探蝶逍遥記

ギンイチモンジセセリ第3化(8月下旬)

 今シーズンはまともにギンイチを撮影していないことに気付き、拙宅から車で10分の至近距離にある街道沿いのポイントへ。ここで撮影できるか否かは草刈り時期によります。ギンイチは草丈50cmを下回る場所を嫌います。このポイントは東西方向に走る道路両脇の巾僅か4mの傾斜草地。訪問した時期は両脇殆どが草刈りをされておりましたが、奇跡的に南側の長さ約100mが草丈80cmのグリーンベルト状に残っておりました。期待した通り、2頭の♂が探♀飛翔中。東端にある草丈30cmの刈込地点に到達すると、Uターンして西側へ飛翔。これを繰り返しているので、途中で待ち伏せしての飛翔撮影は比較的簡単。

+++画像は原則クリックで拡大されます+++
f0090680_15242112.jpg
GX7-Z12(トリミング),ISO=400、F4.5-1/3200(以下飛翔撮影条件は共通)、撮影時刻:10時52分
f0090680_152436100.jpg
撮影時刻:10時58分

 ギンイチの飛翔撮影をトライされた方なら経験されていると思いますが、撮影コマの8割以上は閉翅状態で飛んでいます。一枚目のように全開翅を上から見込んだ絵は意外と撮り難いものです。2枚目は驚いて急激にUターンする瞬間。ギンイチの前翅裏面はほぼ漆黒です。展翅標本を作製している経験者なら前翅裏面の特徴は把握しているはず。しかし、静止撮影オンリーだと気づかない事実ですね。

 さて、このポイントで撮りたかったのは、走行中の車とのコラボ。何せ裏道として使用頻度の高い道路故、各車相当なスピードで走っています。トラックのように丈の高い車が通過すると、飛んでいるギンイチが風圧で煽られてヨロける場面も・・・・。そんな本ポイントの特徴を広角飛翔で情景描写するのが、この日のメインターゲット。ただ、ギンイチ飛翔と車通過のタイミングをシンクロさせるのは難しい! 何とかゲットできた3コマを貼っておきましょう。
f0090680_1525474.jpg
撮影時刻:10時49分
f0090680_15252168.jpg
撮影時刻:10時52分
f0090680_15253442.jpg
撮影時刻:10時58分

 1枚目は後方より迫り来るトラックから必死に逃げようとしている?ギンイチ。一番スピード感が出たかもしれません。2枚目は一番バランス良く仕上がった絵。車の全景を写し込もうとすると、相対的に蝶が画面下端に接近し、両者の配置バランスが取れるかは、全くの運次第。3枚目はほんの僅か自動車の通過が早過ぎた事例。
 さて、探♀飛翔、更に管理人に追跡されて疲労が蓄積した♂は時々休息してくれます。最初は半開翅。
f0090680_15255954.jpg
D71K-34VR,ISO=200、F8-1/400、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:10時23分

 飛び古した個体ですが、チャーミングポイントである前翅肩付近の橙色が残っています。次は全開翅。
f0090680_15261154.jpg
D71K-34VR,ISO=200、F10-1/400、-0.3EV、外部ストロボ、撮影時刻:10時28分

 この子は↑とは別個体と思われます。縁毛は殆ど擦り切れているものの、その割に翅表は結構綺麗です。深傷がないので助かりました。♂が一生懸命探していた♀を管理人も探しましたが、生憎発見できず。仕方なくすぐ傍の多摩川縁に移動してビックリ。台風通過後の増水でオギの群落が全て水平になぎ倒されておりました。これではギンイチが飛び回ることもできないはずです。仕方なく避難場所を求めて道路沿いの草地にやって来たのかもしれません。大水の影響でこんな場面にも出会いました。
f0090680_1526257.jpg
D71K-34VR,ISO=200、F10-1/400、-0.7EV、撮影時刻:11時17分

 急激な増水と激流を避けるため草地に逃げ込んだ魚達が、一気に水位が下がり、逃げられずに遊歩道上に打ち上げられ、干からびてしまったようです。関東に直撃する台風の増加で、例年以上に多摩川の増水が著しく、例年なら撮影に好適な場所が少なからず影響を受けております。
by fanseab | 2016-09-18 20:28 | | Comments(4)
Commented by himeoo27 at 2016-09-19 09:32
小さな「ギンイチモンジセセリ」の飛翔撮影
見事に写しこんでますね!
今年はギンイチに出逢えず残念でした。
Commented by fanseab at 2016-09-19 20:58 x
himeooさん、こんばんは。
ギンイチの飛翔撮影は、撮影場所により難易度が異なります。
広い草原だと数は多くても追跡に息が切れて上手く行きません。
このポイントは狭いので、逆に撮影には有利です。
今年は残念でした。来年の春、第1化発生まで待ち遠しいでしょうね。
Commented by Sippo5655 at 2016-09-20 21:41
ギンイチの飛翔撮影、、
私、諦めてます^^;
見事に映し止めていらっしゃいますね!
台風の影響、こんなところにも、、
近所の河原にもギンイチ生息しているのですが
今季は夏型は探していません。
あまりに広大で出会うだけでも大変な作業になるんです><
Commented by fanseab at 2016-09-21 21:32 x
Sippo5655さん、ギンイチなど河川敷を飛ぶ蝶は足元が悪いことも
あって下手をすれば怪我しかねないし、苦労しますね。
ヨロヨロと飛ぶので、楽勝・・・と思っても意外にてこずるのがギンイチです。
それと夏場の2化・3化は熱中症になりやすいので、やはり春先が無難でしょうか?
このポイントは狭いので、体力を使わずに済んでいます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード