探蝶逍遥記

モンキチョウの求愛飛翔など(4月下旬)

 ギンイチを追跡した日に撮影した蝶をアップしておきましょう。最初はモンキチョウの求愛シーン。

+++画像はクリックで拡大されます(モニター環境に依存)+++
f0090680_1125086.jpg
EM12-Z12、ISO=640、F8-1/3200、撮影時刻:12時12分

 これは置きピン約40cmで実施。求愛行為が長く続きそうなので、急遽置きピンを最短の20cmに設定し直して撮影続行。
f0090680_1131877.jpg
EM12-Z12、ISO=640、F8-1/3200、撮影時刻:12時12分
f0090680_1133134.jpg
EM12-Z12、ISO=640、F8-1/3200、撮影時刻:12時13分

 やはり、置きピン20cmだと、迫力が出ます。概ね肉眼で見た感覚が出せるようです。それでも焦点深度は浅く、2枚目は♀はほぼジャスピンなのに、♂はピンボケ。♂が♀を先導するパターンですから仕方ないのですけど・・・。
 
 モンキチョウは個体数も多く、♀産卵シーンも何とかゲット。
f0090680_1135937.jpg
D500-34VR、ISO=400、F9-1/800、-1.0EV、撮影時刻:12時17分

 残念ながら腹端が葉被りになってしまいました。この時期、カラスノエンドウの茎もかなり伸びてきて、モンキ♀も新芽に拘らず産み付けているように思います。

 モンキを撮影する前、同じ置きピン20cmでベニシジミの求愛シーンにもチャレンジ。
f0090680_1142397.jpg
EM12-Z12(トリミング)、ISO=640、F8-1/3200、撮影時刻:11時18分

 こちらも、これまで撮影したベニシジミ求愛シーンの中でも一番迫力が出ました。置きピン20cmは撮影対象がきちんと捕捉できる場面でないと使えません。ただ上手く嵌れば、文字通り「ハイリスク・ハイリターン」で、迫力ある画像が出ることを改めて認識。

 林縁では羽化直のコミスジ第1化に出会えました。
f0090680_1144555.jpg
D500-34VR(トリミング)、ISO=200、F9-1/640、-0.3EV、外部ストロボ、撮影時刻:12時31分
f0090680_1145523.jpg
EM12-Z12(トリミング)、ISO=640、F8-1/3200、撮影時刻:12時32分

 このタテハが登場すると、もう春ではなくて、初夏の気分ですね。この日、ヒメウラナミジャノメは未だ発生しておりませんでした。でも1週間後には確実に登場するでしょう。
 土手際では越冬明けのキタキチョウ♀が産卵行動を取っておりました。
f0090680_1151628.jpg
D500-34VR(トリミング)、ISO=800、F8-1/4000、-0.3EV、撮影時刻:12時40分

 この時期、結構ボロボロになっている♀もおりますが、この子は結構綺麗です。それにしてもキタキチョウの前翅って、こんなに尖っていたかなぁ? まるでAppias(トガリシロチョウ)みたいですね。暫くこの♀蝶を追跡したのですけど、結局産卵には至りませんでした。
by fanseab | 2017-04-27 21:22 | | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード