探蝶逍遥記

福井のギフと遊ぶ

 この週末のお天気は本当に読み難かったですね。それでも「土曜日の福井県は夜半に雨が上がり、晴れの良いお天気・・・」この天気予報の殺し文句を信じて、一路北陸へ。午前4時45分自宅発、北陸道の福井県側に入ると猛烈な霧で前方視界は僅か300mの有様。「霧は好天の兆し」と楽観的に構えて車を進めると果たして薄日が差し込んできました。今回は前回、下見をした場所をスキップし、1/25000地図上で新たにピックアップした候補ポイントに直行。現地7時45分着。

 地図上で「美味しそうな雰囲気」と確信した通り、ギフの臭いが漂う地点で一安心。雑木林の下草にはカタクリではなく、ショウジョウバカマが素晴らしい群落を作っておりました。
f0090680_22412549.jpg
D70S-10.5, ISO=200, F8-1/40、+0.3EV

 9 時前になって待望のギフ♂1頭が出現、これに引き続き延べ3頭が雑木林の林縁の陽だまりを群飛する状態に。ところが、急に雲が出てきてギフも雲隠れ。少し陽射しが戻った時に出現した新鮮な♂が枯葉の上に止まってくれました。縁毛も揃ったほぼ羽化直後の新鮮な個体でした。右側触角が背景に消えているのが唯一の難点かな。
f0090680_22415698.jpg
D70, ISO=400, F7.1-1/400、+0.7EV

 この♂、とっても良い子でして、その後いろいろなアングルからの撮影にお付き合いしてくれました。感謝感謝。まずは対角魚眼で静止している環境を写しこみます。どんよりとした本日の雰囲気が良く出ていると自画自賛(^^;;
f0090680_22422368.jpg
D70-10.5, ISO=200, F9-1/80、+1.0EV

 ギフチョウを写された方はお気づきの通り、このアゲハ、殊の外、体毛が発達しています。そこで体毛にスポットを当てて、そのフサフサ感を強調するショットを撮ってみました。暖かそうな襟巻きですね。
f0090680_22425441.jpg
D70, ISO=400, F5.6-1/400、+1.0EV

 暫く粘っても天候が好転しないので、この個体ともお別れして、車をゆっくり走らせながら、次なる好ポイントの探索です。そして最初のポイントから標高を下げた地点で雰囲気の良さげな丘を発見。スミレの群落があり、「これは匂うな?」と思った瞬間、予想通り、ギフの影が。丁度、陽が再び射し始め、活動が活発になったようです。スミレ吸蜜シーンは大変難しい撮影ですが、なんとか一枚アップできるレベルのものが撮れました。頭部がスミレに隠れましたが、周辺のスミレの雰囲気が春らしく、これまで小生の撮影したスミレ吸蜜シーンとはちょっぴり味わいの異なるものが得られたと思います。
f0090680_22432082.jpg
D70, ISO=500, F8-1/320、+1.0EV

 しかし、今日は陽射しが30分と続きません。日が翳ってギフの影が消えたので、これにて撤収・・・と思って車をちょっと走らせると、視線の向こうにこれまた「旨そうな佇まいの雑木林」が!少しばかりの期待を胸に到着すると、なんと夢にまで見たカタクリの群落です!! これはラッキーでした。

 早速、ここで待機すると、果たして2頭のギフが舞い始めました。ところが、陽射しはとぎれとぎれのため、撮影は難航。なにせ小生、デジタルでのカタクリ吸蜜シーンは初体験。それこそ、ドキドキものでの撮影で、何とか望遠マクロと対角魚眼の絵が切り取れましたが、ピントは大甘。構図も考える余裕もありませんでした。まあ、小生のファーストカタクリショットということで、画像の質はご勘弁を。
f0090680_2243498.jpg
D70, ISO=400, F8-1/160、+0.3EV
f0090680_22461566.jpg

D70S-10.5, ISO=400, F7.1-1/200、+0.7EV

 しかし、カタクリ吸蜜シーンの撮影は聞きしに優る難しさがあります。ギフが首を突っ込み過ぎると絵にならないし、首を入れない場合は、カタクリの花弁面と翅面が平行にならない・・・・、「納得のいく画像を撮るには年期が必要・・・」。これが本日の教訓でした。結局正午になっても天候に劇的な改善が望めないので撤収しました。

 首題の通り、福井県のギフは当地初体験の小生を優しく迎えてくれました。ただ天候には「弄ばれた」しまったようです(^^;; とまれ、春の一日、ギフが撮影できて、ようやくシーズンインした気分になれました。福井県ギフについては、カタクリ吸蜜シーンのリベンジも含め、また機会があればチャレンジしてみたいと思います。

<追記(4/2)>
 新聞等で3/31から4/2にかけて中国本土から運ばれた黄砂現象が日本全土で観察されたことを知りました。昨日当日、陽射しが弱かったのは単に気圧配置だけではなく、黄砂も影響していたんですね。黄砂までは想定していなかったので、ビックリです。
by fanseab | 2007-04-01 22:49 | | Comments(28)
Commented by ノゾピー at 2007-04-01 23:15 x
オオー、一番乗りだ。誰かさんのセリフですね。北陸ギフゲットおめでとうございます。羨ましい気持ちと妬ましい気持ちと半々で素晴らしい写真拝見いたしました。(笑)
Commented by usubasiro2 at 2007-04-01 23:25
こんばんわ。
カタクリとギフ定番ですが、やはり一番絵になる構図ですね。
まだこの組み合わせは撮影したことがないのでうらやましいです。
Commented by ダンダラ at 2007-04-01 23:45 x
ギフ、初撮影おめでとうございます。
地図を見てポイントを見つけるなんて素晴らしいですね。
貴重な休日を無駄にしないように効率重視で、こういった基本的な事を久しくやっていないので大いに反省しています。
それはそれとして、スミレでの吸蜜シーンはスミレがコンパクトにまとまっていて、しかも赤紋がきれいに載った個体で良いですね。
広角でのカタクリ吸蜜シーン、私も撮影したい対象ですが、まだカタクリの咲いている環境でギフを見ていないので、うらやましく眺めています。
Commented by cactuss at 2007-04-01 23:58
天気の悪い中、これだけの成果をあげられてすばらしいですね。天気が悪いとヌルになることが多いのに、スミレ吸蜜、カタクリ吸蜜まで、撮影されたとは、よほどポイントを見付ける力がないとできないと思います。
Commented by maeda at 2007-04-02 06:26 x
福井もポイントが沢山ありそうですね。富山も何処へ行っても良い環境が沢山ありました。
良い写真が沢山撮れて、うらやましい!
最後の絵なんかヨダレが出てきます。
Commented by fanseab at 2007-04-02 06:54 x
ノゾピーさん、一番乗り有難うございます(笑) 今回は下見もせずにぶっつけ本番での遠征でしたが、ギフが撮影できて喜びも一入です。
来シーズンは同様も上手く撮れるか?わからないとこが難しいですね。
Commented by fanseab at 2007-04-02 06:56 x
usubashiro2さん、有難うございます。定番のカタクリ吸蜜シーン、そもそもカタクリのポイントを知らねば撮影できないので、今回は運良く、カタクリ群落を発見できてラッキーでした。
Commented by fanseab at 2007-04-02 07:00 x
ダンダラさん、貴殿の富士川ギフ画像を拝見して、いても立ってもいられないで福井に遠征しました。成果が挙がってヤレヤレでした。スミレ吸蜜はもっとピントが合った画像もありましたが、スミレ花弁が一輪のが多く、そちらは没にしました。カタクリ吸蜜シーンは小生も興奮しての撮影です。
Commented by fanseab at 2007-04-02 07:02 x
cactussさん、天気が悪いと言っても、何とか薄日が差したのが幸いでした。本当にギフは陽射しの強さに敏感ですね!ポイントはギフの気持ちになって、美味しそうな場所を探索することにしています。
Commented by fanseab at 2007-04-02 07:05 x
maedaさん、昨年まで通っていた但馬も日本海側ですが、地形や地質の影響か、植生も異なり、福井のギフは新鮮な感じで撮影できました。仰るとおり、そこらじゅうに好ポイントがあると思われます。対角魚眼の画像は正面から、そして青空の時に撮り直したいですね。
Commented by kenken at 2007-04-02 07:27 x
ひゃあ~、素晴らしい絵ですねぇ。
なんとかお天気もセーフだったようで、ギャンブル成功ですね。
カンカン照りよりは薄日のほうがゆっくり吸蜜するので、気温さえ上がってくれると上手くいきますね。私は、また再チャレンジです。
Commented by chochoensis at 2007-04-02 09:48 x
fanseabさん、福井県のギフチョウ撮影おめでとうございます。カタクリでの吸蜜写真素晴らしいですね。ポイントを探して歩いて写真を撮影する・・・流石ですね。素敵な写真ありがとう・・・。
Commented by banyan10 at 2007-04-02 10:50
吸蜜写真も素晴らしいですが、3枚目の広角が山まで背景に入って好みです。こういう場所に止まってくれることってなかなかないですよね。
しらない場所で、天気もいまいちでこれだけの成果は驚異的です。
Commented by kmkurobe at 2007-04-02 21:06
いやーすばらしい。同じ日本海沿岸でも糸魚川とは違いましたね・・・・
素晴らしい写真ですね。
来週はこりゃ私もリベンジしないと・・・・・・
福井は1970年代に武生近郊によく出かけましたが、本当にビックリするほどの数が飛んでました。
今はどうなんでしょうねえ・・・・・
私はお寺の裏山を中心に捜して結構あたった思い出がありますね。
Commented by fanseab at 2007-04-02 21:57 x
kenkenさん、有難うございます。確かに下見もしないでの突撃は天候も含めギャンブルでした。まあ、当れば儲けものです(^^;;
薄日の原因は↑追記にコメントしたように黄砂現象も影響していたようです。4/5あたり、貴殿お得意のスクランブル発進日和(?)のようですね。
Commented by fanseab at 2007-04-02 21:59 x
chochoensisさん、いつもコメント有難うございます。カタクリ吸蜜シーンは念願がやっと叶った喜びがありました。ポイントを探すのは辛いですが、宝物を探す楽しみでもあります。
Commented by fanseab at 2007-04-02 22:02 x
BANYANさん、何とか福井ギフの撮影ができてホッと一息です。横位置広角画像はじっとモデルになってくれた♂のお陰です。このモデルを撫で撫でしたくなりましたね(^^) 天候はパッとしなかったですが、気温が高めだったのが救いでした。
Commented by fanseab at 2007-04-02 22:05 x
kmkurobeさん、有難うございます。同じ福井県でも嶺南と嶺北ではかなり天気が違うようで、この季節は本当に天気に泣かされますね。
糸魚川のリベンジ期待しております。お寺の裏山ですか?なるほど、そんな探し方もあるのですね。
Commented by thecla at 2007-04-02 23:42 x
福井ギフのカタクリとのツーショット撮影おめでとうございます。
太平洋岸のカタクリと違って日本海側のカタクリは色が濃くて一層ギフが映えますね。ただ、カタクリは日差しが弱いと完全に花弁を開いてくれないので難しい撮影になってしまうようです。
横からストローを差し入れてくれれば良いのですが。
3枚目の広角は、雰囲気でてますね、横広角はこんな感じが一番ですね。
Commented by fanseab at 2007-04-03 23:04 x
theclaさん、ありがとうございます。やっと念願のカタクリ吸蜜シーンが撮れました。ただ貴殿の撮影されたシーンと比較すると恥ずかしいです。確かに花弁の開き具合も関係するのですね。今後の参考にいたします。3枚目は本当は青空を入れたいとこですが、当日の雰囲気は出せたと思っています。
Commented by ainomidori443zeph at 2007-04-05 16:54
カタクリでの吸蜜は定番ですが、これが一番憧れますね。
私は昨年この組み合わせで撮影できましたが、おっしゃる通り、じっとしている時は頭をつっこみすぎていて見えないし、顔が見えてくると、ピントを合わせる間も無く飛んでいってしいまいます。
まだ納得出来るショットは無いですね。
Commented by 虫林 at 2007-04-05 19:58 x
やっぱりこの時期、ギフチョウはスターですね。どんな写真でもすばらしい絵になり、見るヒトに感動を与えてくれるようです。
今年はまだギフを撮影していないので、うらやまし~く拝見しました。
とくに、吸蜜シーンは垂涎もののショットです。オメデトウございました。
Commented by furu at 2007-04-05 21:06 x
ギフ写真は皆が撮りたいと思う定番イメージのようなものがあって、似たような写真になりがちですが、3枚目の構図や4枚目の大胆なアングルと質感描写など独自の表現はさすがです。
Commented by fanseab at 2007-04-05 23:47 x
愛野緑さん、定番ほど難しいものはない・・・そんな感じがします。晴れて風がなく、ギフ個体数も多くて、適度に開いたカタクリの花弁の前で待つ。でもそんなチャンスは数年に1回あるかないかでしょう。これがギフ撮影の難しさでもあり楽しさでもありますね。
Commented by fanseab at 2007-04-05 23:49 x
虫林さん、ご出張先からのコメント恐れ入ります。今回は薄曇の中、比較的短時間でスミレとカタクリの吸蜜シーンが撮影できてラッキーでした。でも来年はどうなるかわかりません。本当に撮れる時がチャンスですね。
Commented by fanseab at 2007-04-05 23:53 x
furuさん、過分なお言葉ありがとうございます。ギフチョウの魅力って様々ですね。漆黒の複眼や微妙に曲がった触角やら、まだまだ我々撮影する側を魅了するキャラが転がっているように思えます。やはりこの蝶は真のアイドルだとつくづく思います。
Commented by ze_ph at 2007-04-06 22:44 x
僕は魚眼を極端に効かせた写真はあまり好きな方ではないのですが、上から3枚目の写真は好きです。
被写体の歪みも目立ちませんし、フィールドの雰囲気もよく出ていて、素晴らしいです。
地面に止まったギフも、少し隆起したところであればこういう写し方ができるのですね。

それから、勝手ながらRSSリーダーのリストに貴Blogを加えさせていただきました。(我が家のBlogの中央上部にある「新着記事 RSS」というやつです。新しく記事を書くと、そこに更新のお知らせが表示されます。)
問題、不都合な点などありましたらお知らせ下さい。
Commented by fanseab at 2007-04-07 21:02 x
ze_phさん、小生も貴殿と同様な考えで10.5mm単独での撮影は意外と少ないのです。ただこのシーンではテレコンをつけず、背景描写重点で10.5mmでの構図に拘ってみました。
RSSとやら、問題ありません。しかし、凄い仕組みがあるんですね。貴HP/ブログ共にリンクの変更をしときました。これからもよろしくです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード