探蝶逍遥記

ミスジチョウの産卵(6月上旬)

 この時期、例年なら平地性ゼフ探索が定番。ただ今年はちょっと趣向を変えて、某蝶の探索をしてみました。ホストに局限する蝶故、探索する対象は蝶ではなくて、先ずはホスト。東京都西部には未だ点々と産地が残されている噂を頼りに、しかるべき地域を当ても無く歩き回る辛気臭い作業。この日は、予め地図上で選定した候補エリアの約1/2を歩き回り(走行距離約10km)、何とか一箇所で、目的のホストを発見するものの、蝶の姿は無し。次回以降に残りのエリアを探索することにしました。それでも『犬も歩けば何とやら・・・』で、意外な収穫がありました。住宅街に囲まれた里山公園の近くで、ミスジチョウを発見。カエデの傍で産卵行動を取っていたので、慌てて撮影。

+++画像はクリックで拡大されます(モニター環境に依存)+++
f0090680_21423872.jpg
D500-34VR(トリミング)、ISO=500、F8-1/800、-0.3EV、外部ストロボ、撮影時刻:10時06分

 ホストはイタヤカエデでしょうか? 都合5-6回の産卵行動を取っていたものの、相当高い位置で産むため、カエデの葉被りで撮影できず。↑の画像もかなりの遠距離で撮影したものを大幅にトリミングしてのご紹介です。冬場にミスジチョウ越冬幼虫を探索する際、人家の庭先に植えてあるカエデの低い位置から幼虫が見つかりますが、この日の母蝶は4m以上の高い位置に産卵しているのにはビックリしました。ミスジチョウの産卵シーンは、以前、2013年にクマシデ(カバノキ科)への産卵場面を撮影済(外部リンク)
ですが、クマシデは例外的なホスト。本来のカエデ科木本への産卵シーンはこれが初撮影になりました。次回はもう少し接近戦で撮影し、卵の拡大像も撮ってみたいところです。
 ミスジチョウは東京都西部に散在する里山公園で細々と生き残っていることを今回改めて実感しました。年1化であるため、各公園における存在証明が難しい蝶だと思います。公園の改修工事等で、人知れず消滅していくポイントも多いことでしょう。
 さて、この日はミスジチョウ以外にアカボシゴマダラ第1化の産卵行動にも出会うことができました。
f0090680_2143542.jpg
D500-34VR、ISO=400、F7.1-1/640、-0.3EV、外部ストロボ、撮影時刻:12時25分

 産卵場所を求めて、ウロチョロ歩き回っているシーンです。肝心の産卵シーンは太い枝の陰になって撮影できず。この母蝶はアカボシにしては結構高い位置に産み付けていたように思います。
by fanseab | 2017-06-07 21:53 | | Comments(2)
Commented by Sippo5655 at 2017-06-10 23:13
ミスジチョウは高尾でしか見たことがありません。
ホストを頼りに、心を足を使っての
素晴らしい成果でしたね!!
私も見習いたいと思います!!
開発によって本命のホストが減れば
次を本能的に考えているのでしょうか。
Commented by fanseab at 2017-06-11 21:59 x
Sippo5655さん、高尾から東側の低丘陵地帯は既に宅地化が相当進んで
いますが、未だミスジチョウの産地は点々と散在しているように思います。
狙った某種は、簡単にホストを食性転換できそうにないので、ホストが
焼失すれば、すぐにそのポイントが絶滅する運命にあります。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード