探蝶逍遥記

多摩川セセリ探索:PartⅡ(8/20)

 前日(8/19)は猛烈な暑さもあって観察時間が制限され、セセリ成虫探索は消化不良の感が残りました。そこで連チャンで多摩川での観察です。本日は朝から曇り勝ちで助かります。7時半頃から探索開始。今日も土手の草地ではジャコウアゲハ♀が産卵に一生懸命です。すると、その草叢にセセリ発見。キマダラセセリ♂です。多少スレていますが、前日、寄生されてミイラ化した幼虫を見ていただけに元気な姿を見てほっとします。
f0090680_21102211.jpg
D70S-24, ISO=500, F9-1/200

 ウロウロすると、キマダラの個体数は多く、どうやら第2化♂発生のピークのようです。朝露に濡れた下草で、交尾ペアも発見。ペアを見るのは久しぶり、デジタルでは初撮影です。
f0090680_2110515.jpg
D70S-24, ISO=500, F9-1/60

 次にススキの原に突入。ススキ群落に面したアレチウリの葉上でもキマダラ♂がさかんにテリを張っています。そのキマダラ♂が突然飛び出した大きめのセセリと一瞬絡み、大型セセリはススキの葉のてっぺんに。高さ2mを越すススキに接近すると、いました、いました、待望のミヤマチャバネセセリ♂です! まだテリ張りには時間が早いのか、動きは緩慢ですが、なにせ静止位置が高過ぎて、撮影できず。そのうち、行方を見失ってしまいました。仕方なく、少しポイントを移動すると、今度は少し開けた場所で再び大型のセセリが飛び立ち、草叢に降り立ちました。慎重に接近して確認すると、ミヤマチャバネの(恐らく)♀です。縁毛もきれいに揃っていて羽化直後と思われる綺麗な個体。バシバシ写しまくりました。まずは、縦位置でパチリ。本種第2化個体の撮影もデジタルでは初です。ホワイトバランスが青味にブレるのを防止する意味でストロボを焚きました。
f0090680_21112544.jpg
D70S-24, ISO=500, F13-1/125、外部ストロボ

 この個体、かなり接近しても逃げず、一旦飛んでもせいぜい1m位で、すぐに草叢に降り立ちます。今度は自然光下、横位置で1枚。
f0090680_21114281.jpg
D70S-24, ISO=500, F13-1/60、+0.3EV

 ゴールデンウイークの頃発生する第1化個体に比較して、後翅裏面の白斑が若干小さめになるのが第2化の特徴。本種のトレードマークである基部側の小斑点も遠慮勝ちに付いていて、より一層エレガントな印象を受けます。

 このところ、相性が悪かった多摩川のセセリ成虫探索。本日はキマダラ、ミヤマチャバネ両成虫を撮影できて、久しぶりに満足する結果となりました。9時頃、急に暗くなって俄か雨が降り出しところで撤収。帰宅後、さっとシャワーを浴びて汗を流し、ビールを軽くあおると夏バテも少し吹っ飛びました(^^)

※実は、セセリ撮影の帰り道、意外なある物を発見してビックリ仰天です。これについては、後日更新いたします。その「意外なある物」とは・・・・??
by fanseab | 2006-08-22 21:14 | | Comments(10)
Commented by thecla at 2006-08-22 22:46 x
暑い中の多摩川セセリ探索、お疲れ様でした。
1枚目のキマダラセセリ、いかにも多摩川の土手~♪、草叢が強調されているのが私好みです。
Commented by maeda at 2006-08-23 06:18 x
キマダラセセリの交尾は初めて見ました。
これまでも観察はされていたのでしょうか?
Commented by fanseab at 2006-08-23 07:19 x
theclaさん、有難うございます。
この日は曇り空だったので、少し楽でした。多摩川の土手は変に
芝生化されるのが一番心配ですね。
Commented by fanseab at 2006-08-23 07:23 x
medaさん、交尾シーンは銀塩時代に一度あります。今年は例年より個体数が多いので、上手く見つけられたのかもしれません。シンガポールでも同属の別種交尾ペアを撮影しており、potanthus属とは相性がいいのかも知れません。
Commented by ダンダラ at 2006-08-23 17:28 x
あの広い河原で、小さなセセリ相手は暑くて大変そうですが、もう少しすればギンイチも出てくるでしょうね。
ミヤマチャバネのストロボはそれとは判らないくらいのもので、色合いも良くなって素晴らしいですね。
キマダラセセリの交尾はラッキーですね、うらやましいです。
時間は何時頃ですか。
Commented by fanseab at 2006-08-23 22:57 x
ダンダラさん、多摩川流域全体としては、ギンイチ、ミヤマチャバネ両種共、すぐに絶滅の危機はないと思いますが、マイポイントは植生の遷移が急速に進み、危機的状況にあります。ですので今のうちにきちんと記録しておこうと必死に撮影しています。
ストロボの件はシグマ24mmのレンズ特性上、光量不足で青みがかる欠点を補正していますが、絞込みたいこともあって、焚いています。
キマダラ交尾の撮影は7時56分です。
Commented by nomusan at 2006-08-24 06:30 x
ミヤマチャバネ、綺麗ですね。セセリはついつい「ついで」になりがちでなかなか専念できません。私もちゃんと撮りにいかねばと思いました。
Commented by fanseab at 2006-08-24 22:55 x
nomusan、関西あたりでミヤマチャバネ真面目に探そうとすると、それこそ、高原とか探索に苦労するようです。セセリは衣装も地味だし、なかなかスターになれませんね。ついつい、ミヤマチャバネやギンイチみたいに洒落たアクセサリーが付いている種を追っかけてしまいます。
Commented by kenken at 2006-08-25 00:45 x
出ましたね!お得意の「連ちゃん」(笑)
ミヤマチャバネいいなぁ。縁毛もびっしり残っていて本当に新鮮な個体です。私、まだまともな写真が撮れていません。関西ではほんまに減りました。
キマダラではありませんが、ホソバの交尾も朝方8:00前後に見ています。早朝はセセリには交尾時間帯なのかもしれません。
Commented by fanseab at 2006-08-25 21:05 x
kenkenさん、連チャンは「お得意」ではなく、暑くて仕方なく2日に分けての観察です(^^;;
ミヤマチャバネ、狙って撮る時はいつもスレ品が多くて、今回はラッキーでした。来シーズンは、ホソバの交尾も撮りたいですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード