探蝶逍遥記

フィールドに潜む可愛いモンスター:その2

 前回ご紹介したアカハネナガウンカに引き続き、今回は甲虫のゾウムシ。鼻の長さがデフォルメされたゾウムシ類の外観はモンスターとしての資質を十分に備えていると言ってよいでしょう。現在も新作が製作中の米国・某宇宙戦争映画シリーズでは、ユニークな姿形の異星人が登場します。その中には明らかに昆虫から着想を得たと思われるキャラクターがありますね。恐らくキャラクターデザイナーは日夜昆虫・動物図鑑と睨めっこしながら、モンスターキャラを具現化していくのでしょう。
 さて、6月にルリシジミ母蝶が産卵に忙しかったイタドリの葉上に赤褐色のゾウムシが静止しておりました。その名もズバリ、カツオゾウムシ(Lixus impressiventris)。

+++画像はクリックで拡大されます+++
f0090680_13535983.jpg
D71K-85VR,ISO=200、F8-1/320、-1.0EV、外部ストロボ、撮影時刻:9時49分(7月下旬)

 粉が吹いたような質感は確かにカツオブシ表面にソックリ。ただ色合いは実物より少し赤味が強い印象。ノッソリとした印象ですが、意外と落ち着きがなく、深度合成画像撮影は失敗。
f0090680_13541593.jpg
D71K-85VR(トリミング),ISO=200、F8-1/320、-1.0EV、外部ストロボ、撮影時刻:9時52分(7月下旬)

 複眼が鈍く光ることもあって、「ゆるキャラ」の要素タップリですね。ここでは頭部を強調したいので、コンデジを使っての魚露目画像にも挑戦。
f0090680_13543088.jpg
TG4@18mm-gy8,ISO=200、F4.9-1/100、内蔵ストロボ、撮影時刻:10時16分(8月中旬)

 しかし敏感で、ご覧のようにすぐにレンズに尻を向けて逃げてしまい、この程度の画像を撮るのが精一杯。「ならば、正面突破・・・」と、一気に頭部に魚露目レンズを接近させると葉裏に逃げ、挙句の果てにポロリと地面に落下してジ・エンド(^^; カメラマン泣かせのモンスターでした。
 普通種とされるこの子ですが、イタドリの葉どこにでも観察できる種ではありません。どちらかと言えば日陰の葉上を好み、1m四方程度の局所に数頭群れている程度。また、葉が赤い若い株には全くおりません。昼間、逃げられてばかりの失敗を繰り返したので、夕方は活動が鈍化するはずと仮定して、再撮影を試みると忽然と姿を消しておりました。成虫はイタドリの葉を、幼虫は茎を食する完璧な「蓼食う虫」の仲間でもあります。
by fanseab | 2016-08-16 20:55 | 甲虫 | Comments(2)
Commented at 2016-08-16 21:34
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by fanseab at 2016-08-17 23:14 x
鍵コメさん、最近は蝶以外の昆虫にもちょっと目を向けています。
ウンカは多摩川縁での観察です。甲虫も結構敏感で撮影の難しさは
ありますね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード