探蝶逍遥記

広島・賀茂台地遠征(2) ヒョウモンモドキ観察会(6/17)

 いよいよ待ちに待った観察会。と言っても前日に結構成果が出ていたので余裕での参加です。朝9時、役場の前に集合すると25名ほどの面々が期待感に胸を膨らませています。観察にあたっての注意事項を聞いた後、車に分乗し出発。前日小生が観察したポイントとは別の場所に案内して頂きました。同じ休耕田と言っても環境は様々です。残念なことに到着と同時に小雨模様。地権者の方直々の案内で歩き始めると、いきなり交尾個体が出現。「おおっ」とどよめきが起きると同時にカメラマンが殺到します。交尾している場所は足を踏み入れられないので、400mmズームでのショット。上♀下♂で共に新鮮な個体です。
f0090680_03366.jpg
D70S-VR84@400mm, ISO=640、F10-1/320、-0.7EV

 交尾ペアに向けて、一斉に10台以上のカメラのシャッター音が休耕田に響き渡ります。まるでモデルの撮影会の雰囲気。「見世物じゃないんだから、静かにさせてよ~・・」とペアから叫び声が聞こえそうなシーンでした(^^)

 小雨交じりで飛翔する個体もなし。時たま飛んでいる大型のヒョウモンは新鮮なウラギン♂。「あれは別のヒョウモンチョウです」と保護会のメンバーがフォローしてくれます。徐々に雨脚が強くなる中、「皆さん、蛹があります」と紹介してくれました。全体が褐色に色づき、残念ながら寄生個体のようでした(正常個体の地色は淡白色とのこと)。
f0090680_032519.jpg
D70, ISO=500、F7.1-1/400

 この後、更に雨脚が強くなり、昼前に観察会は終了です。本日だけ参加された方は天気を恨んでいたことでしょう。昼食後、「保護の会」のお心遣いで有志を募り、別のポイントに案内して頂く。休耕田最深部のポイントは開放感があって素晴らしい湿地。ほどなくノアザミで休む♂を見出しました。雨の中、草陰ではなく、濡れやすい花弁の上で休息しているのにはビックリです。
f0090680_035969.jpg
D70S-10.5-X1.4TC, ISO=500、F4-1/1000

 同じように♀も所在無く、ノアザミの上で休んでいます。今度は横位置広角での作画。
f0090680_041753.jpg
D70S-10.5-X1.4TC(トリミング), ISO=500、F11-1/50、-0.7EV

 昨日とは異なり、小雨模様の天気なので、画像はシットリ感が出て発色は良好です。ピーカン時とはまた異なる表情を見せてくれたように思います。まあ梅雨空に発生するタテハですから、今日のような天候が似つかわしいのかもしれません。♂♀共にじっとしているだけの変り映えしない画像のオンパレードになってしまうので、趣向を変えて、90mmマクロで真正面から♀を撮影。ちょっぴりストローを緩めて、超リラックスムードの表情。本質的にやさしい顔ですね。
f0090680_043850.jpg
D70, ISO=500、F3.5-1/400

 午後3時。劇的な天候の回復が望めないと判断し、撤収です。最後まで我々撮影者に便宜を図って頂いたSさん、Iさん始め「保護の会」の関係者・地元の方、本当にお世話になりました。お蔭様でタップリと貴重種の生態を楽しむことができました。

 次回はヒョウモンモドキ以外の蝶を簡単にご紹介したいと思います。
by fanseab | 2006-06-20 00:07 | | Comments(8)
Commented by maeda at 2006-06-20 09:02 x
保護地では蝶に間違いなく会えますが、保全の関係上、撮影にも制限が出てくるのが残念ですね。
Commented by nomusan at 2006-06-20 20:42 x
2回にわたってゆっくりと楽しませていただきました。この蝶ももう10年以上ご無沙汰です。初めて見たときは小雨そぼ降る日で、ちょうど今回の投稿の3枚目の雰囲気でした。好天の日にも見ることが出来ましたが、個人的にはしっとりとした小雨の中でみる方が好きですね。エエです。
Commented by fanseab at 2006-06-20 21:40 x
maedaさん、仰るとおりの制約がありますが、反面、交尾個体や蛹等、単独行では発見できない対象も効率的に撮影できるメリットもありますね。
Commented by fanseab at 2006-06-20 21:43 x
nomusan、ほんまエエ蝶でした。特に小雨そぶ振る中では、しっとりとして、滅び行くはかなげな風情があります。大事にしたい蝶です。
Commented by kenken at 2006-06-21 00:20 x
交尾個体とは、いいですなぁ。
やはりモドキにはヒメジョンではなくて、アザミが似合います。
私も来年、もう一度、広角で撮りにいくかな。
4枚目の写真、あっ、あそこかって場所が分かるので、涙ちょちょぎれます。いつまでも飛び続けてほしいものです。
Commented by kmkurobe at 2006-06-21 21:11
すばらしい写真ですね。この蝶はうーんと昔野辺山で会ったことがありましたね。
リンクさせていただきました。今後ともよろしくお願いします。
Commented by fanseab at 2006-06-21 22:13 x
kenkenさん、このペア撮影後、雨が本降りになってきたので、ラッキーでした。3-4枚目のノアザミは、実は地権者の方が増殖させたものとか。すごい労力がかかっています。写真としてはノアザミに目が行きますが、ヒメジョオンも立派な吸蜜源なのですね。4枚目はトリミングしましたが、kenkenさんにはバレバレでしたか(^^;;
Commented by fanseab at 2006-06-21 22:22 x
kmkorobeさん、こんばんは。拙ブログにお立ち寄り頂き有難うございます。早速貴ブログを拝見しました。素晴らしい環境にお住まいのようで、羨ましいです。当方もリンクさせて頂きました。こちらこそ、今後共宜しくです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード