探蝶逍遥記

阪南~和歌山西部の探索(10月21日):その(1)

 9月末から週末利用の宿泊研修、更には親族の弔事等で、3週間全く動けず、秋の青空を横目で見ながら悶々とした生活を送っておりました(涙)。で、溜まったストレスを解き放つべく、先ずは大阪府南部のヤクルリ定点観測ポイントに出撃です。昨年の拙ブログを振り返ってみると、ちょうど一年前、ヤクルリを観察していた のですね。今シーズンの発生動向はどうなのか?比較する意味でも期待してでかけたのです。

 自宅5時55分発、現地7時00分着。さすがに10月も後半になると寒いですね。天気は申し分ないので、休息中の個体から探索しました。しかし姿が見えません。いつも彼らがねぐらにしているカナメモチ?の葉裏で銀白色に光っていたのはウラギンの♀でした。
f0090680_22183087.jpg
GX100@5mm, ISO=80, F7.2-1/133、-1.0EV、撮影時刻:8時04分

 これは坊主か?と少し不安感が出始めた8時半過ぎ、見慣れた濃いブルーがどこからともなく現れ、ホッとしました。すぐに開翅日光浴です。撮影ポイントの雰囲気が出るように広角でパチリ。
f0090680_22185850.jpg
GX100@5mm, ISO=80, F7.2-1/310、-0.7EV、撮影時刻:8時37分

 魚露目でもトライしようとしますが、流石に敏感で無理でした(^^;;
お次はオーソドックスに90mmマクロで開翅を狙います。
f0090680_22192966.jpg
D70, ISO=200, F6.3-1/800、-0.7EV、撮影時刻:8時41分

 開翅シーンはこれまでにも撮影していますが、♂の新鮮な個体にはなかなか出会えないもの。撮影した個体は今まで管理人が撮影した中でもベストに入る美しさでしょう。特にこのシジミは前翅縁毛が結構細目で、白黒破線状縁毛の美しさを表現するのに苦労します。今回の個体はその意味でもほぼ完璧でした。PC上でRAW現像する過程で気づきましたが、どうやらこの♂、開翅と同時に葉の上の水分?を吸っています。朝一番に体を温めながらの朝食タイムなのでしょう。

 時々飛び始めたヤマトシジミを追撃しながら体が温まってきたようです。閉翅で裏面を。
f0090680_22195393.jpg
D70, ISO=200, F3.8-1/2500、-0.7EV、撮影時刻:8時42分

 9時前になって梢の上に位置を変えるともう、追撃体制満々のテリ張りモードに突入。こうなると、低い位置での撮影は困難ですので、♂には見切りをつけて♀探索です。しかし残念ながらこの日は坊主。昨年とはちょっと発生周期がずれていたようです。

 朝日を浴びた植栽を探索しているとモンシロチョウが体を温めていました。
f0090680_22202575.jpg
D70, ISO=200, F5-1/800、-1.3EV、撮影時刻:9時00分

 蝶関連ブログでも春先にしか取り上げられない普通種。しかし実はこの被写体をきちんと写すのは相当に苦労します。順光での表現が特に難しいので、ここでは定番の逆光で雰囲気描写に徹底し、RAW現像でも敢えてハイキートーンに調整してみました。

 同じく普通種のヤマトシジミ♂。ヤクルリブルーとの違いを読者の皆様にインプットするため、撮影してみました。
f0090680_22204813.jpg
D70, ISO=200, F9-1/640、-1.0EV、撮影時刻:9時04分

 ↑のヤクルリ開翅シーンと比較すると、ヤクルリブルーは深みのある色合いはもちろん、翅の全面が極めて均一な濃度であることが分かります。晩秋になるとヤマト♂の翅表が白化傾向になるので、ヤクルリ♂は現地ですぐに識別できるようになりますね。

 さて、秋口のシジミと言えばウラナミシジミにも登場してもらいましょう。最近、再挑戦している背景ボケに拘った作風での吸蜜シーン。
f0090680_22211677.jpg
D70, ISO=200, F5-1/1250、-0.3EV、撮影時刻:9時33分

 お次は全開シーン。ちょっとボロ品過ぎましたね(^^;; 
f0090680_22213390.jpg
D70, ISO=200, F6.3-1/1000、-0.7EV、撮影時刻:9時36分

 ヤクルリ♀も見当たらず、ウバメガシ・ヤマモモの食樹で幼虫・卵探索するも、この日は坊主。全般に昨年同時期よりも不作の感がありました。未だ午前10時。雲一つ無い快晴の空、このまま帰宅するのももったいないので、以前より訪ねてみたかった和歌山県西岸部に転戦することにしました。 (続く)
by fanseab | 2007-10-23 22:26 | | Comments(14)
Commented by kmkurobe at 2007-10-23 23:09
このヤクルリすばらしいですね。規定演技10.00です。なかなか撮影できませんよ・・・・・恐れ入りました。
Commented by fanseab at 2007-10-24 00:01 x
kmkurobeさん、少しご無沙汰です。ちょっぴり蝶観察から遠ざかっていたので、すべてが新鮮に映りました。ヤクルリ綺麗でしょ?この日、このポイントには1頭のみで、複数頭が絡む空中バトル等、ウルトラC級演技は見られませんでした(笑)
Commented by maeda at 2007-10-24 06:06 x
いつものヤクルリですね。
南国的なこの蝶がこの時期の紀伊にいるのも不思議な感じです。
広島でも蒲苅島でしか見られませんでした(呉にも今はいるそうです)。
実家に帰ると垣根にすんでいる身近な胃腸になります。
Commented by chochoensis at 2007-10-24 09:55
fanseabさん、憧れの「ヤクルリ」・・・いつか撮影してみたいものです。いや、観察するだけでも良いから見て見たいです。とても羨ましいです。
それにしても翅表の色彩、素晴らしい写真ですね・・・おめでとうございます。
Commented by kenken at 2007-10-24 22:48 x
何かとご多忙だったご様子・・・お疲れの出ませんように。
フィールドで心を癒すのが1番でしょう。
> 白黒破線状縁毛の美しさを
そうそう、これをうまく表現したいですなぁ~
さすがに綺麗に撮れていますね。
なにっ?和歌山西部の移動・・・楽しみやなぁ~
Commented by ダンダラ at 2007-10-24 22:59 x
1枚目、きれいな翅表ですね。確かに口吻も出ていますね。
ヤクルリは撮影したことないので、そのうちお目にかかりたいものです。
Commented by fanseab at 2007-10-24 23:17 x
maedaさん、そう、いつもこの時期、このシジミを見ないと落ち着きません。昨年はこのポイントで12月に入ってまで観察できました。確か愛知・知多半島まで勢力を伸ばしているようです。そのうち伊豆半島あたりまで進出するかもしれませんね。
Commented by fanseab at 2007-10-24 23:21 x
chochoensisさん、いつもコメント有難うございます。小生も関東在住時は憧れのシジミでした。こちらにきて、自宅から1時間で観察できるとは、思いもよらず、お蔭様で晩秋~初冬まで観察対象が広がりました。翅表のブルーは一度見たら忘れられない美しさですよ。是非一度機会を見て観察されたらと思います。
Commented by fanseab at 2007-10-24 23:26 x
kenkenさん、ちょっぴりご無沙汰です。そうなんです。やはりフィールドに出ないと心が荒みます。クロマダラレポート楽しく拝見させて頂きました。縁毛の美しさ・・・、今回の個体は仔細に見れば羽化直ではありませんが、惚れ惚れする美しさでした。次回は程々にお楽しみに(^^)
Commented by fanseab at 2007-10-24 23:29 x
ダンダラさん、この時期はまだ♂個体は小ぶりですが、一緒に飛んでいるヤマトと比べると青の深みが違うので、一目で区別できます。この日は快晴で気温の立ち上がりが早かったので、朝の開翅タイムはわずか30分程度しかありませんでした。ゼフも早朝、活動の初めにストローを出して葉上から何か吸っていますよね?これと同じ行動とみました。
Commented by 6422j-nozomu2 at 2007-10-25 21:38
公私共お忙しいようで、久しぶりの更新ですね。恒例のヤクルリですか。♂の表色はいつ見ても鮮やかでエエ蝶です。私の情報によると、今年はヤクルリ少ないようですね。私も11月に出撃予定ですが、やばそうです。思わせぶりな終わり方、Sシジミゲットされたのかなあ?
Commented by 虫林 at 2007-10-25 22:34 x
どうしたのかな?と思っていましたは、お元気そうで何よりです。
ヤクルリは今年こそと思っていましたが、どうも来年に持ち越しのようです。青いブルーがまぶしいですね。
Commented by fanseab at 2007-10-25 23:57 x
ノゾピーさん、ちょっぴりご無沙汰です。秋の定番となった観察行でした。そうですか?やはり少なめなのでしょうか。小生は発生時期が昨年よりズレていると推察しております。11月でも大丈夫だと思いますよ。Sシジミの顛末は↑を御覧ください。
Commented by fanseab at 2007-10-26 00:00 x
虫林さん、ご心配かけたようですみません。フィールドに出れば俄然元気回復です(笑) ヤクルリポイントはサツマよりも北にあるので、関東方面から来られる場合はヤクルリのほうが、気楽に撮影できると思います。来年は是非機会を作られたらいかがでしょう。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード