探蝶逍遥記

緑系ゼフを楽しむ(6月15日):(2)オオミドリシジミ

 この日は薄曇で、少し陽が差す絶好の撮影日和でした。ミドリシジミの撮影を終えた9時頃、以前ウラゴ探索の際、目をつけていたポイントに移動しました。オオミドリが生息しているとすれば、「♂のテリ張りに絶好だな?」と睨んでいた地形条件を備えていたからです。果たして長竿で叩き出すまでもなく、銀色のシルエットがコナラの樹上を猛スピードで飛び回っているのが眼に入りました。しかし、いかんせん距離が遠すぎます。暫く待って、ようやく400mmズームの射程に入ったので、ここぞと連射です。
f0090680_22101287.jpg
D70S-VR84@400mm、ISO=400, F7.1-1/640、-1.7EV、撮影時刻:9時37分
f0090680_22103148.jpg
D70S-VR84@400mm、ISO=400, F7.1-1/1250、-1.7EV、撮影時刻:9時40分
f0090680_22104912.jpg
D70S-VR84@400mm、ISO=400, F7.1-1/1000、-1.7EV、撮影時刻:9時41分

 静止する位置は結構高く、持参した脚立を使用したものの、斜面で脚立上のバランスが取り難く、曲芸的な撮影でした(^^;; 管理人にとっては、久しぶりのオオミドリでして、これまたデジ一を使い始めてから初撮影。ちょっぴりスレ品ですけど、輝きは強烈! キリシマ並みに強アンダーに露出補正しないとハイライトが飽和してしまいます。1枚目、全開シーンでは翅の痛みが目立ちます。2枚目は光の周り方が管理人好みに仕上がってお気に入り画像となりました。3枚目、カメラを睨みつけ、前脚を上げた戦闘ポーズも大好きです。しかし何とか接近戦に持ち込めないか?しばらく格闘するうちに、ようやく90mmマクロの射程に降りてきてくれました。
f0090680_22111541.jpg
D70、ISO=200, F5.6-1/400、-0.3EV、撮影時刻:9時52分

 ただこのポジションだと全開では表翅を写しこめず、半開翅が限界です。ところで、管理人は自称「逆光縁毛幻光撮影友の会」会長ですので、「斜め45度開翅逆光・・・」もとい、「斜め75度?開翅逆光」画像にもトライ。
f0090680_22113496.jpg
D70、ISO=400, F8-1/1000、-1.7EV、撮影時刻:9時54分

 今シーズン初めてのブルー幻光をゲットして嬉しかったです。なお、↑の画像は、縁毛幻光を強調するため、意図的にローキートーンに仕上げています。それにしても、ファボニウス♂は翅の痛みが早いですね。縁毛幻光を含め、撮影の適期は、1週間ほど前だったようです。10時近くになると、ようやく彼らの活動タイムも終わりを迎えたのか?少し動きも緩慢になってきました。そこで脚立最上段によじ登り、更に腕を目一杯上方に伸ばし、コンデジで斜め上方から彼らの輝きを捉える作戦を敢行。
f0090680_22115433.jpg
GX100@5.1mm、ISO=80, F5.7-1/250、-1.3EV、撮影時刻:9時56分
f0090680_2215311.jpg
GX100@5.1mm、ISO=80, F5.7-1/380、-1.3EV、撮影時刻:9時59分

 苦労した甲斐あって、2枚目の構造色はオオミドリらしい仕上がりになりました。早朝から約5時間、ミドリとオオミドリの平地性緑系ゼフを存分に堪能して、10時半に撤退しました。(了)
by fanseab | 2008-06-18 22:12 | | Comments(16)
Commented by mii at 2008-06-19 02:04 x
こちらも私の目標種です。今回もたいへん参考になりました。4枚目の半開翅が、私のイメージにドンピシャです。縁毛幻光も良いですね~
Commented by maeda at 2008-06-19 06:08 x
近くのポイントに良い所があるのですが、高い木の上でテリを張るので手が出ません。沢山のアイノが飛んでいるのですけどね。
脚立も使えない足場ですし、指を加えています。今年も同じでしょうね。
陰の努力がよく分かります。
Commented by fanseab at 2008-06-19 07:11 x
milさん、深夜のコメントありがとうございます。4枚目はもう少し開いたシーンも撮影したのですが、露出アンダー補正が不足したので掲載を見送りました。構造色を撮る時、よく失敗しますね。
Commented by fanseab at 2008-06-19 07:20 x
maedaさん、今回のポイントでのテリ張り高さはほぼ3mあり、脚立を使っても限界がありました。工場現場で見掛ける高所作業用足場が欲しくなりました。関西のヒロオビポイントでこのような足場を見掛けましたがオオミドリ用は無いです。
Commented by 空飛ぶhaha at 2008-06-19 09:12 x
fanseabさんの「曲芸的な撮影」の御様子、見たかったです~。(笑)
そして脚立最上段によじ登ってコンデジで撮影されたオオミドリの写真、すごく綺麗ですね。
早朝から約5時間も!でもこれだけステキな写真が撮れたら、あっという間だったのではないですか?(笑)
Commented by 虫林 at 2008-06-19 18:08 x
コンデジでのオオミドリは本当に素晴らしいですよ。でも、斜面での脚立の最上段は危険ですぞ。小生は1度痛い目にあっています。
やはり以前考案しようとしたゼフ撮影用に竿の先にコンデジをくっつけて、遠隔撮影できる装置をもう一度考えてみようかな。その場合、液晶が本体から分かれて手元にあればさらによいですね。助けてくれる企業はいないかな?
Commented by fanseab at 2008-06-19 20:45 x
空飛ぶhaha様、曲芸技?は人様にお見せできるもんじゃ無いです(^^;; コンデジで撮影する頃になると、やや鈍感になってレンズを目の前につけても平気な顔でモデルになってくれました。
Commented by fanseab at 2008-06-19 20:54 x
虫林さん、ご心配ありがとうございます。400mmでの撮影では、さすがにリスク回避のため、脚立の最上段には乗っておりません。一方、コンデジ撮影時は地面がフラットだったので最上段まで登りました。御提案のリモコンデジカメ、今すぐにでも欲しいです!
Commented by 6422j-nozomu2 at 2008-06-20 22:42
オオミドリと↓のミドリ、羨ましく拝見いたしました。やはりゼフは♂の表面が最高ですね。でも、4タイプあるミドリ♀のダブル開翅が一番感動いたしました。素晴しいシャッターチャンスでしたね。パチパチ・・・
Commented by fanseab at 2008-06-21 12:59 x
ノゾピーさん、コメントと拍手ありがとうございます。関西では山地性ゼフに力を注いでいたので、関東では平地性ゼフを追っかけしています。お陰様で開翅は順調です。
Commented by banyan10 at 2008-06-21 18:42
最後の2枚は素晴らしいですね。
僕も今までより少しだけ高い脚立を調達しましたが、出番があるかどうか。(^^;
記事を読んで、僕が教えてもらった湘南のポイントは撮影には絶好の場所なのを実感しました。
Commented by fanseab at 2008-06-21 21:10 x
BANYANさん、コメント有難うございます。
小生も今回使用した脚立より高いのを所有していますが、フィールドでは、安定して使用できるポイントが限定されるので、結局、低い脚立の出番が多いです。オオミドリポイント、単に叩き出しでの開翅狙いならいくらもあるでしょうが、自然ノテリ張りシーンをきちんと撮影できる場所は貴重だと思います。
Commented by otsuka at 2008-06-22 10:18 x
最初に写真だけ見て、どうやって撮影されたのかと思ったら、脚立でしたか。ゼフの翅表の輝きをちゃんと撮ったことはないのですが、ここまで露出を下げないと色が出ないんですね。勉強になりました。
Commented by ダンダラ at 2008-06-22 21:41 x
オオミドリは家内の実家近くにテリ張りポイントがあって、いつでも撮影できるという安心感からここのところ撮影をさぼっていましたが、こうして改めて拝見するとなかなか良いですね。
下2枚の広角写真はこのチョウの生息する雰囲気も良く出ていて素晴らしいです。
Commented by fanseab at 2008-06-22 22:49 x
otsukaさん、愛車には常に脚立を積んでポイントに行き、場合によっては、カメラリュックを背負子代わりに脚立を積んで山道を歩いたりしています。脚立を持参しないで涙を呑んだ経験をすると手放せないものです。ミドリシジミ構造色の露出補正はキリシマでの経験が活きています。
Commented by fanseab at 2008-06-22 22:52 x
ダンダラさん、ジョウザン等と違って比較的自宅から近いポイントで見ることのできるオオミドリのテリ張り、追飛シーンは貴重なものだと思っています。猛スピードでライバルを追いまわす行動は見ていてワクワクします。GX100の作例はようやくピントがビシッと決まって満足しています。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード