探蝶逍遥記

炎天下のヒメヒカゲ(6/18)

 前日までの広島遠征の疲れも残っており、昼過ぎからノンビリと東播磨のヒメヒカゲポイントへ車を走らせました。本日のターゲットは♀の撮影。5月末に訪れた際は♂の出始めでしたが、3時頃到着すると早速♀がお出迎え。暫く歩き回ると足元から飛び出すのはすべて♀。♂と異なり、それほど遠距離を飛ぶ様子は見せず、すぐにブッシュの陰に潜り込んでしまいます。ざっとこんな感じ。
f0090680_15215929.jpg
D70, ISO=400、F14-1/200、-0.3EV

 裏面に葉の影が写り込んで、「絵造り」としては問題外ですが、これも本種の生態を示す画像です。なるべく直射日光を避けて、体温調節を図っているのか?あるいは外的から身を隠すための戦略なのか?♂に比較してより顕著な行動パターンのようです。ブッシュの繁みに身を隠している様子を端的に表現するために横位置広角で撮影。日傘をさした「お姫様」の雰囲気(^^)
f0090680_15261752.jpg
D70S-10.5-X1.4TC, ISO=500、F9-1/400

 暫く観察していると、数を減らしている♂が繁みの中の♀を探索しています。ただ時期的に殆どの♀は交尾済み個体のためか、♂は♀を発見してもすぐに離れていきます。しつこく迫ることがないのも不思議と言えば不思議でした。で、ちょっぴり期待した交尾画像も撮れずじまい。少しガッカリです。また、ヒメヒカゲの生態に詳しい知人の話では、産卵は瞬間的に行われるため、撮影は極めて困難とのこと。この日も残念ながら、産卵挙動を見せることもなく、こちらの狙いも外れたのでした。

 それではと・・・、広角で♀の飛翔写真にトライしようと試みますが、所詮、飛翔距離が短いためこんな画像が撮るのが精一杯。
f0090680_15264244.jpg
D70S-10.5-X1.4TC(トリミング), ISO=500、F6.3-1/1250

 この日は午後3時過ぎからピーカン状態で体感気温も30℃を越えているため、飛翔写真狙いでブッシュを駆け回るとすぐに心臓パクパク状態で息切れしてしまいます。広島遠征疲れも手伝って(※)、ほぼ1時間、ポイントに滞在しただけで、帰宅を余儀なくされました。やはり3日連続の撮影では集中力を保つのが難しいですね。

※実のところ、ワールドカップ観戦による夜更かし疲れもあるようで、更新も1週間遅れになってしまいました(^^;;
by fanseab | 2006-06-24 15:31 | | Comments(8)
Commented by nomusan at 2006-06-24 20:49 x
う~ん、素敵な画像です。特に1枚目の画像、羽に映った枝(葉?)の具合が何とも言えませんね。私もこんな画像を撮ってみたい。
Commented by fanseab at 2006-06-24 21:20 x
nomusan、10枚撮れば、9枚はこんな状況でしたんで。確かに曇り空では絶対に撮れない画像ではありますが・・・・。「えらい、ややこしい所に潜り込むんやな」と撮りながら独り言が出てしまいました(^^)
Commented by kmkurobe at 2006-06-24 23:42
いやーヒメヒカゲいい写真ですね。長野県では産地が少なくなりましたね。
名古屋にいた高校時代すぐ近くの湿地まで下校途中に採集にいったのが懐かしく思われます。
いまはマンションが林立していますが・・・・
70年代初めのおはなしです。
Commented by kenken at 2006-06-25 00:02 x
お疲れさまです。ヒメヒカゲ♀はやはり白線が魅力的ですねぇ。
思い返すと、この日って、昼からむちゃくちゃ暑くなりましたね。
日傘が似合う♀です。
ワールド・カップ、私にはこれからの決勝リーグが本番です。
毎日、寝不足じゃあ~(笑)
Commented by fanseab at 2006-06-25 00:08 x
kmkurobeさん、小生も長野、愛知とこの蝶の追っかけしましたが、結構苦労する割りにまともな写真が撮れなかったですね。70年代ですかあ・・・。いろいろな蝶が衰退し始めた時期かもしれませんね。
このヒカゲも大切にしたいです。
Commented by fanseab at 2006-06-25 00:11 x
kenkenさん、まいどどうも。恥ずかしながら一週間遅れの更新です。
家を出発した時は薄曇でシメシメと思ってたんですが、現地で急にピーカン・・・、ようわからん天気に振り回されました。
Commented by thecla at 2006-06-25 22:28 x
日傘のお姫様に一票!
信州のヒメヒカゲとは産地の環境も大分違う感じですね。
私もW杯で寝不足です。最近ROMってばかりでした(^^;
最近のW杯は決勝トーナメントからが「大人の時間」という感じですね。
Commented by fanseab at 2006-06-25 23:36 x
theclaさん、仰るとおり、信州の高標高域のポイントとは異なり、ノイバラやツツジ、ヒサカキといった潅木に食草のスゲ類が混じる環境です。
その潅木類がお姫様の日傘代わり?になっています。
W杯、個人的にはアルゼンチンの決勝進出を望んでいます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード