探蝶逍遥記

ギンイチモンジセセリ第3化探索:(9/2-3)

 待ちに待った第3化を探しに週末の2日間を多摩川の畔で遊びました。
土曜日は所用で外出できず、夕方4時からの異例に遅い出撃です。フィールドに出ると、イチモンジセセリの数が増し、秋の訪れを感じます。空も澄み渡り、流れる雲も高く、ヒンヤリとして2週間前、うだるような暑さに辟易したことが嘘のようです。

 さて、ススキの原に足を踏み入れると、いました、いました、パタパタと独特の飛翔が目に飛び込んできました。待望のギンイチです。数は少ないものの、どちらかと言えば♀が多い感じ。一番別嬪さんにモデルになってもらい、第3化であることを強調すべく、秋雲をバックに縦位置広角でまとめてみました。
f0090680_2336917.jpg
D70S-10.5-X1.4TC, ISO=800, F14-1/80、-0.7EV、内蔵ストロボ(調光補正-0.3EV)、撮影時刻17時32分

 この時間はそろそろ♀の休眠タイムなのでしょう。さて、♂はと言うと、17時を回っても例のごとく、探雌行動に余念がありません。それではと、飛翔狙いで追い回してみました。飛翔写真も秋の空と雲を背景に入れることに拘ってみました。3連発でのご紹介です。
f0090680_23363553.jpg
D70S-10.5-X1.4TC(トリミング), ISO=500, F11-1/500、-0.7EV、内蔵ストロボ(調光補正-0.3EV)、撮影時刻16時54分

f0090680_23365014.jpg
D70S-10.5-X1.4TC, ISO=500, F8-1/500、-0.3EV、内蔵ストロボ(調光補正-0.3EV)、撮影時刻17時17分

f0090680_233786.jpg
D70S-10.5-X1.4TC(トリミング), ISO=500, F8-1/320、-0.3EV、内蔵ストロボ(調光補正-0.3EV)、撮影時刻17時20分

 夕刻故,背景側光量が不足するので、どうしてもギンイチ裏面が露出オーバーになって、露出バランスが難しいものです。日も暮れたので、今日はこれにてお終い。

 さて、翌日は朝6時40分から行動開始。狙いは♂です。ところが、数は少なく苦労します。ようやくまずまず新鮮な個体を見つけ、90mmマクロで。腹端についた朝露がご愛嬌です。
f0090680_23373764.jpg
D70, ISO=500, F7.1-1/320、撮影時刻6時59分

 引き続き、開翅を狙います。結構♂は敏感で、接近戦に持ち込めません。おまけに天気はピーカン状態。ようやく撮れたショットですが、モデルになった♂はちょっとくたびれているのが残念です。♂開翅シーンはヒメヒカゲ表翅同様、本当に表現が難しいです。
f0090680_23375499.jpg
D70, ISO=500, F9-1/800、-0.3EV、撮影時刻7時56分

 その後、昼前まで粘るものの、どこかに雲隠れ状態になったので、撤収です。近くの草地ではキバナコスモスが満開。ヒメアカやキタテハが集う光景はもう完全に秋です。これらのタテハをしつこく追い回していたのがジャコウアゲハの♂。こちらはジャコウを追い回し、コスモスをバックにパチリ。
f0090680_23381448.jpg
D70S-10.5-X1.4TC, ISO=500, F14-1/500、-0.7EV、内蔵ストロボ(調光補正-0.3EV)

 ススキの原の入り口では、ミヤマチャバネがまだ元気な姿で日光浴。でも、もう見納めでしょうね。
f0090680_23383180.jpg
D70, ISO=500, F7.1-1/640、-0.3EV

 今日目撃したセセリはギンイチ、ミヤマチャバネ、チャバネ、イチモンジ、キマダラの5種類。当地に住むセセリがフルキャストで観察できるのも、この時期しかないようです。とにかく、好天に恵まれた週末に感謝です。 
by fanseab | 2006-09-03 23:41 | | Comments(18)
Commented by ダンダラ at 2006-09-04 00:25 x
ギンイチ、撮影成功おめでとうございます。
夕方こんなに遅い時間まで活動しているんですね。これは知りませんでした。
飛翔写真も面白い雰囲気で、これはこれで良いと思います。
Commented by banyan10 at 2006-09-04 01:18
ギンイチ夏型の撮影おめでとうございます。
広角、開翅、飛翔と撮影を満喫されたようですね。
ジャコウの飛翔も見事です。
Commented by maeda at 2006-09-04 06:25 x
ギンイチなどセセリの飛翔撮影は容易でないですよね。
私はこれといったものが撮れていません。
すごい写真です。
Commented by furu at 2006-09-04 20:29 x
2化を撮りに行こうと思いながらぐずぐずしている内に、もう3化の時期になっていたんですね。近いうちに行ってみたいと思います。ジャコウアゲハの飛翔が癒し系で良いですね。
Commented by fanseab at 2006-09-04 21:03 x
ダンダラさん、3化発生時期に関する情報等、有難うございました。お陰様で何とか撮れました。普段は撮影しない時間帯に出かけたため、遅くまで飛んでいる姿に出会い、こちらもビックリでした。
Commented by fanseab at 2006-09-04 21:06 x
BANYANさん、まいど。お陰様で、夏型何とかものにできました。暑さも少し和らいだので、ススキの原も抵抗感がなくなりました。吸蜜も狙ったんですが、昼間の時間帯にどこかに消え、断念しました。
Commented by fanseab at 2006-09-04 21:09 x
maedaさん、確かにイチモンジ等、高速系セセリは小生も手が出ませんが、ギンイチは一定高度を緩やかに飛ぶので、何とかチャレンジする気になります。第1化と比べて、比較的開けた空間を飛ぶのも撮影にはラッキーでした。
Commented by fanseab at 2006-09-04 21:12 x
furuさん、コメント有難うございます。小生も2化の時期に他種を優先させたため、ようやく3化で銀模様のないギンイチがゲットできました。
ジャコウと一緒になって、コスモスの周りで戯れるのはカメラマンも癒されます(^^)
Commented by kenken at 2006-09-04 23:56 x
おぉ~、以前からコメントされていたギンイチの第3化ですな。あっさりした翅裏も、これはこれでえぇもんです。イワシ雲・・・秋の雰囲気がよく出ています。
ところで、内蔵ストロボは調光補正のみで、ディフューザー的な秘密兵器は何かお使いなのでしょうか?
むむっ、拝読していくと、翌朝も・・・これはまた根気いる観察ですね。
Commented by fanseab at 2006-09-05 21:21 x
kenkenさん、九州遠征お疲れ様です。初秋の風を頬に受けながらの撮影で、秋の雰囲気を何とか演出しようと拘った作画にしてみました。
ストロボの件、ご推察の通り、ディフューザーを使用しております。これなしだと、超広角レンズの画像下半分に光が回りません。実は秘密兵器?1号機は先日の長野遠征で紛失してしまい(^^;; 今回は3号機を使用しています。徐々に改良が進んで、ほぼ満足する性能が出始めました。
Commented by nomusan at 2006-09-05 21:28 x
『ギンイチと秋空』初めての組み合わせです。私にとってこの蝶はGWにオオルリの時期に1化、7月にオオウラギンの時期に2化、お盆前にゴマの時期に3化って感じで真夏までの蝶のイメージでした。所変わればって感じですね。個人的にはこの時期の金茶色が好きです。
Commented by fanseab at 2006-09-05 22:38 x
nomusan、夕方、ススキの間を黄金色に輝いて飛ぶギンイチは第1化では見られない別世界の美しさでした。オオルリ・オオウラギン・ゴマですかあ!これまた相手に不足なしの豪華な組合せですなあ。こちら多摩川では、せいぜいミヤマチャバネが関脇クラスのペアかな?所変わればって感じですね(笑)
Commented by thecla at 2006-09-05 23:09 x
一枚目の秋空とギンイチの組み合わせ素敵です。
ススキの露光具合が夕方の雰囲気が上手く出ていますね。こんな感じのを是非撮りたいのですが、私、ストロボを上手く使いこなせません。
Commented by fanseab at 2006-09-05 23:57 x
theclaさん、有難うございます。この日の夕方は本当に心地良い秋の空が印象的だったので、何とかチャンスをものにしたいと必死でした。幸いモデルの♀が不活発で、何回かストロボ照射条件を変えてもじっとしていてくれたので、最適露光条件を探し出せました。
Commented by 愛野緑 at 2006-09-06 10:23 x
青空バックのギンイチの飛翔は素晴らしいですね。
ジャコウの方も花、青空、立木、主役と色のコントラストがとても綺麗だと思います。なかなかこんなチャンスはないです。

まして、今日は雨降ってますし・・・(><)・・・折角の休みが・・・。
Commented by fanseab at 2006-09-06 19:41 x
愛野緑さん、お褒め頂き有難うございます。広角画像では、青空を背景にすると画面が引き締まるような気がします。ジャコウはついつい♀を撮りがちですが、今回は♂にこだわってみました。平日に休暇を取られたのに雨。。。心中お察し申し上げます。
Commented by 6422j-nozomu2 at 2006-09-10 23:22
関東と関西の両方のフイールドをお持ちで羨ましいです。関西でも確か今頃3化の発生時期ですが、行かなかったなあといささか後悔です。広角はやはりバックの青空が決め手ですね。エエ写真です。ストロボを使用した飛翔写真、難しそうですが、面白そうです。そうか秘密兵器が必要なんだ。
Commented by fanseab at 2006-09-11 23:41 x
ノゾピーさん、毎度どうもです。多摩川のフィールドは10年以上継続観察しているので、愛着がある場所です。そう、広角ではバックの広がり感で画像が生きてきますね。秋雲は遠近感を強調するにはうってつけの素材だと改めて思いました。
ストロボ併用写真、D70だと内蔵ストロボで結構楽しめますよ。自作ディフィーザーの拙さを隠すために「秘密兵器」って呼んでます(^^;;
名前
URL
画像認証
削除用パスワード