探蝶逍遥記

ヤマトシジミの交尾(11月上旬)

 ウラナミシジミの飛翔を撮っていた現場で、ふと足元を見ると、ヤマトシジミのカップルが葉上に止まっていました。

+++画像はクリックで拡大されます(モニター環境に依存)+++
f0090680_21152640.jpg
D500-40、ISO=200、F9-1/640、-0.7EV、撮影時刻:11時39分

 ♂(右側)がとびきり小さく、凸凹コンビ?に思わず笑ってしまいました。折角のチャンスなので、裏側に回って、逆光でも撮影。
f0090680_21154043.jpg
D500-40、ISO=200、F9-1/800、-1.0EV、撮影時刻:11時40分

 久しぶりの縁毛逆光ブルー幻光が撮れました。残念ながら♀個体の翅の向きが♂と一致しておらず、♀の縁毛まではブルーに光らせることができませんでした。♂も縁毛が擦り切れているので、幻光の鮮やかさもイマイチ(^^;;

 交尾飛翔のチャンスでもあるので、少し刺激を与えて飛んでもらいました。
f0090680_21155975.jpg
D500-40(トリミング)、ISO=1250、F9-1/6400、-1.0EV、撮影時刻:11時41分
f0090680_21161581.jpg
D500-40(トリミング)、ISO=1250、F9-1/6400、-1.0EV、撮影時刻:11時41分
f0090680_21162650.jpg
D500-40(トリミング)、ISO=1250、F9-1/6400、-1.0EV、撮影時刻:11時41分

 教科書通り、飛行形式は、「←♀+♂」でした。♀翅表に垣間見える濃いブルーがとても綺麗です。時期的に考えて、新生蝶の交尾シーンを撮影するのは、恐らく今シーズン最後かもしれません。ところでヤマトシジミ♀、晩秋は何時頃まで産卵するのでしょうかね?
by fanseab | 2017-11-13 21:17 | | Comments(2)
Commented by otto-N at 2017-11-17 21:01 x
この1週間、連日のように河川敷に通っていました。メスに絡むオスは多数いましたが、ほとんどのメスは拒否(撮影のため、せっかく見つけたメスに寄るオスを追い払ってはいましたが)。産卵挙動をとるメスは皆無でした。気温が低く産卵する力がないのかもしれません。孵化したとしても越冬できる4齢まで育つかどうかわからないですね。
Commented by fanseab at 2017-11-17 21:57
otto-Nさん、流石に貴殿だけあって、詳細な観察をされておりますね。
恐らく20℃を切ると、どんな蝶でもなかなか活発に動けませんよね。
春先に飛ぶ越冬蝶は別ですが・・・・。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード