探蝶逍遥記

ホシミスジ蛹のミイラ(2月24日)

 日曜日(2/24)は、全国的に寒波が襲来したようで、阪神地方も最高気温5℃前後で震えあがっていました。前日シンポジウムに出席したこともあって、完全休養日にしようと思ってたんですが、晴間が覗くとじっとできない性分なので、出撃です。ターゲットはムラツ越冬集団の探索。ポイントは大阪府内の大きな公園。昨年の下見で有望と思われる地点に出向いてガッカリ。そこはフェンスが出来て、立ち入り禁止になっていました(^^;; しかたなく、公園内をウロチョロ探索しましたが、坊主。連敗記録更新です(笑)。

 そこで二番目のターゲット、ホシミスジの越冬巣探索にチャレンジ。小雪が時々舞う中、1時間半程度、ユキヤナギ群落を探索しましたが、これまた坊主。心の中まで寒くなりますね。折角ですので、2年前に同じ公園で撮影した越冬巣の画像を御紹介しましょう。
f0090680_21465973.jpg
R1@5.6mm, ISO=200, F5.9-1/203、-0.7EV、撮影:2006年1月22日

 ご覧の通り、2枚の枯葉を綴った粗末な巣で、小枝と葉柄を頑丈に吐糸して固定しているのが特徴です。巣を分解すると、恐ろしく小さい幼虫が潜んでいます。
f0090680_21471997.jpg
D70-SMZ(トリミング), ISO=200, F22-1/500、内蔵ストロボ、撮影:2006年1月22日

 老眼が進んだ管理人にとって、この分解作業は極めて難しかったことを思い出します。一応、持参したピンセットで丁寧に巣を分解しましたが、寒くて手がかじかんでいるため、相当に難儀しました。

 過去画像だけではつまらないので、面白いものをお目にかけましょう。夏場では発見が困難な蛹殻も、ユキヤナギの葉が落ちた冬場には、すぐに見つけることができました。
f0090680_2147488.jpg
D70-1855-gy8-X1.4TC、ISO=500, F22-1/80、+3.0EV、外部ストロボ、調光補正1/2、撮影時刻:13時05分
 
 風が強くて、被写体ブレ抑制に苦労。蛹殻の付いている草丈を観察すると、面白いことに気づきました。地面から30cm程度のかなり低い場所にあるものと、1m程度の高い位置についているグループに二分されることです。多化性のホシミスジですので、発生時期により、蛹化場所を変えるのかもしれません。蛹殻を探索していると、羽化しきれずに干乾びた「ミイラ状態」の蛹も数多く発見できました。
f0090680_21481244.jpg
D70-1855-gy8-X1.4TC、ISO=500, F32-1/80、+2.0EV、外部ストロボ、調光補正1/2、撮影時刻:12時59分

 小雪が散らつく冬空に虚しく揺れる「ミイラ」は哀れなものでした。さらに最も哀れな姿を晒していたのが次の個体。
f0090680_21483274.jpg
D70-1855-gy8-X1.4TC、ISO=500, F32-1/100、+4.0EV、外部ストロボ、調光補正1/2、撮影時刻:13時43分

 ご覧の通り、羽化直前の状態で死んでいます。前翅中室にある破線状の白斑群がリアルなだけに、彼(彼女?)の無念さは余りあるものだったと思います。当地のホシミスジは平地で発生する特異なもので、関東出身の管理人にとって、初めて見た時はビックリしたことを思い出します。温暖な平地故、最終化は11月下旬になることもあります。ひょっとすると、↑の個体、11月末頃、暖かさに誘われて「明日羽化するぞ~」って意気込んでみたものの、翌日晩秋の寒波襲来で朽ち果てた・・・・。そんな状況かもしれません。↑の画像の通り、ユキヤナギの新芽も膨らんで、春はもうすぐそこまでやって来ています。新しい世代が「ミイラ」達の上空を軽やかにグライダー滑空する日も近いことでしょう。

 ムラツやホシミスジ越冬幼虫探索の合間に野鳥も撮影しました。思いがけず近場に出現したシロハラ雄?(同定にチョッピリ自信なし)をゲット。
f0090680_2149791.jpg
D70S-VR84@400mm、ISO=640, F8-1/160、-0.7EV、内蔵ストロボ、撮影時刻:14時23分

 少し粘って木の根元から掘り出したドングリ?を嘴に入れた瞬間の画像も運良く切り取れました。
f0090680_21492498.jpg
D70S-VR84@400mm、ISO=640, F10-1/250、-0.7EV、内蔵ストロボ、撮影時刻:14時24分
 よく見ると、オレンジ色の細い舌を丸めて、餌を嚥下しようとする様子も伺えます。シロハラについては、これまでで最も接近戦(ノートリミング)で仕留めることができたので満足感一杯で帰宅しました。
by fanseab | 2008-02-26 21:52 | | Comments(18)
Commented by 虫林 at 2008-02-26 22:47 x
小雪の中での出撃、ご苦労様でした。
蛹殻の記事はなかなか興味深いですね。
羽化直前に脱出失敗がそんなにあるとは知りませんでした。
自然界は厳しいものですね。
Commented by cactuss at 2008-02-27 00:00
小生の行く、山の上のホシミスジの生息地では越冬巣を探しに行った時も蛹の抜け殻や羽化できなかった蛹を今まで観察したことはありません。この生息地では年1化だと思いますので、違うのかもしれません。
Commented by maeda at 2008-02-27 06:21 x
新潟の時私も探しました。
案外簡単にその時は見つかったのですが、広島で探したときは坊主で、同じ気持ちでしたよ。
Commented by banyan10 at 2008-02-27 18:55
僕も昨年の秋に少し探してみましたが駄目でした。
なかなか山まで行くのは大変なので、平地で探せるのはいいですね。
羽化直前の蛹は可哀想ですが、面白い写真ですね。
Commented by fanseab at 2008-02-27 22:25 x
虫林さん、この日はめまぐるしく変わる天候に悩まされました。雪が急に舞って、魚露目にカバーを被せたり大慌ての撮影でした。羽化不全をこんなに沢山目撃したのは、小生も初体験でした。
Commented by fanseab at 2008-02-27 22:28 x
cactussさん、毎度どうも。確かに年1化の高標高地での観察は厳しいかもしれませんね。このポイントは公園の植栽で発生しているので、意外に個体数が多いので、蛹も容易に観察できたのかもしれません。
Commented by fanseab at 2008-02-27 22:30 x
maedaさん、貴殿も探索経験がありましたか?蛹殻が沢山見つかったので、越冬巣発見もたやすいだろう・・・と思ったので、余計ガッカリでした。
Commented by fanseab at 2008-02-27 22:32 x
BANYANさん、貴殿も探索されましたか!関東の産地だと、手軽な探索は厳しいですよね。ここは本当に簡単にアクセスできて探索に便利です。ムラツが発見できれば御の字でしたが、そうは問屋が卸しませんでした。
Commented by chochoensis at 2008-02-29 21:40 x
fanseabさん、=シロハラ=綺麗に撮影されていますね!これだけシャープに撮影するのは大変だったでしょう・・・おめでとうございます。
Commented by kenken at 2008-03-01 18:23 x
う~む、このミイラ状態の蛹画像は凄いですね。
越冬モードに入るのか、どんどん成長して蛹までいって羽化にかけるのか、晩秋のそれぞれの個体は何をもって生きる道を選ぶのか、考えさせられますね。
Commented by fanseab at 2008-03-01 22:03 x
chochoensisさん、野鳥撮影の先輩からお褒めのコメントを頂くと嬉しいです。シロハラは結構人の接近に鈍感な場合があるようで、この時も警戒心が薄れたのか、思いもかけず近い距離で撮影できました。
Commented by fanseab at 2008-03-01 22:20 x
kenkenさん、小生も一度にこれだけ数多くのミイラ蛹を発見したのは初めてでした。相当、個体数発生が多いポイントなのでしょう。ご指摘の通り、最終化の個体にとって難しい選択を迫られる時期なのでしょうね。アカボシ幼虫も似たような運命を辿るように思います。
Commented by 6422j-nozomu2 at 2008-03-02 17:09
大変出遅れましたが、ホシミスジの羽化寸前のミイラ個体は哀れを誘いますね。蛹は羽化時が最も死亡率が高いですものね。シロハラ綺麗に撮影出来ましたね。
Commented by thecla at 2008-03-02 22:17 x
芽吹く寸前の枝先に羽化直前の蛹のミイラ、哀れを誘いますが自然の厳しさも感じる傑作ではないでしょうか。
晩秋は、蝶たちにとっては、微妙なタイミングで生死を分ける厳しい季節なのですね。
Commented by fanseab at 2008-03-02 22:37 x
ノゾピーさん、昨シーズンは成虫のホシミスジを一度も撮影していなかったので、せめて越冬幼虫でも・・・と思って探索した結果、思わぬ副産物を発見した感じです。シロハラはこれまでの野鳥画像で小生としては満足できるものです。
Commented by fanseab at 2008-03-02 22:40 x
theclaさん、コメント有難うございます。本当に晩秋に羽化しようとした個体か?不明ですが、よくぞ鳥の捕食に会わずにミイラ化したものだと思います。いずれにせよ、羽化不全って微妙な出来事だと痛感します。
Commented by ダンダラ at 2008-03-03 08:55 x
貴重なシーンをものにされましたね。
全ての段階で生き残るのは難しいのでしょうけど、その厳しさがわれわれの眼に触れることってあまりないので、こういったシーンを目撃するとその厳しさが改めて実感されますね。
写真だけではわからないことも、こうしてコメントが入るとなるほどなーと思いますね。すばらしい映像です。
Commented by fanseab at 2008-03-03 22:38 x
ダンダラさん、黄砂も舞って、いよいよ春めいてきましたね。小生はミスジチョウの仲間が大好きなので、成虫のみならず、幼虫もよく追っかけしています。今回はその探索で発見した宝物ですね。何が原因で羽化不全に至るのか?本当に自然は厳しいものだと思います。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード