探蝶逍遥記

雨中の「クロ」探索(7/14)

 蝶屋にとって嫌がらせのように週末にやってきた台風4号。
 「よりによって3連休を食いものにしよって。。。ごっついシバイたるでぇ!」・・と最近、愚痴る時は何故か関西弁になってしまいます。しかし、大雨にビビッているようでは蝶屋は勤まりません。大雨洪水警報発令の中、京都府南部に突撃です。狙いは昨年のこの時期と全く同じ、クロヒカゲモドキとクロシジミのタブルターゲット。

 現地、6時着。早朝は雨量が少ないと楽観的に出発したものの、モドキポイントは既にシトシトピッチャン状態(^^;; 1時間近くの探索で坊主。未発生なのか、大雨を恐れて雲隠れしているか不明です。そこで狙いをホソバセセリに切り替えました。こいつを保険に使えるのがここのポイントのメリット。農道脇から飛び出すセセリはこの時期、すべてホソバです。

 まずは新鮮な個体に狙いを定め90mmマクロで。
f0090680_21372393.jpg
D70, ISO=500, F3.5-1/250、-1.0EV、撮影時刻:7時26分

 このセセリの美点である縁毛も綺麗に表現できて一安心。少し明るめの環境に止まった個体もパチリ。
f0090680_21374188.jpg
D70, ISO=500, F5-1/200、-1.0EV、撮影時刻:8時05分

 こちらは背景のボケが前の画像よりベターですが、肝心の縁毛がちょっぴりスレています。この辺が生態写真の難しいところですね。いずれにせよ、降雨の暗い環境で、左手に傘を持ち、右手でカメラをホールドする撮影は手ブレに神経を使いますねぇ!

 雨降りの農道脇で佇む個体の表現は、やはり広角が効果的です。
f0090680_21375996.jpg
GX100@5.1mm, ISO=100, F4.6-1/28、-0.7EV、撮影時刻:7時33分

 モドキのポイントでは、ササ(マダケ?)の葉に残された明らかにジャノメチョウの仲間と思われれる食痕を発見しました。
f0090680_21381781.jpg
GX100@5.1mm, ISO=100, F4.6-1/18、-0.7EV、撮影時刻:6時47分
 
 葉を裏返してみると、いたのはモドキではなくクロヒカゲの終令幼虫。体長は45mm位。
f0090680_2138315.jpg
GX100@5.1mm, ISO=100, F4.6-1/34、-0.7EV、撮影時刻:6時47分

 モドキの幼虫によく似ていますが、食草も違いますし、尾端の突起も短い特長があります。

 さて、一通り、ホソバも撮影できたので、この後、モドキの既知ポイントを含めモドキが好きそうな林縁をウロウロ数箇所探索するも、やはり姿は確認できず。途中、林縁のササ林でコチャバネセセリの幼虫巣を発見。
f0090680_213845100.jpg
GX100@5.1mm, ISO=100, F6.5-1/5、-0.7EV、撮影時刻:9時06分

 ササの葉の先端を閉じる巣の特徴で直ぐにコチャバネと推定できます。巣を明けると、脱皮直前の2令?幼虫が入っていました。黒い頭部の下に次令の頭が白く浮かび上がってきています。
f0090680_21385968.jpg
GX100@5.1mm, ISO=200, F2.9-1/17、撮影時刻:9時10分

 もう1頭はもっとおチビさん。こちらも2令でしょうか?
f0090680_21391367.jpg
GX100@5.1mm, ISO=200, F6.5-1/12、撮影時刻:9時8分

 いずれの個体も雨降りに巣を明けられて水没状態。コチャバネ君ゴメンナサイね!

 そこで、お次は明るい草原で、クロシジミ探索にスイッチを切り替えました。雨は益々強くなってきて、時間との戦いです。最初のポイントは坊主だったので、次なる既知ポイントへ。クロシジミの生息地には必ずススキがつきものですね。晴れていればまだしも、雨降り時のススキって始末に終えません。雨ガッパも着用しない探索なので、下はずぶ濡れ状態。トホホです。1時間近く探索して、ようやく♂を発見。
f0090680_213931100.jpg
GX100@5.1mm, ISO=200, F5-1/143、-0.7EV、撮影時刻:9時57分

 アングルが悪いので、右に変えようと移動したら飛ばれてしまいました(^^;; 更に探索すると、フラフラっと、重たそうな個体が飛び立ちました。追い駆けて見ると、新鮮な♀でした。
f0090680_21394614.jpg
GX100@5.1mm, ISO=100, F3.9-1/52、撮影時刻:10時13分

 止まっている葉は当地の発生木の一つと推定される、ヤシャブシです。雨中の雰囲気を出そうと構図を変えようとした瞬間、またも飛ばれて梢の上に消えていきました。やはり左手に傘、右手にコンデジのスタイルは思い通りにはいきませんね。10時20分、このスタイルでの撮影も困難なほど雨脚が強くなったので撤収です。

 土砂降り覚悟で出かけた探索行。何とか小雨状態の間にそれなりの成果が挙げられてホッとしました。
by fanseab | 2007-07-14 21:45 | | Comments(18)
Commented by kmkurobe at 2007-07-14 22:04
ご苦労様でした。こちらも朝露にぬれたススキの原の撮影は大変です。
こちらは既に終盤ですが、まだまだ綺麗な雌がいるのですね。
Commented by fanseab at 2007-07-14 22:54 x
kmkurobeさん、有難うございます。傘を差すのに疲れました(笑) 釣用の雨合羽でも調達しないと雨中探索は無理ですね。クロシジミのポイントは昨年より1週間程度遅れているみたいです。
Commented by 虫林 at 2007-07-14 22:57 x
大雨の中での、蝶の探索でもちゃんと見ることができるのですね。
ススキは確かに雨降りだと、体がびしょびしょになってしまいますね。
小生は、比較的長い長靴(ニーブーツ)をはいていますが、結局はずぶぬれです。ホソバセセリ、クロシジミの写真じゃいずれもきれいですね。
ご苦労様でした。
Commented by kenken at 2007-07-14 23:00 x
ひゃあ~、あの雨の中をお出かけでしたかっ!あの辺りのフィールドの魅力に取りつかれましたね・・・気をつけないと、雨の中、路肩を崩して車をオシャカにしたりしますよ。(笑)
しかしまあ、あの雨中、幼虫探索までやられるとは凄いぞ、凄いぞ!
Commented by fanseab at 2007-07-14 23:07 x
虫林さん、モンゴル帰りでお疲れの中、雨中のクヌギ林を探索するとは・・・お互いお疲れ様でした。ホソバを撮影する頃はまだデジ一で撮影する余裕がありましたが、クロシジミの頃はその余裕もなかったです(^^;;
Commented by fanseab at 2007-07-14 23:11 x
kenkenさん、台風絡みの雨は呼吸をしていて必ず小止みになる!と信じて行きました。8時頃まではそれほど大した雨でもなかったのですよ。路肩の件、時速5km走行を心がけていますよ~(笑)
幼虫探索は雨だからこそですね。晴れていれば成虫を追っかけして幼虫まで手が回りません。
Commented by cactuss at 2007-07-15 08:35
雨の中、これだけ撮影できるとはすごいですね。小生は完全休養日にして、日頃出来なかった事を片づけました。でも暗くて、片手で撮影されたにもかかわらず、きれいに撮れていますね。すばらしい。
Commented by ダンダラ at 2007-07-15 14:07 x
台風の中を出かけるとはさすがですね。
昨日は大仕事があって、今日はすっかり開放感に浸って雨を楽しんでいます。
ホソバセセリ良い感じで撮れていますね。広角の写真は秀逸です。
GX100、良さそうですね。
Commented by maeda at 2007-07-15 17:49 x
さすが、fanseabさん。
幼虫を探すのはお手の物ですね。
クロヒカゲモドキの幼虫かと思いましたが、さすがに簡単ではなかったようですね。
Commented by nomusan at 2007-07-15 19:48 x
ホソバセセリ、綺麗です。私も撮りたくなってきました。縁毛もばっちりですね。「左手に傘、右手にコンデジ」先週私もやりましたが、結構疲れますよね(笑)。妙な筋肉痛になりました。
Commented by banyan10 at 2007-07-15 21:30
雨の中でも綺麗に撮影していますね。
それよりも出かけるのがすごいです。
クロヒカゲの食痕、参考に探してみます。
Commented by furu at 2007-07-15 22:40 x
雨中の出撃恐れ入ります。雨の日も当然蝶は生きているわけで、その様子を観察するのも有意義ですし作品としても幅が広がりますね。
歩き派なので雨の日の遠出は出来ませんが、近所での観察なら出来そうです。
Commented by fanseab at 2007-07-15 22:59 x
cactussさん、せっかく?台風が来ているのだから完全休養にしようとの思いがありましたが、自宅にもいるのも精神衛生上、悪いので、出撃しました。片手撮影なんとかなるもんですね。
Commented by fanseab at 2007-07-15 23:02 x
ダンダラさん、有難うございます。気象衛星画像の雲の分布から推定し、何とかなる・・・として出撃しました。最近はピンポイントで降水量推定するサイトもあって便利ですね。ホソバは大好きなセセリなので、なんとか綺麗に撮ってあげようと作画してみました。GX100、R-1に比較してやはり絞優先モードが使えるので気に入っています。
Commented by fanseab at 2007-07-15 23:05 x
maedaさん、ホソバ以外に成虫はいないので、ちょっとまじめに幼虫探しをしました。実はフィールドでクロヒカゲ幼虫を発見したのは初めてです。ヒカゲチョウは何回がありますけど。
Commented by fanseab at 2007-07-15 23:07 x
nomusan、台風の影響で大変ですね。お察し申し上げます。実は左手に傘、右手に長竿なんてスタイルもこの日やってまして、まさに仰るような筋肉痛が残りました(笑)
Commented by fanseab at 2007-07-15 23:09 x
BANYANさん、まいどどうも。雨の中の撮影、普段より慎重にピントを合わせたりするので、晴れの日よりいい結果が得られるかもしれません。この日正午以降はフィールドに出られるおうな状態ではありませんでした。朝のうちだけなら何とかなりました。
Commented by fanseab at 2007-07-15 23:12 x
furuさん、ホソバは以前、小雨の中を元気に飛ぶのを見た経験があったので、何とかなるだろう・・・と計算していました。フジミドリあたりも小雨でもテリ張ったり活動するみたいですね。まあ雨滴を意図した構図まで計算する余裕はこの日なかったです(^^;;
名前
URL
画像認証
削除用パスワード