探蝶逍遥記

ミヤマチャバネセセリ幼虫の生息数調査(10月中旬)

 多摩川中流域ではミヤチャは基本年3化。現在は第3化世代から育った幼虫が中齢~終齢状態になっています。11月上旬にはほぼ全ての老熟幼虫は地表に降りて蛹化・越冬態勢に入る予定。そこでこの時期、同種幼虫の生息数を簡易トランセクト法で調査しました。昨年も同様な調査をしております。過去6年間の結果は以下の通り(頭数には寄生個体も含む)。

2011年 13頭
2012年 29頭
2013年 21頭
2014年 データなし(記憶が曖昧だが10頭は確認?)
2015年  4頭
2016年  1頭
 
 昨年は僅か1頭で、今年が坊主だとヤバイなぁ~と思いつつ、いつもの調査領域:30mX800mを歩いてみました。その結果、

2017年 11頭

でした。ヤレヤレ何とか二桁達成です。この結果をどう見るか? 二通りの見解があるでしょう。

(1)ミヤチャは本来長周期の発生の波があり、個体数の少ない時期を脱して、これから増加傾向に向かう。
(2)長期的に減少傾向にあり、今年は偶発的に個体数が増加しただけである。

 もちろん、仮説(1)を信じたいところです。来年以降も同様な調査を継続し、事実確認をしていきたいと思います。ところで成虫は、春先の第1化以降、2・3化個体を目撃できておりません。本年夏場は真面目に多摩川沿いで観察していないので、成虫の撮影ができなかったのは残念でした。今回の調査で撮影した幼虫の画像を貼っておきましょう。先ずは寄生個体。

+++画像はクリックで拡大されます(モニター環境に依存)+++
f0090680_21403045.jpg
EM12-Z60(自動深度合成+トリミング)、ISO=64、F7.1-1/200、撮影時刻:11時16分
f0090680_21404337.jpg
EM12-Z60(トリミング)、ISO=64、F6.3-1/200、外部ストロボ、撮影時刻:12時10分

 頭殻模様から判断して、一枚目は終齢、二枚目は3齢でしょう。次に正常個体。
f0090680_21411282.jpg
EM12-Z60(トリミング)、ISO=200、F7.1-1/160、撮影時刻:12時13分

 こちらは恐らく4齢。蛹化まで無事辿りつけることを期待しましょう。
さて、調査ルートを歩いていると、足元から体長2-3cmの小さなバッタが沢山飛び立ちます。結構敏感で、そっと接近して覗き込むと、腹部の鮮やかなサーモンピンクが目に飛び込んできました。思わずパチリ。。。。
f0090680_21412841.jpg
EM12-Z60、ISO=64、F5.6-1/320、撮影時刻:11時05分

 ヒナバッタ(Chorthippus biguttulus)の♂だと思います。間違っていたらご指摘願います。♀は腹部が赤くないようですが、どうやら♂でも赤色を帯びない個体がいるようです。とにかく個体数が多く、同所で観察できるトノサマバッタの個体数を1とすると、概ね100個体は生息している感覚。夏場から発生しているバッタですけど、これまで気に掛けなかったこともあって、これほど数が多いとは! 秋口(第2化?)に猛烈に個体数を増やしている可能性があります。このバッタをもうちょっと、観察してみようかと意気込んだら、急に寒気が入り込んで関東地方は連日雨模様。止む無く観察は中断しています。早く晴れてくれないかなぁ~!!
by fanseab | 2017-10-16 21:44 | | Comments(8)
Commented by kenken at 2017-10-17 06:48 x
過日は拙ブログにコメント、有り難うございます。当方も久しぶりにコメントさせていただきます。
いつもながらの地道な調査に頭が下がります。一度、定点観察をやりはじめると気になりますね。
先日、蝶仲間と談義する機会があったのですが、多くの個体数を確認した際は、それは「偶然多発した」と考えるのが基本かなぁ~と皆で納得しておりました。
環境に大きな変化がなければ、このミヤチャは2012、2013が偶然の多発かなと拝見しております。
いずれにしても近くでミヤチャ見れるのはいいなぁ~
Commented by fanseab at 2017-10-17 21:41 x
kenkenさん、ご丁寧なコメントおおきにです。
ご指摘のように2012-13年について、「偶発的な多発」の可能性は否定できません。
ただ「偶発」の原因が何なのか?この辺を突き止めたい所です。一般的には寄生種の
増減と関係がありそうですが、決定打になりそうな因子はまだ把握できておりません。
仰る通り、徒歩5分程度で、定点観測ができるので継続できております。
お言葉を返すようで、申し訳ないですが、お近くでキマリンが観察できる環境も羨ましく
思っておりますよ!
Commented by Sippo5655 at 2017-10-19 20:50
ミヤマチャバネセセリは今季
あ、昨年度もかな・・
一度も見ていません。
見られる環境に行っていないからとも言えますが(苦笑)
毎年、調査を・・・!?
頭が下がる思いです。
数が減っていかないよう 祈りたいですね。
環境だけでなく、寄生もあるから、尚大変ですね・・・

ヒナバッタというバッタさんですか。
どうにもバッタもたくさんいるから
ヒナバッタについてはまるでわかりません。
近所の河原にも、たぶんいるんだろうなあ。
今度注意してみます!
とはいえこのお天気><
Commented by fanseab at 2017-10-19 21:38 x
Sippo5655さん、この夏は色々とサボり勝ちで、普段撮影しているのに、
今年は撮っていない子が沢山おります(^^;
バッタ類は秋口の河川敷の主人公ですね。でもこの寒さで昆虫はともかく、
人間が参っています。ほんとに・・・(^^;;;
Commented by clossiana at 2017-10-20 09:39
2枚目の寄生の写真は興味深いものでした。

◎寄生種の姿を見ることが出来るのは普通は寄主の体内から抜け出して繭になった後です。
この写真の幼虫が寄生バチの一種だとすれば、初めてその姿を見ることが出来ました。

◎普通、寄生バチが寄主の体内から抜け出るのは寄主の幼虫が終齢の段階ですが、この
ミヤマチャバネの幼虫は未だ若齢です。それも珍しいケースではないかと思いました。

この時期に寄主の体内から脱出した場合は、そのまま越冬するのですかね?と言いますのは
9月中旬にカワラケツメイについていたコマユバチの1種の繭を捕獲したのですが未だに
羽化しないのです。それで越冬するのかな?と思った次第です。
Commented by himeoo27 at 2017-10-21 19:30
見沼田んぼのmyポイントの「ミヤマチャバネセセリ」
は、増減ほとんど無いように感じます。
但し「ギンイチモンジセセリ」は激減しているので、
わからないことが多いですね!
Commented by fanseab at 2017-10-22 15:41
clossianaさん、貴殿の疑問はもっともで、小生もおやっと思ったのでした。
普通は干からびたセセリ幼虫の脇にあるのは寄生種の繭ですもんね。
可能性としては、偶然、寄生種老熟幼虫がセセリ幼虫体内から出て蛹化準備
をする直前の姿が写しこめたのでしょう。ご指摘の通り、繭形成→蛹化後、越冬し、
翌春羽化して、彼ら寄生種のライフサイクルを再スタートさせるのだと思います。
秋口に羽化しても、寄生対象の幼虫個体数が少ないので、生存戦略上、不利なの
でしょう。
Commented by fanseab at 2017-10-22 15:47
himeooさん、コメント有難うございます。
埼玉ではそんな状況なのですね。減少が認められないのは良いですね!
こちらでもギンイチの減少は顕著です。食草選好性はギンイチの方が
緩いのですけど(広範囲なイネ科に産む)、丈の高いオギ・ススキ・
ヨシ群落が広い面積に広がっていないと個体の保全ができないからだと
思っています。その点、ミヤチャは逆で、食草選好性は狭いのですが、
オギ群落が無くても保全は成立します。ですので、ミヤチャの個体数
増減に関与するファクターは結構複雑で、解くのに難題なのですよ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード