探蝶逍遥記

広島・賀茂台地遠征(3) 台地を飛ぶ初夏の蝶

 新幹線の三原駅を下り、車を北に走らせると、いきなりの急登攀に驚かされます。一気に坂を上り詰めると、急に視界が開けてきます。ここが世羅・賀茂台地です。標高は概ね300m。緩やかな丘陵沿いに田畑が広がる見事な里山環境が保たれています。伸びやかな景色に心が放たれる・・・そんな素晴らしい環境が目の前に広がります。
f0090680_22564818.jpg
D70S-10.5-X1.4TC, ISO=200、F11-1/125

 世羅町のホテルで夜、部屋の窓を放つと冷気が心地よく、冷涼な信州の高原を思わせます。関東出身の小生にとって、広島県と言えば、瀬戸内海に面した暑いイメージがありましたが、このような高原があるとは意外でした。

 遠征初日は休耕田の様子を下見しながら、蝶を探索です。コナラやクヌギを叩くとアカシジミやミズイロオナガシジミが飛び出します。既に気温が高いので殆どの個体が梢の上に飛んでいくなか、唯一1頭のアカシジミ♀が下草に降りてモデルになってくれました。アカシジミの尾状突起ってこんなに長かったかな?
f0090680_225807.jpg
D70, ISO=500、F5.6-1/800、+0.3EV

 暫く観察していると、翅をスリスリしながら、微妙に開いてくれました。このシジミ精一杯のご開帳サービスなのでしょう。
f0090680_22581993.jpg
D70, ISO=500、F10-1/160、+0.3EV

 雑木林にはクヌギ・コナラに混じってナラガシワも生えていました。もちろん、ヒロオビかウラジロが飛び出すことを期待して長竿で叩き出しを試みましたが坊主。丹念に探せば、いるのかもしれません。  
 一方、田んぼの畦道沿いには大型ヒョウモン類が目立ちます。農機具を収納する小屋の周りを緩やかに飛ぶヒョウモンに目を付けると羽化したてのミドリヒョウモンの♂でした。小屋の柱から吸水する等、傍目にはサトキマダラヒカゲと全く同じ挙動です。そのうち、葉上に止まってモデルになってくれました。
f0090680_2259426.jpg
D70S-VR84@400mm, ISO=500、F10-1/320

 ミドリヒョウモンより小ぶりなヒョウモンも飛んでいて、チェックするとウラギンの♂。本種については、小生、これまで1000mを越える高原での撮影のみで、低山地産(標高~300m)は初体験。しきりに吸水しておりました。
f0090680_22593431.jpg
D70S-VR84@400mm, ISO=500、F13-1/400、-0.3EV

 ミドリ、ウラギン以外にもメスグロ♂が飛んでいました。ヒョウモン類がこれだけ多く飛んでいる里山環境は彼らの食草であるスミレが潤沢にあり、アザミ類を中心とした吸蜜源も豊富にあるためでしょう。この台地を車で走らせながら、地形を眺めてみると、緩やかな丘陵の狭間に棚田や休耕田が形成されています。傾斜がゆるやかなため、水が淀みやすく、湿地形成に有利に働くのでしょう。恐らくヒョウモンモドキが好む生息環境が理想的に保たれているのが、この世羅・賀茂台地の地形なのでしょう。本来、MelitaeaMelicta属の故郷、ユーラシア大陸の草原は朝晩冷え込むような環境のはずで、ここ賀茂台地は、気候の面でも理想的なのかもしれません。

 ヒョウモンモドキはもちろん、低山地性ゼフやヒョウモン類が多産する里山環境はそうそうどこにでもあるわけではありません。爽やかな台地をドライブしながら、いつまでもこの環境を残してほしいと思いました。(了)
by fanseab | 2006-06-22 23:04 | | Comments(6)
Commented by banyan10 at 2006-06-22 23:21
ヒロオビ、ウラジロを期待しながら拝見しましたが、そう簡単には見れないですかね。
アカシジミ、新鮮で綺麗ですねえ。ここまででも翅を開いてくれるのですね。
里山環境の素晴らしさが伝わってきました。いつか訪れてみたいです。
Commented by fanseab at 2006-06-23 07:53 x
BANYANさん、このポイントではナラガシワは優先種でないため、ヒロオビはちょっと厳しかったです。広島西部の方にポイントがあるようです。アカシジミはもっと開け~って叫んでしまいました(^^)
Commented by maeda at 2006-06-23 09:01 x
東にもナラガシワが沢山ある場所があって、そこには居るはずと思いながら調べていません。
間違いないと思っているのですが。
Commented by kenke at 2006-06-23 21:35 x
それにしてもFANSEABさんは青空の色の出し方が抜群ですねぇ。
VRの400mmの威力はさすがです。F10まで絞ってもブレなしですね。
Commented by fanseab at 2006-06-23 21:59 x
maedaさん、ご指摘有難うございます。小生の勉強不足で、岡山県境の庄原市や福山市、さらには世羅台地北方の三次市あたりに有名ポイントがあるようです。
Commented by fanseab at 2006-06-23 22:03 x
kenkenさん、青空についてはレタッチでの発色ではなく、ニコンfisheye10.5mm独特のもので、広角画像に締りが出るように思います。無理して買っただけの価値はあります。VR400mmは開放F5.6ではさすがにピンが甘いのでなるべくF8以上に絞ることにしています。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード