探蝶逍遥記

ロケハン(9月29日)

 昨日の関西地方は気温がグッと下がって、肌寒いくらいでした。前日の残業が遅くなり、帰宅したのは午前1時。ぐっすり眠って起床は9時。外を見ると、天気予報通りの曇り空。小雨も降りそうだし、今日は完全休養日やな・・・と思いつつ、「フィールドへ行かんと後悔するで~」との天の声?に従い、10時過ぎ、ゆっくりと近場の里山に出陣です。

 今日のターゲットは固有の種を追い求めるのではなく、撮影に適した場所の探索(ロケハン)です。この時期、蝶関連ブログでは彼岸花に集うアゲハのシーンがよく紹介されています。ところが、小生、関西に来てから彼岸花のベストポイントを知らず、各ブログの画像に溜息をついていたわけです。そこでいつものマイフィールドを車でウロウロ1時間。やっと「The 里山」と言うべき絶好のポイントを発見。90mmマクロ、400mmズームで様々なアングル・焦点距離でシミュレーションを実施しました。その作例を3点ご紹介しましょう。
f0090680_15301210.jpg
D70, ISO=400, F3.2-1/1000、撮影時刻:12時48分
f0090680_15303461.jpg
D70S-VR84@165mm, ISO=200, F5.3-1/400、-0.3EV、撮影時刻:12時59分
f0090680_15305238.jpg
D70S-VR84@300mm, ISO=200, F6.3-1/250、-0.3EV、撮影時刻:13時00分

 さて、本番では上手くアゲハが来てくれるでしょうか?こればっかりはわかりませんね(笑)目論見としては、彼岸花にベストマッチの黒系アゲハを期待したいところです。

 今日はほとんど蝶影が期待できないので、珍しく草花にもカメラを向けました。まずは、ツリガネニンジン。秋らしい色合いと風情があります。
f0090680_15311344.jpg
D70, ISO=400, F4-1/1000、-1.0EV、撮影時刻:11時17分

 お次はゲンノショウコ。
f0090680_15313064.jpg
D70, ISO=400, F4-1/800、-0.7EV、撮影時刻:11時24分

 管理人は草花の知識に疎いので同定間違いがあれば指摘してください。蝶と違って動かない草花を写すのも難しいものだと痛感しました。

 「ロケハン」と言いつつ、もちろん蝶が飛び出せばシャッターを切りましたよ!休耕田で緩やかに飛ぶキチョウ(キタキチョウ)の飛翔です。
f0090680_15315082.jpg
D70, ISO=640, F3.5-1/2000、-0.3EV、撮影時刻:11時12分
f0090680_1532524.jpg
D70, ISO=640, F4.5-1/2000、-1.0EV、撮影時刻:11時13分

 曇り空で飛翔スピードが緩く、画面中央に入る確率は増しましたが、曇り空の影響で、絞りが開放に近く、微妙なピンボケで歩留りはそれほど高くはありませんでした。

 一方、木陰から急に飛び出した黒いジャノメチョウ、どうも変な飛び方だと追跡したら、クロコノマチョウでした。秋型♂でしょうかね?岩肌で休んでいるところを慎重に接近し、広角とマクロで撮影。
f0090680_15322775.jpg
GX100@9mm, ISO=200, F5.9-1/68、+0.3EV、撮影時刻:12時06分
f0090680_15323976.jpg
D70, ISO=500, F5-1/160、撮影時刻:12時02分

 小生、これまでクロコノマについては、越冬明けのボロ個体しか撮影経験が無く、今回ようやく新鮮な個体が撮影できて、実は大変嬉しかったのです。それにしても、殆ど真っ黒に感じられたこの個体、将に「黒」コノマチョウでした。午後1時過ぎから本格的な小雨模様になったので撤収。自宅に戻ってから休日出勤・・・と慌しい土曜日でありました。
by fanseab | 2007-09-30 15:36 | | Comments(16)
Commented by kenken at 2007-09-30 17:28 x
私もね、「フィールドへ行かんと後悔するで~」との天の声をよく聞きます。(笑)
で、やはり9/29は出かけてしまいました。
それにしてもぐっと涼しさが増しましたね。
そうそう、午後は小雨でしたよねぇ~
Commented by banyan10 at 2007-09-30 17:52
こちらも寒いくらいの週末です。
彼岸花綺麗ですね。里山なら何かしらアゲハ類が来ると思いますが、発生地が近くにないと数が少なくて撮影は難しいかもしれませんね。
クロコノマは本州では静岡で撮影していますが、近場では見つけられないで苦労しています。
Commented by kmkurobe at 2007-09-30 18:16
やはりロケハンですか。うーん私も考えなくては。
キチョウの一枚目の飛翔とてもシャープに撮影されていますね。
Commented by thecla at 2007-09-30 22:45 x
「フィールドに行かんと・・・・」確かにそうですね。行かない後悔よりも行っての納得と思うようにしております。
クロコノマは先日、夏に2頭ほど見かけた場所を探したのですがおりませんでした。この秋もう一回くらい探さないといけないですね。
Commented by fanseab at 2007-09-30 23:29 x
kenkenさん、迷い不要の土砂降りならともかく、曇りの日は急に日差しが照ることもあるので、出かけることが多いですね。この日は寒くて持参したペットボトルを結局一口も飲まずに済みました。
Commented by fanseab at 2007-09-30 23:33 x
BANYANさん、ご指摘の通り、クロ系アゲハが来るかは確率50%程度です。少なくともキアゲハは来ると確信していますが。
クロコノマ、関東だと比較的湿り気のある谷戸近くの雑木林が狙い目と聞いております。
Commented by fanseab at 2007-09-30 23:35 x
kmkurobeさん、安曇野はもうセーターでも必要な世界になったんでしょうね?折角ロケハンしても来年彼岸花が刈り取られているかもしれず、計画倒れにならないように祈っています(^^;;
キチョウの一枚目は背景が上手くボケたので、蝶の浮遊感が出たように思います。
Commented by fanseab at 2007-09-30 23:39 x
theclaさん、関東は関西以上に寒かったようですね。コノマチョウは南方地域でも個体数がそれほど多くないので、地域によらず、狙って撮ることが意外に難しい気がします。今回は新鮮な個体に出会えてラッキーでした。曇り空で、比較的明るい環境に飛び出してくれたのも幸いしました。
Commented by maeda at 2007-10-01 06:18 x
岩肌をバックのクロコノマが、自分でも見たこと無い絵で、撮っても新鮮です。
私の見たクロコノマは何時も草地内とか藪です。
色と岩が完全になじんでますね。
Commented by chochoensis at 2007-10-01 08:27 x
fanseabさん、「クロコノマチョウ」、いつも樹とか草に止まっているのしか見て居ないので、岩の上のクロコノマチョウに新鮮さを感じました、素敵ですね!
Commented by 空飛ぶ父 at 2007-10-01 22:50 x
クロコノマチョウ、これからよく見かけるようになりますよね。
昨年は、神戸ハーバーランドの百貨店の天井で見つけたりして仰天した記憶があります。
「天の声」が関西弁で聞こえるとは!ええ感じです!
Commented by 6422j-nozomu2 at 2007-10-01 23:00
29日天気が悪いにもかかわらず出撃でしたか。エエ彼岸花のポイント見つけられましたね。確かにクロ系アゲハがやって来たら絵になりそうですが、今年はもう厳しいかもしれませんね。キチョウの飛翔もなかなかのものです。滅多に静止個体は全開しませんものね。
Commented by fanseab at 2007-10-02 00:48 x
maedaさん、岩肌バックのクロコノマ、確かに新鮮な構図だと思います。普通はツマジロウラジャノメあたりの構図かな?林床からはかなり離れた場所なので、最初は新鮮なジャノメチョウかと錯覚しました。
Commented by fanseab at 2007-10-02 00:51 x
chochoensisさん、この撮影の後、接近しすぎて再び飛び去り、また岩の上に降り立ちましたが、再度発見するのが大変困難でした。こちらも岩肌にへばりつくようにカメラを保持できたので、低速シャッターにも関わらず、何とかブレを防止できました。
Commented by fanseab at 2007-10-02 00:56 x
空飛ぶ父さん、クロコノマ、普通は秋口の雑木林に潜むイメージですよね。薄暮時にショッピングモールの灯火に吸い寄せられるのでしょうか?天井でもがいているヒカゲ類をよく目にします。天の声とか、最近はつい関西弁が出ることが多くなりました(^^)
Commented by fanseab at 2007-10-02 00:59 x
ノゾピーさん、小生は、出発時に雨が降っていなければ強行出撃しますね。ご指摘の通り、彼岸花の写真としては、綺麗ですが、流石に綺麗なアゲハが来る時期を逸しているのかもしれません。半分は来年用のロケハンと割り切っています。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード