探蝶逍遥記

ムラサキ兄弟の越冬集団探索(1月26-27日)

 記事更新の順番を変更して御紹介します。土曜日(1/26)に、イタ昆温室での撮影後、周辺で兄弟達を探してみました。すぐに発見できたのが「弟」のムラシ。ヤブニッケイ?に掛かった枯葉で寂しそうに単独越冬です。枝を手繰り寄せて撮影。
f0090680_22183512.jpg
D70-1855-gy8、ISO=200、F20-1/160、外部ストロボ、調光補正1/4、撮影時刻:13時23分
f0090680_2218485.jpg
D70-1855-gy8、ISO=200、F20-1/160、外部ストロボ、調光補正1/4、撮影時刻:13時23分

 仕上がりはちょっぴり眠く失敗作です(^^;; 失敗の原因は①絞込み不足、②手ブレと被写体ブレでした。やはりISO感度を引き上げないと①、②の回避は困難であることを悟りました。お次は「兄貴分」のムラツ探索。イタ昆は昆陽池(こやいけ)公園の畔にあって、ムラツ越冬条件の一つ、湿度源には不足はありません。しかし結果は坊主でした。拙ブログ1/13の記事で述べた越冬4条件に照合すると、「南面に開けた場所に葉の面積のデカい樹木が存在しない」点が原因と推測しました。それと、マテバシイの密度もちょっと不足している感じです。

 翌日(1/27)は以前訪れたことのある大阪府内のポイントを午前中探索しました。ここはサンゴジュも結構植えられているのですが、やはり南面の植生がムラツ越冬には不向きな条件で結局坊主でした。少し落胆した管理人を喜ばせたのが、冬鳥のシロハラを接近戦で写せたこと。雑木林の林内に一旦逃げ込んだ被写体を辛抱して10分ほど待機していると、警戒心を緩めたのか、再び至近距離の草地に降り立ってくれました!
f0090680_22192623.jpg
D70S-VR84@400mm-X1.4TC、ISO=800、F8-1/320、-0.3EV、撮影時刻:9時20分

 逆光で光の周りも抜群だったのに、慌ててストロボを当てるのを忘れていました。RAW現像で、シャドー部を引き上げたのですが、後の祭り。ウーン、失敗作ですね。悔やみきれない1枚となりました。その後、自宅付近に戻り1/13の記事で御紹介したムラシ3頭越冬集団の確認をしました。
f0090680_22195970.jpg
D70-1855-gy8、ISO=500、F32-1/250、外部ストロボ、調光補正1/4、撮影時刻:11時28分
f0090680_22202191.jpg
D70-1855-gy8、ISO=500、F32-1/250、外部ストロボ、調光補正1/4、撮影時刻:11時29分

 ヤレヤレ3頭は健在でした。ただ3頭の配列は少し変化し、全体に葉柄側に移動していました。今が寒さのピークでしょう。「もうちょっとで春が来るから頑張れよ~♪」って声掛けしてポイントを後にしました。
by fanseab | 2008-01-29 22:23 | | Comments(8)
Commented by maeda at 2008-01-30 06:08 x
そのこの蝶たちは無事に春を迎えられそうですね。
枯れた葉がポイントですね。
Commented by chochoensis at 2008-01-30 11:57 x
fanseabさん、=シロハラ=綺麗に撮影されていますね。なかなかこんなに接近するのは難しいですね・・・見事です。
Commented by ダンダラ at 2008-01-31 13:53 x
安定した越冬環境のようですね。
鳥が近寄りにくい環境でもあるんでしょうか。
このまま無事に越冬完了できると良いですね。
Commented by fanseab at 2008-01-31 22:49 x
maedaさん、両方のポイント共に無事に春を迎えられるといいのですが。枯葉への紛れ方は本当に巧みです。
Commented by fanseab at 2008-01-31 22:51 x
chochoensisさん、有難うございます。野鳥撮影の大先輩の貴殿でもここまでの接近は困難ですか?やはり思いがけず近くに現れると冷静に撮影できませんね(^^;;
Commented by fanseab at 2008-01-31 22:54 x
ダンダラさん、鳥の食害から逃れられる環境かどうか?小生にはよくわかりません。ただ、北風も含めて風をまともに受けない絶妙なポイントであることは確かです。継続観察していると、何か親心のような気持ちになって、つい、「無事で過ごせよ~」って声かけしてしまいます。
Commented by 虫林 at 2008-02-01 12:47 x
ムラシの越冬態の継続観察は面白いですね。
仕上がりはちょっぴり眠く失敗作です-----そんなことありませんよ。
結構いけてます。
最後の写真で、ムラシの1頭が横になっているのが面白いです。
ムラツはよく横になりますが、ムラシはこれほど横になるのは珍しいのでは?きっとそのムラシは、自分がムラツだと思っているのかな?
シロハラは、林の中で見ることが多く、よく撮影できましたね。
Commented by fanseab at 2008-02-01 19:57 x
虫林さん、デジ一gyoromeは未だ適正露出が把握できない時があります。ご指摘のように今回観察の1頭はムラッ同様に体を傾けていました。前回観察では見られなかったので、寒さに対する防御姿勢なのでしょうか?
名前
URL
画像認証
削除用パスワード