探蝶逍遥記

梅雨空の下で

 この週末、土日出勤をしておりました。ただ、本日(7/1)は午前中に実験データが揃ったので、午後からマイフィールドの宝塚市郊外に出撃しました。ターゲットはズバリ、ミドリシジミの開翅シーン! ところがお天気は生憎の梅雨空。現地15時到着ですが、小糠雨が降っています。早速、ハンノキを検すると、ミドリシジミの幼虫巣跡が見つかりました。
f0090680_22441289.jpg
GX100@5.1mm, ISO=100, F4.6-1/17、-0.3EV、撮影時刻:15時06分

 さて、成虫ですが、梢を叩き出すとゼフらしき個体が結構飛び出しますが、雨模様なので、個体識別ができません。傘を差しながらの長竿振りは疲れます(^^;; メガネも曇ってきて最悪の状況。それでも16時過ぎに一旦雨が上がり、ようやく褐色系シジミが飛び出して梢の上に。脚立によじ登り、400mmズームで証拠写真をゲット。
f0090680_22445231.jpg
D70S-VR84@400mm, ISO=640, F9-1/500、+0.3EV、
内蔵ストロボ、撮影時刻:16時15分

 この後、彼らの活動がやや活発になって、かなり低い位置に止まってくれました。とは言うものの、脚立と400mmズームでやっとこさです。
f0090680_22452080.jpg
D70S-VR84@400mm, ISO=500, F9-1/500、+0.7EV、内蔵ストロボ、撮影時刻:17時07分

 夕陽が出れば開翅も・・・の期待も虚しく、また暗い曇り空に逆戻り。高い梢では卍飛翔が始まりました。その塊が上手く低い位置に降りてきたので、慌てて400mmズームを200mmにセットしてストロボ併用で乱射。ヒトコマだけ、ミドリシジミと認識可能な絵が切り取れました。
f0090680_2245489.jpg
D70S-VR84@200mm, ISO=500, F7.1-1/500、-1.7EV、内蔵ストロボ、撮影時刻:17時29分

 この後、彼らは地上数10cmの低い位置まで飛行を続けていたので、広角にレンズ交換をしたのですが、交換が完了したら、卍が解けていました。「くやしー!」地上に降りてくることが最初からわかっていたら、広角で狙っていたのに・・・、暫く歯軋りをしておりました。

 ミドリシジミ開翅シーンはものに出来ませんでしたが、今日はとても嬉しいことがありました。雨模様の中、超新鮮なヒョウモンがハンノキに止まりました。最初はメスグロの♂かな?と思いましたが、よく見るとオオウラギンスジヒョウモンの♂でした。
f0090680_22462562.jpg
GX100@15mm, ISO=100, F7.9-1/48、-0.3EV、撮影時刻:15時23分

 本種の♂撮影は小生初体験。しかもド完品です。笑いが止まりません。続いて♀もゲット。左後翅の欠けが残念ですが、小生大好きな♀に出会えて幸せです。
f0090680_22465677.jpg
D70S-VR84@400mm, ISO=640, F9-1/500、+0.7EV、内蔵ストロボ、撮影時刻:16時27分

 ♂は薄暗くなっても吸蜜に熱心でした。
f0090680_22483968.jpg
D70S-VR84@400mm, ISO=640, F8-1/320、内蔵ストロボ、撮影時刻:17時03分

 ところで、↑とは別の♀を撮影していた時のことです。ファインダー内で妙に翅をバタつかせたので、変だな?と思って視線をファインダーから梢に移すと、何と、交尾していたのです!! それにしても凄い早業。時間にして1-2秒で交尾完了です(左が♀です)。
f0090680_22491315.jpg
D70S-VR84@400mm, ISO=640, F9-1/500、+0.7EV、内蔵ストロボ、撮影時刻:16時42分

 ♂も興奮したでしょうが(笑)、初めてこの現場に立ち会った小生は大興奮。ヒョウモンの中でもお気に入りのオオウラギンスジの交尾に出会えたのは本当にラッキーでした。この後、落ち着きなく、すぐにお隣の梢の下に(右が♀です)。
f0090680_22493471.jpg
D70S-VR84@400mm, ISO=640, F9-1/500、+0.7EV、内蔵ストロボ、撮影時刻:16時43分

 もう少し、低い位置に降りて!の願いも虚しく梢の上に消えました。詳細に観察できませんでしたが、交尾飛翔形式は恐らく(←♂+♀)だったと思います。

 天気予報は完璧に雨。出陣するか?かなり迷いましたが、ミドリシジミ卍飛翔の一端とオオウラギンスジ交尾画像ゲットの思わぬ収穫を得ました。やはり、フィールドに出れば、それなりのご褒美があるな~ってつくづく感じた一日でした。
by fanseab | 2007-07-01 22:58 | | Comments(22)
Commented by 愛野緑 at 2007-07-01 23:19 x
厳しい天候の中、素晴らしい成果が上がりましたね。雨が降っていたら私は多分出ないだろうな・・・。
オオウラギンスジの交尾は羨ましいです。狭山丘陵にも居るはずなのですが、この2年ほどみかけません。
Commented by chochoensis at 2007-07-02 11:00 x
fanseabさん、「オオウラギンスジヒョウモン」の交尾!素晴らしいシーンですね・・・こういう場面に出会って撮影してしまう・・・流石です!!!薄暗くなった夕方に交尾するんですね・・・初めて知りました。
Commented by banyan10 at 2007-07-02 16:35
オオウラギンスジヒョウモン交尾素晴らしいですね。
見る機会も少ない蝶ですから交尾シーンは幸運ですね。
Commented by kmkurobe at 2007-07-02 18:40
すばらしい。この交尾写真昨年逃げられてしまったので今年はと思ってました。白馬で一番多いヒョウモンなのですが、交尾はなぜか薄暗がりばかりなので、失敗ばかりしています。
Commented by maeda at 2007-07-02 19:11 x
時間帯が良くなかったようですね。
早朝なら開翅が期待できたと思います。ここだけの話ですが、実は私も昨日注文してしまいました。衝動でした。ここで絵を見せられていたもので。
Commented by cactuss at 2007-07-02 21:25
短時間ですばらしい写真が撮れて、良かったですね。
こういう状況だと何か得をした気分になりますよね。
でも、200mmで飛翔写真にピントが合うなんて、すごい技術をお持ちですね。
Commented by fanseab at 2007-07-02 21:26 x
愛野緑さん、厳しい天候もさることながら、2時間ちょっとの短時間にしては、成果が上がりました。天候が良くても外れる時もありますし。フィールドワークは想定外の場面があって、面白いですね。
Commented by fanseab at 2007-07-02 21:28 x
chochoensisさん、交尾シーンはいずれの種でも珍ですけど、好きな種類の交尾写真だと本当に興奮します。極端な話、一生に一回出会えるか否かの場面だったかもしれません。とにかくラッキーでした。
Commented by fanseab at 2007-07-02 21:30 x
BANYANさん、比較的近所でオオウラギンスジが観察できたことだけでも嬉しかったのに、交尾まで観察できて幸せでした。今後、狙ってもなかなかチャンスはないでしょうね。
Commented by fanseab at 2007-07-02 21:33 x
kmkurobeさん、そうですか?白馬ではこのヒョウモンが多産するのですね。いいなぁ!やはり交尾の時間帯は午後なのでしょうか?とにかく、高原でこの♀の吸蜜シーンは見ているだけでワクワクさせられます。
Commented by fanseab at 2007-07-02 21:36 x
maedaさん、ミドリシジミはこの種のみ単独で狙うチャンスが少ないですね。出勤前に早朝開翅を狙うには遠いポイントなので、悩ましいです。
<私も昨日注文してしまいました
それでは貴殿の絵も期待しております!
Commented by fanseab at 2007-07-02 21:39 x
cactussさん、仰るとおり、大いに得した気分で帰宅できました。もっともレンズが雨滴に濡れたりしたので、アフターケアーに神経を使いました。ミドリの卍はアイノやジョウザンに比較してゆったりと移動するので、何とか400mmでもMFでOKでした。キリシマとかでは無理でしょうね。
Commented by ダンダラ at 2007-07-02 22:03 x
フィールドにはおっくうで出たくない日もありますけど、そんな日でも出かければそれなりに良いことがありますよね。
ヒョウモン類はよく見かける割に交尾シーンに出会うことは少ないので、ほんとに幸運だったと思います。
夕方に交尾するケースが多いのでしょうか、参考になります。
Commented by thecla at 2007-07-02 22:14 x
雨でも出かけてみないと何も始まりませんね。
GX100・・・・・、今年は物欲封印、封印。
Commented by fanseab at 2007-07-02 22:21 x
ダンダラさん、この日は連続休日出勤でストレスが溜まっていたので、天気予報に関係なく出撃したのでした。運もありますが、普段遭遇しない時間帯や天候での観察も重要であることを認識させられました。以前但馬の高原で出会ったミドリヒョウモン交尾も午後、薄曇りの状況でした。共通点があるのかもしれませんね。
Commented by fanseab at 2007-07-02 22:24 x
theclaさん、連続コメントありがとうございます。そう、雨降りならではの生態も面白いです。ヒョウモンの吸蜜が暗い夕方にまで及ぶことは新発見でした。
GX100、貴殿の絵から推察するにGX8と極端に画質が勝っているとは思えませんが・・・・
Commented by 6422j-nozomu2 at 2007-07-02 23:06
オオウラギンスジ交尾エエ写真ですね。フィールドに出ると意外なシーンに遭遇出来るので、蝶遊びは止められません。ミドリシジミお恥ずかしいですが、今年一度も見ておりません。
Commented by kenken at 2007-07-02 23:12 x
おっと、オオウラギンスジの交尾ですか。うまく撮影されたもんですねぇ~
Zephyrusの撮影は本当に生態写真の基本ですが、奥が深いものですね。こういう絵を見ても、その撮影の苦労が良く分かります。私もとうとうパンドラの箱を開けてしまったかもしれません。
フィールドに出ないと心の疲れが取れませんね。特に休日出勤の後は。
Commented by nomusan at 2007-07-03 06:31 x
おお、何とオオウラギンスジの交尾ですかぁ! う~む、私も先週末のお出かけの目的の一つにこの蝶をあげていたのですが、かすりもしませんでした。私もこのヒョウモン大好きです。いや、これはエエもん見せて頂きましたぁ。
Commented by fanseab at 2007-07-03 22:01 x
ノゾピーさん、ありがとうございます。交尾画像はなかなかチャンスがないのに、タテハ、それもお気に入りの種だと感激しますね。ミドリシジミ、撮ろうと思って出撃すると意外と手強い相手ですね。
Commented by fanseab at 2007-07-03 22:04 x
kenkenさん、毎度どうも。小生、ヒョウモンの交尾画像では今回がベストの仕上がりで嬉しいです。ゼフは昨年から本格的に撮り始めましたが、先ずはその生態を学習することからスタートですね。貴殿の300mmF4IS画像、大いに期待しております!
Commented by fanseab at 2007-07-03 22:06 x
nomusan、貴殿もこのヒョウモンがお好みでしたかぁ!狙って出かけてもなかなか遭遇できないヒョウモンですよね。雨の日は意外にヒョウモン撮影のチャンスかな?って思いましたよ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード