探蝶逍遥記

北ボルネオ・キナバル遠征記:(1)プロローグ

 GWを利用してマレーシア領ボルネオ島・キナバル山麓に遠征してきました。なにぶんにも国内蝶のシーズン中ですので、ダラダラ連載になると思いますが、辛抱して最後までおつきあい頂けると有難いです。
 小生にとって、ボルネオは2002年に続き2度目の遠征。6年前は銀塩の時代でしたが、今回はデジ一3台、コンデジ1台の4台体制で乗り込みました。ターゲットとする蝶はキナバル山塊固有種の数々。昨年の南ベトナム遠征同様、今回もトラップ調達や現地までのアクセス顛末からご紹介することにしましょう。なおプロローグの記事画像は全てGX100での撮影です。

 4/28(月)、久しぶりの成田空港は意外に閑散としていました。今年のGWは休日の並びが悪いため、出国のピークが後ズレしたのでしょう。マレーシア航空・コタキナバル行き直行便:MH81は定刻通り、テイクオフ。現地まで6時間弱のフライトです。着陸態勢に入ってから左手に今回の目的地、キナバル山(標高4095m)のゴツゴツとした山容が見えてきました。
f0090680_2231811.jpg
撮影時刻:18時07分

 コタキナバル空港は改修中でゴミゴミしています。早速空港で両替。現地通貨1リンギット(以下RMと略)は約30円。タクシーチケット(20RM)を購入してネットで予約したダウンタウンの安ホテル(75RM)へ。チェックイン後、近くのセントラルマーケットへ直行。しかし、どうやら閉店状態。念のため行く前にホテルのおにいちゃんに「今の時刻(19時半過ぎ)でオープンしてるの?」と事前確認したのに・・・トホホです(^^;;
 しょうがないので、レストランで腹ごしらえ。旨そうな中華系の店に飛び込みます。ざっとメニューを見て注文したのが、下記の品々。
f0090680_22312841.jpg
撮影時刻:20時50分

 椎茸入り卵スープに海鮮焼きそば、それに鶏肉とパイナップルの炒め物。〆てRM21也。港町ですので海鮮焼きそばの具は旨いし、なにしろパイナップルの酸味が利いた鶏肉は最高でした!閉店準備をし始めたので、ホテルに戻り、再度受け付けのおねえちゃんにマーケットを聞くと、「セントラルマーケットは夕方5時半で終わりなの。遅くまで空いてるのは、こっち!」と親切に地図片手に教えてくれました。訪れたのはガイドブックにも記載されていない、セントラルマーケット西隣にある屋台市。現地の人達で大変な賑わいです。

 先ずは果物屋でパイナップルの調達。
f0090680_22314844.jpg
撮影時刻:21時43分

 お姉ちゃんに値段を聞くと、4RM。「高いから、3RMにまけろ」と交渉すると、「3RMならこっち」とかなり小ぶりのパインを示します。「じゃあ、さっきの3RM50でどうだい?」と再交渉。お姉ちゃんはNGのサイン。そこで「お姉ちゃん、とっても綺麗!(Anda, indah sekali)」とか覚えたてのマレー語をまくしたてて、ようやく3RM50で交渉成立。日本円にして120円のパイナップルを105円にする訳ですから、現地までの航空運賃を考えると時間の無駄と思われるでしょう。しかし管理人のマレー語発音検証や、あくまで旅の思い出の一つに大切なやり取りなのです。さらにランサッ(Langsat)も探すもこれは売っていないので諦めました。また、別の店でバナナ1房(↓写真左上の房)を2RMで確保。
f0090680_22321581.jpg
撮影時刻:21時49分

 通常はトラップ用にバナナは調達しませんが、今回は特別な目論見があるので、購入しました。お次はエビを求めて海産物コーナーへ。「こんなん食べれるんかいな?」と唸った熱帯魚然とした魚も売られています。
f0090680_2232306.jpg
撮影時刻:21時58分

 イカ刺しにしたら旨そうなイカは沢山売られているのに、何故か海老を売っている屋台が見つかりません。やっとのことで、1皿2RMのエビを確保。
f0090680_2241873.jpg
撮影時刻:21時54分

 ここのお兄ちゃんはしっかりしていて、値引きには一切応じませんでした。

 さて翌日(4/29)、タクシーを拾って東方郊外にある長距離バスターミナルへ。タクシーのドアを開けると、数人の客引きが一斉に管理人の袖を引っ張ります。そのうち「うちに来い!」と強引にバス会社のカードを渡されて引っ張り込まれたのが、「東馬快車」なるバス会社のチケットカウンター。
f0090680_22325296.jpg

f0090680_22331375.jpg
共に撮影時刻:6時43分

 目的地のキナバル公園入り口までは、15RM。ところでこのバス会社を中国語と日本語のチャンポンで発音すると「トンマーカイシャ!」。「頓馬な会社だったらどうしよう・・・」等とくだらないことを考えているうちに定刻15分遅れの7時15分に出発。予想に反して(失礼!)、運転も穏やかで運行も正確でした。公園本部には8時50分着。早速本部受付でチェックイン。荷物を預け、いざ出発!天気も良く、キナバル山の眺めも最高です。
f0090680_22333346.jpg
撮影時刻:9時30分

 さて戦果は?これは次回以降のお楽しみということで・・・。
by fanseab | 2008-05-13 22:43 | | Comments(10)
Commented by 虫林 at 2008-05-13 23:51 x
あれれ、アカボシゴマダラを観察していたと思ったら、マレーシア領ボルネオ島・キナバル山麓とは------羨ましいですね。
キナバル公園入り口の天気も最高だし。こりゃ楽しみです。
Commented by kenken at 2008-05-14 00:42 x
おっと、このG.W.は、ボルネオでしたか。
トラップの資材を準備して、いよいよですね。
この海老は効きめがありそうな・・・楽しみです。
Commented by maeda at 2008-05-14 06:32 x
これはまた東南アジアですね。
いつもその軽快なフットワークの驚かされます。
初日のショット、なかなかです。
蝶も期待しています。
Commented by banyan10 at 2008-05-14 10:30
やはり連休は東南アジアなのですね。
どんな蝶が登場するか楽しみです。
アジアは少ししか行けていませんが、食料品など日用品はあまり値引きしない印象がありますね。
Commented by fanseab at 2008-05-14 20:38 x
虫林さん、ボルネオ遠征中にアカボシの多くは羽化してしまいました。キナバル到着初日はご覧のように好天だったのですが……
Commented by fanseab at 2008-05-14 20:45 x
kenkenさん、毎回トラップ調達目的で、市場探しには苦労します。なんとか材料を仕入れて、ホッとしました。それぞれの材料がどう役立ったか?は順次ご紹介していきましょう。
Commented by fanseab at 2008-05-14 20:53 x
maedaさん、今回遠征は準備段階で転勤を伴いましたので、肉体的にかなりハードなものとなりました。疲労からくる頭痛を鎮痛剤で消しながらの探索行でした。
Commented by fanseab at 2008-05-14 21:01 x
banyanさん、毎度どうも。この時期になると遠征病の発症を抑えることができません(^^;; 現地での値引き交渉、小生の語学力ではたかが知れてます。まぁ、会話ゲームみたいなノリで楽しんでいます。
Commented by cactuss at 2008-05-14 22:38
東南アジアシリーズが始まりましたね。
こんどはどんな蝶が登場するか、楽しみです。
まだ、見たことがない蝶が続々、出てくるのでしょうね。
Commented by fanseab at 2008-05-14 22:41 x
cactussさん、日本でお馴染みの蝶も登場します。
ご期待ください。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード