探蝶逍遥記

播磨ギフの下見

 長く日本列島に居座った寒気団もようやく抜けて、今日、春分の日は天気予報通りの好天でした。紀伊半島遠征の疲れが残る中、昨年見出した播磨のギフポイントの状況を偵察に行ってきました。

 朝7時45分着。陽射しは強いけど、まだ寒さが残る雑木林に小鳥の囀りが聞こえます。この温度ではコツバメも飛ばないだろうと考えて、暫くは鳥撮りモードです。盛んに鳴いていたのは、ウグイス。「ホーッ、ホケキョ~♪」と澄んだ声が響き渡ります。しかし、この鳥、姿をなかなか見せません。林道に少し踏み入れるとカサコソ枯葉が動く音が・・・。さてはウグイスの仕業か?と10分間位佇んで様子を見ると、下草から急にウグイスが飛び立ち、なんと小生の前方、5m位の至近距離で囀り始めました。千歳一隅のチャンスとはこのことでしょう!!囀りで胸を膨らましている決定的瞬間を捉えることができました。

f0090680_22393140.jpg
D70S-VR84@400mm, ISO=640, F8-1/500、+0.3EV

 個人的にはこの画像は本日のベストショットとなりました。鳥撮りもこんなラッキーなことがあるから止められませんね(^^) 

 続いて開けた畑地を飛び回っていたのがモズ。こいつは、なかなか接近戦に持ち込めません。↓の画像が精一杯でした。下草で見つけた餌を枝の分岐に乗っけて、ゆっくりと食べていました。とにかく警戒心の強い小鳥ですね。
f0090680_22395249.jpg
D70S-VR84@400mm, ISO=500, F9-1/1000、+0.3EV

 さて、午前11時頃から気温が10℃を超えて、コツバメ、ミヤマセセリが飛び出しそうな温度になりました。しかし・・・出ないんですね、これが。トホホです。当地のギフ発生のバロメーターになるのが、コバノミツバツツジの開花状況。林道沿いの株を検すると、まだ蕾は固い状況でした。
f0090680_22411127.jpg
D70S-10.5, ISO=400, F16-1/160

 この感じではあと10日程遅く、つまり今月下旬頃がこのポイントでのギフ発生でしょう。食草となるヒメカンアオイの株脇の枯葉を取り除くと、独特な花弁が顔を覗かせました。
f0090680_22413194.jpg
D70S-10.5, ISO=200, F16-1/50

 花の脇には小さな新芽が出ています。ここに母蝶が産卵するシーンを早くみたいものだと思いました。雑木林の下草でカンアオイを探索していると、産み立てホヤホヤ?の動物の糞があちらこちらに見つかりました。野うさぎでしょうか?
f0090680_22415138.jpg
D70S-10.5, ISO=400, F16-1/125

 この森では生態系の頂点にいるのかもしれません。いずれにせよ、ギフが生息する豊かな森であることには違いありません。雑木林を後にして、帰路の途中、色鮮やかな菜の花畑を発見。下車してみると、モンシロチョウ、モンキチョウが群れ飛んでいました。小生もようやくこれらの新羽化シロチョウとご対面です。新鮮なモンキ♀を追いかけて、逆光でタンポポ吸蜜画像をゲット。
f0090680_22421253.jpg
D70, ISO=400, F8-1/1000、+0.3EV

 春らしい構図で切り取れたので満足して帰宅することができました。この週末は天気が崩れるようですが、気温は15℃を超えそうです。ギフに会えるまであと僅か。毎年この「待たされる興奮」は堪えられませんネ。
by fanseab | 2007-03-21 22:46 | | Comments(14)
Commented by 6422j-nozomu2 at 2007-03-21 23:32
ウグイスはついていらっしゃいますね。またまた至近距離からバッチリゲットおめでとうございます。最近の朝日新聞に兵庫県N市の飼育ギフが羽化する写真載っていましたね。ワクワクする時期も間近に迫っています。
Commented by chochoensis at 2007-03-22 06:51
fanseabさん、「ウグイス」撮影おめでとうございます。鳴いていると胸が膨らむのが良くわかっておもしろいですね・・・そこまで観察できたことに拍手!素晴らしい写真になって素敵です。ギフチョウには早かったのですね・・・。
Commented by maeda at 2007-03-22 18:03 x
私はすっかりこの10.5mmの絵になじんでしまって、この歪曲を見ると落ち着きます。いいレンズだと思います。
Commented by fanseab at 2007-03-22 21:32 x
ノゾピーさん、ウグイスはラッキーでした。この冬、鳥を「待って」撮るコツをちょっぴり覚えた成果が出ました。新聞記事、小生も見ました。しかし菜の花との組合せはいささか違和感がありますね。どうせなら、カタクリと組み合わせてほしいですね。
Commented by fanseab at 2007-03-22 21:35 x
chochoensisさん、有難うございます。囀り時に常に胸を膨らますのではないところが興味深かったです。ギフの発生時期は、想定内でした。
Commented by fanseab at 2007-03-22 21:38 x
maedaさん、10.5mmで蝶を撮るときは拡大率の関係でテレコンをよく使います。ただ今回は雑木林全体の情景描写を優先したので、単体での撮影です。解像度・色乗り共に素晴らしく、このレンズは銘玉だと思います。
Commented by thecla at 2007-03-22 23:15 x
ウグイス至近撮影おめでとうございます。
あの声は、こんな風に胸を膨らませて鳴くのですね。今年は、何故か関東が最も暖かだったようでギフも出始めていますが、その年最初の出会いまでのドキドキもまたいいですよね。
Commented by fanseab at 2007-03-22 23:28 x
theclaさん、今冬は鳥撮りに勤しんだお陰で、蝶が飛ぶまでの時間を有効活用できます。ウグイスはとにかくじっとしていないので、鳴くシーンを撮影できたのはラッキーでした。皆さんのブログを拝見すると関東の季節の進行が確実に関西より先行していますね。
Commented by banyan10 at 2007-03-23 19:57
僕もウグイスの鳴く瞬間を撮影したことありますが、距離が遠くて画質はひどいです。(^^;
写真ではよく見るモズが未撮影なので羨ましいです。
Commented by cactuss at 2007-03-23 21:22
今まで、あまり鳥に感心がなかったからかも知れませんが、
ウグイスは声をよく聞きますが、まだ、見たことがありません。
これからは蝶を撮影に行った時などに鳥にも注意したいと思います。
Commented by nomusan at 2007-03-23 22:36 x
ウグイス画像、おめでとうございます。私も声を聞く度に探すのですが、ついぞ機会に恵まれません。エエですわぁ~。
>毎年この「待たされる興奮」は堪えられませんネ。
御意!です。そして、出会えた時の感激!いくつになってもやめられまへんなぁ~です(爆)。
Commented by fanseab at 2007-03-24 00:24 x
BANYANさん、このポイントには合計5羽のウグイスが盛んに囀っていましたが、姿を見たのは、撮影した個体のみでした。逆にモズは常に姿が見えるのですが、至近距離の撮影をさせてくれませんね(^^;;
Commented by fanseab at 2007-03-24 00:26 x
cactussさん、小生もこの冬から、鳥を真面目に観察し始めたので、
ウグイスの生態もよくわかりません。ただ藪の中にいるときは、結構
人の近くまで接近できるようです。
Commented by fanseab at 2007-03-24 00:29 x
nomusan、まいど。ウグイスはビキナーズラックかもしれません。籠の中で鳴いているのを見たことはありましたが、望遠レンズを通しての囀りの光景は感動しました。ギフ下見、下見だけで終わらせないようにしたいものです(爆)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード