg
GX100, ISO=200, F5.1-1/80、-1.3EV、撮影日:2008年5月1日

 最後は、これまた種名不明の橙色の花。茎から直接花弁が突き出している潅木はイチジクやコーヒー等、熱帯ではよく遭遇しますね。
f0090680_22352246.jpg
GX100, ISO=80, F5.1-1/10、-1.7EV、撮影日:2008年5月1日

 どなたか詳しい方、種名をご教示頂ければ有難いです。しかし、天候が良ければ、蝶を追い掛け回して、目立たない花にこれほど目を向けることはなかったはずです。まぁ、怪我の功名とでも言えましょうか?さて、次回からはシロチョウ科の仲間を順次ご紹介しましょう。
by fanseab | 2008-07-26 22:38 | | Comments(4)
Commented by cactuss at 2008-07-26 23:44
熱帯のジャングルの中でひっそりと咲く美しい花々、なかなか見ることができないものを見せて頂き、ありがとうございます。早朝の朝食の写真も暑い中で涼しさを感じさせていて、熱帯の雰囲気が良く出ていますね。
Commented by fanseab at 2008-07-27 08:45 x
cactussさん、熱帯雨林内は意外と蝶影が薄く、小昆虫や今回ご紹介したような草花を楽しむのに適しているように思われます。キナバル公園本部付近は標高1600mもあるので、軽井沢のカフェで朝食を食べているような気候です。このカフェですするコーヒーは本当に旨かったです。
Commented by 6422j-nozomu2 at 2008-07-28 21:55
海外の花の写真も、蝶撮影の息抜きにホッという感じですね。私もサイトには花を掲載する欄もあるのですが、蝶一本で、花には見向きもしませんでした。このまえの信州遠征時にも綺麗な花が一杯咲いていたのに。少し反省です。息抜きも必要ですよね。
Commented by fanseab at 2008-07-28 22:44 x
ノゾピーさん、確かに息抜きの撮影ですが、花というものは、どのように撮影したらいいものか?難しいですね。絶対に逃げない対象なのに、奥が深いので、息抜きのようで息が抜けませんでした(汗)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード