探蝶逍遥記

紀伊半島探索行(3/17-18)

 関西に拠点を構えてから近くて遠い地域が今回訪れた紀伊半島です。兵庫県に住む小生が、和歌山から国道42号線沿いに延々と潮岬まで車で行くのは極めて効率が悪く、単独運転では疲れが溜まるだろうとこれまで避けてきたのです。一方、紀伊半島の深い山間には多くの魅力的な蝶が棲んでいることも事実。そこで今回、この地域の蝶相に詳しい蝶関連サイト「蝶にあそぶ」の管理人さん、ma23さんに同行頂き、二人で探索することにしました。二人とも温泉好きなので、温泉に一泊してのんびりと下見をしようと相成りました。

 ポイントの下見目的ですから、ターゲットは未だ出現していない訳ですし、その他の蝶観察もあまり期待していなかったのですが、結果的には成果が挙がって満足すべき遠征となりました(^^)

 一番の収穫はコツバメ。小生まだ本年の新羽化成虫としてモンシロやベニシジミも未体験だったので、まさかこのシジミがトップバッターになるとは思ってもいませんでした。1枚目は定番の望遠マクロで。
f0090680_122124.jpg
D70, ISO=320, F7.1-1/2000、+0.3EV

 いつ見ても後翅裏面のスパンコール状の鱗粉は綺麗ですね。お次は縦位置広角で。
f0090680_21241365.jpg
D70S-10.5-X1.4TC, ISO=500, F14-1/250、+0.3EV

 モデルになってくれた↑の個体、シーズン始めにしては良い子?で魚眼による接近戦を挑んでも、じっとしてくれていました。小生と同じく対角魚眼がお好みのma23さんも地面に這いつくばってコツバメと格闘されていました。ご本人の了解を得て撮影風景をパチリ。デジイチ対角魚眼での撮影は多かれ少なかれma23さんのような格好になります。ホントこの姿勢、大変なんですヨ!
f0090680_123573.jpg
D70S-10.5-X1.4TC, ISO=500, F9-1/500、+0.3EV

 次に昨年来の課題に挑戦。最初は逆光でブルーに光るとされる縁毛撮影。暗い背景を配するのに苦労しましたが、画像レタッチで何とかブルーが表現できました。コツバメの場合は破線状にブルーが光るので独特な美しさがあると思います。
f0090680_1232712.jpg
D70, ISO=500, F8-1/1250、+0.3EV

 二番目の課題は飛翔シーンを利用して翅表のブルーを写しこむこと。広角画像でモデルになった子は大体同じポイントに固執して日光浴する性質があるようなので、そのポイントに戻る瞬間を利用して連射を試みました。そして運良く、待望のジャスピン画像を得ることができました。渋めのブルーが上手く表現できたと自画自賛です。「こいつぁ~、春から縁起がいいわい・・」将にそんな気分でした。
f0090680_1234741.jpg
D70, ISO=640, F8-1/2000、+0.3EV

 二つの課題をいっぺんに達成したので、気分が楽になり、コツバメと混飛していたテングの飛翔画像にも挑戦。これまた個体とその影が同時に写しこまれたお気に入り画像をゲットできました。
f0090680_124738.jpg
D70(縦位置トリミング), ISO=640, F8-1/2000、+0.3EV

 観察した初日の夕刻には強い日差しに誘われてルリタテハも登場。とびきり綺麗なブルーを拝むことができました。
f0090680_1242570.jpg
D70, ISO=500, F11-1/800、-0.3EV

 好天気のおかげで二日間共に下見は順調に進み、おまけにコツバメ等の思いがけない役者も登場して紀伊半島探索も成功裏に終了しました。帰路、山間の村には早咲きの桜が5分咲きで、淡いピンク色が美しく、思わず沢山シャッターを押してしまいました。
f0090680_1244446.jpg
D70S-VR84@340mm, ISO=640, F8-1/800、-0.3EV

 今回の遠征に際し、いろいろとご指導頂いたma23さん、本当に有難うございました。下見の経験を活かして「本番」もまたご一緒しましょうね。
by fanseab | 2007-03-18 23:59 | | Comments(18)
Commented by chochoensis at 2007-03-19 18:09 x
fanseabさん、遠路、「紀伊半島」探チョウ旅行、お疲れ様でした。「コツバメ」の綺麗な飛翔写真をはじめとして、「テングチョウ」の飛翔写真、お見事ですね・・・。コツバメの翅表の輝きは、撮影した事がないので驚愕しました・・・。素晴らしいです。コツバメの縁のブルーが綺麗ですが、今まで気が付きませんでした・・・今度チャレンジしたいです。
Commented by 6422j-nozomu2 at 2007-03-19 22:25
鳥撮ご一緒したときにちらっとおっしゃっていましたが、そうですか、行って来られましたか。遠征お疲れさまです。コツバメ色々な角度からバッチリ撮影出来ましたね。特に滅多に拝見できない翅表が素敵です。ところで、下見の対象種、目撃はされたのですか?また、本番の時には是非ご一緒させてくださいね。
Commented by fanseab at 2007-03-19 22:58 x
chochoensisさん、紀伊半島は思っていたより近くて土地勘を養うことができました。コツバメやミヤマセセリの飛翔シーンは本当に春先しかチャンスがないので、必死に追いかけました。縁毛のブルーは背景の処理に関して不満が残っていてチャンスがあれば再度狙いたいと思っています。
Commented by fanseab at 2007-03-19 23:02 x
ノゾピーさん、体調は回復されましたでしょうか?こちら天気にも恵まれて下見遠征は成功裏に終わりました。すべてma23さんのお陰です。
本番の件、またご相談しますね。
Commented by ma23 at 2007-03-20 00:42 x
fanseab さんお疲れさまでした。楽しかったですね。これからもよろしくお願いします。こちらもさきほど更新おわったのですが、コツバメの広角写真、fanseabさんの10.5-X1.4テレコンでのお写真ははさすがに遠近感が強調されていますね。わたしは15mm×1.5でした。。それにしても広角で寄るどきどき感はたまりませんねー。
遅くなりましたが、広角撮影シーンを撮っていただきありがとうございました。今度はこちらもやらせていただきます。笑
Commented by nomusan at 2007-03-20 19:45 x
思いっきり出遅れてしまいました(大汗)、ブログ開設一周年おめでとうございます。
コツバメ飛翔画像、素晴らしいですね!この蝶のブルーも大好きです。まさにこいつは春から・・・って感じですね~。いや、エエもん見せて頂きました。
Commented by fanseab at 2007-03-20 21:41 x
ma23さん、この度はお世話になりました。まさに「蝶にあそぶ」雰囲気でした。ちょっと「遊ばれた」場面もありましたが(^^;;
対角魚眼での撮影、意外とあっさり寄らせてくれたのにはビックリしました。小生撮影シーン、次回はお願いします。これからもよろしくです。
Commented by fanseab at 2007-03-20 21:45 x
nomusan、いつも激励コメントを有難うございます。凡そ年間365回更新されている貴ブログの爪の垢を飲ませて頂いて、これからも頑張りたいと思います(笑)。コツバメ飛翔、ようやくゲットできました。スギタニも狙いたいですね。
Commented by 虫林 at 2007-03-20 23:15 x
コツバメの素晴らしい写真はじっと見てしまいました。
昨年、11月末に和歌山市での所用のついでに、紀伊半島南部を訪れたのですが、雨にたたられ、ヤクルリ見れず、サツマもボロの写真しか撮れませんでした。
そろそろ、ヤクルリやサツマの新成虫も出ても良い頃ですね。楽しみです。
Commented by thecla at 2007-03-21 17:29 x
紀伊半島探索お疲れ様でした。
関東者には「紀伊半島」地図ではわかるのですが、どうもイメージできない場所であります。
コツバメはこうしてみると魅力的な蝶ですね。でも露出が難しくて、ろくな画像がありません(^^;
Commented by banyan10 at 2007-03-21 18:45
下見で一泊とは豪華ですね。
でも、成果も十分だったようで良かったですね。
僕も今日はコツバメ飛翔を撮影しましたが、こんなにシャープに撮れませんでした。
南伊で夏が本番、この季節も可能性あるということは、関東の方が可能性高い蝶でしょうかね。(^^;
Commented by maeda at 2007-03-21 19:14 x
誰しもあんな風に腹ばいになったりしてると思います。
私の撮影風景も他人には見せたくないと嫁が言ってました。
でも、それくらい熱中できる趣味があって幸せだと思います。
退職して(かなり先の話ですが)することがなく、一気に老いてしまうことはないと思います。
Commented by kenken at 2007-03-21 22:11 x
おぉ、今度はma23さんと温泉でしたかっ!
コツバメ、えぇ画像ですね。翅縁のブルーに飛翔で翅表までも。
テングの影の入り方も抜群です。
紀伊半島は山が深くて魅力的です。
Commented by fanseab at 2007-03-21 23:32 x
虫林さん、コツバメは見れると思っていなかっただけにじっくりと撮影しました。そう、ヤクルリ、サツマはもちろんですが、他にも宝の山が一杯ある半島です。
Commented by fanseab at 2007-03-21 23:34 x
theclaさん、有難うございます。小生も関東出身ですから、紀伊半島の距離感覚が掴めずにいましたが、今回ようやく馴染んだ気がします。
コツバメ、確かに露出に苦労しますね。
Commented by fanseab at 2007-03-21 23:37 x
BANYANさん、下見半分、温泉半分の豪華な遠征合宿でした(^^)
コツバメ飛翔は珍しく周回飛行をしてくれたので、何とか合焦範囲に収まりました。広角でも試みたのですが、こちらは全滅でした(^^;;
本番狙いの蝶?だいたいご想像の通りです。
Commented by fanseab at 2007-03-21 23:40 x
maedaさん、撮影している林道は乾燥していたので未だマシでしたね。雨でぬかるんでいる時もこの格好ですから、趣味の道も辛いです。そう、熱中する時は歳を忘れてしまいますね。
Commented by fanseab at 2007-03-21 23:43 x
kenkenさん、まいどどうも。鄙びた温泉もまたいいですね。山の中ですけど、海も近いから刺身も旨いし、貴殿も本番合宿に参加されますか?テングの飛翔は久しぶりに満足している画像です。紀伊半島、渓谷が深くてかなり危険でした(冷汗)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード