探蝶逍遥記

フタスジチョウvs.ホシミスジ:幼生期性状比較

 国産Neptis属の中で、フタスジとホシミスジは兄弟種の関係になります。本記事では特に終齢幼虫と蛹の形態・性状差について、詳述します。フタスジ幼生期の詳細は直前記事をご覧下さい。
 先ずは終齢幼虫。

+++画像はクリックで拡大されます(モニター環境に依存)+++
f0090680_2138535.jpg

f0090680_21384263.jpg
ホシミスジ画像は2014年10月撮影分

識別点を下記にまとめます。
(1)第7-9腹節側面の淡色模様:矢印#1
ホシミスジは鮮やかな緑色、フタスジは僅かに緑色を帯びる程度に留まる。
当該斑の面積(腹節全体に対する相対値):ホシミスジ>フタスジチョウ
(2)背面突起:矢印#2
突起長さ:ホシミスジ>フタスジチョウ
(3)背面模様:矢印#3
暗色斜帯はホシミスジでより明確→ホシミスジ:全体に地色と暗色斜帯とのコントラストが明快。

 次いで蛹の形態比較です。
f0090680_21385747.jpg
ホシミスジ画像は2014年10月撮影分

識別点は下記の通り。
(1)懸垂器と腹端背面のなす角度:#1
ホシミスジがより鈍角。
(2)前翅後縁部形状:#2
フタスジでは前縁側に強く湾曲する。
(3)背面から見込んだ時の翅部の巾:#3
ホシミスジはより巾広い。
(4)頭部突起形状:#4
ホシミスジでより顕著(やや前方に突出する傾向)。

 両種共に、♂♀差・個体差がどの程度あるかは、今後の検証課題です。卵の微細構造同様、兄弟種だけに両種は終齢幼虫・蛹形状共によく似ていますね。
by fanseab | 2017-08-22 21:43 | | Comments(2)
Commented by Sippo5655 at 2017-08-25 21:52
フタスジチョウとホシミスジは兄弟・・・
本当だ、幼虫もさなぎもそっくりなんですね!!

私、さなぎの横からのお写真拝見して、
ふとアカエグリバを連想しちゃいました。
枯れ葉に擬態した蛾なんですが、なんだかそっくり。
このさなぎも、枯れ葉を意識したのかなあ!?
Commented by fanseab at 2017-08-26 21:44 x
Sippo5655さん、蛹の擬態の件、ご指摘の通り、枯葉に似せている
説は妥当でしょうね。ユキヤナギの枝からぶら下がっている垂蛹の姿は
大きさが丁度ユキヤナギの枯葉と同じで、遠目には枯葉に見えます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード