探蝶逍遥記

香港遠征(10/6-9):その2

 2日目(10/8)の朝、起床すると前日の登山の疲れが残って体がだるい(^^;; ただ私的新種が今日も撮影できるかと思うと、ワクワクして元気が出てきます。ホテル前、8時半にピックアップしてもらい、本日の観察ポイント、新界地区・鳳園に向かいます。鳳園は昔ながらの香港の田園風景を残す場所で、現在はこのポイントに生息する蝶と周辺環境を香港特別行政区の協力でNGOが保全・管理しています。不足する管理運営費は小学生の生態・環境教育として見学をプロモーションし、その見学費を充当する等、予算不足を補う工夫をしているとか。

 最初にその管理事務棟にお邪魔しました。
f0090680_22523262.jpg
壁のペインティングが可愛らしくて好感が持てます。ここで管理責任者のYさん他スタッフと懇談。そうこうするうちに賑やかなグループが到着。香港鱗翅学会と交流されている台湾の蝶屋さん一行でした。半数以上が女性メンバーなのに、ビックリ。皆さん、最新のデジ一眼をぶら提げ、管理棟内に掲示された生態写真を見ながら一気に盛り上がっています。

 その後、早速フィールドへ。ワーッと歓声が上ったポイントに出向くと、ウラフチベニシジミ(Heliophorous epicles)の吸蜜シーンにカメラマンが鈴なり状態。このシジミは前回撮影済みなので、こちらは皆さんが撮影を終えるのを待って、ゆっくりと撮影。このシジミ、尾が長いので、折れてもいないのに垂れ下がっています。
f0090680_225324.jpg
R1@5.6mm, ISO=200, F5.9-1/330、-0.3EV

 センダングサが咲く同じポイントでまたしても大きな歓声が。今度は小生初体験のシロスソビキアゲハ(Lamproptera curius)。今回遠征のメインターゲットの一つなので、台湾勢に気後れしてはならじと、割り込みも辞さず必死にレンズを向けましたが、やはり、他のカメラが干渉して出来上がりはイマイチ。合同撮影会?の難しさを実感しました。
f0090680_22533586.jpg
D70, ISO=500, F5-1/1250、撮影時刻:10時04分

 スラウェシや北タイで観察した仲間のアオスソビキアゲハ(L. meges)に比べると大変地味な印象ですが、飛翔中、トンボと見間違う姿はアオスソビキと一緒です。落ち着いて周囲を見渡してみると、いるわいるわ、かなりの個体数が飛び回っています。沢沿いにはこのアゲハの食草が繁茂しているから・・・と会長さんのコメント。

 この後、台湾勢と少し距離を置いて撮影していると、会長さんが手招きしています。急いで行ってみると、シロスソビキアゲハが2頭吸水中。しかも1頭は勢い良くポンピング(腹端から吸水した水を噴出す行動)しているではないですか!!絶好のチャンスを逃してならじと、シャッターを連射モードに切り替えバシバシ50コマ程度、写しまくったところ、2コマほど、腹から出た水滴が写ってくれました。ただ、後から冷静に考えると、横方向から水滴を狙うべきと反省しきり。連続した水滴がご覧頂けますでしょうか?
f0090680_22541278.jpg
D70, ISO=640, F7.1-1/1000、+0.3EV

 ふと、花壇を見やるとスジグロカバマダラやコレ(ガランピ)ルリマダラ(Euploea core)がフワフワ舞っております。こうした光景は本当に癒されます。のんびり見ていると突如、上空にどてかいアゲハが!! おぉ!見紛うことなく、ヘレナキシタアゲハ(Troides helena)の♂です。香港での最終化が9月頃までと聞いていたため、これは何と言う幸運でしょう。400mmズームを360mmにセットして置きピンではなく、難易度の高い、姿を見ながらのMF合焦で飛翔を狙います。海外遠征で、キシタ♂との出会いもこれで5回目なので、少し余裕が出てきて、数10コマで5コマほど見られるショットがありました。ベストショット(と言っても相当なトリミングをしております)をお見せしましょう。
f0090680_22544855.jpg
D70S-VR84@360mm(トリミング), ISO=640, F5.6-1/1250、-0.3EV、撮影時刻:10時33分

 こうして見ると、ストローを緩めて吸蜜準備態勢を取っていることがわかります。ただ期待を裏切って吸蜜シーンは見ることができませんでした。会長さんによれば、吸蜜は早朝か、午後3時頃が狙い目とか。キシタ系♂の吸蜜シーン撮影はまたまた今後の宿題事項になりました。ここはアゲハ類が吸蜜を好むランタナが沢山植えてあって、ベニモンアゲハ(Pachliopta aristrochiae)も来ておりました。ベニモン、ヘレナキシタ共にウマノスズクサ食いで、当然この食草もこのポイントに豊富にあることの証明です。小生、ベニモン撮影はこれが初体験ですが、ちょっぴりスレ品が残念。そこで逆光で美しさを補う作戦で作画してみました(^^;; 
f0090680_22551779.jpg
D70S-VR84@300mm, ISO=500, F5.3-1/1250、+0.3EV

 ランタナポイントから森を抜け、更に西に移動してオープンランドで探索。小川を挟んだ対岸の繁みに黒いヒカゲチョウの影が。400mmズームで確認すると、ルリモンジャノメ(Elymnias hypermnestra)。ただちょっと遠過ぎてガッカリ。そうこうするうちに、また台湾勢が賑やかに集まってレンズを向けていました。
f0090680_22571881.jpg
どれどれ、何がいたのかなあ?と確認すると、何と、目の前にはロヒタキマダラルリツバメ(Spindasis lohita)!!
f0090680_22573342.jpg
D70, ISO=200, F3.8-1/500、撮影時刻:11時27分

 こいつも香港遠征のターゲットだったので、急に心臓ドキドキモード。でも逃げる気配がなさそうなので、じっくりと狙うことができました。小生、恥ずかしながら日本国内でキマルリ(S.takanosis)は撮影未体験。国産キマルリに比べると、裏面の黒班は濃い小豆色を帯び、中の銀細線もくっきりとして螺鈿細工のような艶やかさです。冷静に見ればスレ品で残念ですが、一応4本の尾状突起は完全です。風でそよぐ突起の2本が後方に揃った瞬間にシャッターを押すのは結構骨が折れました。4本も尾状突起があるシジミを綺麗に写すのは本当に苦労します。

 そうこうするうちに時計は12時を過ぎておりました。台湾勢は午後、小生らと別れて行動するため、全員揃って記念写真です。「は~い、チーズ!」
f0090680_22562556.jpg

日本(小生1名のみ)、台湾、香港の3ヶ国の蝶屋さんが互いに握手、次回の再開を誓って別れました。将来台湾遠征を計画中の小生にとって、貴重な人脈が出来た楽しい一時を過ごすことができ、皆さんに感謝です。次回は夕方6時まで粘った当日午後の撮影行についてご報告いたしましょう。
by fanseab | 2006-10-18 23:03 | | Comments(14)
Commented by banyan10 at 2006-10-19 00:16
国際的な撮影会も楽しそうですね。
人数が多すぎると撮影が難しい部分もありますが、1人より見つかる蝶は多いし、やはり楽しいですよね。
以前も見せてもらったと思いますが、やはりウラフチベニシジミがいいですね。
Commented by kenken at 2006-10-19 12:45 x
NGOの建屋、なかなか立派じゃないですか。こういう団体が保全してくれているとは、いいなぁ・・・
ウラフチベニは普通種なのかな?でも、この翅裏、大好きです。
スソビキ、こりゃ写真に限りますね。尾上突起が映えます。
SPINDA最高!尾状突起の先端の白がやはり好み・・・こんな時期までいるんだ・・・2化?
Commented by 6422j-nozomu2 at 2006-10-19 22:35
第2弾首を長くして待っておりましたよ。見たこともない蝶が一杯登場ですね。スソビキアゲハの仲間感動しました。小さいのに何と尾状突起が長いこと。飛んでいる姿はトンボに見えるのですか。見たいなあ。それからキマルリにそっくりの奴もいるんですね。完全に同行した気持ちになってしまいました。私も香港は無理でも台湾行ってみたいです。財務大臣の許可多分おりないと思いますが。(笑)
Commented by fanseab at 2006-10-19 22:55 x
BANYANさん、総勢15名もいると、お互いのレンズがぶつかり合うこともしばしばで難しいですね。小生、女性のパワーに弱いんで(^^;ついつい遠慮がちにしておりました。
でもロヒタキマルリ等は台湾勢に発見して頂いたようで、ご指摘のように複数の観察眼があることで効率的な撮影ができますね。
Commented by fanseab at 2006-10-19 23:00 x
kenkenさん、ここは廃村で不要になった家屋を改修してNGOの事務所にしています。そこいらじゅうに緑がある日本と違って、狭い土地に住む香港の人達は環境保全に関する感度が高いように思いました。
ウラフチは日本のベニシジミのような普通種で、川べりにいます。
Spindasisの化数は不明です。ホストの蟻の世代交代(巣立ち)数にリンクしているとは思いますが・・・。
Commented by fanseab at 2006-10-19 23:14 x
ノゾピーさん、更新間隔が空いてスミマセン。スソビキアゲハは一見の価値ありです。アオスジアゲハに近い仲間ですが、最初は絶対、蝶とは思えないんですよ。「その3」で別のキマルリも登場しますのでお楽しみに。香港はホテル代の季節変動が極めて激しく、底値の時期を選べば台湾よりは安いかも。
Commented by 虫林 at 2006-10-20 19:41 x
素晴らしい成果で、おめでとうございます。
どのチョウもそれぞれ個性的でいいですね~。
私的にはヘレナキシタアゲハが飛んできたら興奮して撮影どころではないかもしれませんね(笑)。
そろそろ、アジアデビューしてみたいこの頃です。
Commented by cactuss at 2006-10-20 21:22
見たことがない蝶を見せて頂き、ありがとうございました。香港は蝶の撮影にはいいところなんですね。中でもシロスソビキアゲハの長い尻尾には感動しました。
Commented by maeda at 2006-10-21 06:46 x
楽しそうですね。
写真の成果ももちろんですが、海外に沢山の友が出来るというのがすばらしいですね。
何かの機会の再会することもあるでしょうし。
Commented by fanseab at 2006-10-22 07:38 x
虫林さん、有難うございます。
<どのチョウもそれぞれ個性的でいいですね~
そう、それが東南アジアの蝶の最大の魅力なんです。ヘレナキシタ、小生、今でも興奮して撮れるチャンスを逃すことが多いです。アジアデビュー期待してます(^^)
Commented by fanseab at 2006-10-22 07:40 x
cactussさん、まだ続編がありますのでご期待ください。総合的な交通の便利さが香港での蝶撮影の最大のメリットです。スソビキアゲハ、どなたでも初めてご覧になると感動ものです。
Commented by fanseab at 2006-10-22 07:46 x
maedaさん、まいど。小生もwebsiteを通じて、香港の蝶屋さんと知り合いになり、お互いの国の蝶図鑑を交換したり、交流が続いています。お互い言葉のコミュニケーションは拙くても蝶を探索する気持ちは一緒です。
Commented by thecla at 2006-10-22 17:58 x
どのチョウも個性的でうっとりします。見たことのないチョウは様々に想像が膨らんでいいですね。
大勢で撮るなら、長玉便利ですよ、遠目から遠慮しないで撮れます。
Commented by fanseab at 2006-10-22 20:51 x
theclaさん、コメント有難うございます。図鑑でまず見て、この蝶、どんな飛び方をするのだろう?って想像し、意表をつく実物を見てまたビックリ。海外遠征はこれの連続で麻薬にとり憑かれたように遠征を繰り返してしまいます。長玉をこの時持っていましたが、90mmで撮れる距離だとついついそのまま撮って、相手のカメラとぶつかっていました(^^;;
名前
URL
画像認証
削除用パスワード