探蝶逍遥記

ギンイチモンジセセリの幼虫探索(6/25)

 本日は神奈川県多摩川河畔で首題幼虫の探索です。今にも降出しそうな曇り空で、ススキの原に足を踏み入れると、スレたキマダラセセリが所在無さそうに佇んでおりました。
f0090680_2323543.jpg
R1@5.6mm, ISO=400、F3.6-1/189、-0.3EV

 ススキの背の高さは2m近くあり、あまり中に踏み入れたくないので、周辺で巣を探索。すると、意外とすぐにそれらしきもの(↓の写真矢印)が見つかりました。
f0090680_23241528.jpg
R1@5.6mm, ISO=400、F3.6-1/153

 巣を開くと、幼虫がポロッと落下して、体をクネクネ揺すらせます。これは間違いなくギンイチの幼虫独特の行動。捕食者を驚かす戦略なのでしょう。落ちた幼虫を元の巣に乗せると落ち着いてモデルになってくれました。成虫に似た大変スリムな体形で背中に深緑色のラインが数本走っているのが特徴です。体長は25mm位。亜終齢でしょうか?
f0090680_23243424.jpg
R1@5.6mm, ISO=400、F3.6-1/90

 暫くすると、小生が開いた巣を元に戻そうと、懸命に糸を吐きながら修復作業を開始しました。
f0090680_23245863.jpg
R1@5.6mm, ISO=400、F3.6-1/73

 この後、南向きのススキの葉を捜すと、今度は無防備にも巣から出ている別の個体を発見。こちらは前の個体よりやや大きくて30mm程度。
f0090680_23251319.jpg
R1@5.6mm, ISO=400、F3.6-1/189、-0.3EV

 そのうち、この個体に寄生蝿らしきハエが止まったのですが、撮影には失敗。やはり巣から出て摂食している時間帯は外敵の攻撃に晒されていることがよくわかりました。この個体を撮影し終えた頃から雨がポツリポツリと落ちてきて、撤収です。現在の幼虫の成長度合いを勘案すると、当地での第2化は7月中旬頃でしょうか?第1化が5月初旬頃ですから、1サイクル、2ヶ月以上かかる計算です。そうすると、第3化は9月半ばとなる計算。果たして3化まで進むのか、それとも2化止まりか?時間の許す限り、このポイントで継続観察してみたいと思っています。
by fanseab | 2006-06-25 23:27 | | Comments(8)
Commented by kenken at 2006-06-26 07:10 x
おぉ、雨の日でも、こんな撮影法がありましたか。
なるほど3化の可能性は興味深いですね。
高標高地で1化かなと思いこんでいたら2化だったことがありました。
Commented by maeda at 2006-06-26 08:51 x
幼虫巣、面白そうですね。
こちらでは1化のギンイチがまだ飛んでいます。
すれていないですよ。
Commented by fanseab at 2006-06-26 12:35 x
kenkenさん、当地で第2化が発生する頃はいつも他の蝶の追っかけをしていたので、発生時期をきちんと掴んでいませんでした。ひょっとすると、7月半ばからのダラダラ発生タイプの2化なのかもしれません。
Commented by fanseab at 2006-06-26 12:39 x
maedaさん、毎度。セセリの幼虫巣探索は宝クジのような面白さがありますね。殆どハズレ(蜘蛛の巣)ですけど、たまに当たりがあったりして・・・。北海道は1化でしたか?
Commented by maeda at 2006-06-26 22:24 x
こちらでは1化です。
Commented by fanseab at 2006-06-26 23:23 x
maedaさん、ご丁寧にコメント有難うございます。
Commented by 愛野緑 at 2006-06-28 23:21 x
幼虫は寄生されてしまうものも多のでしょうね。
どうせ寄生するなら蛾の幼虫にしといてや!という感じでしょうか?蛾屋さん達からクレーム来そうですけど(^^;
しかし、毛のないアオムシは蜂や蝿も止まりやすそうだし、おいしそうに見えますね!
Commented by fanseab at 2006-06-29 22:03 x
愛野緑さん、仰るとおり、我々蝶屋は「どうせなら蛾に寄生・・・」の気持ちになりますね。もちろん、寄生ハエには彼らの論理があって、好みの幼虫があるかもしれませんが。毛が無い代わりに巣を造るのがセセリの戦略で、普通摂食は夜間のパターンが多いと思います。でも腹がへった時は仕方ないんでしょうね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード