探蝶逍遥記

ツマグロヒョウモンの羽化(10月24日)

 この日は所用で休暇を取っていました。快晴無風の絶好のコンディション。ただ、フィールドに出られない事情があり、自宅から徒歩圏内での観察です。いつも通勤途上にチェックしているコンクリート塀にツマグロヒョウモンの蛹が2頭付いているのが気になっていました。この塀、既に拙ブログで、複数回ご紹介しているポイントで、幼虫が食草のスミレから離れて塀の上で休んでいる光景がよく見られます。今年も9月半ばから複数頭の幼虫が観察され、確か今月10日過ぎに蛹化したのを覚えていて、そろそろ羽化かな?と予想していました。50m先から件の塀を望むと電柱脇に褐色の翅が見えており、羽化したなと直感しました。近寄ると今朝羽化した♀でした。
f0090680_1095552.jpg
GX100@5.1mm, ISO=80, F9.1-1/90、-0.3EV、撮影時刻:10時40分

 いつか、ここでの羽化シーンをgyoromeで撮りたいと思っていたので、願ってもないチャンスでした。
f0090680_10101666.jpg
GX100-gy8, ISO=80, F12.6-1/200、外部ストロボ、調光補正1/32、撮影時刻:10時48分

 予想通りの仕上がりに満足です。触覚を後方に下げた羽化直後のポーズはいつ見ても感動ものです。魚露目の撮影でちょっとレンズを接近し過ぎた拍子にパタパタとぎこちなく飛んで、道路上に降り立ちました。開翅しているところをパチリ。
f0090680_10103640.jpg
GX100-gy8, ISO=80, F12.6-1/160、外部ストロボ、調光補正1/32、撮影時刻:10時51分

 地面すれすれのアングルからの絵はgyoromeならではですね。この個体、左前翅の一部が羽化不全のようです。再び塀の上に歩きながら登って一休みしてくれました。
f0090680_10105759.jpg
GX100-gy8, ISO=80, F12.6-1/160、外部ストロボ、調光補正1/32、撮影時刻:10時53分

 このような完全逆光シーンでは、蝶を暗く潰さず写し込むためのストロボ補助光が必須です。gyoromeレンズを購入してからずっと懸案であった外部ストロボシステムがようやく完成し、↑の絵のようにようやく上手く調光した画像が得られるようになりました。

 最後に塀の最上部の「庇(ひさし)」にぶら下がっている未だ羽化していない蛹もgyoromeで撮りました。
f0090680_10111833.jpg
GX100-gy8, ISO=80, F12.6-1/160、外部ストロボ、調光補正1/32、撮影時刻:10時55分

 このアングルからの絵はこれまた(コンデジ+gyorome)の組合せでしか撮れないものです。デジ一対角魚眼でも以前トライしたのですが、一眼ボディーと魚眼の前面レンズが共に塀に当たってしまうので断念したことがあります。この蛹画像、実はこれまで撮影してきた魚露目の絵の中でも個人的には会心作なのです。

 さて、所用を終えて午後3時過ぎにこのポイントに戻って見ると♀は姿を消していました。秋空の下、無事何処かに飛んでいったのでしょう。
by fanseab | 2007-10-28 10:15 | | Comments(18)
Commented by banyan10 at 2007-10-28 18:30
gyoromeのストロボ発光はさすがですね。
僕は逆光は半分諦めています。(^^;
背景に太陽が光っている絵はいいですね。
Commented by maeda at 2007-10-28 20:40 x
これはいけません。
こんなの見せられたら病気になってしまいます。
こんなに密接に人間社会と共存しています。
Commented by 6422j-nozomu2 at 2007-10-28 21:43
ウカチョクのツマグロは本当美しいですね。魚露目の写真もインパクトありますね。解像度もなかなかですね。私も購入しなくては。
Commented by fanseab at 2007-10-28 22:27 x
BANYANさん、GX100は「ソフト発光モード」で弱く光らせるストロボモードがありますが、光の廻りが悪く、デュフーザー付外部ストロボに自作のデュフーザーを更に取り付けて対応しています。ただ魚眼なので、デュフーザーが画面に入ってしまうことも難点ではあります。
Commented by fanseab at 2007-10-28 22:31 x
maedaさん、「人工物と蝶」をメインテーマにされている貴殿好みの絵になったと思います。このツマグロポイントは完璧に住民と共存した生活圏ですね。時々通りかかりの車に幼虫が轢かれたり、天敵も人間社会そのものだったりします。
Commented by fanseab at 2007-10-28 22:34 x
ノゾピーさん、ツマグロ♀はどうしても擬態故、表翅に注目が集まりがちですが、小生は裏面の美しさ、特にウグイス色を帯びた褐色が絶品だと思います。gyoromeなかなか面白いでしょ!蛹画像はこのレンズでなければ撮れないのです。
Commented by ダンダラ at 2007-10-28 23:56 x
コンデジ+gyorome+ストロボ、画像もシャープだし、ベストの組み合わせが完成のようですね。感心して拝見しました。
同じ蝶の写真でも色々な取り組み方があって面白いです。
Commented by chochoensis at 2007-10-29 10:55 x
gyoromeの威力って凄いんですね・・・あらためて再認識しました。とくに蛹の写真が凄いです・・・。
fanseabさんの写真はいつも素晴らしいですね!お見事です。
Commented by 虫林 at 2007-10-29 12:45 x
gyoromeでの外部ストロボ撮影は素晴らしいです。
もっと小さな昆虫もストロボ撮影が可能なのですか?
Commented by thecla at 2007-10-29 22:23 x
最近ではありふれた蝶になってしまったツマグロヒョウモンもgyoromeで撮るとまた新鮮ですね。
おまけに、この環境見れば見るほど、ツマグロのたくましさがわかりますね。
Commented by fanseab at 2007-10-29 23:03 x
ダンダラさん、元来被写界深度の深いコンデジ+gyoromeは究極の広角レンズです。ただ、コンデジのシャッタータイムラグは欠点なので、静的な画像に適しており、成虫よりも卵や幼虫等の環境描写に最適と思っています。
Commented by fanseab at 2007-10-29 23:05 x
chochoensisさん、gyoromeの世界は写した時はあまり感じませんが、パソコン上で再生すると「エッ!」とビックリする景色が出現します。
蛹画像、久しぶりの会心作です。
Commented by fanseab at 2007-10-29 23:10 x
虫林さん、貴殿が既にGX8で完成されたシステムを参考に、GX100に適した外付けストロボ&デュフーザーを試みました。試作に結構手間取りましたが、お蔭様で何とかお見せできるような絵が撮れるようになりました。小さな昆虫にももちろんOKです。
Commented by fanseab at 2007-10-29 23:12 x
theclaさん、ご紹介したポイントは見る人が見ればすぐにわかる場所かもしれません。ツマグロが貴重種だったらgyoromeの使用もちょっと控えたかもしれません。いつも感心しますが、よくこんな環境で世代交代ができるもんです。
Commented by kenken at 2007-10-30 00:56 x
貴殿らしい定点観察ですね。
以前にも拝見した場所のような・・・しかし今回はGyoromeとな!
なんともえぇ雰囲気です。
Commented by fanseab at 2007-10-30 22:06 x
kenkenさん、まいどどうも。ここは小生にとって最高のブログネタポイントです(爆) 秋~春にかけて身近で観察できるのがなによりだと思います。本当はカラタチとかアゲハ類の幼虫観察ポイントもほしいところですが、残念ながら近くにはありません。
Commented by kmkurobe at 2007-11-01 19:00
すばらしい。GX-100ユーザーの私も、来年にはぜひともgyoromeの導入を考えなければなりませんね。
これはすばらしい。おそれいりました。
Commented by fanseab at 2007-11-01 23:20 x
kmkurobeさん、是非「GX100+gyorome友の会」にご入会ください(爆) 冗談はともかく、白馬三山をバックにした魚露目画像、期待しております。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード