探蝶逍遥記

コンクリート塀で暮すツマグロヒョウモン幼虫

3/19付け拙ブログでもご紹介した兵庫県の自宅近くの首題幼虫。春から継続観察をしていたところ、今月の初めから塀下にあるスミレで目につくようになりました。5月から8月一杯は何故か、このポイントに母蝶は産卵しないようです。真西に面しているため、夏季は幼虫にとって暑すぎる環境が邪魔しているのでは?と推察しています。
 試みに9/16に計数したところ、蛹2頭、幼虫25頭が確認されました。道路沿い20mにスミレの株が10株ほどあり、一株に群がる幼虫は迫力満点です。
f0090680_22374526.jpg
D70S-10.5-X1.4TC, ISO=200, F8-1/40、内蔵ストロボ、撮影時刻:10時21分(9/16)

 この写真で、手前の株に5頭、向こう側に2頭、そして塀の上に1頭が静止しています。摂食以外の時間帯に静止する位置は食草上、コンクリートの地面、それに塀の上になりますが、このポイントでは圧倒的に塀の上で休んでいる個体が多いのが特徴。
f0090680_22381892.jpg
D70S-10.5-X1.4TC, ISO=200, F10-1/40、+0.3EV、内蔵ストロボ、撮影時刻:10時20分(9/16)

 昼間はもちろん、夜間もご覧の通りです(1頭は食草上にいます)。
f0090680_2238437.jpg
D70S-10.5-X1.4TC, ISO=500, F10-1/320、内蔵ストロボ、撮影時刻:21時48分(9/11)

 毛虫嫌いの人が見たら卒倒してしまうかもしれません。雨降りの日はさすがに地面の静止では水没するのを嫌って?全個体が塀の上に避難しているようです。そして蛹も↓の写真の通り、塀の上ですが、この塀の庇(ひさし)の下も好まれるようです。蛹の色は阪神大震災でも倒壊しなかったくすんだ塀の色と同化して見事な保護色になっています。
f0090680_2239183.jpg
D70S-10.5-X1.4TC, ISO=200, F8-1/80、内蔵ストロボ、撮影時刻10時22分(9/16)

 9/16以降の幼虫・蛹の個体数の推移を下記します。

   9/16 幼虫25頭、        蛹2頭
   9/18 幼虫17頭(内前蛹1頭)、蛹2頭
   9/22 幼虫3頭、         蛹8頭

 9/16を起点にした蛹化歩留りは25%です。スミレの株数(10株)はすべての幼虫を育成するには不足しているので、妥当な線でしょうか?食草からあぶれた幼虫は食草を求めて徘徊し、車に轢かれたり、小鳥に食われたり等で数を減じたのでしょう。恐らく蛹は来週前半から来月上旬にかけて一斉に羽化するものと思います。最終的な羽化率(寄生率)がどの位か?調べてみようと思います。

【お知らせ】
 本体HP:韓国の蝶のギャラリーを科別表示方式に変更し、新規に3科13種を追加しました(9/18)。掲載種の75%は日本国内と共通種ですが、「ヒメキイロミスジ(Neptis themis)」等のユーラシア大陸固有種も含みます。お時間のある時にお立ち寄りください。
by fanseab | 2006-09-22 22:43 | | Comments(9)
Commented by 愛野緑 at 2006-09-22 23:12 x
これだけいるとさすがに わ~ という感じです。
草地ではなくこんな劣悪と思われる所にいたりするのですね、驚きました。
Commented by fanseab at 2006-09-22 23:43 x
愛野緑さん、すごいでしょ。
幼虫を観察していると、関東にもドンドン繁殖していくたくましい生命力を感じます。スミレさえあれば、場所は選ばず・・・そんな感じです。
Commented by banyan10 at 2006-09-23 16:49
家の近くではこの時期に葉のあるスミレが見つかっていません。
成虫はいるので、どこかで成長しているはずなので悔しいです。(^^;
このように幼虫が塀などで休んでいれば見つけやすいですよね。
時期によって産卵場所を選んでいるとしたら面白いですね。
Commented by kenken at 2006-09-23 16:59 x
ツマグロの幼虫の生命力はしたたかですね。
私の勤務先の建物の壁でも、この時期になるとまったく同じシーンが見られます。なんにもない壁に蛹がぶら下がっているのにはいつも驚かされます。ちなみに、私が蛹を確認している壁は真東を向いています。
これだと朝のうちだけした陽が当たらないので、乾燥しすぎなくて良いようです。
Commented by fanseab at 2006-09-23 20:54 x
BANYANさん、計画的に庭のベランダ辺りにパンジーを植えておくのも
幼虫観察にはいいかもしれませんね。あるいは屋外にある園芸店でツマグロ幼虫付きのパンジーの苗を買ったりする手もあるかも(^^)
Commented by fanseab at 2006-09-23 20:57 x
kenkenさん、そもそも道路沿いに天然のスミレが生えている場所が局地的なので、母蝶がこのポイントに集中して産むのかもしれません。それでも、湿度と温度の関係からか、2年間の観察で梅雨時~真夏は全く産まないようです。どこかもっと適当なポイントがあるのでしょう。
Commented at 2006-09-23 23:48 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by maeda@仕事中 at 2006-09-24 15:58 x
花壇のパンジーがすべてやられてしまったマンションとか、九州では普通の風景でした。
でも、こんなには幼虫はいませんでしたね。

韓国の蝶も拝見いたしました。
近場の外国として台湾とともに興味深い地です。
撮影のために入る山とか、特に制限無いのでしょうか?
Commented by fanseab at 2006-09-24 19:59 x
maedaさん、お仕事中、恐れいります。花壇のパンジーの場合は判りませんが、コンクリートの壁がある分、幼虫が丸見え状態で、勘定しやすいかも知れません。
韓国での観察ですが、軍事境界線近辺でなければ、特に制限はないと思います。日本からのアプローチの時間を勘案して、確かに南の蝶を撮るなら台湾や香港、ユーラシアの蝶を撮るなら韓国がお手軽です。
韓国北部は気候の関係で北海道と同じで、7月頃に一斉に夏の蝶が出てくる魅力もあります。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード