探蝶逍遥記

台湾台東縣遠征記(17)グルメなど

 セセリチョウ科をご紹介する前にちょっと休憩して、「B級」を含めた滞在中の食事について触れておきましょう。旅の楽しみは、蝶撮影を除くと食うことが、最大の喜びのはずなのですが、旅先ではいつも食事に苦労します。基本単独行動の管理人にとって、中華圏では食事内容が著しく制限されて、却ってストレスになったりもします。最初は5月12日のホテルビュッフェでの朝食。

+++画像は原則クリックで拡大されます(モニター環境に依存)+++
f0090680_1019747.jpg
TG2@4.5mm、ISO=200、F2-1/125、-0.7EV、撮影年月日・時刻:2015年5月12日、6時40分

 ここは朝6時30分オープン。ボヤボヤしていると中国大陸からの団体客がドヤドヤと押し寄せ戦争状態に突入するので、ドアが開く前から食堂に待機しておりました。お粥はいつも美味しいです。コーヒーを飲む前に先ずお粥を啜りこむと、胃がジワっと暖まって元気が湧いてきます。中央上の蒸しパン(饅頭)は、これとは別にランチ用に4個を持ち出し、漬物やウインナー炒め等を中に詰め込んで手製サンドイッチをテーブルで秘かに作成しました(笑)。前回と同様な作戦が取れたので、取敢えず山中で摂るランチの心配は無用になりました。ビュッフェ内の光景もパチリ。
f0090680_10195774.jpg
TG2@4.5mm、ISO=200、F2-1/30、-0.7EV、撮影年月日・時刻:2015年5月12日、6時40分

 今回の団体客は比較的静かなので助かりました。お次は13日の夕食。
f0090680_10202546.jpg
TG2@4.5mm、ISO=800、F8-1/20、-0.7EV、撮影年月日・時刻:2015年5月13日、17時55分

 前回と異なり、今回はレンタカーがあるので、宿から少し車を飛ばしてリゾートセンター内にある食堂をトライしてみました。ここには珍しくメニューに「定食」があったので、迷わず注文。メインディッシュのチャーシューもムチャボリュームがあったし、右上の小皿で野菜がタップリ補給できました。右下の渡り蟹(?)スープも絶品。これで250NT$≒970円はお値打ち物でした。久しぶりに旅先で美味しい夕食を味わった実感がしました。
 翌14日のランチは山中に持参したお手製サンドで済ませていたのですが、天候が少し悪化したため、下界に降りてコンビニ近くの食堂に入って休憩。切子麺(40NT$≒160円)を頂きました。
f0090680_10213160.jpg
TG2@4.5mm、ISO=200、F2.8-1/50、撮影年月日・時刻:2015年5月14日、14時15分

 素朴な味わいですが、そぼろ肉とパクチーの相性は抜群ですね。
 さて、14日中にレンタカーを返却し、台東飛行場近くの民宿に投宿しました。ここは飛行場から徒歩圏内なのですが、近くに夕食を取る適当な食堂がありません。どうしようか?民宿のオーナーに相談したところ、「今日自分達が食べるカレーライスをご馳走するよ!」と有難いご返事。早速ご馳走になりました。
f0090680_10221468.jpg
TG2@4.5mm、ISO=800、F2.8-1/30、-0.7EV、撮影年月日・時刻:2015年5月14日、17時28分

 美人のオーナー奥様手作りの「十穀米カレー」でございます。奥様は健康オタクらしく、十穀米を良く食するのだそうです。翌日、朝食前に民宿屋上に上がって、近くの景色を眺めました。
f0090680_10224742.jpg
TG2@4.5mm、ISO=100、F2.8-1/640、-0.7EV、撮影年月日・時刻:2015年5月15日、6時52分

 ご覧のように周囲は一面の畑。その殆どは、この地域特産の果物・釈迦頭(シャカトウ:バンレイシ科植物:Annona squamosa)で占められております。画面中央やや左上の渓谷沿いに知本温泉郷が位置します。この日の朝食は旦那さん手作りのサンドイッチ。
f0090680_10242062.jpg
TG2@4.5mm、ISO=400、F2-1/50、撮影年月日・時刻:2015年5月15日、7時12分

 添えられたパパイヤも甘くてジュウシー!抜群に旨かったです。朝食後、民宿近くを散歩撮影。丁度、釈迦頭の受粉時期だったらしく、農家の方が花弁一つ一つに丁寧に受粉作業をされておりました。「モデルになって下さい」と頼み込んでパチリ。
f0090680_10252798.jpg
TG2@4.5mm、ISO=100、F2-1/2000、撮影年月日・時刻:2015年5月15日、8時22分

 農作業は国内外を問わず、大変な労力が必要なのだと改めて思いました。残念ながら甘い釈迦頭を味わえるのは秋。再度、秋口にこの地域を訪れてみたいものです。空港に移動して、搭乗まで時間があるので、空港脇にある食堂で、やや遅めのランチ。
f0090680_10261511.jpg
TG2@4.5mm、ISO=400、F2.8-1/640、-0.7EV、撮影年月日・時刻:2015年5月15日、13時28分

 ランチセット(250NT$≒980円)を注文。牛肉麺・小籠包それとドリンク1本。ここは他に食堂がないので、やや高め。でもお味は優れておりました。お腹が空いていたので、麺に手を付ける前に撮影するのを忘れてしまい、途中で慌てて撮影したのですよ(^^;
<次回へ続く>
by fanseab | 2017-01-20 20:57 | グルメ | Comments(2)
Commented by Sippo5655 at 2017-01-20 22:01
お食事シリーズ、興味津々ですぅ(*´∇`*)
異国の地での食事、、
いろいろ味付けとか、食感とか、あることでしょうね。

お味噌汁が恋しいとか、美味しいコーヒーを飲みたいとか、、

それに、やはりバランス良くお肉もお野菜も、果物も。

ふと、日本の農業のことも、心配してしまいました。
お豆腐を良く食べるので、近所のスーパーで国産大豆100%のものをいつも買っていたのですが
今日行ったら、消えてました;_;
安い外国産大豆の豆腐の方が売れるからでしょうが、
農薬ぎっしりのお豆腐は食べたくありません。。

Commented by fanseab at 2017-01-21 09:55 x
Sippo5655さん、異国での食事は苦労しますが、いずれも良い思い出に
なっています。小生は海外で味噌汁とか日本食を食べたくなるまで長期滞在
した経験がありません。とにかく訪問先でその土地独特な風味・味付けを楽しみたいと
思っております。
 食の安全、大事ですね。友人の中国人が日本のスーパーで買い物をする際、
原産地に中国の表示がしてある食品は絶対に買わないそうです。食品汚染が
深刻な中国の現状を一番知っているのは、やはり、現地の人なのですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード