探蝶逍遥記

珍鳥五目撮り?の巻

 昨日までの暖かさはどこに吹っ飛んだんや?と思わせる寒い一日でした。
本日は鳥初心者の小生が何と珍鳥狙いに出撃です。と言っても、ちゃんと指南番をつけさせて頂きました。いつも拙ブログに暖かいコメントを頂いている鳥撮りの先輩、蝶&鳥日記2のNさんにご無理を言って、ミニ撮影会を実施した訳です。朝8時、待ち合わせ場所にNさん登場。予想通り、気さくな方ですぐに意気投合。ブログ仲間の輪の有り難みですね(^^) なお、画像下に記載の機材は原則、D70S-VR84@400mm-X1.4TCです。

 最初は本日の珍鳥のなかでも「極珍」とも呼ぶべきキガシラシトド。ポイントに到着すると大砲を携えた鳥屋さんが数人。何でも朝方飛来した後、飛び去ったとか。それでも三脚セットして皆さんじっとその場を離れません。小生は寒くて仕方ないので、暫く周辺を一巡り。草地で餌を啄ばむシロハラ雌?をゲット。

シロハラ雌
f0090680_0395873.jpg
ISO=640、F5.6-1/200、+0.3EV

 目的のシトドはようやく10時頃登場。ネットでは見ていましたが、やはりチョー地味な小鳥です。

キガシラシトド①
f0090680_0402452.jpg
ISO=640、F5.6-1/125、+0.3EV

キガシラシトド②
f0090680_0404746.jpg
ISO=640、F5.6-1/200

 曇り空の日陰なので、完璧ブレています。撮影には厳しい状況でした。どうやら、地面には鳥屋さんが餌を撒いているようです。珍鳥撮影目的なのでしょうが、ちょっとこれはやり過ぎかな?

 意外とあっさりと第一のターゲット撮影成功に気を良くして、お次は小生撮影初体験故、個人的に珍品扱いのカワセミ。人慣れしているんでしょうか?意外とノンビリと枝先に止まって良いモデルとなってくれました。想像した以上に小さい鳥ですね。露出設定失敗でちょっとノイジーな画像になったのは反省材料です(^^;;

カワセミ
f0090680_0411583.jpg
ISO=640、F5.6-1/1000、-0.3EV

 これでこのポイントの目的を達成したので、大急ぎで次なるポイントへ。ドライブがてらの蝶談義も楽しいものでした。さて、お次は池の鴨と混棲しているとされるメジロガモ。小生手持ちの図鑑に記載がないので相当な珍品なのでしょう。池の対岸にそれらしき影を双眼鏡で確認。対岸に赴く前に手前側で餌付けしているヒドリガモと一緒に舞っていたユリカモメの一群に注目。これまで上手く撮れなかった飛翔画像にチャレンジ。ようやく、動きのあるいいシーンが切り取れて満足です。

ユリカモメ飛翔
f0090680_0414135.jpg
このシーンのみ@135mm、ISO=500、F8-1/1000、-0.7EV

 対岸に行くとヨシの葉陰の向こうにいるメジロガモを発見。風に揺られて寒そうにしているシーンを撮影できました。

メジロガモ
f0090680_0415888.jpg
ISO=500、 F6.3-1/250、+0.7EV

しかし、何となく蛸を思わせる気色悪い顔付きですな。

 これまたあっけなく第3の珍品を撮影終了し、さらに第3ポイントへ。ターゲットはオジロビタキ雌。ここは丁度梅が見頃なので、「これは絵になりそうだ」と思いきや、梅見の人だかりで小鳥が逃げそうなヤバイ雰囲気。それでもNさんは強気で「大丈夫ですよ。きっといますよ~♪」と心強いセリフ。
 果たしてNさん予想通り、雌を発見。近くにいた鳥撮り屋さんが一斉に三脚・大砲片手に一気にテンションが高まります。この個体も比較的人慣れしているせいか、驚くべき至近距離での撮影に成功しました。

オジロビタキ雌①
f0090680_0422271.jpg
ISO=640、 F7.1-1/320、-0.3EV

オジロビタキ雌②
f0090680_0424141.jpg
ISO=640、 F5.6-1/250、-0.3EV

オジロビタキ雌③
f0090680_043077.jpg
ISO=640、 F5.6-1/250

 特に①は梅をバックに春らしい構図で切り取れたので、大き目の画像を貼りました。③は枝に止まっている際に強風に煽られ、胸毛がさっと舞い上がった瞬間です。なんとなく、儚げな表情のこの小鳥、男の本能をくすぐる色気を持っているように感じてしまいます。どうも、小生、ヒタキ類の雌に入れ込みそうで気をつけなくっちゃ(^^;;

 何か恐ろしいくらい順調に第4の珍鳥をゲット。いそいそと最後の珍鳥探索にまたまた場所移動です。ポイントに付く前には何と雪がちらつく始末。雲が厚くなりはじめ撮影には厳しい状況になりました。目的はコイカル。現地で出会った鳥屋さんと情報交換。開けたポイントでじっと待ち続けます。ややあって、本命がイカルと混飛しながら登場。しかし、遠いんです、これが。どうせ証拠写真程度ならと、今回は検索図鑑風にまとめてみました。

コイカル(左)とイカル(右)
f0090680_043282.jpg
ISO=640、 F5.6-1/1000、+0.7EV

 頭部の黒色が頬まで拡がっているのがコイカルでイカルと識別できそうです。とにかく、これでめでたく「珍鳥五目撮り」の完成です。寒い中、指南番として終始優しくご指導くださったNさん、有難うございました。また暖かくなりましたら、またどちらかへご一緒しましょう。
by fanseab | 2007-02-24 23:59 | 野鳥 | Comments(18)
Commented by 6422j-nozomu2 at 2007-02-25 16:33
どうも昨日はお疲れさまでした。お会いできて本当に嬉しかったです。無事、4種類見事に撮影されており、ホッという心境です。もうすぐ3月、いよいよ蝶の方もスタートですね。お互い頑張りましょうね。蝶の方もまた機会があれば誘ってくださいね。それから、車中でお話していたネームカードの件ですが、是非登録なさり、もっと大きな画像を楽しみにしております。色々とお世話になりました。
Commented by banyan10 at 2007-02-25 16:56
蝶もそうですが、案内してもらうと効率良く撮影できますね。
鳥屋さんでもなかなか撮影の難しいものばかりのようで、すごい成果ですね。
ユリカモメは僕も飛んだところを撮影しましたが、こちらの方が迫力ありますね。
オジロビタキは本当に魅力ありますね。構図もばっちりで素晴らしいです。
Commented by fanseab at 2007-02-25 20:31 x
ノゾピーさん、昨日は本当にお世話になりました。ご指導よろしきを得て無事撮影できましたこと、御礼申し上げます。お互い、そろそろ鳥撮りも終了して、本格的に蝶モードへ移行ですね。今後ともよろしくです。
Commented by fanseab at 2007-02-25 20:35 x
BANYANさん、野鳥のポイントは蝶と違って日単位・時間単位で移動しますので、鳥屋さんの情報を把握されている方に案内頂かないと素人には無理です。本来なら一ヶ月以上かけて撮影できるかできないかの珍種を一日でゲットできたのは、ひとえに名案内人の賜物です。オジロビタキいいでしょ。本当に可愛かったですよ。
Commented by kenken at 2007-02-25 21:15 x
おぉ、素晴らしい鳥さんの成果ですねぇ~
NさんはFANSEABさんの撮影姿も撮られていたようですが、FANSEABさんはNさんの撮影姿は撮られなかったのかな?(笑)
私はやはり、ゼフ色のカワセミに魅かれますねぇ~
Commented by fanseab at 2007-02-25 21:31 x
kenkenさん、まいどどうも。昨日は本日同様極めて寒く、じっと相手が来るのを待つ鳥撮り屋さんのスタンスにビックリしてました。そう、Nさんの撮影姿、失礼ながら失念しておりました。早い話、そこまで余裕がなかったです(^^;;  カワセミは画像で見るとカラフルですが、じっと動かずにいると風景に溶け込んで意外と保護色になっています。
Commented by 虫林 at 2007-02-25 21:33 x
キガシラシトド、メジロガモ、オジロビタキは見るのも困難な鳥ですね。当然、小生はまだ見たことがありません。オジロビタキは綺麗に撮影されましたね、メスの写真でしたが、オスもいるのかな?
カワセミは何度見ても綺麗です。ちなみにカワセミは甲府市のシンボルになっております。
Commented by thecla at 2007-02-25 22:30 x
珍鳥度はわかりませんが、どれも素晴らしいですね。
鳥撮影は、皆さんポイントでじっと待つスタイルなのでしょうか。どうりで、近くの公園でも大砲持った方々が並んでいるわけですね。
Commented by naoki at 2007-02-25 22:51 x
ご無沙汰しております。世の中狭いですねえ!
Nさんとご一緒できる距離にお住まいとは・・
私も、鳥大好きですが、なかなかうまく撮れません。
素人と書かれていますが、どうしてどうしてご立派です!!
オジロビタキの雌・・かわいいですね。
Commented by fanseab at 2007-02-25 23:03 x
虫林さん、小生は鳥の素人なので珍品度の有り難味がよくわかりません。で、絵としてきちんと撮れていれば満足でした。オジロビタキはどうやら単独でいるようで雄はいないようです。カワセミ、来年の冬でにでもダイビングシーンにチャレンジしたいですね。
Commented by fanseab at 2007-02-25 23:05 x
theclaさん、今回の中ではやはりオジロビタキが可愛くて良かったです。鳥撮り屋さんのじっと4-5時間も待つスタイルは、我々蝶屋とは異次元の世界で馴染めませんね(^^) こちらすぐうろちょろしたくなりますんで。
Commented by fanseab at 2007-02-25 23:09 x
naokiさん、こちらこそご無沙汰です。でもちゃんと貴HPチェックしてますよ。関西圏の平野部の面積は関東に比べると狭いのでブログ・HP仲間とは車で至近距離で交流ができます。今回はNさんのご尽力で、たまたまいいシーンがゲットできました。
Commented by chochoensis at 2007-02-26 09:51 x
fanseabさん、珍しい野鳥探索で素晴らしい写真をゲット!おめでとうございます。どれも良く撮影で来ていて素晴らしいです、案内人のNさんとご一緒ならではの凄い成果に拍手です!!!パチパチパチ・・・。
Commented by ダンダラ at 2007-02-26 21:50 x
これだけ珍しい鳥を眺めて、写真まで撮れるとうれしいでしょうね。
ノゾピーさんに案内していただいたおかげですね。
蝶でもそうですが、良いポイントを効率よく案内してもらうとほんとに得した気分になりますね。
400mmで1/125、1/250でもきっちり撮れているのはVRの威力ですね。
Commented by fanseab at 2007-02-26 22:32 x
chochoensisさん、いつもコメント有難うございます。今回の成果はひとえに練りに練ったプランニングをして頂いたNさんのおかげです。一冬分の成果を一日でゲットしたような気分でした。
Commented by fanseab at 2007-02-26 22:39 x
ダンダラさん、仰る通り、一日でこれだけ成果を挙げられるのは蝶でもそうそうないですね。キマルリ・ルーミス・ギフ・ミヤマモンキ・チャマダラセセリを一日で撮るような感じだったかもしれません。無論、名案内人のご尽力の賜物です。400mmにテレコンをつけた560mmですので、さすがにVRでも1/125では厳しく、1/250が限界でした。
Commented by nomusan at 2007-02-27 20:26 x
すっかり出遅れてしまいました(汗)。
いや~、もう素人などと仰ってはいけませんよ~。
どれも素晴らしい画像です。
Nさんのプランニングも流石!ですね。
Commented by fanseab at 2007-02-27 23:00 x
nomusan、有難うございます。鳥撮りも場数を踏むことで少しづつそれらしい絵が撮れるようになりました。ご指導頂いたNさんが「冬場は浮気する」気持ちもよくわかりますね。でも、もうそろそろ蝶モードにスイッチを本格的に切り替えるつもりです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード