探蝶逍遥記

ヒカゲチョウの占有飛翔(6月中・下旬)

 多摩川縁の河川敷は基本オープンランドで、まとまった森林は多くありません。それでも拙宅から程近い場所に、野球・サッカー用両グラウンドに挟まれた緑濃いスポットがあります。二つのグラウンドの境界線に100m程の通路があって、両脇のフェンスには夏場クズが生い茂り、真夏でも薄暗く、涼しさを提供してくれます。フェンス下はアザマネザサの林床環境で、ヒカゲチョウ達の絶好の住処になっております。彼ら第1化♂の最盛期に、この通路で暫く遊んで(遊ばれて?)みました。
 ヒカゲチョウ♂の占有空間巾は、上記通路の幅に一致し、ほぼ2m。空間長さは7~8m位。午後3時頃から、高さ1.5m程の位置に静止し、占有空間を4-5回、回遊パトロール飛翔をしています。占有場所に静止している♂の姿です。

+++画像はクリックで拡大されます(モニター環境に依存)+++
f0090680_2039177.jpg
EM12-Z12,ISO=400、F6.3-1/50、外部ストロボ、撮影時刻:15時58分(6月下旬)
f0090680_20393793.jpg
EM12-Z12,ISO=320、F6.3-1/30、外部ストロボ、撮影時刻:16時13分(6月下旬)

 このように、通路の両脇に陣取って、門番のように管理人を見張っている感じです。上記した回遊飛翔の様子を何とか表現してみようと、2日間、(APS一眼+広角レンズ+外部ストロボ)の組合せで、合計1300ショット乱射してみました。その結果、何とか記事にアップできるショットが10枚ほど得られたので、ご紹介したいと思います。最初は、カメラマンに向かって突進して来る瞬間。
f0090680_2040589.jpg
D500-20(トリミング),ISO=500、F11-1/320、-0.3EV、外部ストロボ、撮影時刻:16時04分(6月中旬)

 やや前ピンですが、迫力があります。この画像を撮った直後、向かって左側に舵を切った瞬間の画像がこちら。
f0090680_20402710.jpg
D500-20(トリミング),ISO=500、F11-1/320、-0.3EV、外部ストロボ、撮影時刻:16時04分(6月中旬)

 今回撮影した中でのベストショットになりました。次は、静止場所から飛び立つ瞬間の画像。
f0090680_20404561.jpg
D500-20(トリミング),ISO=500、F10-1/320、-0.3EV、外部ストロボ、撮影時刻:15時54分(6月中旬)

 明るい環境なら、オリンパスのEM1-MarkⅡに搭載されているプロキャプチャーモードで、いとも簡単に撮れますが、ここではド根性入れて初めて可能な?『手動キャプチャーモード』で撮影できました(^^;

 ♂が占有する空間の境界線上では、当然♂同士のバトルが起きます。絡んだ直後に卍状態になりますが、ゼフと異なり、卍は直ぐに上昇に転じ、決して再下降してきません。従って、♂同士の絡みを写し込むには、結構ハードルが高い作業となります。何とか撮れた2コマをご紹介しましょう。
f0090680_20412362.jpg
D500-20(トリミング),ISO=500、F11-1/320、-0.3EV、外部ストロボ、撮影時刻:16時01分(6月中旬)
f0090680_20413723.jpg
D500-20(トリミング),ISO=500、F10-1/320、-0.3EV、外部ストロボ、撮影時刻:16時01分(6月中旬)

 1400コマ近く乱射していると、時には思わぬ場面に遭遇します。藪から飛び出してきた個体はやけにデカく、アララと思って確認すると、何と交尾ペアでした!
f0090680_20415417.jpg
D500-20(トリミング),ISO=500、F10-1/320、-0.3EV、外部ストロボ、撮影時刻:15時32分(6月中旬)

 交尾飛翔形式は、←♀+♂。管理人初体験の本種交尾飛翔画像になりました。フィールド歩きで、このようなご褒美が貰えると嬉しいものです。
by fanseab | 2017-06-21 21:33 | | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード