探蝶逍遥記

多摩川縁でのトランセクト調査(4月末)

 ミヤマチャバネセセリ第1化の発生数が気になったので、いつも歩いているルートでトランセクト(ルートセンサス)調査をしてみました。調査条件は、下記の通り。
①ルートとして多摩川中流域右岸(川崎市内)の30mX800mについて、上流側から下流にかけて片道調査。毎年実施している、ミヤマチャバネ越冬世代(第3化)終齢幼虫巣調査範囲と一致させてあります。
②歩行速度はほぼ一定(撮影時は除く)。
③目撃した蝶を順次記録。個体識別までしていないので、同一個体の重複カウントは当然含まれる。
※一般的な調査ではネットで捕獲して種・雌雄識別を行います。また、調査巾は左右目測各5m、合計10m幅が望ましく、同一個体の重複カウントは避ける・・・等の厳格なルールを適用して実施されます(※)。従って、今回は不謹慎な物言いをするなら、『なんちゃって、トランセクト』かな?

 4月29日(午前10:30~11:20),30日(同9:50~11:00)の両日実施した結果を下記します。両日共に天気は快晴、風が結構強いコンディションでした。
            <4月29日>   <同30日>
ナガサキアゲハ      ♂2        ---    
アゲハ           ♂1         ---
キタキチョウ        ♂1          ---
モンキチョウ        ♂18♀3     ♂17♀3
ツマキチョウ        ♂7♀1     ♂6♀1
モンシロチョウ       ♂7♀2     ♂12♀2
ベニシジミ         ♂1♀2      ♂1♀2
ヤマトシジミ        ---        ♂1
ツバメシジミ        ♂3       ♂4♀1
コミスジ           ♂2       ♂5
キタテハ          ---        ♂1
ヒメウラナミジャノメ    10       14(交尾ペア1含む)
ギンイチモンジセセリ   ♂1         ---
ミヤマチャバネセセリ   ♂1         ---

 概況としてモンキチョウ第1化がピークを迎えた感じ。それと、ヒメウラナミジャノメがドッと『湧いて来た』印象ですね。
 さて、肝心のミヤマチャバネですが、29日は行きのルートを戻る途中、♂1♀1に出会いました。結局29日は3個体目撃。30日は坊主。29日に観察した♀は正午頃、産卵行動を取っておりましたが、♂♀共に撮影のチャンスは無し。ミヤチャの個体数については、2日間の観察を通じ、坊主でなかったのでホッとしました。元来、ミヤチャは個体数が多いセセリではなく、今回調査から直ちに例年並みかどうかは言及できません。オギに産卵された卵も調査しましたが、ギンイチ卵1を確認するに留まりました。また、上記調査時間外ですけど、29日にキアゲハ♀1、30日にキアゲハ♂1♀1を観察しております。

 ところで、29日の調査終盤、川縁をネット持参で草叢を真剣に観察されている同好者に出会いました。お聞きしてみると相蝶会のメンバーの方で管理人同様、当地域のミヤチャ・ギンイチの動向を調査されているとのこと。ご挨拶して、最近の両種について、情報交換をさせて頂きました。貴重な情報を有難うございました。この場を借りて御礼申し上げます。

 本来ならミヤチャ画像を飾りたいところですが、今回は残念無念、画像アップはできません。代わりに29日の調査途中で出会った、とびきり綺麗なアゲハ♂の画像をアップしておきましょう。

+++画像はクリックで拡大されます(モニター環境に依存)+++
f0090680_14104971.jpg
D500-34VR、ISO=200、F8-1/640、-0.7EV、撮影時刻:10時49分
f0090680_1411116.jpg
D500-34VR、ISO=200、F8-1/1250、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:10時50分
f0090680_14111025.jpg
D500-34VR(トリミング)、ISO=200、F8-1/1250、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:10時50分

 菜の花で長時間、吸蜜してくれたので助かりました。この時出会ったアゲハ♂は管理人にとって今シーズンの初見個体でもありました。

<参考文献>
 山本道也,1988. 蝶類群集の研究法. Sprc.Bull.Lep.Soc.Jap.,(6):191-210.



by fanseab | 2017-05-02 21:55 | | Comments(4)
Commented by otto-N at 2017-05-03 20:11 x
多摩川河川敷の東京側ですが(少し上流かと思います)、16、19、20、24日に行ってます。
河川敷は増水時に倒されるススキの分布が毎年変わり、ミヤチャのテリ張りポイントが移動するように思います。
今年はテリ張りのオスが見つからず、24日にやっとメス2頭を見ただけです。
ギンイチの探雌飛翔の場所も昨年と変わっていました。
撮影だけが目的なので定量性に欠けますが、両種とも今年は昨年より少なかった感じです。
Commented by fanseab at 2017-05-04 10:08 x
otto-Nさん、ご指摘されたススキ(もしくはオギ?)の分布変動は小生も了解しております。ミヤチャの個体数変動については、移動性の強いセセリなので、成虫のカウントではなく、卵や終齢幼虫の個体数をカウントした方が正確だと思っています。丁度、ゼフの個体数調査で、越冬卵を勘定する方が確実なことと同じでしょう。また、今回調査地よりも上流側の方が個体数が多いことも把握しており、ミヤチャの撮影だけなら貴殿が行かれた地点の方が有利だと思います。
Commented by Garuda→あーとまん at 2017-05-07 00:10 x
よくお逢いしてる辺りでの調査と思いますが、この春はミヤマチャバネセセリもギンイチモンジセセリも見なかったので、調査結果を見て「ああ、ちゃんと居るんだ」と安心しました。

ところで、今日もそこへ行ってきたのですが、ゴマダラチョウを初見しました。
斑紋まではっきり視認できたので見間違いではないです。
今年は3月が寒くて春蝶の発生が遅いと言われていましたが、ここへ来て早まっている気がするのですがいかがでしょう。
Commented by fanseab at 2017-05-08 21:32 x
あーとまんさん、コメント有難うございます。
ギンイチも回遊しているので、たまたま居合わせるとカウントできますね。
但し調査エリアでは、20年前に比較すると個体数が激減しました。
ゴマダラ、小生も注意してみますね。仰る通り、出だしは悪かったですけど、
ここに来て例年通りの発生タイミングに戻ってきた感じですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード