探蝶逍遥記

木曽探索行(8/12-13) PartⅡ:タテハチョウ達

 PartⅠで「第3のターゲット」と書いたのが、オオミスジです。「Neptis属ファン倶楽部会員」?である管理人としては、是非ともデジタルで撮り直したい目標の一つでありました。以前から「乗鞍~木曽御岳山麓に多産・・・」の情報を得ていたので、かなり期待して出かけたのです。初日、街道沿いの集落あたりを通り過ぎると、早速雄大な滑空飛翔を目にすることができました。ただ、簡単には下に降りて来ません。やはり朝一狙いにしようと、翌日、オナガシジミを撮影した近くで待っていると、最初に飛び出したのはミスジチョウ。こちらはさすがにかなり欠けが目立ちます。やはり7月中に撮影に来るべきなのでしょう。ややあって、オオミスジ♀も飛翔開始。こちらは狙い通り、飛び始めてからすぐに下草に降り立ってくれました。少し欠けていますが、まずまずの画像が撮れてヤレヤレです。
f0090680_20501148.jpg
D70S-VR84@400mm, ISO=500, F9-1/320

 この後はクルミの梢に飛び立ち、ジ・エンド。気持ちを切り替え、チャマの探索に向かいました。チャマ探索をした牧場や牧草地で圧倒的な個体数を誇るのがジャノメチョウ。草叢から急に飛び立って慌てさせられます。ここは広角でまず飛翔写真にトライ。この蝶、絶対的な飛翔スピードはないものの、結構不規則に方向転換するので歩留まりはそれほど上がりません。何とかど真ん中にヒットしたのを貼ります。この画像を撮影する頃から雲行きが怪しくなり、やがて雷鳴が轟き始めました。
f0090680_20511221.jpg
D70S-10.5-X1.4TC, ISO=500, F10-1/250、+0.3EV、内蔵ストロボ

 無尽蔵にいると思われるジャノメチョウ。当然カップルも沢山できます。朝・昼・夕方問わず多くの交尾ペアを目にすることができました。明るい草原を飛び交うジャノメですが、交尾は比較的暗目の環境で人目を忍んで過ごすようで・・・。
f0090680_20514392.jpg
D70, ISO=500, F11-1/100、+0.3EV、内蔵ストロボ

 一方、山麓に点在するスキー場は針葉樹林帯に位置し、笹がゲレンデ脇に密集しています。ここに多いのがヒメキマダラヒカゲ。ヒヨドリバナにはアサギマダラと一緒に多くの個体が吸蜜に来ておりました。ここでは結構粘って♀の開翅吸蜜シーンをゲット。後翅表に配された眼状紋は惚れ惚れする美しさだと思いませんか?
f0090680_20523489.jpg
D70, ISO=500, F8-1/800、+0.3EV

 2日目。チャマ探索も徒労に終わり、下山する直前に寄った林道脇。ヒヨドリバナの群落に、魅力的なタテハが集っていました。信州の夏の定番、クジャクチョウは何時見ても美しく、ミドリヒョウモンの橙色もそれほどスレていません。そんなヒョウモンを撮影していると、ちょっぴり大きめのヒョウモンが。おぉ!期待もしていなかったオオウラギンスジヒョウモン♀の登場です。何を隠そう、管理人にとって、ヒョウモン類の中で最もお気に入りが突然姿を現したのです!もう心臓ドキドキモード。でも優しいこの娘さん、ゆっくりと吸蜜してくれて、途中から余裕を持ってアングルを工夫した撮影ができました。久しぶり、テレコンを外した10.5mm対角魚眼で目一杯寄り、下から見上げる好みのアングルで撮影。苦労した甲斐があって、本遠征でのベストショットが撮れました。で、いつものようにちょっぴり大きめの画像を貼ります。何時見てもホンマ、格好ええタテハです。
f0090680_2054786.jpg
D70S-10.5, ISO=500, F11-1/320

 8月、信州の高原と言えば、皆さんもキベリやエルを想定されるでしょう。ただ今回の探索行では全く出会えず、ちょっと不思議な感じがしました。その代わり、ジャノメチョウやヒメキマダラヒカゲといった普段あまり真面目に取組まない蝶達に焦点を当てることができ、彼らの魅力を十分に味わうことができました。次回はオナガシジミ以外のシジミチョウをご紹介したいと思います。 (PartⅢに続く)
by fanseab | 2006-08-16 20:59 | | Comments(14)
Commented by banyan10 at 2006-08-16 22:13
オオミスジも少しピークは過ぎていたような感じでしょうかね。
ジャノメの飛翔は背景が素晴らしいですね。
オオウラギンスジの広角も見事です。どこかで撮影したくなりました。
Commented by kenken at 2006-08-17 00:27 x
おぉ、やっぱりオオミスジ出てきたぁ~
しかし、まぁ、いろんな種をていねいに撮影されておられますねぇ。
ヒメキマの美しさには、はっとさせられました。
オオウラギンスジ、青空と♀独特の前翅端の白点が印象的です。
下のコメント拝読しましたが、さっそく脚立を導入されてるんですね。
Commented by 虫林 at 2006-08-17 13:37 x
こんにちは、
探蝶逍遥記は時々拝見し、楽しませていただいています。
オオウラギンスジヒョウモンは小生も大好きなヒョウモンチョウで、いつかこのような写真が撮りたいと願っています。
おめでとうございました。
なお、もし宜しければ、いつも見たいと思いますので、私のホームページに貴サイトへのリンクをはらせて頂いて宜しいでしょうか?
Commented by fanseab at 2006-08-17 21:18 x
BANYANさん、確かに当地でのオオミスジの適期は7月下旬頃だと思います。ジャノメ飛翔は偶然、背景に白樺が入ったので高原らしさが演出できました。オオウラギンスジは狙って撮れないタテハなので、とてもラッキーでした。
Commented by fanseab at 2006-08-17 21:24 x
kenkenさんはすべてお見通しのようなので、ご期待に応えてのオオミスジアップです(^^) 来シーズン以降、もう少し好みのポーズを求めて再チャレンジしたい対象です。
ヒメキマきれいでしょ?吸蜜時に開く個体が少ないので苦労しました。↓のオナガの5-6枚目は脚立なしには撮れない画像で、お陰様で大変重宝しました。
Commented by fanseab at 2006-08-17 21:31 x
虫林さん、こんばんは。
はじめまして。実は貴HPの隠れ大ファンで、ROMしておりました。
拙ブログにもお立ち寄り頂き、感謝しております。オオウラギンスジ、貴殿もファンでしたか?凛々しいタテハですよね!山梨にお住まいなので、チャンスは小生より沢山あるのではないでしょうか?
リンクの件、申し出頂いて光栄です。どうぞ、なんなりと。
後ほど、私信も入れさせて頂きますね。
Commented by nomusan at 2006-08-17 22:21 x
ヒメキマダラヒカゲ、綺麗です。本州では普通種のようですが、九州では何処でも見れる蝶ではないようで、わざわざ撮しに行っております。大好きな蝶の一つです。
Commented by fanseab at 2006-08-17 23:05 x
ヒメキマ、普通種と言っても、どこでも居る蝶でもないし、いても必ず被写体ライバル?としてベニヒカゲやエルタテハあたりがいるんで、撮影機会が意外と少ないと思います。深い笹ヤブを漕ぎながら、結構苦労しての撮影でした。
Commented by maeda at 2006-08-18 17:31 x
本州のチャマは何処も厳しいようですね。
この春も本州から沢山の採集者が十勝へやって来ました。
話を聞くと本州はもう難しいとか。
本州で探した事が無い私には分からないことです。
ヒメキマダラヒカゲは私も好きですよ。
淡い色がよろしいです。
Commented by fanseab at 2006-08-19 12:50 x
maedaさん、本州のチャマを存続させるためには、人為的に牧場を増やすとか、自衛隊の駐屯地を誘致する等の施策がないと、厳しいでしょうね。木曽御岳山麓では、動力源としての「木曽駒」の生産が不要になり始めてから衰退を辿ったものと思われます。これ以上、牧草地や牧場が減らないように行政が積極的に動くことを希望します。
その点、北海道は理想的な環境が残っているのでしょうね。
Commented by ダンダラ at 2006-08-19 21:54 x
乗鞍高原にはオオミスジは多いですよね。
スモモがあるとたいていは飛んでいますね。
チャマダラセセリは北茨城で撮影してから安心して、今年はご無沙汰してしまいましたが、あそこは牧場が多いから生き残っているのでしょうか。
Commented by 6422j-nozomu2 at 2006-08-19 22:26
他のレア種に目がいって、ヒメキマダラヒカゲ沢山いたにもかかわらず、撮影しなかったのですが、開翅写真を拝見すると、確かに渋くて美しいです。「しまった」後の祭りとは今の私です。
Commented by fanseab at 2006-08-19 22:42 x
ダンダラさん方が撮影されたゴマシジミポイントあたりはオオミスジも多かったと思います。やはり古くからの開拓農家が庭に栽培しているスモモやウメの類が多いことも影響しているのでしょうね。チャマについては、おっしゃる通り、北茨城、福島、岩手あたりの牧場近辺ではまだ健在のようですが、予断を許さぬ状況には変わりないと思います。
Commented by fanseab at 2006-08-19 22:46 x
ノゾピーさん、まいどどうも。ヒメキマは信州の標高1300mあたりに作られたスキー場に行けばいつでも見られますが、いつも「ヒヨドリバナに閉翅吸蜜」のワンパターンの画像になってしまいます。で、今回は開翅に拘ってみました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード