探蝶逍遥記

デジタル一眼で魚露目にトライ

 前回の記事で首題システム導入に触れましたので、少し詳しく書きましょう。F社の魚露目8号は昨年の7月に導入し、直ぐにユニークな映像の虜になりました。これまではコンパクトデジカメ:GX100に装着していたのですが、使用を重ねていくなかで最大の不満は、液晶モニターから構図の確認がし難い点でした。GX100には付属品としてビューファインダー(EVF)があって、これを使用すればこの問題はある程度解決します。反面、EVFはストロボのホットシューアダプターに装着する関係上、外部ストロボとの併用はできません。逆光画像が大好きな管理人としては、これは致命的な欠陥です。それと、コンデジ特有の問題点として挙げられるのがAFの遅さ。モタモタと合焦している間に蝶が逃げたり、イライラすることも多々ありました。

 結局、解決方法としては、デジタル一眼に魚露目を装着する以外にない・・・と結論づけ、早速システムの検討に入りました。一番の課題はマスターレンズ系を決定することでした。魚露目で結像させた魚眼画像を拡大するための拡大レンズ系の選択肢は多数あって、判断に迷うところです。幸いにも魚露目ファンはネット上に多数おられるので、この方達の情報を参考にしました。最終候補は以下の2点に絞られました。

①N社純正AF-S DX Zoom Nikkor ED18-55mmF3.5-5.6GⅡ
②S社18-50mmF3.5-5.6DC/HSM(N社用)

 実勢価格は共に13000円前後です。①の重量は僅か205g。レンズ前面12cmまで合焦するマクロ機能も魅力です。プラスチックを多用したN社純正とは思えない安っぽい造りですが、ネット上での評判がいいので結局これに決めました。以下、拙ブログおよび本体HPの撮影データでは、このレンズを「1855」と略記することにします。因みに②は、ブログ仲間である青森の蝶たちのzさんがO社ボディー:E330に組み込んで使用されています。全景をご紹介します。GX100のシステムと比較してあります。
f0090680_22562325.jpg

 ご覧のように、GX100と遜色のないコンパクトな仕上がりになっています。なお、魚露目8号とマスターレンズはF社から発売されている52mmアダプターで結合しています。また、①のレンズ系では、望遠端の55mmでもケラレが生じます。X1.4のテレコンでケラレを解消する手もありますが、システムの全長が伸びるのを嫌って敢えてテレコンは装着せず、トリミングで問題解決を図ることにしました。作例は前回記事でもご紹介しておりますが、比較も大事ですので、自宅近くに生息するツマグロヒョウモン越冬幼虫でトライしてみました。このポイントはコンクリート塀に幼虫がよじ登って日向ぼっこや、湿度調整?をする面白い光景が見られ、既に拙ブログでも何回となくご紹介しております。両者共に画像処理段階で軽度のシャープネスをかけています。
<GX100での作例>
f0090680_22571574.jpg
GX100-gy8, ISO=200, F15.8-1/200、外部ストロボ、調光補正1/2、撮影時刻:13時16分(’08年1月13日)
<D70での作例>
f0090680_22573598.jpg
D70-1855-gy8, ISO=200, F32-1/160、外部ストロボ、調光補正1/2、撮影時刻:13時22分(同上)

 いかがでしょうか?さすがにGX100は(CCDサイズの違いによる)深い焦点深度で有利なようにも思えます。しかし、実際の撮影では構図確認に手間取って、失敗した撮影コマ数はGX100の方が多かったように思えます。お次は別の幼虫個体での作例です。
f0090680_22575942.jpg
D70-1855-gy8, ISO=200, F32-1/160、外部ストロボ、調光補正1/2、撮影時刻:13時27分(同上)

 中心~周辺部にかけての解像度も満足すべき仕上がりだと思います。焦点深度もこの程度あれば充分でしょう。このマスターレンズ、超音波モーター使用なので、結構AFスピードも速く満足しております。もちろん連射も効くので、「魚露目で飛翔撮影」なんて曲芸も実現できそうです。今シーズンは新しい武器で更に映像表現の幅を広げたいと思っています。

**************************************************
<本体HPプレゼント:「Xデー」迫る!>
 この記事を更新した時点でのカウンターは「9875」でした。管理人が予測する、
「Xデー(笑)」は1月28日前後です。皆様そろそろご準備を!

くれぐれも自分で踏まないように気をつけなくっちゃ!(汗)
・・・・もしも管理人自ら踏んでしまった時は、前後賞?として「9999」と「10001」を踏まれた方も当選としますね!
by fanseab | 2008-01-16 23:00 | 機材 | Comments(14)
Commented by maeda at 2008-01-17 21:32 x
深度ではやはりGX100に軍配が上がりますね。
私とは逆の流れをとられたようです。
私はデジ一眼にgyoromeを付けて試した後に、GX100へ装着するようになりました。理由はポケットサイズであることでした。
撮影の中心が一眼なので、その合間のgyoromeは余り荷物にしたくないとの判断です。
Commented by cactuss at 2008-01-17 21:35
魚露目はなかなかおもしろそうですね。ちょっと試してみようかなと思い始めました。最近、持っていくカメラ、レンズが増えてきて、使っている余裕があるか心配ですが・・・。
Commented by fanseab at 2008-01-18 00:07 x
maedaさん、仰るとおり、理論上はコンデジのGX100の深度が勝ると思います。ただ構図によっては、デジ一画像と見分けがつかないこともあるようです。また、撮影者の撮影スタイルによって、どちらが便利か?議論が分かれるところですね。
Commented by fanseab at 2008-01-18 00:13 x
cactussさん、魚露目についての皆さんの関心は大変高いものがあるようで、今回の記事のアクセス数は普段の2倍を数え、小生もビックリしました。実は小生、別個に対角魚眼レンズを所有しており、このレンズと魚露目をどのように使い分けるか?フィールドで悩みの種が増えそうです(^^;; 基本的には蝶よりも動きのない幼虫・卵画像の環境を写しこむのに魚露目を使う方針ですが・・・・
Commented by 虫林 at 2008-01-18 10:00 x
デジ一眼でのGyoromeレポート、興味深く拝見しました。
これからが楽しみですね。
多分、Fanseabさんなら、南国で吸水にきた集団の桜吹雪ならぬ「チョウ吹雪」の飛翔写真をGyoromeで撮影できるかもしれませんよ。そのようなときには、ASA感度を上げることができる一眼が応用力がありますね。なにしろ、リコーのコンデジはASA感度をあげると極端に画質が落ちますからね。
Commented by kmkurobe at 2008-01-18 21:10 x
リコーのコンデジはASA感度をあげると極端に画質が落ちますからね。という虫林さんのご意見私もかねがねからそう感じていました。
当方も導入計画中なので今回のレポート大変興味深く拝見いたしました。
Commented by fanseab at 2008-01-18 21:11 x
虫林さん、全く御指摘の通りで、GX100の弱点はASA400以上では使い物にならない点です。これはR社品の弱点ではなく、コンデジ共通の問題点でしょう。「桜吹雪」画像はgyoromeに限らず、小生が最も撮影したい構図です。いつかきっと……
Commented by fanseab at 2008-01-18 22:00 x
kmkurobeさん、こんばんは。貴殿も導入のご予定ですかぁ!α700ボディなら、↑でご紹介した②のレンズがお勧めです。これにF社の58mmアダプターを装着すれば、即システムの完成です。低ノイズのCMOSセンサーと手ブレ防止機能付ボディでの素晴らしい作品を期待しております。
Commented by 空飛ぶhaha at 2008-01-19 18:55 x
今、9901でした。あと少し。あとちょっと。ドキドキ...(笑)
Commented by fanseab at 2008-01-19 21:31 x
空飛ぶhaha様、カウンター注目して頂いて有難うございます。
そうですね、いよいよ最終(採集)コーナーですよ!どんどんドキドキ
しましょう(笑)
Commented by furu at 2008-01-21 20:53 x
ちょっと質問させて下さい。
今回の作例くらいの距離で撮影する場合、拡大系レンズ側の距離設定はどの位になるのでしょうか。拡大系レンズ自体の接写性能はそれほど要求されないのでしょうか?
Commented by fanseab at 2008-01-22 00:22 x
furuさん、さすがに鋭いご質問ですね(^^;; 結論から述べると、拡大系レンズ自体の接写性能は絶対条件ではありません。小生のシステムで確認してみたところ、拡大系レンズのAF合焦は50cm程度でした。最近接撮影距離50cmはマクロレンズでもなくても達成できる性能です。むしろ、拡大系レンズ前玉(ズームレンズの場合は最前面レンズではなく、その後群レンズの最前面側)の径が魚露目レンズ径に近いほど像面歪曲が少なくて良好との情報があります。この観点から、↑の①、②等の選択肢が抽出されてきます。
Commented by furu at 2008-01-22 21:41 x
返答ありがとうございます。
デジイチが無いのでとりあえず銀塩とコンデジで試行錯誤してみようと思います。おっと、その前に魚露目を買わなくては。。。
Commented by fanseab at 2008-01-22 23:39 x
furuさん、こんばんは。銀塩でトライですかぁ!GXは確かコンバージョンレンズ対応のアダプターがあるはずですから、ステップダウンリングあたりを応用して装着はできそうですね。貴殿ならではでの魚露目画像、早く拝見したいものです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード