探蝶逍遥記

アオスジアゲハ第1化(5月上旬)

 近所のスーパーに買い物に出かけた際、偶然団地脇の生垣で吸蜜するアオスジアゲハを見つけました。カメラを持参しておらず、慌てて携帯で撮りました。

+++画像はクリックで拡大されます(モニター環境に依存)+++
f0090680_1544292.jpg

f0090680_15442057.jpg
撮影条件は2枚共通:ISO=20、F1.8-1/1953、撮影時刻:14時30分

 予想以上に吸蜜時間が長かったので、携帯でも撮影は容易でした。管理人所有の携帯画素数は1200万画素で、手振れ補正付。絞り開放ながら高速シャッターが切れているのでブレとも無縁の高解像度画像が得られています。スマホの発達で、コンデジが販売不振になった理由が分かります。景色や人物の撮影なら携帯一本で不自由しませんからね。
 因みに吸蜜源はバラ科のセイヨウベニカナメモチ(Photinia sp.)。新緑時に鮮紅色の新葉が印象的な生垣です。アオスジは海岸沿いのトベラとか全般に白い花を好む傾向があるようです。昨年観察した園芸植物のセリ科・ドクゼリモドキ(Ammi majus)、キアゲハ産卵シーンでご紹介したハナウドも白色花弁で、アオスジが訪れます。同じGraphium属のミカドも柑橘類・シロツメクサなど、白系の花弁がお好みのようです。そう言えば、最近、ブログ仲間のnomusan(外部リンクがシロツメクサでのミカド吸蜜シーンを紹介されておりました。羨ましいですね。

 今回は思わずアオスジに出会ったお蔭で吸蜜源生垣の植物名が判明し、この時期に白い花弁を付けることも覚えました。アオスジアゲハに感謝です。
by fanseab | 2017-05-10 21:58 | | Comments(4)
Commented by otto-N at 2017-05-10 22:44 x
数年前、テニスコートでアオスジの交尾カップルをその場で借りたスマホで撮ったことがあり、その解像力にはびっくりしました。昨日は、買い物に行く途中、アオスジが舗道のフェンスのテイカカズラに吸蜜してました。残念ながら持ち合わせカメラなし。確かに白い花が好みのようです。↓の記事ですが、私はツマキでは21ミリで置きピン40cm。中型のチョウでは、種類やその時の行動にもよりますが、40~50cmがチョウをびっくりさせない距離のようです。
Commented by fanseab at 2017-05-12 21:48 x
otto-Nさん、携帯はカメラ持参でない場合、本当に便利です。実力も
侮れないですし、動画の画質も素晴らしいものがあります。
置きピン距離は貴殿の経験則とほぼ同じでしょうかね。広角だとどうしても
接近しすぎる傾向があるので、脅かしてしまうことが多いように思います。
Commented by Sippo5655 at 2017-05-13 21:51
ああ、あの赤い葉っぱの・・・!
こんな白い花を咲かせるとは、知りませんでした。
我が家の近所にもいたるところに植えられています。
たしかに、アオスジは白い花を好みますよね。
アゲハ類は赤い花というイメージでしたが、
アオスジはちょっと特異なのでしょうか??
赤いツツジにアオスジってそういえば見たことない・・・
Commented by fanseab at 2017-05-14 22:04 x
Sippo5655さん、見慣れた植物でも、改めて名を問われると・・・
答えられない!のが多いですよね。
今回はアオスジに植物名を教えてもらったようなものです。
確かに赤いツツジには来ませんね。ストローの長さが黒系アゲハに比べて
短いのかも。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード