探蝶逍遥記

スジボソヤマキチョウなど(8月下旬)

 1月末に体調を崩して以来、今シーズンは遠距離遠征撮影を自粛しておりました。車の運転は片道1時間以内とルールを勝手に決めたこともあって、山梨・長野へ赴くこともできません。そこで皆さんのブログを拝見し、撮影の疑似体験をさせて頂いておりました。でも、そろそろ封印を解いても良いかな~と思い、この夏初めて山梨の高原へ遠征を試みました。
 目的の一つはムモンアカの発生木特定。過去2年間、9月に入っての生き残り♀を連続して観察できていたので、少し早めに訪問してみようとの魂胆。しかし、結果は坊主。今シーズンは発生時期が例年より早かったのか、それとも不作だったのか、来シーズンはやはり8月上旬頃訪問することに決めました。

 さて、高原にはいつものようにヒョウモン類が飛び交っておりました。ただ例年に比較してウラギンヒョウモンの個体数が少ないのが気になりました。ミドリ♂♀、メスグロ♀は例年並みの個体数なんですけどねぇ。代わりに目立ったのがギンボシヒョウモンの♀。

+++画像は原則クリックで拡大されます+++
f0090680_1539098.jpg
D71K-34VR(トリミング),ISO=100、F8-1/640、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:10時01分

 このポイントではギンボシ個体数は少ないのですが、ウラギンが少ない分目立っていたのかもしれません。飛翔も撮影。
f0090680_15392079.jpg
GX7-Z12,ISO=400、F4-1/2500、撮影時刻:10時50分

 全体に鮮度が良く、1枚目の吸蜜個体とは別個体のようです。ここはスジボソヤマキ、ヤマキのポイントでもあるのですが、この日、ヤマキは残念ながら坊主。スジボソヤマキ♂の吸蜜を2枚貼っておきます。
f0090680_1539571.jpg
D71K-34VR(トリミング),ISO=200、F8-1/500、-1.0EV、撮影時刻:10時36分
f0090680_1540226.jpg
D71K-34VR(トリミング),ISO=200、F8-1/800、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:12時29分

 逆光で撮りたくても、なかなか良いアングルに来てくれないものですね。次は飛翔。先ずは♂。
f0090680_15404845.jpg
GX7-Z12,ISO=400、F4-1/3200、撮影時刻:12時44分

 2頭の♂が絡んで解けた場面です。飛翔で撮ると、♂前後翅で黄色の濃淡が異なることがよく分かります。次は♀。
f0090680_15411447.jpg
GX7-Z12,ISO=400、F4.5-1/2500、撮影時刻:10時47分
f0090680_15412626.jpg
GX7-Z12,ISO=400、F4.5-1/2500、撮影時刻:10時48分

 1枚目は全開シーン。偶然画面中央にコチャバネセセリの巣が写りこんでいました(^^) 2枚目は♀の腹部形状の特徴が良く出ました。日本産シロチョウの中でもヤマキ・スジボソヤマキの♀は純白の美しさが際立つ蝶だと思います。もちろん、カワカミシロチョウ(Appias albina)♂も種小名が示す通り、純白ですが、どうもAppias独特の尖った翅形が邪魔してか、パッと見、純白感が今一つです。それとGonepteryx属の翅面には翅脈と直交する細かな縮緬皺に似た風合いがあります。ですから管理人はヤマキ・スジボソヤマキの♀を見ると、初々しい花嫁が纏う「白無垢」を想像してしまいます。前後翅に各1個配された橙色の小紋も大変お洒落です。そんな彼女達ご自慢の衣装も、越冬後は薄汚れ、ボロボロの姿で春先再登場します。その姿を見るのも辛いものですね。
 晩夏の一日、久しぶりに訪れた高原の涼しい空気を吸って、英気を養うことができました。
by fanseab | 2016-09-22 15:45 | | Comments(4)
Commented by himeoo27 at 2016-09-22 20:06
飛翔するスジボソヤマキチョウの
表翅、雌雄ともに綺麗ですね!
Commented by fanseab at 2016-09-23 21:49 x
himeooさん、毎度どうも。
この時期のスジボソはまだまだ綺麗です。
越冬後ではやはり産卵シーンを狙う位しか食指が動きませんね。
Commented by Sippo5655 at 2016-09-29 21:25
スジボソヤマキチョウ、、
今季は幾度か高原に訪れたのですが
撮影は叶いませんでした;_;
本当に綺麗な蝶ですよね。
そこまで深く見つめるほどこの子と向き合う時間が無くて、
今度出会ったら、意識して見てあげたいです(=^・^=)
今季、梅雨明けてから異常な湿度で推移して、
生態系にどんな影響が出るのか心配です。
Commented by fanseab at 2016-09-29 21:35 x
Sippo5655さん、毎度どうも。
夏眠したり、越冬したり、色々と複雑な行動をするシロチョウですよね。
発生したての成虫の翅脈や縮緬皺模様は本当に綺麗です。
今年の異常気象は確かに微妙に生態系を狂わしていると思いますが、
どうなるのでしょうね?
名前
URL
画像認証
削除用パスワード